FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第22話「始動」

99b727a8.jpg
7/30の日曜。この日から、中条の居所に転がり込んだ由香、由紀姉妹の N市での行動が始まった。曇り空の朝に、例によって 斜め向かい家屋上に現れた、芳しからぬ犬の 甲高い咆哮で三人は目を覚ます。この朝の犬は、階下を通る 中年の女犬連れ散歩人に喧嘩を売っている最中であった。

「ハハ・・彼(やつ)の予定調和だな。由香ちゃんもお早う」 「はい、お早うございます」結局、上に姉が重なったまま、夜を明かした男は 笑いながら呟く。「ふふ・・でも、思うたより 好い仕事しますやん。彼・・」これも笑顔の、由香が返す。そして「さあ・・」と続け。 「うん、何かいな?」中条が返すと 「そろそろ、ショーツ着けて立ちまひょ。このままじゃ、又 由紀が文句言いますさかい・・」 「そうやな。さあ、俺も着替えよや」そう返し、男もソファを立った。

前夜、妹の由紀は、シャワーの後ベッドに臥すと、直ぐ眠りにおちた。由香と中条は、その後暫くは 重なり合って TVを見ていたのは既に述べたが、彼女はその最中 又も前後を入替え、男根(コック)に手を伸ばし、裏筋を摩(さす)って食らいつこうとするのだった。「まあまあ・・」優しく、男が制す。そして「まだ明日も明後日もある。由香ちゃん、焦るな・・」 「ふふ、そうは言うても たかだか一週間ですやんか。少しでも、伯父様の『男』を感じていたいんです。伯父様だって、そうでしょう・・」そう続ける由香の下方は、中条の眼前に向けられ、先刻に続き 又も視姦の悦楽に恵まれた事を、実は快く思ったものだ。

「ハハ、部屋の中でお月見か・・」の風情。前夜からこの日にかけては曇天。月が見えたとしても、上弦だったはずだ。そこをも由香が身体を張って フォローしてくれたと言う事だ。「いやいや、結構な月だったぜ。天のと違って、芯のとこは 赤く燃えとるしな・・」暫し見とれた記憶あるも、それは途中で朧(おぼろ)になり、遂には 上に由香を重ならせ、TVもONのまま、寝入ってしまった様だった。

「お早うございます!」寝室から居間に現れた 妹の由紀は、既に半袖上シャツにデニムの長パンツを纏う。「ああ、お早う・・」その時には、由香と中条も、同様に着替え。由紀「あたし、ちょっと敷布とかシーツを干しますね。その後で、お姉ちゃんの朝ご飯準備応援するさかい・・」と続けると、由香「ああ、宜しくです。じゃ、あたしは厨房行ってます」 中条「悪いな、コーヒーは俺が入れるから、二人は 他を宜しく・・」こう言って、一旦消したTVを、再びONに。

ヴェランダの手すりを簡単に清め、寝具干しを始める由紀の目には、当然 例の不良犬の行状が飛び込んで来る。先程の女犬連れ散歩人を「撃退」した犬は、勝ち誇り わざと見せる様に 己の尻を追って、時計方向にグルグルと回っている。由紀「あ、可愛い。童謡の歌詞にある通りの事してるわぁ!」と反応すれば、中条「ハハ、そうかぁ。俺はそうは思わんで、気狂い踊りかなぁ思ってたんだが・・」 「又また、伯父様の妄想が始まったわね!」 「妄想か。悪いな~!」二人は笑った。その一方で男は「・・たく、汚い面が、汚い尻を追い回してやがる・・」とも思ったが、それは口外しない事にした。

寝具干しが終わると、由紀は 姉の応援で厨房へ。中条は TV画面を追いながら、コーヒーの準備。夏場でも、朝の一杯は温製(ホット)とするのが、彼の習慣だった。前日の続きのフランス・パンを温め、胡瓜、人参、セロリの野菜スティックとカマンベール・チーズ、ゆで卵にブルー・ベリーのヨーグルトと言った 朝の顔ぶれであった。

初美が訪れた時に同じく、ヴェランダの際までテーブルを出し、椅子を寄せての朝食が始まった。皆 談笑の傍ら、目では TV番組をチラチラと追っている。ついでに言えば、中条は 斜め向かい家の屋上をうろつく 犬の様子も観察していた。向かい合って座る姉妹も、彼と同様の挙に。

「実はさ・・」男は言った。「俺は彼(あいつ)の本名を知ってるんだ」 「ああ、そうなんですか。あのワンちゃんですよね」由香が返すと「そうそう。あそこの家では『マル』って呼んでるみてぇでさ」 「ふぅん、マルちゃんか。いよいよ可愛い!パピヨンらしくて」由紀が、笑いながら応じ。「うーん。マルはマルでもってとこだが、それは追って話すわな・・」

