FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第19話「情路」

IMG_1305.jpg
深まる夏の夜 由香、由紀の木下姉妹と この場の主 中条 新(なかじょう・しん)が相乗りする「大人の三輪車」は、暗くも情熱の道を、快調に進んでいた。程良く効いた 冷房の威力で、戸外の蒸し暑さとは 一応無縁という所だ。最初に、由香と中条が正常位で交わり、それから体位を入れ替えて、今は騎乗位の二人に、妹の由紀が 中条の顔上に、下方を露わにして跨る展開。この態勢も、そろそろ好い感じで高まって来た。

「あっ、あっ、好いわぁ!」繋いだ腰を上下させ、喘ぎながら由香が言った。「伯父様・・」 「はい、何かいな?」男が返すと 「そろそろね、次の体位を試してみたいですぅ~・・」 「うんうん、気持ちは良う分る。けどな 由香ちゃん」 「はい・・」 「この体位(ポーズ)、もそっと高めてから区切ろうや。俺の都合で悪いかもやが・・」 「ふぅっ!どうぞ、続けて・・」 「折角、由紀ちゃんの美しい 大輪の秘花も拝めてる事やし、もそっとだけ、味わわせてくれんかいな~?」 「ああ、そりゃ良いですよ。あたしも焦ってる訳やない。由紀さえ良ければ。アンタ、どやねん?」

由紀は、姉の言葉に「あっ、あっ、はぁぁっ・・、あ・・あたしもね、もそっと 今の歓び感じてたいんよ。さ・・流石、お・・伯父様。あたしのアソコを標的にして攻めるの、とっても好い感じなの。あぁぁ~!」 中条は、この反応を受け「・・て事で、もそっとこの体位で続けよや。いや、長々とじゃねぇぞ。もうすぐ替えるから、後少しだけ・・分ってくれ!」 由香「ああ、はい・・ま、良いでしょう。由紀が気持ち佳ければ、あたしも協力は惜しみまへんよ!」そう言い合いながら、三人は今暫く 高まって行った。近所の、例の犬の咆哮は ひとまず収まった様だ。その後・・

「よーし、そいじゃ・・」臥したまま、中条が姉妹に向かって言った。「由香ちゃんの望みを叶える時間が来たな。さあ、どうする?」 訊かれた由香は「はい、それじゃ・・」 男の表情をチラ見して「今度はね、後ろから高めて欲しいんです。この前の旅でもせやったけど、伯父様に 後ろから高められるのが、とっても好い感じで・・」 中条「ハハ、有難う。それで決まりだな。後さ・・」 「はい・・」 「後ろからは分ったけどさ。由香ちゃんがしてぇのは、ベッドの上でか?それとも、立ってするアレか?」

「う~ん、迷うなぁ・・」 一時、由香は本気で悩んだが、間もなく「そいじゃ、立った恰好でしますぅ。所謂『立ちバック』ね」 中条「ああ、立ちバックな。あれも中々好いよな。よしゃ、それでって事で」 姉との話が区切られると、今度は妹に向かい「由紀ちゃんは、その間 俺の傍にいてくれんかな?幾つか、高まる方法考えとるんだが、お姉ちゃんと繋がったら教えたろうと思う」 聞いた由紀「あ、成る程ね。あたしも、色んな体位 思いつくけど、その時になったら決めるいう事ですね」 「うんうん、悪いがその通りでな」 「ああ、まあ何となく分るから、別に良いですけど・・」由紀は、曖昧に返した。

もう随分夜も深まったが、翌日は日曜日。三人とも 事を致すのはゆっくりでも良いという事だ。「よしゃ!」ベッドを立った中条が言った。「立ってする言うても、少しでも楽な方が良いだろうから、今から教えたる。まずは、ベッドに手をついて、俺にお尻を向けてくれるか?」 由香「ハハ・・はいはい、少し前傾で立つって事ですね」 

中条「そうそう。ああ、そうだ。ベッドの上じゃ、もう少し低い 肘をついた感じにしようかな。その方がさ、ミニスカの中が観察し易いしな」 「まあ、それが目的?嫌らしいわね!」そうは言ったが、内心は そう悪い気もしない由香であった。話が区切られると、その通りに ベッドに両肘を置き、臀丘を突き上げる姿態で 依然露わの下方を、後ろに控える中条に見せる。

