FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第23話「経緯」

72e0ad7f.jpg
この夏の、佐分利学院 特別林間学級で、しばしば行われる「夜の補習」の事、決して表に広められない所あるのは事実だった。

落語の名跡(みょうせき)、三遊亭小遊三(さんゆうてい・こゆうざ)は、最近のTV番組の席上「「己の知った事を、周りに自由に語れない程、辛い事はない」と述べた由だが、今宵正に、中山荘(ちゅうざんそう)に居る女講師と、教え子の少年たち、計三人は、その渦中と言う事になろうか。

徹の予想通り、初美は、彼女の上に身体を重ねる事を求めた。更に、健(たける)にも、徹のベッドに来る様指図。そして・・「ここに、この前君が提出した筆があるでしょう。今夜、何に使うか教えるわ」「かしこまりました。お聞きしましょう」健、こう返す。
途中まで、濃厚な口づけを挟み、上に乗った徹の愛撫を、順に受け入れて行く。ピンクの渦模様が描かれた、浴衣の襟元が開かれ、現れた胸の谷間に顔を埋め、手指は、次第に下方へと向かう。「綺麗な肌ですね」徹は、復習する様に言った。「有難う。素敵な出方ね」初美も応じる。

一旦、師から離れ、教え子は、浴衣の裾をゆっくりと開き、足先から膝、太腿の順で這い上がる様に撫で、更に脚を曲げ開いてもらい、現れた臀丘の愛撫を一通り。初美が、下着を着けず、肌の上に直に浴衣を纏っていたのは、ちょっと驚きだったが。
徹「下着なしで浴衣って、ちょっと着心地が良くないんじゃないですか?」「ううん。慣れれば気にならないわ。君たちも、アンダー・シャツは着てないでしょ」初美が返すと「言われてみれば、そうですね。そんなものかな」徹も、苦笑して応ず。

少し後、健と交互に、師から「少年自身」への愛撫を受ける。彼たちの陰嚢にも、手指を交えた刺激が。「ああ、熱いです・・」呻きながらも、彼たちはもう、みだりに暴発する事はなかった。「ご立派じゃないの。好く頑張れる様になったわ」初美の所感である。
次に、師の浴衣の下方を大きく開き、露わになった、下方の愛撫にかかる。ローズ・ピンクに咲く、師の「女性」に唇を重ね、その合わせ目に舌を沿わせ、ゆっくりと丁寧に舐めて行く。当然、湿度は急上昇、「ああ、ふんんん・・徹、好いわ、続けて・・」熱い師の喘ぎと、欲情を込めた「ジュルジュル」音もはっきり聞こえるレベルになった。二少年は、前後して、行為の準備のゴム着用に及んだが、初美は「これを着けるのは、今夜が最後よ」と呟いた。

そして「徹、用意はいい?」初めての、浴衣での行為が始まる。「繋ぎます」進む瞬間、徹の「自身」は肉壁の包囲を受け、子宮口に誘われる様に攻め寄られる。彼の腰には、師の脚が強く絡められ、勝手な動きを制される。「ああ・・初美さん、熱いです!」「く・・ふんん・・あああ・・さあ動いて。いつもの様に力強く」徹、促され腰を動かし。上体で、彼女を抱きしめる事も忘れなかった。

「初美さん」動きながら徹、声かけ。「何?」 徹「蛍、窓から見られました?」 
初美「ああ、勿論よ。君たち、凄く嬉しそうだったじゃない」 徹「俺たち、初めは星を見るつもりだったんで、貴方には声をかけなかったんです。健から、ちょっとその辺の事なんかを聞いてしまいまして」 
初美「ふふ、それ、皆に知られてるから好いわ。気を遣ってくれたの?優しいわね」
徹「まあ、余り意識してなかったんですが。そう思って下さると、嬉しいです」苦笑す。

初美「でも、あたしも嬉しい。君の言うラヴ・トレイン(後背位)、つき合ってあげるわ」
徹「マジですか?有難うごさいます!」二人、一旦起き上がり、初美はベッド上に四つん這い。徹は、師の浴衣の下方を大きくまくり上げ、臀丘が見える様露出させ、後ろに寄り添う。「さあ、来て」師の、怪しい流し目での指図に応じ、腰に左手を添え「返します」と一言。礼儀正しい「少年自身」が、再び初美の「女性」に、ゆっくりと返される。「ああ・・ふんんん!徹、和装でするバックはね」 徹「はい」 初美「一説だと『孔雀(くじゃく)』って言うらしいわ」 徹「孔雀ですか。なる程・・」彼のベッドに合流した健と共に、日本的な華やかさを持つこの体位(ポーズ)に、心から頷くのであった。後ろから動き仕掛ける徹、健は前から、師の唇を奪い、上体の愛撫にかかり、はだけた浴衣から覗く乳房を目指す。

