FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第24話「復路」

2b1998ba.jpg
7月31日の金曜、ようやく、夏らしい晴れ間が多く見られる様になった。
前日に続き、健(たける)、徹の二少年は、草サッカー朝錬を順調にこなす。一旦N市へ戻っての8月1日土曜には、クラブの会合と練習試合も予定されるので、それに備えたメニューにも取り組んだ。いつも通り、JR中央西線の、上り一番電車の通過をもって、朝錬は終了。シャワーを経て朝食。

前日の30日木曜から、香緒里も戻り、四人態勢に復した林間学級。気になる洗濯も、浴衣ならとやかくは言われまい。この日は、午前の前半のみ、不在で遅れていた香緒里の教科に臨み、午前の後半は自由研究の作業、昼食後は、一旦N市へ帰る準備に充てた。
二少年、その夜も、夕食後すぐの早い時間は天体見物。満月に近く、かなり見難かったのは事実だが。前庭の水場には、もうお馴染みの蛍も現れ、ダブル点滅ショーに興じた。その後、初美の歌唱と香緒里のピアノ伴奏を聴く、大人し目の時間を過ごす。そのせいか、まずは良く眠れた様だ。

さて、7月最後の金曜午後、N市への、一時帰還の時を迎える。それに先立つ昼食の直後、初美から、月明け後の林間学級日程と、中山荘(ちゅうざんそう)への戻りの集合場所、時刻などが伝えられた。
それによると、学級残りの日程は、8月3日月曜から、7日金曜まで。最終二日前の5日水曜には、再び養護主任 本荘小町が訪れる由。聞いた健、思い当たる事があった。「小町先生・・て事は?!」詳しくは後程。

午後3時前までに、洗濯物収納などの雑用と、一時帰還の用意が終わり、初美、香緒里の二女講師と、早瀬管理人夫妻が、留守中の事につき、簡単に打ち合わせ。
初美「では、ご面倒をおかけしますが、お二人は、今夜はここへお泊り下さり、明日の昼頃、適当な所でお帰り下さる様。日曜はお休みですから、ここが無人になります。施錠とセキュリティ・システム動作は、宜しくお願いしますわ」
「心得ました。ご安全にお帰りを」早瀬夫妻は、こう返し、どちらからともなく「又来月、宜しくお願いします」と。

3時20分頃、香緒里のトヨタ・アルファードに乗った四人は、ひとまず中山荘を離れる。川下の、上りJR特急の停まる、香緒里の親類宅近くの駅までは、ここから約20分のドライヴである。この地方の山峡(やまかい)は、西隣に当たる、F県下の飛水峡が魅力的だが、ここ木曾谷も、負けてはいない。右へ左へカーヴを描く国道と、眼下に見える渓流が、変化に富んでいて飽きさせない。
スマート・ホン画像に慣れた少年たちさえも「水の流れって、見てて好いなあ」と言わせたものだ。勿論、女講師たちも「本当に素敵」感嘆の声を漏らす。

乗換駅に着くと、香緒里は三人を先に降ろし、ほんの少し離れた、親類所有の駐車場へ入庫に向かう。初美は、先に自分の切符を受け取り、駅構内に入る事にした。二少年は、香緒里と合流すべく、待合室にて待機。

プラット・フォームに上がると、眼前に、G県下へ向かう下り貨物 81列車が停まっていた。この駅で、彼女たちの乗る上り特急が発った後、山間へと出発するのだ。先頭は、勿論電機 EF64(1000代)。この日は、所定の二機重連だ。どちらも、紺とホワイトの、斜めの配色が特徴的な、大宮工場色である。傍らに、貨物会社を表す、赤い「JRF」のロゴ、運転台直下には、所属の車両基地(稲沢市の愛知機関区)を略して表す「愛」の表記も見える。

「これが、EF64・・」先頭機を見つめながら、初美が呟いた。運転台は、この時無人。運転士は、駅事務所へ用務に行っている風情だった。背後の、十数両はあろうコンテナ車の編成は、所々に空きが見られる、九割方の積載状況であった。
本当に、武骨極まるサイド・ビュー。運転台背後の前寄りには、大きな送風グリルが並び、その前後に、古風な明かり窓が数か所。下半身を固める、DT138及び139と呼ばれる足回りも、同じ位硬派の風情。そして、正面も。窓上の、つらら除けを兼ねた大きなサン・バイザー、下端を守る雪除け、そして、連結器の周りに群がる、ブレーキ配管と電気ケーブル。「本当に、こんなに要るのかしら?」一般女性の目からは、そう見えても無理からぬ程、数多かった。

運転士が、用務から戻った。初美が観察しているのに気づき、軽く会釈。心持ち、恥らっている様にも見える。彼女も、会釈と微笑みで返した。忽(たちま)ち、装備の機器類、送風機、電動発電機、制動用空気圧縮機とかが一斉に動き出し、その音たちで賑やかに。二機の機関車による、合奏の中で初美は想った。「何もかもが男臭い。でも、それだけに頼もしい。山の向うに住む人々の命と暮らしは、この彼たちの頑張りに、支えられているんだわ。運転席(コクピット)の『愛』のサインは、その証しよ」

