FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第32話「察知」

450bcad0.jpg
「ご免なさい、遅くなりまして・・」翌日からの、交流行事の舞台となる A大学の場所と道順を覚えて、由香、由紀の木下姉妹が、身を寄せている中条の居所に戻ったのは 6:30pm過ぎだった。これから買い物とかとなると かなり遅くなるし、かといって 外食をするにしても、この時間帯は 平日といえど どの店も相当な混雑となり易い事は、先程まで一緒だった 周(あまね)のバイト話から、理解できた。

「さて、どうしたものか・・」LINEで、帰りが遅れる事を 中条に伝えた由香は、暫し思案・・を始めた所へ、中条から返信。その中身が・・「丁度良かった。俺、もう少しかかりそうだから、とりあえず飯は炊いといてくれ。それと・・」 由香「はい、伺います」と返す。中条「冷蔵庫に豚のバラ肉があったはずや。それとキャベツや玉葱とかで、回鍋肉(ほいこうろう)ができるんじゃねぇか。万能味噌もあるしさ。今夜は、それで良いんじゃね?」

由香の返信「ああ、さよですね。おおきにです!そうや、回鍋肉なら材料が揃っとる。あたしらでもできるわ!分かりやした。何とかします!」 中条「焦らんで良いから、ボツボツと進めてろ。俺も、落ち着いたら直ぐ戻る」 「はい、了解しました!」交信ここまで。「お姉ちゃん、夕飯の中身決まったかえ?」由紀が訊くと 「おー、お待たせ!あのな、冷蔵庫とかに、回鍋肉の材料一切があるんや。あたしが進めるから、アンタはご飯炊いてくれへん?それと、飲み物の冷やしとお風呂もな」 「ん、分かった。材料あって、良かったなぁ!」 「ああ、ホンマにな・・」

姉妹は、直ぐに手分けして準備に入る。半時余り後の 7pm過ぎには風呂準備ができ、先に済ませておく事に。外から開錠できる様にして、入浴。それが済めば、夕食の仕上げまで後僅か。配膳途中の 8pm頃、中条が戻る。「お疲れ様でした!」 「ああ、ただ今。二人も ご苦労だ」部屋に落ち着いた彼は、姉妹の様子を見て、先にシャワーを浴びに。窓外の斜め向かい家上階には、例の飼い犬「マル」がうついていたはずだが、この夕方は静かであった。例外的にかもだが。アンダーのみに近い姿で、三人は卓を囲む。

卓上には、件の料理と白飯の他、由紀が見つけた中華スープと、つまみのセロリと生チーズ、それに果物少しが上った。備蓄していたヱビス・ビールを冷やして、由紀だけは 同じく冷えたペリエで乾杯。半分程進んだ 8:30pm過ぎ、姉妹が「今日は、お向かいさんの屋上 静かやったね」と言い出し。

 中条が「ほう、何?Kusoマルの奴、騒ぎ立てなんだかね?」と訊けば由香「ええ、彼、見かけはしたけど、散歩の皆さんやワンちゃんたちに、吠えついたりはしなかったみたいね」 「ハハ・・そんな日も有りか。まああの 屁垂れた吠え声じゃあ、圧倒的に迫力不足だが・・」男がこう返すと、三人は、ザワザワという感じで笑い合った。

少しおいて、由香が切り出す。「伯父様、実はね・・」 中条「うん、何かな?」 「今夜はご免なさい、夜の深い事は、やめとこうと思うの」 「ああ、それな。由紀ちゃん共々 まあ無理はすんなや。俺もちょいと、己の欲求を溜めとこうかと思ってたんや。それも 丁度良いな。その事だが・・」と区切った男の脳裏には、恐らくは「日中、何かあったろ。あの事で・・」の想いが強く過(よぎ)っていた。

「あのな・・」中条は続けた。「明日からの行事の、準備会合やったというのは聞いてる。それとな、(佐分利)学院の中じゃ、これまでに色んな事があったのも分かっとる。二人が、それについて喋りたくねぇなら、俺は訊かん。ただ~し!」 「はい、伺います!」傍らで聞いていた由紀が、力んで返し、由香も こっくりと頷いた。

中条、更に続ける。「俺には、大体のとこは分かる様な。学院の準備会合に加え、かなり深くて微妙な問題があった、と俺は見る。場所はさ、学院上階の養護室だ。これ、由紀ちゃんも同じな・・」話を振られた彼女の返事は 言葉にならず、「んん・・」と頷いて返す事に。少しの間、沈黙が続く。そして・・ 

