FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第24話「情浴」

047.jpg
まだ明るさの残る 曇り空の下、中条の居所 浴室での行為が続く。浴槽を使った彼は、部屋に戻ろうとするも、共に入った由紀が応じない。「伯父様、もう少しいてくれはりまへん?」 「何だ。まだ名残り惜しいのか?」男が返すと 「だって・・生まれた時のまんま、スッポンポンでするのって、お風呂しかありまへんやん・・」 「ああ、それもそうや。・・なら」浴槽から出ると、彼はもう一度 由紀と唇を交わし、上体から下方へ、右手でゆるゆると愛撫を再開した。

「ああ、やっぱり、い・・好い」こう喘がれると、中条も易々とはやめられない。「こ・・これ、中々好いな。も・・もしかすると、又昂れるかも・・」呟くと、由紀は「あっ、それ期待してもよろしかな?伯父様の下方が膨らんで勃起しはると、好いな・・」そう返して、又も 下方に手指を回し、男根(コック)の裏筋辺りに、摩(さす)りを入れ始めた。

「あ・・うぅぅっ、ゆ・・由紀ちゃん。あ・・焦るなよ」男も呻きながら反応す。半ば内心で彼は「まだ明るいのに、昂るのは本意じゃねぇんだ。何しろ・・」と呟き そして続ける。「外じゃ、あのバカモンが 下の散歩人たちに、いつも以上に過剰反応してやがる。いつ聴いても、吠えとるのか屁~こいとるのか分らん様な声で出られちゃ、興奮も半減だわ~・・」それに対する由紀の反応は・・

「ホンマ、マルちゃんの吠える声って、可愛いわぁ!これで番の役に立ってりゃ、バカやなしにお利口ちゃんですやん・・」 聞いた中条は「それはさ・・」と返し、続けた。「貴女たちが、まだ彼(あいつ)の本性を見とらんからや。ホンマに始末悪いんやぜ。その辺は、追って分るだろうが・・」 「さいですかぁ?彼、そないにアホには見えまへんが~・・」 「いやいや、それは彼(あいつ)が ズラを被ってるからだって。どれ位のモンか、後でとっくりと語って進ぜるわ。今は・・」そう言葉を区切った中条は、由紀の上体に回していた量の手を、するりという感じで 下方へと滑らせ、「女の核心」周りを ゆるりと攻め立てて行く。相変わらず堅さを保つ陰核(クリトリス)・・

「んっ、んっ、ふぅぅ、好いわあ・・」辺りに聴こえるのを恥らってか、由紀の喘ぎは籠っていた。「いや、それで良いぞ。外には聴こえん方が良いんや。それでだな・・」中条も呟き、更に続けた。「由紀ちゃんが昇るのは構わんが、俺は何とか寸止めにせにゃいかん。昨日から連発じゃ、ちとしんどい。それに・・」 「続いて 由香ちゃんも入るだろうし・・」そう思った矢先・・

「皆さん、入るわよ」浴室ドアがノックされて直ぐ、これ又全裸の由香が 眩しく現れる。由紀もそうだが、のっけから腰回りを顔(フェイス)タオルで覆う様な事もせず、だから下方の茂みも ストレートに拝める。この下草は、由香の方が 僅かだが濃かった。胸の双丘とその下の括(くび)れ度合いは、由紀に一歩を譲るが、形と雰囲気はとても好い。「おー、絶景、絶景!」中条はそう言って、再び浴槽に戻ろうとした所を、由紀に止められた。

「伯父様、浴槽(バスタブ)はあたしが入ります。折角 姉も来たんやから、さっきの続きをして欲しいわ」 対する中条「アハハ、そりゃ良いよ。貴女は何?お姉ちゃんと俺の行為を観察してぇのか?『嫌らしい』ってとこでは、お互いさんだな~!」笑いかけると、浴槽に腰を沈めた由紀も、美しく笑って返した。

由香は言った。「伯父様、さっき 由紀と好いコトしてたでしょう。エッチやね~!」 中条「ああ悪い。ちょいと、彼女の『素の美しさ』に魅せられちまってな。もうのぼせそうやけど、その復習やな。貴女にも同じ様にするから、どうか見逃してんか?」 「同じ様ね。分ります。そうしてくれはったら、見逃したげますよ~!」 「了解!そうなる様、努めるわ~!」

そんな訳で、今度は由香と中条が睦みだした。「身体洗い(ボディ・ウォッシュ)の応援するぞ!」優しさを装い、姉の首筋回りから、胸の双丘、ウェストの括れへと、手にした ソープ含みの顔タオルで、じっくりと撫で回して行く。「ああ、とても好い・・」由香の、時折の喘ぎ。表情までが、何となく恍惚の風情だ。「ハハ・・」湯を使い、観察する由紀が笑う。「お姉ちゃん、マジ感じとるやろ?」

