FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第41話「続昂」

3b7a6dea.jpg
夏の夜の蒸し暑さを 一定は解消する、緩く冷房の入った中条の寝室で、由香・由紀の木下姉妹と彼が繰り広げる 3Pの行為が続く。まず、姉の由香と交わり 頂きへと導いた後、妹の由紀と、並んで座り再びの高め合いに入る。「由紀ちゃんも好いぞ。特に胸の双丘な」言葉を選びながらも、意識して 姉を上回る魅力がある様に語る、彼であった。

由紀は言った。「そうでしょう。この前の旅行より、お触りが念入りで、伯父様もじっくり味わわれてるんやなあ、なんて思てますよ」 対する中条「そやそや。俺、そのつもりやもん。そいつを分かってくれりゃ良いんや・・」 キャミ・ドレスの上方ストラップを外し、現れ出た「胸の双丘」に、丁寧でスローな摩(さす)りを入れ、男は 妹の美肌を味わって行く。

「さあ、次は・・」彼は言った。「ちょいとの間、貴女の双丘を吸わせて頂く。嫌なら 今の内に言ってくれ」 聞いた由紀「い~え~、ぜ~んぜん大丈夫ですよ~!心ゆくまで、じ~っくり味わっておくんなはれ~・・」 「了解しやした。そいじゃ・・」彼女が頷き返すのを確かめて、男は その胸の双丘に、唇を合わせて行った。

「ペロペロ、チュウチュウ・・」微かな音を伴って、中条の、乳房への愛撫再び。「ああ・・」姉より僅かに高めの音階で、由紀の喘ぎが聴こえる。「とても好いわぁ、続けて下さる?」 「OKOK。もう暫く 味わわせてくれろや・・」そう返しながら 中条は、手指と口唇を交互に使い、由紀の乳房を摩って 高めて行った。

「由香ちゃんとの行為で・・」男は呟く。「一度は昇ったはずやが、どないだろ?又もや勃起が蘇(よみがえ)った様な・・」 聞いた由紀「ふふ・・伯父様、事実なら 狙い通りやわ。叶うなら、完全復活で燃え上がりたいわねぇ」と言い。「うんうん、良う分かる。完全とは行かんが、期待値は上がっとるぞ。信じてくれや」男は、こう応じた。暫く後・・

「さあ、由紀ちゃん・・」中条はそう言うと、妹に 座っていたダブル・ベッドに臥す様促す。それに応じながらも、由紀は「その前に・・」と、一言入れて来た。「いいよ、聞こう」男が返すと「ええ、その事なんですが・・」と 彼女は続けた。「その前に、伯父様の『お竿(さお)』が元気になったかどうか、確かめたいんですう・・」

「ハハ、そういう事かよ・・」中条は、笑って反応した。そして「どうやろ?そないに気になるなら、いっちょ見てみるかや?」 聞いた由紀「あは・・さよでんね。そりゃ、自分の目で確かめるのが一番やし・・」 「俺はいいよ。それでな・・」 「はい・・」 「もしもだ。貴女に熱が入ったらさ、手指だけやなしに、口でくわえてくれたって構わねぇんだぜ」 「ふふ・・それ、伯父様の本音と違いますのん?」 「ハハハハ・・、流石(さすが)察知が早いのう。その通りやよ」彼が返すと、二人は目を合わせて 笑った。

「よしゃ、ほなら・・」と、由紀は言い「あたしが、お竿を元通りにして差し上げまひょかな」聞いた中条「ほう!」感嘆して「由紀ちゃん、元通りって事ぁ・・?」 「はい、ですから お元気に元通りって事ですやん・・」 「ああ、わかる・・ん、ううう・・」会話が区切られるのを待ちかねた様に、由紀も又 中条の竿(男根)に食らいついて行った。

「ああ、これも好いわ・・」亀頭に口舌の攻めを受けながら、彼は呟く。「お姉ちゃん共々、ホンマに口技が長けとるな・・あ、う・・」仕掛ける由紀、「竿」をくわえたまな微笑を浮かべ「ふふ・・ズバリ訊きます。姉とあたしと、どっちが上手でっか?」後方では、頂きの愉悦を経た 姉の由香が、笑顔の一方で 妹の言動に細心の注意を払っているのが分かる。

