FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第50話「鳴動」

2e1a04f9.jpg
薄明りの射す寝室の ダブル・ベッドの上で進む、初美と中条の まったりとした濃い行為は、初めの正常位に戻っていた。図らずも同室となり、漂う喘ぎと呻きを聞きながら「行為」の現場に居合わせる事となった、由香、由紀の木下姉妹は、これ又「行為」が始められたと同じ、交わる大人の男女の下方、所謂「ハメ撮り」位置にうずくまり、熱く潤う交合部を、飽かず眺めていた。

「う~ん、好い眺め!いつまでも見とりたいなぁ、これ・・」姉の由香、思わず呟く。「これ、一生モンの記憶になるかも知れへんなぁ。ホンマ・・話に聞いた以上の、見事な『男女結合』やで~!」 聞いた由紀「そうかぁ・・お姉ちゃん、そないに感動したんかぁ。ま、分かるけどな・・」そう返しながら、又も細筆(トレーサー)を手に、中条の陰嚢の下に覗く 初美の菊花(肛門)に仕掛けようとする。それを・・

「由紀ちゃん、ちょっとお待ち!」 「何でやねん?今度のは、今夜しかできへんかもなんやで。それにもし、伯父様がイッたりしたら、そこまでかもやんか~・・」 「いや、そんなん分かっとるわ。筆調教もええけども、ここはあたしが刺激して見せたるわ!」 「ほう!そいつも面白(おもろ)いな~!ほな、ここはちとお姉ちゃんに任すとすっかな・・」 「お~!せやで。ちっとでええから、まあ見ててみ。アンタの筆はな、後でたっぷり出番があるさかい・・」 「良いでしょう。何となしに お姉ちゃんの企(たくら)みが分かった様なやで。どうせ『悪だくみ』やろうけど~!」 「悪だくみで 悪かったな~!」粗っぽく返す一方、ここは 笑顔で通す由香であった。

「先生、伯父様・・」 喘ぎと吐息を発し続ける 初美と中条に、由香が声をかけた。「あっ、あっ・・はい、何?」 「うっ、うっ・・うん。聞くぞ。言うてみ・・」絡む二人が返すと「さっきは、由紀が出過ぎた事やったみたいで ご免なさいね。・・で、今度はあたしが、ちょっと埋め合わせ・・みたいなのをしたいんです」そんな申し出に、初美「あっ、いやいや、気にする程じゃないわ。中々素敵な、好い感じだったしね。でも、その『埋め合わせ』は気になるわね。気持ち良くしてくれるならいいけどさ・・」 聞いていた中条も「俺も、基本は由香ちゃんたちに任す。思いのままにやってや。まあ、これまでの流れ見とると、楽しみだな・・!」この言葉が、姉妹の 次の行動を促した。

「ふふ、それじゃ・・」由香は、ニヤリとして言った。「あたしは、由紀と違(ちご)うて 妙な道具は使いまへん。下から参りますから、そのままお感じ下されば お分かりになる事ですわ・・」 「そうか、分かった。じゃ、初ちゃん、続きやろか?」 「ええ・・」この返事を受け、中条は、初美の上体を抱いていた両腕を回し直し、次の高まりに備える。依然として両脚を曲げ開き 臥した女は、喘ぎで応える。

「では・・」由香は 二人に向けて微笑み「ハメ撮り」位置の右側に顔を沈めると、傍らに控える妹に「いいか?由紀・・」と一声。「はい、何ぞ?」由紀が返すと 「何も難しくはないで。あたしが右から、アンタが左から、お二人の繋がった所に 口と舌べらでトライすりゃええねん!」 「ハハ、なるほど・・そないな『トライ』か・・そうか。何んとなく分かるわ・・」 「よしゃ、そいじゃ 始めるで~!」

姉妹は、初美と中条が繋がる交合部に、左右から顔を沈め、舌と唇で愛撫を始めた。先刻から、秘溝に繋がり続ける中条の「竿(さお)」が、ややペースを速めた「上下動」を繰り返すは勿論だ。姉妹は、右と左から交互に、上方の陰嚢、竿が秘溝に繋がる核心周り、そして同性までも狂わせる、微かな下草の上に咲く 大輪の菊花(肛門)へと、口唇と舌を ゆっくり ねっとりと滑らせて行く。

「あっあっ、はぁぁっ、これも い・・好いわぁ!」 「ううっ・・ふぅぅっ!二人、上手だぁ~っ!」激しく反応する 初美と中条の様子を見た姉妹、一瞬 顔を上げ、目を合わせて ニヤリ・・「思ったより、効いてるな・・」 「ああ、確かにね・・」再び交合部に顔を伏せ、もう暫くの 濃い愛撫に戻って行く。

「ふっふっ!はあっ、ゆ・・由紀ちゃん!どこにいるの?」喘ぎながら、初美が訊く。「はい先生、あたしはここにおりまして・・」膣と菊花のほぼ中間「蟻の門渡り」の所を攻めていた由紀は、一旦顔を上げ、返事す。「ま・・又、筆!筆でして!あぁぁ~っ!」これを聞いた由紀は、姉に向かい、薄笑いを浮かべながら「お姉ちゃん・・」 「うん、何やね?」 「聞いたか?先生が 欲しがってはる!」 「ほな、あげなあかんやろ?」 「ああ、はい。ほなら、今からね・・」返事をした由紀は、又も細筆を手に、中条の攻めを受け入れる初美に向け「お待たせです。先生、只今・・」こう言いながら、今度は 口で愛撫していた「蟻の門渡り」に、穂先を持って行く。短かい期間だったとは言え、かつての「恩師」への筆調教が、一応は上手く行った様だ。

