FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第30話「儀礼」

photo-171119_37105.jpg
「ふっ、ふっ、ふぅぅ~!」佐分利学院上階の、養護室休養部屋に、周(あまね)の低い呻きが流れる。膣鏡(クスコ)を用いての、下半身を観察されていた由香の、口唇愛撫(フェラチオ)が続く。一番性感の高い、亀頭と裏筋をメインに口舌を走らせ、ソフトに攻め上げる。空いた左の手指は、陰嚢を摩(さす)って高めて行く。その先端から 我慢(カウパー)液を滲(にじ)ませ、昂(たかぶ)って行く。

「ふふ、好い感じ・・」二人の行為を眺めていた養護主任 小町は 小さく呟いた。隣に座る妹 由紀は、己の番に備え、姉と周の行為を、できるだけ詳細に観察しようとしている。小町「もう少ししたらね。お姉さんと周に、良い事があるわよ」 由紀「さよですか。良い事・・か。まだ見てみんと、分からんですね」 「まあ、暫く見てれば、分かる事だわ」

由香、由紀、それに周の三人が、養護室のドアをノックしてから 小半時が過ぎた。由香と周の行為が、新しい段階に入ろうとしていた。小町「さあ、由紀ちゃん・・」 「はい・・」彼女が返すと 「これから、お姉さんと周君に、良い事があるわ」 「さよですか。良い事・・まあ、見てみないと分かりまへんが・・」

その周、由香に下方を熱されて「ふぅっ!はぁっ!ゆ・・由香さん。イ・・イきそうですぅ。うぁぁ~っ」 ほんの一瞬、男根(コック)を解放した由香は、こう呟く。「周君、良いよ。我慢せんと発射して。あたしの顔でも、口ん中でもええで~!」 「有難うです!も・・もう、昇るぅ~っ!」こう叫んだ周、遂に頂上に達した。

到達の瞬間、彼の男根が、咥え込んでいた 由香の口内から放たれた。つまり、彼女の顔面に発射されたのであった。周「ああ、ご免なさい。お顔の上に出ちゃった・・」 聞いた由香「ううん。気にせん事よ。濃くて好い感じやんか・・」 少しおいて、周が 濡れティッシュで顔面を清めてやると、見ていた小町が言った。「それ、あたしが預かるわ」

「?」一瞬、訝(いぶか)った周だったが、言われるまま 己が射精した濡れティッシュを小町に預け。それから再び、ベッドに臥した 由香の上に重なり、呟いた。「お返しします・・」 「お願いね・・」由香の返事を受け、彼はその両の脚を曲げ開いて「女の核心」を露にする。程よい茂みの下草の上に、朱に染まり、湿度を湛えた秘溝が姿を見せる。

「あっ、あっ、い、好い・・」周が 秘溝に唇を重ね、舌の動きも交えながら愛撫を始めると、由香は 呼応する様に 小刻みに喘ぎ始める。湿度が上がるのを確かめ、周の愛撫(クンニリングス)は、秘溝に舌を出し入れするなど濃さを増し、熱さを煽って行く。秘液が滲み出「ジュルジュル・・」なる愛撫の音、そして「んん、んん、んぁぁ・・」籠った様な喘ぎと呻きを伴う吐息が暫く続いた後・・

「周君・・」由香が呟く。「はい・・」周が返す。「さあ、来て・・」 促された彼は、由香に重なろうとした時、一つ訊いた。「ゴムは良いの?」 「大丈夫よ。今日辺りから安全日やし、貴方 一度はイッたでしょ・・」 「まあ、そうですね・・」そう答えると、周は、己の下方を、由香のそれへと ぐっと近づけた。

「では・・」周は一声かけ、露出された 由香の秘溝に亀頭を合わせ、慎重に、しかし徐々に力を込めて 滑らせて行く。「あ、んん・・」低い喘ぎと共に、朱に染まる肉壁の迎撃を受け、更に奥へと引き込まれる様な風情。次いで、亀頭の先端が、奥深い所に当たる様な感触を得る。子宮口に届き、連結が果たされたのだ。

この事象を悟った周は、由香に向かい頷いて知らせる。こっくりとした返事を得て、腰をゆっくり始動。「ふぅっ・・んん・・。周君、スローやね。これも、伯父様から教わったん?」 周「ええ。まあ、そんなとこですね。俺は大体、(中条の)伯父さんから教わってますから、多分 あの方に近いんじゃと思いますが・・」 「ああ、さよか。でも、好い感じよ。そのまま続けて・・」 「勿論ですよ・・」暫くは、ゆっくり目の腰遣いで、徐々に高めて行く。傍らの 小町の由紀は、由香と周が結合すると、下方の その交合部の所に陣取って、周の男根が、由香の秘溝に出入りする様子を覗き込む。