この時、例の犬は、屋上の周りを「キョロキョロ」と 様子を窺う様に見回す仕草を見せ。これを見た男は「いいか二人、これは見ん方が良い」と制した。「え、何で?」姉妹が返すと 「それは・・」と言い 「粗相の前ぶれだからだ!」と、畳みかける様に続けた。

由香「ははぁ、それであの綽名(あだな)をつけられたんですね」 由紀「へえ、そないな経緯があったんですか」 中条「まあ、そんなとこだよ。ちょいとの間だが、まだ食事中やから、これ以上は思ってても言わんって事だが・・」 「思っててもですか。分ります」姉妹は、声を揃えて 笑って返した。

「さてと・・」小半時余りで食事を終えると、中条が言った。「二人には、片づけ願っても良いか?その間に、俺は居間を片づけて、出かけられる様にする。この後半日は、自習すると聞いてるが、どうだ?(佐分利)学院の校舎には、出入りできるのか?」 「はい。ええ、身分証さえ見せれば、学院の自習室も出入りできましてん」由香が返す。「それ、とても好いです。伯父様のお部屋だと、やっぱり集中できまへんで・・」少しバツが悪そうに、由紀も応じ。

中条は続ける。「ここからだと、県立図書館の学習室が至近なんだが、夏休みに入って、日曜なんかは 早い時間から行列ができるレベルの、席の奪い合いになるんだよな。遠くから来てるのに、貴女たちにそんな不便な目に遭わす訳にも行かんのでな」 「有難うございます。でも大丈夫。あたしたちは、そっちがありますから」又、笑って返す姉妹であった。

中条「じゃあ俺は、日中は西の方の実家へ、雑用に行って来る。途中 学院に周って進ぜるから、車で行こうや。どうせ日曜やから、学院にも夕方までしか居られんだろ。帰りも迎えに行ってやるから、その間 せいぜい集中しろよ!」 「おおきに、有難うございます!バリバリ進めますよ!」姉妹は、元気よく返す。「その代り、と言っちゃ何だが・・」 「はい・・」 「帰る途中で、ちと買い物をするから、それはつき合ってくれよな」 「ええ、勿論です!こちらのお店も覗けて、楽しみですわぁ~!」

食事の片づけが済んだのは、9am過ぎ。中条「確か 9:30amには、夏休みの日曜でも 学院校舎が開くはずや。二人の準備ができたら、出かけよや」「了解!速攻で用意しまっせ~!」姉妹はそう返し、持って来た 洒落た肩バッグに資料や筆記具 タブレットなどを入れて行く。施錠、そして階下へ。

下の駐車場に控える中条の愛車 紺のニッサン・ウィングロードは、少し前 修繕から上がって来た所。「うわ、綺麗に治ってる。良かったわぁ~!」「ホンマ、あたしたちのもそやけど、今の修理技術って、すんごいな~!」驚喜する姉妹。「そうやろう。あれだけボコっても、新車同様や。確かに凄いよな」中条も返した。由香「こないなの見てると、やっぱり気をつけんと思いますね」「んだんだ。分りゃ良い」中条もフォローした。

姉妹を後席に乗せ、中条は慎重に車を出す。居所の入るマンションの構内を出て、西行きの大通りに合流。日曜とあって、大きな渋滞はない。「ちょっと回り道して、県立図書館の様子を見せてやる」二度左折して向きを変え 東進。都市高速道の高架下を進んでもう一度の左折で、図書館の前へ。案の定、狭い駐車場は入場待ちの車列、玄関前は、学習席の順番を待つ行列が見られた。

由香は言った。「ああ、あれじゃあね・・」由紀も「この土地来て、ン時間待ちなんて、耐えられまへんわ~!」嘆く様に合わせ。中条「大丈夫、任せとけ。後10分もすりゃ、集中できるとこへ行けるって」実際、それ位の時間で、三人は 学院の階下に着く。

中条「まあ、頑張って来るべし。そして今夜も有意義にしようや」 「・・ですね。楽しみにしてます!」「OK。そいじゃ、夕方前に、由香ちゃん宛 LINE入れるわ。昼飯は適当に。周(あまね)君にも教えてもらってるだろうが」「はい、おおきに!そうですね。お昼は大丈夫。帰りは、宜しくお願いします!」下車した姉妹が、学院建物の玄関に吸い込まれて行く。見届けた中条、徐行で車を出しながら「さて・・」「初ちゃんに知れたら、どう言い訳するか、考えないかんな・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 黒木いくみ
中村由利子さんの今回楽曲「ウィスパーリング・アイズ(Whispering Eyes)」下記タイトルです。
Whispering Eyes
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。