少しおいて、香緒里と二少年が姿を見せる。「いや~残念。今日は、両方『牛乳パック』だわ」やや冴えない反応。「ふ~ん、今一なんだ。もっと、見応えのある日があるのね」香緒里が言う。「そうなんです。国鉄の頃からの機関車なんですが、初めは紺一色で、正面だけクリーム・イエローの色合いがオリジナルでして。その原色機が来ると、ベストなんですがね」健、こう返す。徹「この後の、5875はどうかな?」と言えば、健「そうだなあ、もしかすると」と返す。香緒里も「そうか、もしかしたら・・なんだ」と応じる。

午後4時寸前、時刻表より僅かに遅れ、上り特急「ワイド・ビューしなの16号」が滑り込む。この日は八両編成。前二両、7、8号車が自由席。座れないのでは?と心配した四人だったが、幸いにも向い合せ一ボックスの感じで、席を確保できた。
健が言った。「八両だとさあ、7号車が運転台付になって、席数が減っちゃうんだよね」
「そうそう。けどまあ、皆、座れたから良かったんじゃないの」徹、こう返す。
初美は「列車なら、香緒里が運転の心配しなくても済むから、気楽だわ」と言えば「うん。気遣い有難う」香緒里も返した。

暑い午後の青空の下を、上り特急は快調に走った。出発後暫く、緩いカーヴとトンネルが連続した後、木曽川沿いに平地を目指す。約10分強で、ダム湖の畔(ほとり)に出、風景がゆったりし始める。「こう言う穏やかな水の風景、好いわね」初美が言った。他の三人、それぞれに頷く。中津川を発ってすぐ、下り貨物便と行き違い。徹の話した、5875列車だろう。「あ~あ、これも二機共牛乳パックだわ」二少年、失望した様な。

東濃地方と呼ばれる田園地帯を、列車は西へ向けすっ飛んで行く。最高速は、120km/Hかそれ以上だろう。駅の間とは言え、車だと二時間以上を要する所を、一時間そこそこで達するスピードは、やはり鉄道の武器に思われた。
多治見と言う街を発って、A、F両県境の渓谷を抜け、再び平地へ出ると、N市中央駅はもうすぐそこ。この上り特急は、更に西を目指すので、女講師と少年たちは、間違いなく降りなければならない。ここで、健のスマート・ホンにSMS着信。中条からだ。

健「はいはい。怪しい伯父さん、有難う」 中条「こら健!俺は不審者かっ?」
健「当たらないけど、近い様な気がするんだけどなあ。笑」
中条「当たらずと言えども、遠からじって言うんだけどなあ。笑」
健「ああ分った。有難う。所で、迎えに来てもらえる事になったのかな?」
中条「その事よ。お前たちの着く時分に、中央駅に回れそうだわ」
健「大感謝!それは良かった!俺たち四人とも、大丈夫かな?」
中条「ああ、いいだろう。着いたら、すぐ来いよ。待ち合わせは、西口新幹線側の、いつもの所な」 

健「悪いね。有難う!」傍らで読んだ香緒里「ちよっと代ってくれる?」彼のスマホを預かり、中条宛てにSMS。
香緒里「中条さん、山音です。送って下さる由、有難うございます。いつも申し訳ないですね」
中条「いやいや、気にしないで下さい。お互い様だし、良くある事ですからね。じゃ、着き次第、西口の例の所で。道中ご安全に」
香緒里「有難うございます。中条さんも、お気をつけて」健に、スマホが返される。

午後5時少し過ぎ、列車はN市中央駅に着いた。降りるや否や、二少年は、プラット・フォームの向かい側へ。「今から5885が来るぞ!」その直後、電機 EF64(1000代)原色が先頭の下り貨物便が、傍らをゆっくり通り抜ける。彼たち、どうにか画像を捉えられた様だ。見守る二女講師「ああ、あれね。昔の国鉄カラーだわ」
「まあ、良かったじゃないか」と彼たち。その向うを、聴き覚えのある、鋭い警音が響いて行く。初美は思った。「忘れられないけど、もう泣かない様にしないとね」
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,8,2記)

P.S 今回中のJR中央西線 上り特急「ワイド・ビューしなの16号」の運転形態は、2015=H27年夏時点のものです。今春の時刻改正により、大阪~名古屋間の運転が終了、名古屋~長野間の運転に変更されました。

今回の人物壁紙 吉川あいみ

渡辺貞夫さんの今回楽曲「サルヴァドール(Salvador)」下記タイトルです。
Salvador

JR電機 EF64(1000代)の停車中動作音が聴ける画像 下記タイトル。警音は、他機材の可能性があります。
EF64 1014
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。