「孔雀」の合体が一区切りすると、初美の望み通り、再びの正常位。始めに当たって「徹、一度位、生まれたままの姿でしたいわ」
徹は、一瞬戸惑う風だったが「かしこまりました。じゃ、俺も脱がないといけませんね」「そうよ」初美も返し、二人は、一糸纏わぬ生まれた時の姿に戻る。徹「これまでより、少しきつい体位になりますが、試しても好いですか?」尋ねる。
初美「ああ、想像つくわ。蟹挟みができないだろうけど、好いわ、やってみて」
徹「かしこまりました」答え、師の両脚を、L字型になる様抱え、再び彼女の上へ。

初美「あっ、ふうんん!確かに、曲りが大きいわねぇ。でも、情熱の体位(ポーズ)よ。ちょっと、恥かしいかもだけど」苦笑す。
徹「ご免なさい。そうかも知れません」そう言いながら、礼儀を正した「少年自身」を彼女の「女性」に、三度返して行く。
「ああっ、くく、んんん・・健!」喘ぎながら、初美が呼ぶ。「あ・・あの筆、持ってお出でよ・・あ、あっ」 健「かしこまりました」応じ、交わる二人の傍へ。

初美「もう分るでしょ。そのダメ筆、どんな事に使うかをさ」 健「はい。何となくですね」苦笑しながら「少し、試しても好いですか?」「好いわよ。どうぞ」
健は応じ、徹の脚下から覗く、初美の臀丘辺りから、菊花(肛門)、そして交合部へと、ゆっくり丁寧に、筆先でなぞって行く。「ああん!はぁぁう!」彼女の、新たな喘ぎと、徹の熱い吐息も聞こえる。
「これまでにない、新しい歓び。一度、これを試させてみたかったのよ。ああ、好かった」喘ぎながら、初美は内心でこう呟いた。

「ああ~ッ!行く~ッ!」「うう~ッ!初美さ~ん!」もう一度高め合い、ほぼ二人同時に頂きへ昇ると、教え子のゴムを外して、一度下方を清める。次に控える、健のベッドでの、後半行為の用意である。
再び浴衣を纏い、彼の口舌による、徹に負けぬ、スペシャルな下方への愛撫(クンニリングス)を受けて昂った後、まずは正常位。「ああ、んんん、これも好い!」抱擁は、徹より少し浅いが、心地良かった。
健は、伯父の中条による「入れ知恵」もあって、徹より体位などを多く知っており、途中でどの様に出るか分らない所もあるのだが、この夜は騎乗位であった。「貴方もお疲れでしょう。こんな時は、俺が下になりましょう」との、本心はこの体位を望む、下心ある善意だったは事実なるも、半分は、本気の気遣いであった。

終盤の、再びの正常位。生まれたままの姿態で、初美と健が抱き合い喘ぎ、今度は、徹が筆で師の下方、そして交合部をなぞり、さすって試す。この様な愛撫は、何故か徹の方が上手く、快感も増す様だった。「んああ!ふぅぅん!あ、やめないで!」思わず、そう言いたくなったものだ。「悔しいけれど、又も徹に歓びを開発されちゃった」そんな想いも、起きて来た。
「ああ~ッ!好い~ッ!」「初美さ~ん!昇ります~ッ!」もう一度高め合い、絶頂へ。「小町がいた時と違って、やっぱりあたし一人で、彼たち二人に抱かれてる時の方が、好い感じ」この時の、初美の本音であった。

夜10時代も半ば。毎回ながら、下方を清め、早めにシャワーを経て就寝しなければならない。JR中央西線の上り方向に、轟音が近づく。M県下へ向かう 5880列車だろう。暗い眼下を過ぎる時、鋭い警音一声。
「ダメだわ。この音がすると、泣きたくなっちゃう」涙ぐむ初美に、健が声かけ。「伯父から聞いたんですが、電機EF64の警音は、吹雪の時でも聴き取れる様、あの鋭い音色になったらしいです。初めの活躍の地が、群馬と新潟を結ぶ、上越線だったんですって」
初美「上越線・・あの、川端康成の『雪国』の舞台だった所ね」 健「そうです。あの辺、冬の天気が悪い事が多いらしいんですね。そう言う所の、安全を守る意味もあるかと」
初美「そうだったの。そう言う経緯があった訳ね」そう考えると、悲しむばかりと言うのも何か?との想いが過るのも事実だった。

初美「二人、有難う。今夜は、あたしも勉強になったわ。もう泣かない様にしないとね」「とんでもありません。俺たちも、好いお話ができて。有難うございました」二少年、こう返す。
「お休み!」「お疲れ様でした!」二少年の前にシャワーを使い、寝室へと戻った初美。しかし・・
「二人、ゴムはもう卒業よ。来月からの『補習』はもっと。・・ふふ」静かに微笑む、彼女の脳裏には、更に危険な企てが、静かに回り始めているのかも知れなかった。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,7,30記)

今回の人物壁紙 朝比奈あかり
渡辺貞夫さんの今回楽曲「グッド・フォー・オールナイト(Good for All Night)」下記タイトルです。
Good for All Night

JR電機 EF64(1000代)の警音が聴けるシュミレーション画像 下記タイトルです。
EF64 1005
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。