対する由香「そんなんどうでもええわい。そやけど、伯父様の技、やっぱり大人やわ。ホンマ、溶(とろ)けるみたく気持ち好い~!」 「そうかよ。そりゃ有難と。俺も、加減が分って嬉しいわ」そう返す中条、今度はソープを纏った手指を、由香の腰回り、そして「本題」の臀丘に「女の核心」へと滑り込ませる。「あ・・んん、こ・・これも、い・・好い・・」由香も、籠った喘ぎを聴かせる。

「いいぞ、二人。甲高く喘ぎてぇのを必死にこらえとる所が。俺も同じだ。ホントはヒィヒィ言わせてぇとこだが、まだまだ日数があるしな。それは、もそっと後のお楽しみ・・さ」もう暫く、由香の低い喘ぎを味わった男は、こう言って離れる。「じゃ、後はゆっくり入っててくれ。俺、夕飯準備の続きやってるからさ」 「了解です。も少し楽しみたいけど、余り飛ばすのも、何かやもんね」 「そう、それやて」

小一時間も入っていただろうか。一足先に風呂を出た中条は、TV番組をチラ見しながら、由香とのワイン、それに由紀のペリエを用意し、出窓の際まで出した卓上に、途中まで配膳。後は温めた米飯と鯵フライを出すだけだ。窓外に現れた、例の不良犬「マル」は、相変わらず居所屋上をうろついている。「後で覚えとけよ・・」男は、そう呟いた。

この日夕方から夜、姉妹は浴衣を纏ってくれた。「うんうん、これも良いぞ!」称える中条に「エッチな応援、おおきにね!」と、笑って返す。「ホンマは、後で剥きたいんやで。このオサーン!」と、内心では思っていたのだろうが。料理が整い「では乾杯!」長風呂だったとは言え、まだ 7pm前。曇りとは言え、辺りは まだ明るさが残っている。

「うーん・・」中条が唸り、続ける。「二人共、うま煮も味噌汁も、好い感じやなあ。こりゃ、期待できるわ」 「ふふ、おおきに。ご飯とかお味噌汁の加減は、厨房にあった冊子なんかも参照したんですよ」姉妹も、笑いながら返す。「それに・・」由香が続けた。「はいはい、聞こう」中条が返すと「十勝トカップって『白』も美味しいですね。昨日は『赤』頂いたけど」 「うんうん。何かな、芯の強さみてぇなのは感じるな。本場の山梨産も、そりゃそれでいいんだが・・」 

続いて由紀が「後、鯵フライ 大正解やったですね。やっぱり、伯父様の見立てってすんごいな思いますよ~!」 中条「まあまあ、余り持ち上げるなや。このオサーンは、余り誉めると調子こくから、気をつけた方が良いかもな」 「へぇ~、そないですか。後で試そうかしらね~!」一時間余り、食事と談笑が続いた。

「それじゃ、あたしは 片付け入ります」由紀がそう言い、果物の皮や空の食器などを集めると、洗いにかかる。由香も応援、中条は、拭き上げたテーブルと椅子を戻すと、TV前で 全員が寛げる様準備。「俺、ちょっと トイレに行って来るわ」こう言って外すと、様子を見た由香は「由紀、ちょっとご免な・・」と言い、同じ方向へ。「ははあ・・」由紀は理解していた。前日、己が中条に仕掛けた同じ事を、今度は姉が実行しようとしているのではないか?という事を。

由紀の想像は、大筋で当たっていた。トイレ前に来た中条は、又も背後に 人の気配を感じた。「今度は、誰かな・・?」呟くと 「ふふ・・」含む様な微笑み声がする。由香だ。「お姉ちゃんか?」 「はい、いかにも・・」 男が、トイレのドアを開けると、背後について入って来る。「昨日の続きか?」訊かれた由香は「はぁい、その通りよ」と答えた。

「さあ、もう限界でしょう。さっさと『男の核心』を表にしはったら良いわ」中条の背後から、由香は彼に、男根(コック)を露わにして放水する様促す。「よかったら・・」 「はい、何ぞ?」 「放水以外のを発射してもいいのよ」 「ああ、いやいや・・」 「はい・・」 「今は、それは勘弁してくれよ」 「さよですか。残念やけど仕様(しゃあ)ないわね」そう返す由香の手指は、しかし中条の男根を捉え続ける。裏筋に摩(さす)りを入れ、昂らせようと図る。「いいじゃないの、射精の一回位」とでも言いたげに・・

(つづく 本稿はフィクションであります)
今回の壁紙 名古屋鉄道(物語中 名豊電鉄のモデル)パノラマカー 思い出画像。先頭展望席からの眺望。2008=H20,6 犬山線 愛知県江南市付近 撮影 筆者

名古屋鉄道パノラマカー 展望先頭席走行画像(引用 音楽警笛ミュージック・ホーンの吹奏有り)下記タイトルです。
Meitetsu Panorama 7010
中村由利子さんの今回楽曲「スクール・デイズ(School Days)下記タイトルです。
School Days
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。