「伯父様・・」由香、ボソリと切り出す。「ご賢察の通りよ。あたしたちが 今日学院に行ったら、(本荘)小町先生も、お出でやったの。それで、準備会合の終わった午後、周君とあたしたち姉妹が呼び出されて、暫くの間 先生も交えて濃い時間になった言う事です・・」 中条「うんうん、そうかそうか。まあその辺は、俺にも察しがついたわ。だから詳しくは訊かねぇ。もしもだ、そんな事があったんなら、今夜は 無理避けてゆっくり休む事だよ」 「・・ですね。おおきに、有難うございます!」姉妹は、ホッとしたのか、語気を弾ませて返した。

「早めに片付けて、ゆっくりしろよ」 「はい、そうします」全ての雑事が済み、三人が居間に落ち着いたのは、もう 10pmを大きく過ぎた頃だった。中条は、そのまま眠るつもりのトレーナー上下、姉妹は、揃いのパジャマ上下で、勿論アンダーを着ける。今夜はもう、脱がないつもりだ。「さあ、寝酒と飲み物でもう一回乾杯っと・・」姉はグラン・マルニエのロック、妹は、グレナディンをペリエ割で、そして男は、コニャックのロックである。

「明日からは、激論になるかな?」中条が訊くと、由香「さよですね・・テーマによっては、かな?医療予算の問題もあるとかで、それに関する 小町先生の講演もあるやに聞いてます」 「ああ、そりゃ良いな。しっかり教えを乞う事やよ。尤も、今日少しは知ったかもだが、あの方は ちょいとマニアックなとこもあるでな」 「ああ、それ、あるあるですよ。今日なんかも、もうそんな気配でしたもん」 「まあ、人によってはホント、話たくねぇ中身もあるろうから、そこは踏み込まんでおく。さあ、暫くしたら、二人はゆっくり休め。明日からの事は、何かあったら考えりゃ良いんだ!」 「ですよね。ホンマ、おおきに。有難うございます!」もう暫くの談笑を経て、姉妹は 11pm過ぎ、寝室へ。

「お疲れ様でした!」 「ああ お休み」居間に残った中条は、例によって 長さを伸ばしたソファに臥し、もう暫く TV番組をチェック。その合間に、周に LINEを送る。「今日はご苦労さん。遅くて良いから、帰ったら俺に一報されよ」 返事が来たのは、日付が替わって数分後だった。

周「伯父さん、夜分に失礼をば・・」 中条「いやいや、気にすんなや。待ってたぜ」 「又近く、伺いたいですね」 「ああ、それ良いな。一度日取り考えて、近づいたら 又打ち合わせよや」 「有難うございます。そうですね。・・で、もう昨日になっちゃったのかな?学院での、行事の準備会合後、由香さんに由紀ちゃん、それに自分の三人が、養護室に呼び出されまして・・」 「うんうん、そうらしいな。いいや、続けてくれ。俺は聞いとるぞ~!」

促された周は、養護室での姉妹の様子や、膣鏡(クスコ)を用いての、下半身の目視とか、順繰りに絡む、三人での行為、交合を含むそれを 小町がしげしげと観察したり、最後に周が発射した男精を 顕微鏡で観察するなどの 一連の行為を詳しく報告した。中条「・・だろうと思った。やはり、小町先生は 相当にマニアックだって事が分かる。又、あの二人 よくもそんな深いとこまでつき合ったもんだな~!」入力レベルが瞬間で振り切れる程の 些か呆れる話ではあったが、中条は 務めて冷静に受け止めた。小町の性向を考えると、これ位の事は想像の範囲だったのだ。

「いやいや、遅くまで悪かった。有難う!」 「こちらこそ!自分も、伯父さんと話ができて 良かったです」 「まあ、明日から暫く 頑張ってくれ」 「有難うございます!もう様子は分かったから、頑張って行きます!」交信終了。もう日付・・というより、月も替わっていた。「又一ヶ月、新しい気分で行きてぇな。勿論、彼たちの行事も・・」深夜の報道番組に興じる中条、後一杯だけ飲んで、休む事にした。窓外に 月の姿はなく、今夜も曇天の様だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 杏咲 望
中村由利子さんの今回楽曲「Your Precious Day」下記タイトルです。
Your Precious Day
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。