「焦らすの?意地悪ね・・」呟く初美に、由紀は「ああ いえいえ、さっきは ちといきなりでしたんで、徐々にお摩(さす)りしようかなと思たんです。勿論、さっきと同じみたいなのもありますから・・」 「分かった。お願いね。あ・・あぁ!」 「うんうん、綺麗な喘ぎ声。流石、元歌手やわぁ~!」最初の位置から「すぅ~っ!」と、菊花の中央を 下方へと穂先を走らせた後、その中心に、柔らかく しかし「メリメリ・・」と、微力を込めて、穂先を押し込める。再びの快感に酔う 初美の「ヒィヒィ・・」と甲高い声が届く。この間、姉の由香は 中条の陰嚢を 引き続き舌と口唇を使い、高めて行く。

こうして、初美の菊花(肛門)と 中条の陰嚢は、姉妹の手で磨かれ 高められた。「さあ、最後の昂りかしら・・」元気を得たのか、初美の秘溝に繋がり続ける彼の竿は、明らかに動きを速めて行く。喘ぎ、呻きと 湿度を高めた交合部の発する「ヌプッ、ヌプッ・・」或いは「チュッ、チュッ・・」の様な、微かな音が続いて行く。更に高めて行くと・・「ああっ、ああっ、い・・イくぅ~っ!」 「ううっ、ふぅっ、の・・昇るぅ~っ!」ほぼ 二人同時に頂点に立った様な風情だった。

「ああっ、ああっ・・お・・思ったより良かった。見られてしたのが・・はぁぁ~!」 「ふぅぅっ・・俺もだ。良かったよ・・」絶頂を経た 初美と中条は、もう一度 上と下で唇を重ねた。「ああ、良かった良かった。お二人、上手く昇れたみたいでさ・・」 「そうかぁ、そりゃ良かった。あたしたちも、応援した甲斐があったなぁ~!」下方に控える姉妹も、顔を合わせて笑った。

数分程 間をおいて「初ちゃん、そろそろ離れるか?」男に訊かれた初美 「ふふ、ゆっくりで良いわよ」と返し。これを聞いて「由香ちゃんに由紀ちゃん・・」 「はい・・」 「そろそろ、連結を解こうかな・・」 「分かりました。それなら・・」 そうこうしながら、姉妹の眼前で、中条は下半身の連結を解く。秘溝に繋いでいた「竿」が、礼儀を守りながらゆっくりと抜け 離れる。「中に出しはったんかな?」その予感に違わず、朱に燃える「核心」から、白い男精が トロリと流れ下る。

「さて・・」由香が言った。「これ、まずあたしが清めるで。由紀は、続いてするんや」 「ああ、そういう事ね。ほならば・・」話を区切った姉は、初美の股間にもう一度顔を伏せると、舌で巧みに男精を掬い取る。見た初美「由香、こっち!」と、目で合図。認めた彼女は、直ぐ頷いて 初美と唇を合わせにかかる。つまり「男精を口移ししろ・・」との意だったのだ。「いやいや、よくやるわ・・」中条は呟いた。そこへ・・

「伯父様も、しましょう・・」由紀の声だ。実は、姉に続き、妹も 初美の股間から男精を掬い取っていたのが、一瞬目に入らなかったのだろう。「よし、それなら・・」中条は、由紀に促されるまま 唇を交わす。彼が 一度は初美の体内に射出した 生暖かい液体が、由紀から中継され入って来た。不思議に 違和感はない。「まあ、俺が出したモンだから・・」との諦めも ありはしただろう。

「皆、有難う。とても良い夜だった。こりゃ、好い夢が見られそうだわ」中条は、行為を完遂して ベッドで寛ぐ女三人に向けて言った。姉妹「ホンマにねぇ、シャワーの後は、そないなると良いですね」 初美「あたしもだわ。今夜は よく寝られそう・・」そんな会話が交わされた。
姉妹に次いで、初美と中条がシャワーを使い、女三人は 補助も使ったベッドで、中条は 例のソファで休む事となりそうだ。

「所で・・」由香が言った。「周(あまね)君とこへ行くのって、そろそろやったですね」 聞いた中条「ああ、そうそう。その話をせんとって思ってた訳よ」 「いや~よかった。お忘れやなかったですね!んで、例の『面白(おもろ)い列車』で行くんですよね」 「いかにも!まだ遅かねぇから、ちとその話するかな・・」 「良いですよ。それ、ソファの上でですか?」 「由香ちゃんが望むなら、そうしよか・・」 「お願いします!」 「お休みなさい!」寝室で休む 初美と由紀と別れ、居間のソファで重なり合った由香と中条は、少しの間 会話。「それはね・・」男が切り出した。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 阿部栞菜
中村由利子さんの今回楽曲「カム・シュジュール(Comme Ce Jour)」下記タイトルです。
Comme Ce Jour
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。