FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第33話「代理」

av-33475.jpg
8/1の火曜、いよいよこの日から、由香・由紀の木下姉妹も出席して、A大学にての 学術交流行事の本編が始まる。初日の集合時刻は 9am。その為、この朝は 出勤する中条と同時に出かける事に決めていた。曇り空ながら、陽も射す事もある天気。晴れれば、日中は暑くなりそうだ。

6:30am少し前だろうか。前夜、例によって TV深夜番組を見ながら眠りに入った彼は、例によって 斜め向かい家屋上の、甲高い咆哮で目を覚ます。ここで起居し始めて初めて、姉妹揃って寝室で休んだのだが、同じ咆哮で目覚めた様だ。「お早うございます!」 「はい、お早う。今朝のアイツは、特にウルサ吠えしやがるな。どれ・・」そう言い、ヴェランダに出た中条の、次の瞬間 声が一変したのも もっともだった。

「うぉ~っ、こりゃ面白(おもろ)い!おい Kusoマル、お前 勝てるんか?」中条らが見下ろす、斜め向かい家屋上には、かなり大きな鴉(からす)が四羽飛来していた。犬(マル)が手出しできない、高い鉄柵(フェンス)の上端や、階段上がり口の屋根に、分かれて陣取る。それを目撃したマルが、中条も見た事がない程 俊敏に駆け回り、激しい高音の咆哮を見舞う。

こいつが屋上で暴れる間は、周囲の建物や電柱に飛び移るも、少しの間でも階下に下りると、直ちに舞い戻って来る。そして、再び現れたマルに吠え付かれ、又も周囲に移り・・暫くは、それの繰り返しが演じられる。マルは朝飯を邪魔されたらしく、頗(すこぶ)る機嫌が悪い様だ。

「ハハ・・」コーヒーを入れる手を休める事なく、男は 静かに呟いた。「バ鴉共が!四羽もおって、何やっとる?たまにゃ この脳足りぬのアホに、泡の一つや二つでも 吹かせたれや!」数だけなら、圧倒的に鴉が優位だが、かと言って 本気でマルと勝負する気があるや否やは、疑問符がつくのも事実だった。

「おおっ マルちゃん、囲まれとるな。頑張って~!」姉妹はあくまでも、犬(マル)を応援する。飛び去る風(ふう)を見せては戻り、又犬に威嚇されると飛んで遠ざかり・・が5~6回繰り返された末、鴉(からす)共は目標を変えたらしく、一羽、又一羽と 近所の城址公園の辺りを目指して飛び去って行く。或いは、好餌(こうじ)が見つかったのかも知れなかった。

「二度と来るな!アホバカ共め!」とでも言いたげに、屋上に残された犬は「ワォォ~ン!ワォォ~ン!」と勝鬨(かちどき)の様に、己の尻をグルグルと追い回しながら 遠吠えの様な咆哮を繰り返す。「マルちゃん、やったね。良かったよ~!」姉妹は、素直に大喜びだ。対する中条は、落ち着いていた・・と言うより白けていた。「所詮、茶番は茶番・・」だがしかし、それが又 理屈抜きで面白いのも事実。「何たって、動物の茶番程 面白(おもろ)いものはねぇな・・」彼は、折々周囲にそう語っていた。勿論、この朝 姉妹にも・・

到底「勝利」とは言えぬ結末を見届けて、姉妹と男は TV報道に目を遣りながら 朝食の卓を囲む。この朝も、温めたフランス・パンに茹で卵、野菜の浅漬けに プレイン・ヨーグルトと果物、ホット・コーヒーなどなど・・ 

「あは、確かにマルちゃんって面白(おもろ)いわあ。鴉が飛んで来たの、初めて見たせいもあるけど・・」由紀が言うと、由香も「ああ、そやなあ。ワンコ連れて散歩の方にも、似た様な事するけどな」と合わせ。中条も「まあ、散歩人は面倒な事になりそうやからって、避けて歩くけど、鴉は野生だしな。そりゃ 予期せん事もあるし・・」

