FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第38話「異趣」

av-34582.jpg
「由香ちゃん。途中で悪いな・・」暫く続けていた、彼女の下方への口唇愛撫(クンニリングス)を、珍しくも途中で止めた中条が言った。「はい、何でしゃろ・・」秘溝を 舌をも使って舐め回され、艶やかな喘ぎを発していた由香が返した。聞いた男は「あのな。このままソファの上で昇らん方が良い。貴女が望むなら、それでも良いけどさ。折角ベッドが空いてんだから、ここから上は、そっちで昇ろや・・」

中条の、この言葉を聞いた由香は「あは・・このままソファで昇るのも良いなあ思うてましたんや。ですが、そないな事なら、あたしも吝(やぶさ)かやおまへんで。そりゃ、ベッドの上の方が、燃えられますもんね・・」 「うんうん。俺も同(おんな)じ事を考えとったとこや。そっちなら、由紀ちゃんとも上手く『事』を進められるからな。さあ、行こか?」 「ええ・・でも」 「うん、何やね?」 

由香は続ける。「ベッドまで、何や素敵な行事があるんやなくて?」 「お~、いい勘しとるやんか~!その通り!それは・・」ここまで言うと、先に立ち上がった中条は、臥した由香に右手を差し出して その上体を引き起こし、クルリと回す様に前後を入れ替え、次に 首の後ろに右腕、膝の下に左腕を滑りこませ、ゆっくり静かに持ち上げにかかる。

「わあっ、これ とっても好い!お姫様抱っこね!」由香は、感嘆して言った。聞いた中条「有難とよ。そう思ってくれりゃ嬉しいな。さ、そいじゃ・・」そう返しながら、彼は 由香を捧げ持って 寝室へ向かう。その途中で振り返り「由紀ちゃんも来いよ。分かってたらご免な」 聞いた由紀、一瞬笑顔を表し「有難とです。勿論分かってましたよ。そう来なくっちゃね!」

両腕で 姉の由香を抱き、背後に妹の由紀を纏わりつかせながら、三人は もつれる様に寝室の仕切りドアを潜(くぐ)り抜けた。ともすれば散らかりがちな 男の独居だが、中条は 割合よく片付けて住む方だった。7畳半程の寝室は、ダブル寸で、補助ベッド付きの寝台をメインに、二段積みの ガラス引き戸付きの本棚、小卓と補助椅子が 2脚。高所の物を取り下ろすための、椅子兼用の脚立が 1本。寝酒の 数種類の洋酒やグラスを収めた 低いガラス戸棚が並ぶ。この棚の下方には、野郎たちが来ると 秘かに楽しむ AVも何点か忍ばせていた。それはさておき・・

「さあさあ・・」中条は 由香を捧げ持つ両腕の力を徐々に抜き、下へと下ろして ベッドの上に そっと横たえてやる。仰向けの彼女は 両の脚を開き「さあ・・」と、男を招く。「上に来て欲しいわ・・」 「OK 。ちょいとだけ、待ってくれるか?さっきのご挨拶の続きを、ちょいと・・な」彼はそう返すと、再び露わになった秘溝に、唇を合わせて行った。

「あ・・はぁぁ、ふっふっ・・」さっきより、熱い喘ぎを聴かせる由香であった。「好いぞ 由香ちゃん。ああ、燃えるわ~・・」口唇愛撫(クンニリングス)の続きに耽(ふけ)る男、合間に呟く。彼にとっては、まずは理想の展開だ。標的の由香は、全裸にはさせない。ショーツのみを脱いだ、下方の短い キャミソール・ドレスの胸元と裾をはだけ、魅惑の双丘と「女の核心」の全貌、それに ニーハイを着けた美脚が視界を占拠、決して芳しいとは言えぬ 男心を捉えて離さない。

「あ、ううう・・由紀ちゃんも、い・・好いぞ」すっかり湿度を高めた 姉の股間に「ジュルジュル・・」なる音を発しながら仕掛け続ける 中条の背後から、由紀も 彼の耳や首筋辺りに舌を這い回らせ、下の方では、股間の一物に 右手を伸ばす。「ああ、こりゃ拙い・・」勃起した所へ 波の様に心地よい愛撫に見舞われ、又もや絶頂近くへ押し上げられた彼は、辛うじて射精を留まった。

「そいじゃ 由香ちゃん・・」 「はい、何でしゃろ?」 「そろそろ、重なろうかな」 「うんうん、きっとやよ。早う来て・・」 「よしゃ、それじゃ・・」言葉を区切った中条は、はっきりと「その時」が来た事を強く感じた。ベッドに上り、由香の両の脚を押し開き、その股間 秘溝の元へと滑り込む。

中条「このまま、行って良いのか?」と訊けば、由香「ええ、そのままね。あたし、今日辺りから安全日やから大丈夫よ・・」 「よし、そんなら・・」気持ちを決めると、中条は 由香の上に重なり、まずは胸の双丘、それから徐々に下方の愛撫をへて、下方の一物を、秘溝の入り口に合わせ。

「由紀ちゃん・・」中条、ベッドの反対側から「行為」を観察していた妹に、声をかけた。「はい伯父様、何でしゃろ?」彼女の返事を受け 男は「今からな、俺の『男』を、お姉ちゃんの『女』に連結するぞ。もしも 興味あるなら、俺の後ろから見る事だ・・」聞いた由紀は、こっくりと頷いたが、その視線は 中条が由香を眺め回すのと同様、ねっとりした光線を放っていた。

「さあ、来て・・」臥した由香、促す様に言う。中条は応じ「さあ、いよいよだ・・」と、由香の溝に 己の男根を合わせる。「行くぞ・・」一言の後、十分な硬度に達し 勃起した男根を、加湿で濡れた下草を押し分ける様にして 秘溝に合わせ、徐々に 慎重に奥へと滑らせて行く。亀頭にはっきりと伝わる、甘く熱い 肉壁の迎撃・・「あっ、あっ。ふっ、ふうう~っ!」艶のある喘ぎ声と共に、連結を果たした。

「あ・・ううっ、う・・動いて・・」再びの、由香の喘ぎを確かめて、中条は上下動を始めた。初美との行為の時もそうだが、由香も 正常位の交わりでは、彼の腰に 両の脚をガッシリと組みつけて来た。「蟹挟み」と呼ばれるこの技は、中条も好感するものだ。後ろから観察の由紀にも、見え易くしてやる。彼女も それが分かっていて、所謂「ハメ撮り」の位地から「ねっとり、しげしげ」という風情で、落ち着いて見ていた。

「ああ、これ好いなぁ・・」腰の動きを続け、呻きを交えて 中条が呟く。「ああ・・あっ、あっ、あたしも・・」喘ぎ声を弾ませ、由香も応える。この時、ベッド脇に この夜獲得した犬「豆助」の縫いぐるみが居たのだが、一時 由紀と共に視界から消えたのを、男は はっきりとはみとめられなかった。勿論、由香との情交に没頭していた為だ。

「あれ、由紀ちゃんは?」些かの 後悔の念が入り交じった気持ちで、中条は 交わる由香を醒めさせぬ様気をつけながら、辺りを窺う。少しおいて、由紀は 下方の補助ベッドに居る事が分かるのだか、この時 見過ごせない異変が起きていた。目撃した男は、思わず「おい、由紀ちゃん。その手 待った~!」叫び出したくなる有り様ではあったが・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 水稀みり
中村由利子さんの今回楽曲「地平線の彼方に(Beyond The Horizon)」下記タイトルです。
Beyond The Horizon
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。