FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第42話「回春」

IMG_0995.jpg
幾分「機能」を回復させる事のできた中条は、姉の由香に続き 妹の由紀とも頂きを目指すべく、彼女の上に重なっていた。まずは、首周りに両の腕を回しての「ネックキング」で 軽めの挨拶からだ。

「確か・・」彼は言った。「お姉ちゃんにも見せた事ねぇと思うぞ。この技は・・」
組み敷かれる由紀「・・ですね。この前の旅行でもなかった様な。でも、それだけに 新しい気分でよろしですわ~・・」

男は続けた。「んだんだ。俺も同じや。あの時、気がつきゃ良かった な~んて後悔したりしてな」由紀「でも、今夜分かって良かったやないですか。大坂帰る途中で『しもた~!』よりはマシや思いますよ」「ハハ・・それもそうだな。好い考えは、その時 直ぐ実行せんとなぁ・・」

首周りを愛でる ネッキングの傍ら、舌技も交えた 濃厚な接吻(キス)をも果たした中条は、一旦 由紀の下方に回り込み、次には ニーハイを纏った美脚を、足先から太股の方へと摩(さす)り上げて行く。

「ああ、好いわぁ・・」喘ぐ様な、由紀の呟き。中条は、技を仕掛けながら「うんうん、由紀ちゃんの脚も絶品やわ。お姉ちゃんも素敵やが、これはさ、質(たち)の違う『素敵』ってヤツ。いやぁ 俺、男で良かったぜぇ~!」膝から流麗な太股に頬擦りを見舞う、これが中条の本音だろうか。仕掛けられる由紀も、そう悪い気でもなさそうだ。

「伯父様・・」暫くして、彼女は呟く様に言った。「うん、何かいな?」彼が返すと「そろそろ、一つになる時間ですやろか?」 「ああ、それなぁ・・」男は、一度言葉を区切って続けた。「貴女、その前に してぇ事あるんと違うか?」傍らで聞いている、姉の由香とも視線を会わせながら、ゆっくりと 呟く様に。

「ふふ・・やっぱり、そないな感じがしますやろか?」由紀が応じると、彼は「ハハ・・」微笑んで 「まあ、順番から見て そんなとこやからな。さて、そいじゃ 少しだけ 攻め気味に行ってみるか・・」と続け、由紀の上体を斜めに起こし、顔面近く、自身の下方を グイと近づける。まだアンダーは着けている。

「あは、仰せの通り!」男の股間を 顔の傍(そば)に寄せつけられた由紀、笑って返す。そして「そういう事なら、お望みを叶えて差し上げようかしら・・」と続け、右手指を彼の前開きから挿し込み、中の竿(男根)を掴み 外に連れ出す。本当に、成り行きと言われる 流れのままの行為である。

「さあ、宜しくな・・」 「よろしですわ~、期待してて~」姿を現した、中条の亀頭を、由紀の口舌が捉える。「あ、ゆ・・由紀ちゃんも上手やな。ううう・・」呻く様な、男の声が続く。「伯父様のアレも、い・・好い感じやわぁ・・!」妹はそう返し、亀頭からガッツリとくわえ込み 出し入れを繰返しながら、ネットリと舐め上げて行く。

「よしよし、由紀ちゃん 好いぞ~」高められる中条は、熱く呟く。一度は頂きに達し、射精を経た 彼の「竿」だったが、今又 妹の技に導かれ、昂(たかぶ)って行く。「ん、ん、ふう~ん!」高める合間に、籠った声を発する由紀の仕草に、男の勃起は 確実に復旧して行った。その下着(アンダー)も剥がされ、彼の下方も露(あらわ)になった。

「さあ、由紀ちゃん・・」中条は言った。「後 少しだけ、高めるわな。その後 いよいよ繋がるぞ」 「ふふ・・一つでんね。楽しみ~」 「そうや。まあ、期待してろよ」そう返すと 男は又、由紀の下方への愛撫を再開した。喘ぎと、程好い下草を伴う秘溝に口舌が走る「クチュクチュ、ジュルジュル」なる微かな音が、部屋中に漂って行った。

行為が始まって小一時間の後、中条は由紀に「さて、いよいよだ」と言って、彼女の秘溝に 露出し 勃起した「竿」を近づける。「いいわ、来て・・」両の脚を開いた由紀は返した。これを受け、男は 秘溝の合わせ目に狙いを定めた「竿」の亀頭を、ゆっくりと奥へ滑らせ、静かに繋いで行く。肉壁に迎え撃たれ、奥への途中で行き止まりの感触を得て、連結が果たされる。

「ああっ、思った通り。い・・好い感じ・・」思わず、腰を動かし 高まりにかかる。由紀も「ふっふっ、はっはっ、ふうう~ん!」小刻みに喘ぎ 応える。動き続ける中条の腰には、両の美脚がガッシリと組みつけられ、一体になって行く。

「伯父様・・」少しおいて、姉の由香が声をかけ。「はい、何ぞ?」男が返すと 「ちょっとね・・」と言って、彼の耳に歯を立て、甘噛みを見舞う。「ああ、好いぞ。有難とよ・・」暫し彼は、その愉悦に酔う。勿論、腰は運動を続ける。

更に暫く後、中条は 一旦動きを停め「由紀ちゃん・・」と声をかけ。「はい、何でしゃろ?」彼女が返すと 「そろそろ体位(ポーズ)変えよかな。疲れとらへんか?」と訊き。「ああ、いいや・・あたしが下のままで、昇りたいですわぁ・・」 「おお、そかそか。そないな事なら・・」そう返した彼は、由紀に繋いだ「竿」の抜き挿しを繰返しながら、高まって行く。それは「回春」と言っても良い 回復度合いであった。

この間 姉の由香は、繋がる二人の後方に回り込み、その交合部をじっくり、ネットリと観察した。男の「竿」を迎え入れた 妹の秘溝は加湿十分。秘液を滴らせ、下草をも濡らしながら 熱を帯びて行った。その中に、出入りを繰り返す「竿」の動きに、流石の由香も動揺していた。「ああ、凄い・・」

「由紀ちゃん、いいかいな?これから昇るで!」腰を動かし続けた中条は、探る様に 下の由紀に声をかけ。「あっ、あっ、いいわ、ふっ、ふうう~っ!」彼女も、更に息を弾ませて応える。これを合図に、最後の高まりへ。「行く~っ!」 「昇るう~っ!」応援歌の様な喘ぎの交歓で、二人は頂きに立った。「ハハ・・思ったより 気持ち良く頑張れたわ」 「ふふ・・さよですね。好い感じの余韻。素敵・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 名古屋鉄道 舞木検査工場に保存される 戦前の特急電車 3400系 パノラマカー登場のきっかけとなった先輩車種 岡崎市舞木町 2014=H26,2 撮影 筆者
中村由利子さんの今回楽曲「オール・イン・シーン(All In Theme)」下記タイトルです。
All In Theme
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。