FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第43話「日時」

70419a71.jpg
熱い高め合いで「頂き」に昇った 由紀と中条は、まだ上と下で、交合を解かずにいた。「夏だって、夜は長い。まあ焦らずに。離れるのは、ゆっくりでいい」彼が言うと 「・・ですよね。もう少し一つって事で」由紀も、快く応じた。「まあね。二人が繋がってても、できる事ってあるし・・」少し前に頂きに昇り、この時は 傍らで見守っていた姉の由香が、中条と唇を合わせる。

「好いぞ、由香ちゃん・・」男が続けた。「どや、又、俺の耳 噛んでみるか?」 聞いた由香「ふふ・・、お望みなら、そうしようかな。お気持ちはよろしいの?」 「ああ、その通りで。貴女の歯の立て方が、絶妙に気持ち良くてな。あ・・う・・開始か~い?」 「はぁ~い。直ぐに開始よ。もそっとゆっくり目にしようかな・・?」由香はそう言い、中条の耳に、些かネチネチした感じで、左右交互に「甘噛み」を見舞って行く。暫く後・・

「由紀ちゃん・・」中条が声をかけた。「はい、何でしょ?」彼女が返すと 「長くなった。そろそろ離れようと思うんだが・・」 「そうですね。丁度良い区切り・・かな?」既に、この二人で行為に入ってから ほぼ一時間。由紀の返事を受け、男は ゆっくりと彼女の上を離れにかかる。上体を起こし、始めとは逆に、まだ礼儀を保つ竿(男根)を 繋いでいた秘溝から ゆっくりと抜き放す。姉もそうだったが「もしも・・」に備えて用意していたゴムは、姉妹の「必要ないわ~!」の声に、出番を失った。

さて、竿に離れられた由紀の秘溝からは、思いの他 濃さを保った男精が流れ下った。最初に交わった姉の時程 濃くなかったのは事実だが。「ふふ、伯父様・・」様子を見た由香が言った。「結構 絶倫でいらすんですね」 聞いた中条「余り褒め言葉やなさそうやが・・」と思いながらも 「ハハ、有難う。周(あまね)君みたく若けりゃ、もっとイケるんだが、その時期を過ぎちまって・・悪いな」

「いえいえ、素晴らしいですわ」由香の称賛が続く。「二度目の絶頂でこれなら、十分や思いますわ。堅さも絶妙で、昇る時の感じも好いしね。なあ由紀、そう思うやろ?」 聞いた彼女は「あは、まあね。お姉ちゃんと、一度昇ったとは思えへん程、伯父様のお竿は、堅さがあったな。うん。心地良かったぁ・・」

中条「ハハハハ、二人共有難とよ。外したらどないしょと思うたが、まあ好い感じやった様で、一安心かい。さあ二人、少しお股を清めて進ぜようぞ」 「あ、それ好い!シャワーも使うけど、宜しくお願いしま~す!」下方が露わのまま、姉妹はてんでに脚を開き、秘溝がよく見える様、彼の方へと向ける。応じる男は「うんうん、好いぞ。大開脚で、手入れもし易そうや。さ、由香ちゃんから行こうな」 そして 手にしたウェット・ティシュで、まだ最初の男精が残る 由香の秘溝をゆっくり丁寧に拭き清めて行く。

「ああ、今度も 良かったわぁ・・」 「うん・・だな」」興奮の時を過ごした姉妹と中条は、ベッドから立つと、シャワーを使うべく、浴室へ。後戯れを兼ねる、身体の流し合いなどの後、下着にバス・ローブを纏って冷茶で水分を摂り 姉妹は寝室、中条は居間のソファを延長してベッド替わりに。深夜TV番組を観ながら就寝と行きたかったが「やっぱり」すんなりとは行かなかった。

ソファに臥し、横向きの画面に目を遣り始めて間もなく、又も寝室を抜け出した由香が、中条の上に重なり TV番組を観たがるのだ。「ハハ、由香ちゃん・・」彼は言った。「今夜も、一緒に観てぇんか?」対する由香、笑いながら「いかにも!伯父様に重なって観ると、何かね・・良う頭に入るんですよ~!」と返す。「何や、誉め言葉になっとらん風なとこもあるが、まぁ良いや。どうしても一緒にっていうなら どうぞって事で・・」