「はて・・」男は一瞬、思案した。「口唇愛撫(フェラチオ)の技そのものは、そりゃお姉ちゃんの方が 断然上だ。しか~し!」 「手指のも含めての摩(さす)り・・あれ、由紀ちゃんは、独特のセンスっていうのか、あの刺激、抜群に俺の好みなのよなぁ・・んで、総合するとだな・・う、う・・」由紀の、姉に優るとも劣らぬ舌技に、彼は 思わず射精しそうになった。その間 由香は、目ざとく 中条の唇を奪う。

「ヒャー、いかんいかん・・」男は 更に呟く。「俺の精力も、まだまだ捨て難い。油断してりゃ、暴発しかねんわ。さあ、そないになる前に、由紀ちゃんの下半身を攻略せんとなぁ・・あ、うう」独り言のつもりだったこの下りが、彼女の耳にも届いたらしい。

「伯父様・・」口舌で 男の「竿」を攻め続けていた由紀が言った。「うん、聞こう。何かいな?」中条が返すと、彼女は「そろそろ、あたしの核心を攻めたいんでしょう。お顔に出てるわよ。おスケベサインが・・ね!」笑って続けた。「ハハ・・」男も笑い返し「まあ、好いとこやな。直ぐ始めるか」「ふふ・・さよでんね。まだ気持ちが熱い内に、そうしたいですわぁ・・」

「よしゃ!そないな事なら・・」中条はそう言い、決心した。「由紀ちゃん、仰向けで、俺に向かって 脚開いてくれや。そいで、次の段階(ステージ)へ行くからさ」 「はい~、それも伯父様の本音でんね~。分かります。」そう返した由紀は、仰向けに臥すと、ニーハイを纏った美脚を 男の方へ向けて曲げ開く。既にショーツを脱ぎ、下方が露(あらわ)であるのが、むしろ惜しい位だ。「この姿態(ポーズ)で・・」男は思った。「着けたショーツを剥ぎ取って、核心を覗くのが、ホントは最善(ベスト)なんだが・・」

それにしても、由紀の股間も魅力的だった。陰唇と秘溝の好バランスと、色素の少ない美しさは、姉以上。周りを囲う下草も、姉のそれより僅かに薄目。その事が、反(かえ)って中条の興奮を誘った。勿論それは、姉・由香の秘溝が大人の落ち着きを湛えている証左であり、それぞれに魅せられる所大きいという事でもあった。

「では、ちょっくら・・」中条、仰向けで脚を開く由紀の股間に進み、秘溝に唇を合わせて行く。舌の動きも交え「クチュクチュ・・」なる 微かな音を伴い 愛撫(クンニリングス)を加えると「あ・・はぁ、ふぁぁ~っ!」優れた喘ぎを伴って、由紀が反応した。

「よしよし、由紀ちゃん、好いぞ~!」愛撫の手指と口舌を休めず、動きながら 中条が呟く。「今夜は焦らんと、じっくり高めたるからな~!」若さ溢れる 由紀の秘溝は、秘液の分泌が行き届いて 十分以上に湿度が保たれていた。最初、微かだった愛撫の音は「ジュルジュル・・」と、大きな音を伴っていた。

もう夜更けも近く、この部屋での「男女の行為」も、もう馴染みを覚えるレベルになっていた。「後少しで・・」中条が呟いた。「由紀ちゃんの核心も頂きだ。この姉妹、二人共 まずは上玉だ。ホンマ、それぞれに 好いオマンコ・・いや、ご免 オメコしとるわ。土手も高めだし・・後は、頂きへと進められりゃ・・」そう呟きながら、彼は 由紀の上にゆっくりと重なって行った。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 希島あいり
中村由利子さんの今回楽曲「オン・ザ・グリーンアース(On The Green Earth)」下記タイトルです。
On The Green Earth
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。