FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第36話「趣向」

s_P1010274.jpg
外では蒸し暑さを感じる 夏の夜だが、中条の居所は 勿論冷房完備。熱く、しかし心地よく 夜のお伽(とぎ)が進行していた。それはかつて、彼が以前の勤務先都合で西方に住んだ頃、時折通った、大坂「キタ」辺りの 風俗店での事共とかをも思い起こさせるものがあった。「ああ・・」美しい・・というより麗しい、由紀の下方を 後ろから愛(め)でていた彼は、感嘆して言った。

「ホンマにさぁ、どんなモデルや RQ(レース・クウィーン)だって、こうは行くめぇって位、完璧(パーフェクト)な肢体だな。俺はもう、頭の回転が止まりそうで、困った困った・・だわ」言葉の終わりで、苦笑した。膝上から太腿辺りにかけての「絶対領域」をメインに覗かれる由紀も、この部屋なら悪い気はしないらしい。微笑んで応じている。見ていた由香「伯父様、由紀の下半身で興奮して昇っちゃあきまへんで。初めは 姉のあたしとですよ。これ、約束ね!」 「ああ、分かった分かった。中条は 嘘はつかへんさかい!」そうは言うものの、彼の思考は 相当に「上の空」の領域に踏み込み始めていた。

「さあ、もう一度 ここで高め合いまひょうね!」 「OK。今行くわな・・」由香と中条、再びソファに戻って、睦み合いに入る。妹の由紀も誘い、まずは唇を交わし、昂揚して行く。「んん・・ふぅぅ、今度も、とても好い・・」喘ぎ半分で、由香は中条の口内に舌を滑り込ませて行く。「ん・・ううっ、由香ちゃん、この前より熱くね?」 

由香「ふふ・・そうかも。今夜はゆっくりやから、伯父様も、じっくりと悪さをしたいんでしょ。エッチな趣向なら、あたしも良う分かります!」 「そうか、悪いな。まあ、年寄りも若い奴も、野郎の考えてる事なんて、どうせ大して違わんからな。周(あまね)君にしたって、似た様なモンだろうな」 「ふふ・・多分 それで正解よ。さあ、次に来はるのは、胸の辺りかしらね?」 「いやー、好い勘しとるな。その通りやよ~・・」

そう言葉を交わしながら、次は 由香の胸回りを撫で回し、感触を確かめて行く。ブラなしで、キャミソール風のストラップをずらして緩めると、直ぐに 優れた胸の双丘が姿を見せた。「う~ん、何度見ても好いわ。そいじゃ、ちょっとな・・」中条はそう言い、左に控える由香の背後に左手を回し、右手でゆるりと 胸の双丘に手指を滑らせ始めた。

「あ・・ああ、この前の旅より、又好い気持ちになれそう。うっ、うっ・・」近隣への気遣いか、由香は 籠った様な低い喘ぎを発する。まずは上体から仕掛け始めた中条だが、フレア・ミニのアンダーから覗く、太腿周りの「絶対領域」も、男の視界に熱く訴えかけて来る。「ああ、分かる分かる。もそっとでそっち行くから、待っててくれろよ~!」そう呟く、彼の下方は 既に堅く熱い火が入った状態だ。

一方の由紀。先ほどは、前かがみで臀丘を突き出した姿態(ポーズ)で、後ろの下方から 中条に覗かれ視姦の標的となるも、姉・由香との行為が始まると、彼の手指は 由紀までは中々に回らなくなった。「だから~・・」彼女は呟く。「姉と絡む前に、あたしの下方を撫で回して欲しかったんよ。さっきなら、伯父様の趣向通り 太腿もお尻も触り放題やったに~・・」

尤も、中条も焦ってはいない。由香への愛撫が一区切りしたら、今度こそ 由紀をソフトに、しかし執拗に攻めようと画策していたのだ。「ああっ、ああっ、伯父様、あ・・熱いわぁ!」引き続いて 胸周りに仕掛けられ、高められる姉の喘ぎが、少しだけ大きくなる。「うんうん、これも好いな。この前より多めに乳房(おっぱい)が味わえたぞ。ひとまずご馳走様ってか?」

本当に、絹かビロードかと思わせる程、由香の「胸の双丘」は佳き感触だった。右、そして左・・と、双丘の麓(ふもと)から頂きの乳輪へと 交互に手指を走らせ、次には思い余って、遂に乳頭にむしゃぶりつく始末。「チュウチュウ・・」と わざと音を立てながら口舌でも愛撫を施し、徐々に昂(たかぶ)らせて行った。それが奏功したのか、彼女の下方も、火が入った様に敏感になって行く。暫くして・・

「由香ちゃん・・」中条、姉に声を。由香が「はい・・」と返すと 「少し疲れたろ。ちょいと、喉(のど)の渇きでも癒しててくれや。その間に、俺はちょいと・・」 「ああ、分かりますよ。あたしが一服する間に、由紀に仕掛けて熱くするつもりでっしゃろ?」 「由香ちゃんお見事!その通りやよ。大丈夫、心配するなや。彼女が昂り出したら、直ぐ戻る!」 「きっとね。約束よ!」