結局二人は、重なり合って 横向きの画面を追う。「由紀ちゃんは眠ったのか?」中条の問いに、由香は「ええ・・ま、寝息発ててたんで、もう今は 爆睡でしょう」と返す。暫くの間、画面を追いながら 軽口を交わしたりする内、日付が替わって小半時余りで、由紀に続き 二人も眠りに就いた様だった。

「お早うございます!」明けて 8/2の水曜も、曇りの朝。最低気温も 25℃オーバーの 熱帯夜ではあったが、曇り空のお蔭で 体感的には猛暑を免れている感もあった。寝ていた三人の目を覚まさせたのは、斜め向かい家の屋上に現れる 変な犬である。「ハハハハ、今朝も Kuso犬だか Kusoマルのアホーマンスがおっ始まるな・・」

丁度、階下を「マル」と同格位の 小柄な芝犬を連れた 散歩人の男が通り抜けようとしていた。見つけた「マル」・・当然の様に、甲高い咆哮のお見舞いだ。相手の芝も、一度は応酬するも リードを持つ飼い主に制され、次の瞬間には スゴスゴと遠ざかって行く。「勝った!」一瞥した「マル」は そう感じたのか、もう 露骨に歓喜の風情である。前日の、鴉(からす)共の時と同じ 遠吠えの様な声を上げ、又も 己の尻をグルグルと追い回す、中条の言う「気狂い躍り」を 暫しの間演じるのであった。

「ああ、いやいや・・」朝の料理を姉妹に任せ、自らは コーヒー入れと、窓際への卓と席のセットを進める 中条は呟く。「又また、己の不潔な尻追いが始まった。ホントになぁ、声にも話にもならぬ大アホーマンスで、困ったもんだわ・・」 この朝は、続いて男女の犬連れ散歩人が現れ「マル」の咆哮も、いつもに増して 力感が感じられたものだ。それでも姉妹は「可愛い声!」なる反応で通した。男の耳には「屁垂れ声」にしか聴こえなかったが。それはさておき、コーヒーにトースト、茹で卵、果物にヨーグルトと言った、洋朝食の定番と言って良いメニューを嗜みながら、三人は「マル」の茶番を楽しんだ。

「さてと・・」中条は言った。「二人は、行事二日目だな?」対する姉妹、姉の由香が「ええ、早いもんで もうそないなとこですね」 「そうか、有難と。俺は日中 例によって仕事やから、午後戻ったら、悪いが買い物を宜しくですわ・・」 「ああ、ご心配なく。少し様子も分かって来たから、大抵大丈夫・・かな」 「うんうん。大体が分かりゃ それで良いって事で」 「・・ですね。そこはまぁ、何とかしましょう」「そうか。ほな、宜しく・・」この朝の会話は、ざっとこんな所であった。

片付けも終わり、先に出勤の中条は 姉妹に戸締まりを頼み、階下に降りて、自転車で出かける。暫く後に出かける姉妹は、ちょっとの間 ソファの後ろに並ぶ、中条の書棚に目を遣り。由香「やっぱりな。伯父様の本は、社会派のノンフィクションが多いと思うたけど、その通りやな」と言うと、由紀「それと、趣味の方じゃ、鉄道交通とかモータースポーツのが結構ありまんな」と応じ。

「それと・・」由紀は続けた。「下の段からさぁ、こんなん見つかったけど、何やろな~?」 由香「そやな・・どうしても言うなら、開けて見ても良いんちゃう?」 「うん。・・じゃ、ちょっとだけって事でさ。」会話を受け 由紀は、その紙袋を開けにかかった。・・して、その中身は・・。

「ハハ・・なぁ、お姉ちゃん・・」 「ハイハイ、何かいな?」 「やっぱりな、伯父様が大事にしてはる AVと違うんか?」 「ハイ、お言葉通り!それもな・・」 「はい、聞こう!」 「ほぼ全部 伯父様が大好きな 着エロとコスプレの系統やな」 「さよかぁ・・ほな 午後戻ったら、一本位チェックしたろかの~」・・そうこうする内に、姉妹にも、出かける時刻が迫る。中条の小半時後、由香と由紀の姉妹も 夏の正装で手回り品のバッグを携え、施錠して階下へ。前週土曜に 彼の居所に着いてから、この朝で 5日目。彼女たちの行事も、まだこれからだ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 愛沢新菜
中村由利子さんの今回楽曲「青春のロンド(Glory of My Life)」下記タイトルです。
Glory of My Life
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。