「ふふ、彼 又やるかしらね?」と、姉妹に訊かれた彼は「まあ、後一回位あるかもな。ただ、奴らも野鳥やから、その時になってみにゃ、分からんとこもあるぞ」 「さよですか、まあ そないな風に思うとけば、間違いない訳ですね。」そうこうする内に 8amに。

「さてと・・」男が呟いた。「今日から、貴女たちも 俺と同時に出かけるんだったな?」と続けると、姉妹は「はい、その通り!あたしたちもそないしますんで」と返し。「OK 、それで進めるいう事で。俺、残業調整で 夕方早めに終わるから、外食にしようや」 「おおっ、それ よろしですね~、楽しみですう・・」

「じゃ、初めての道らしいから、せいぜい気を付けて・・」 「はい、おおきにです。伯父様も、ご安全に・・」各々正装を纏って玄関を施錠し、降りた階下で挨拶を交わすと、毎度の事で、中条は自転車で勤務先、姉妹は、最寄りの地下鉄駅 浅弦町から JR中央駅でりんかい線に乗り換えて A大学の最寄り駅へ。9amの集合には、勿論余裕で間に合った。

学術交流行事の初日は、開講式に続いて、指導陣代表の A大学経済学部の准教授と、由香・由紀の姉妹も学ぶ K大学社会学部の講師による記念講演が午前中に。学生食堂での昼食を鋏み 午後は、概ね学年別に三グループに別れての、ゼミナールの感じでの分科会となった。3:30pmで初日を終えると、参加の有志 10人程が、学内の喫茶室で 小一時間の茶話会。それを経て、姉妹が中条の居所に戻ったのが 5pm過ぎ。

「さて由紀・・」姉の由香が言った。「はい、何やろ?」妹が返すと 「そろそろ、伯父様も戻られるやろ。すぐ着替えて、又出かけられる様にしとこか」 「うん、そやな。余り遅くなってもあかんし・・」話の傍ら、由香は、帰宅を中条に LINEで伝える。案の定、彼からは「これから帰るので、用意をして待つ様に」との返事。

「それでな、お姉ちゃん・・」今度は 由紀が言った。「うん、何やろ?」由香が返すと、こう続けた。「伯父様、昨日やってないから、あの欲求 きっと溜まってはるやろな?」 「ハハ、アンタの想像は、直ぐそっちやな。でも、間違うてないで~!」姉は、苦笑で応じた。

「お帰りなさい!」 「二人も ご苦労やった!初日、順調そうで良かった」 「はい、おおきに。お蔭様で!」夕方の挨拶を経て、正装から平装に替えた三人は、再び施錠し、階下の駐車場に控える 中条の車に乗り、居所の北西にある商業施設(ショッピング・モール)へ。帰宅ラッシュの気になる時間も、思った程の混雑はなく、10分程後、到着。

夕食場所の 和食店の予約時刻には少し間があり、三人は、施設内のゲーム・コーナーで 暫しの間過ごす。中に、中条も気に入っている、クレーン・ゲームがあり、これを試す事に。初め、中々操作が難しかったが、500円程つぎ込んだ所で、当たりがあった。

我国伝統技術などを伝える 夜の TV 番組「和風総本家」のイメージ・キャラクター「豆助」に似た、唐草のクロスを纏った 小さめ犬の縫いぐるみが、中条の標的だ。しかし・・「よーし、何としても Kuso助を捕まえるぞ!」 人気のキャラ「豆助」も、中条にかかれば「kuso助」になり下がる。

時間にして十数分後、遂にゲーム・キャラを手中に収めた。「よしよし、Kuso助ゲット、ゲット~!」・・たく、首を揺らして苦笑する美人姉妹の出方を意にも介さず、好い齢をしてはしゃぐ中条であった。この「Kuso助」後で、とんでもない役を担うことになるのだが、それは次回辺りに触れたい。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 JULIA
中村由利子さんの今回楽曲「テイク・ミー・トゥ・ザ・ミッシング・アワーズ(Take Me to The Missing Hours)}下記タイトルです。
Take Me to The Missing Hours
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。