「お待たせ・・さあ行こう」 「いえいえ、下の方 熱くして待つのも、中々快感ですわ~」由紀との行為序盤、中条は、姉の由香にしたのとほぼ同じ手で、由紀と高め合った。濃厚接吻(ディープ・キス)に始まり、胸の双丘と両の乳頭を ソフトな愛撫で一巡り。それだけで「あっ、あっ、ふうっ、い・・好い!」姉より高音の、少し鋭い喘ぎで応えてくれるのであった。

「伯父様・・」暫くして、由紀が言った。「はいはい、何かな?」男が返すと 「あたしは、姉と違うて 早めに下の方に回って欲しいの。伯父様、ホンマは脚とか太腿を スリスリしたいんでしょ?」 聞いた中条は、思わず笑う。そして「いや~由紀ちゃん、察知が早いな。正にその通り!それ、俺の趣向や。今はさ、下の方のどの辺から行こうかな?とか考えてた訳でさ・・」と続けた。

「よしゃ!ほなら・・」男の言葉を聞く由紀は、貪欲だ。「あたしが横になって、伯父様の方に下半身向けますさかい、じっくり気持ちよくして欲しいわぁ・・」 中条「おお、そかそか。そいじゃ、俺の方に脚を曲げて開いてくれろよ。そのお望み、叶えて進ぜようぞ!」聞いた由紀は、こっくり頷(うなず)き、ソファの上に、下方を中条の方へ向けると、美麗な両脚を 「M」字に曲げ開き、申し訳程度の「T」を着けた股間を、男に披露する。

「いやー、絶景!」感嘆する彼の傍らで 「わわっ・・ま、まさか・・」微笑みながらも、内心穏やかではない風情の由香。妹の下肢に手指を遣(や)りながらも、中条は 下方が後攻めになる 姉へのフォローも忘れない。「悪い悪い。由紀ちゃんの脚周りが一通り済んだら、又戻るさかい・・」 「うんうん、まあ信じとるから、大丈夫よ」由香は努めて、明るく振舞っているようだった。

「いや~、百聞は一見にしかず。素晴らしいの一言だわ!」中条、下方は 妹・由紀から仕掛け始めた。左右の足先から摩(さす)り始め、二巡目、三巡目で 徐々に太腿、そしてフレア・ミニの裾から覗く 股間へと迫って行く。「あは、好いなぁこれ。ゆっくりと、スカートの中へと攻め込む、その途中がたまらんく好いんよ~!」

「伯父様・・」臥して開脚姿態の、由紀が声をかけた。「はい、何ぞ?」男が返すと「これを、初めから狙ってはったんやなくって?」 「アハハ・・まあ、貴女の想像に任せよかな~。多少は、それもあるけどな~」中条はそう言い、愛撫を進める。両足先に始まった愛撫は、膝周り、太腿、そしてミニのアンダーに手指を滑り込ませての濃厚なそれだ。「ああ、素敵・・」由紀、今度は丸みのある艶やかな喘ぎを聞かせた。

その間、姉の由香は 中条の背後に回り、両の手を腰に回したり、耳を交互に甘噛みを仕掛けるなどした。「ああ、好いね。やっぱりこういう技は、お姉ちゃんの方が上や・・」由香が、隙を見ては 男の下方に手指を伸ばして来るのは意外も、暫くは、三人での高め合いが続く。「由香ちゃん、お待たせ・・」由紀との行為が区切られると、中条が声をかけ。そして続ける。「そろそろ、お姉ちゃんの方から、濃い愛撫に入ろうかの。由香ちゃんの下方も、同じ様に魅力ありだからな。貴女がどう出るかは、俺は様子を見るだけやから・・」

「OK、行きまひょ!」今度は、由香が 妹と似た感じでソファに臥し、両の脚を開いて行く。これも「M字」。「よぉ~し!」姉の際どい姿態を確かめた男は、妹と同様に、両の手指で 交互に両脚に摩りを入れて行く。その愛撫は、爪先から徐々に足首、膝、太腿の順で、やがてフレアのアンダー・コスの中へ、ゆっくりと攻め入って行く。

「ああ・・」姉は喘いで呟く。「さっき、伯父様の言わはった『様子を見る』って、一体何やろ?」暫く考えた末「あっ!」思い当たる所があった。「そや。多分、あの行為の事や!」何を意味するか?それは、間もなく分かる事だろう。それよりも・・「あ、ああっ、い・・嫌らしい!」一瞬そう叫ぶも、不思議に不快感はない。それは、由香の着ける「T」の中に、中条が手指を忍ばせて来た合図だった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 名古屋オート・トレンド 2018会場にて。2018=H30,2 画像提供 A・DENKA様 有難うございます。
中村由利子さんの今回楽曲「ロング・ロング・アゴゥ(Long Long Ago)」下記タイトルです。
Long Long Ago
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。