「ここでさ・・」小町が、由紀に向けて言った。「はい、何でしゃろう・・」由紀が返すと「今、もしも宙(そら)ちゃんがいたら、又 例の事を仕掛けるかなぁ?」 「ああ、例の事って、初美先生の菊花(肛門)に、細筆(トレーサー)で仕掛ける、お仕置き愛撫の事ですね」臆せず こう答えた。「そうそう。相手がお姉さんじゃ、余りしたくないか?」 「さよですねぇ。面白(おもろ)そうやけど、左様・・相手が姉だと、ちょっと退けるとこもありまして・・」由紀は、こう答えた。

由香と周の行為は更に深度を加えながら続く。正常位での高め合いが一段落すると、次は 一旦ベッドから起こし、後ろ向きに 両腕をベッドにつかせ、周が後ろから高める「後背位」での交わりに入る。「う、ふぅっ、んん、んん・・」再びの、低めの喘ぎ。前傾し、臀丘を突き上げる様に誇示する「碁盤攻め」と呼ばれる この刺激的な「立ちバック」の後背位を、周は特に愛していた。この体位になると、熱く燃え、相手の「女」を欲するのだ。

「よしっ・・」周は思った。「少しだけ、攻め気味で行こう」 そして、由香にも伝えた。「今日は、ちょっとだけ強めに行きたいんです。良いかな?」 聞いた由香は「その言葉、待ってたわ。ちょいと面白(おも)ろそうやわぁ!」こう言って、周の意向を歓迎してくれた。

暫くは、「立ちバック」での行為で、腰の動きを少し強め、高まって行く。ベッドの縁に両肘をつき、前屈(かが)みとなった由香の後ろから仕掛けて行く。少し大きくなった喘ぎが聴こえて来る。「あっ、あっ、こ・・これも、い、好い・・」由香の喘ぎの一方で、「周さん、あたしも高めたげる」この辺りから妹 由紀も絡んで来る。

後背位の為、由香と接吻(キス)できない周の唇を、まず奪う。「ふふ・・」周に唇を合わせた由紀は、笑って言った。「姉をイカせたら、あたしの番も、頑張ってね」  聞いた周「ああ、約束したい・・」と答える一方で「精力が、もつかな?」一抹の不安があるのも事実だった。

由香と周の行為が始まってからも、小一時間が過ぎ「そろそろ 頂上かな・・」という時間になって来た。「由香さん・・」周、声をかける。「うん、何やろ?」由香が返すと「やはりね、俺が貴女に重なって、昇りたいですね」 「そうかぁ、なら そうする?」 「はい、お願いします!」

正直、周に気圧(けお)される形で、由香は又 ベッドに臥した。僅かな間に 彼は、押しの強い男に変わっている様な気がした。勿論、ただの強引とは違う。礼儀を弁えた 一定品性を持ちながら、一方で「ノー」と言い難い 巧妙な出方ができる様になりつつあるのだ。

「周君 エッチね」再び組み敷かれながら、由香が呟いた。「エッチですか。いつか言われると思ったんですよ」彼女の上に重なり、一度は解除した下方を、又女陰に繋ぎ直した 周が返した。由香は続けた「・・て言うか、上手に出られる様になったんやね。隙も少のうなったし」 「有難うございます。それ、俺が目指してたとこなんですよ」

二人の、この日最後の高め合いに入る。周の 腰の動きは大きく速くなり、彼の腰に両脚を強く組み付けた 由香の喘ぎも、喜悦を表す艶やかなものに。小町と由紀は、又も 二人の交合が良く見られる下方に移動。由紀は、小町から渡された細筆の穂先を 交合に酔う 姉の菊花(肛門)に当て、その襞(ひだ)を、できるだけ丁寧になぞって行く。「ふふ、快感だわ。これ・・」姉の下方に仕掛けながら、由紀も興奮を高めようとしている様だ。

「はっ、はっ、ふううつ~!い・・好い~!」 「ふはぁ!お・・俺も、の・・昇るう~!」頂上に達した瞬間、周は、繋いでいた男根を急いで離し、由香の体内発射、所謂中出しを避けた。初めからこうするのが、彼の考えだったのだ。由香は、彼が心配した程には、不愉快ではなさそうだ。部屋の主 小町は、終始笑いながら 行為の始終を見ていた様だ。

「さあ、次は 由紀ちゃんだな。同じ様に高めような」 「うんうん。きっとだよ」由紀は、期待を抱く様に、周の腰にに両の腕を回して 行為を促す。「よ~し、もう一度、頂上行こうや!」由紀をベッド臥させ、これも上に重なって行く。「ああ、ああ、と・・とても好い・・」 「こっちもな。又頂上行こう!」 「そうだね。ああ・・!」由紀と繋がった周、又も昂ろうとしていた。その一方で小町、若い彼たちの行為チラ見しながら、何かをし始めていた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 葵つかさ
中村由利子さんの今回楽曲「インフィニー(Infini)」下記タイトルです。
Infini
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。