「そうそう、これこれ!いやー 好いなあ!フレア・ミニから見える尻と秘域が、とても好い感じやよ。あー、我慢ならん!直ぐにでも繋がりてぇとこだが・・」そう言いながらも、男は 直ぐには攻めに入らない。真後ろからしか愛でられない、由香の下方をじっくりと目で犯しながら、彼は 足先から上へと、濃い愛撫を再開するのであった。それを、傍らにしゃがむ由紀も見守る。彼女の視点からも、前傾した姉の秘域が、よく見られるはずだ。

由紀は言った。「ハハ、お姉ちゃんのアソコ、結構湿度高そうやな。今度 伯父様が繋がったら、きっと絶頂まで行けるやろな」 聞いた中条「由紀ちゃん、応援有難とな。俺、今 ホント昂奮しとるんや。このままお姉ちゃんと昇ったら、今度は 貴女を迎えに行くからな」 「はーい、きっとよ。宜しくお願いしま~す!」屈託なく笑った。

さて、四十八手の体位「碁盤攻め」に近い、ベッドに肘をつき、臀丘を持ち上げた格好の 由香の後ろから 再びの口唇愛撫クンニリングス)を経た中条が ゆっくりと繋がりにかかる。「由香ちゃん、行くよ・・」 「ええ、来て。うっ、あぁぁ・・」この直後、彼女の秘溝を捉えた、勃起した中条の男根(コック)が、ゆっくりと滑り込みを開始。迎撃する肉壁を上手く交わして、先端の亀頭が 子宮口に到達する感触を得て、連結が完了する。

「うっ、あっ、ふぅぅっ・・こ、これも好い。伯父様、さあ動いてね」 「ああ、分かった。必ず上手く行くわさ!中条はこう返すと、左手で由香の腰を支え、残る右手を これも露わの右胸へと伸ばし、腰の前後動を守りながら Cカップ半位の美乳への愛撫も再開した。
「あっ、あっ、あぁぁ~っ!」中条の、この行為が、由香を次第に頂点へと押し上げて行った。

「ああ、効くぜ、これ・・ふっ、ふぅぅっ!」中条、呻きながら言う。由香に繋いだ 腰の動きを休めない様にしながら、中条は、傍らに来た由紀と、唇を交わす。彼女はは暫くすると、男の後方に回り、露出したその陰嚢に、愛撫をくれてやる事にした。今度は筆を使わず、手指にて 中条の陰嚢を包み込む様にし、襞(ひだ)の裾に沿う様に摩って 高めて行く。

中条「うぅぅっ、き・・効くな これも。由香ちゃん、ちゃんと高まって来てるか?」 由香「はっ・・はぁぁっ、お・・伯父様。あたしは好い感じよ。ふぅぅっ!」 「そうか、そりゃ良いな。よーし、このまま暫く続けよや」中条はそう言い、後背位の行為を進めて行く。由香は 感度良好の証しの様に 喘ぎ続ける。由紀も、後ろから二人の交合を観察する傍ら、陰嚢や結合部を摩って高めて行く。

「由紀ちゃん、次はな・・」中条が、彼女を傍らに呼ぶ。先刻から暫く、彼と由香の結合部の傍にしゃがんでいた彼女は、中条の右隣の、姉の斜め後ろに やや開脚気味で立つ。「よしゃ、有難う。これから少し 俺の右手で高めて進ぜるからな。少しの間 そのままでいてくれや」 「はーい、わ・・分りました。あっ・・あふぅっ!」中条が、右手を由紀のフレア・ミニの下に差し入れ、外から見られないその秘溝に 右手を差し入れ 摩(さす)って行く。

「ああっ、はっ、はっ、はぁぅぅぅ~っ!」 「はっ、ひっ、あぁぁ~っ!」声色は微妙に異なるも、姉妹は それぞれに艶のある喘ぎ声を伴い、中条の行為に応える様に 高揚して行く。「好いぞ~ 二人!アソコも湿って、好い感じや。お・・俺も、又また達しそうになって来た。い・・いかん。まだダ・・ダメ。ここを持ち応えんと、は・・発射しちまうっ、うぅぅ~!」姉の後ろに繋いだ 前後の腰の動きと、妹の下方に潜り込ませた右手の 卑猥な動きを維持しながら、中条は 上手く間合いを取りながら、姉妹を高みへと誘導して行く。それは、熱い昂ぶりの道を快走する 三輪車の様だ。絶頂まで後少し・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 名古屋鉄道・名古屋本線 山王~金山間 2014=H26,6 撮影 筆者
中村由利子さんの今回楽曲「フロム・ザ・ビギニング・ティル・ナウ(From the Beginning Till Now)下記タイトルです。
From the Beginning Till Now
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。