FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第53話「東進」

s_P1010227 (002)
「今日の夕飯、会社から料理が出る事になってな。だから、先に帰ったら 飯だけ炊いといてくれや」 「はい、かしこまりましてん!」LINEで、用件を由香に伝える中条。8/4の金曜から翌土曜の朝にかけては、彼の居所は至って平穏の内に過ぎた。夜から翌朝は、雨に降られはしたが。妹の専務 陽乃(ひろの)と 女子社員有志が用意してくれたのは、水餃子と野菜のうま煮など。幸い、降雨の直前にこれらを携え、自転車での帰宅が叶った。

「永(なが)ちゃんには悪いけど・・」時折 個人的に訪れる、会社で契約のある Sタクシーの乗務員 永野 光向けに用意しているエビス・ビールのレギュラー缶を二本開け、一方を由香に勧める。酒気が許されぬ由紀には、初美がリキュールを割る時 使う事のある、冷やしたペリエを用意。シャワーを使い「乾杯!」の一声と共に、少し速いペースで夕食が進んだ。

「いよいよ 明日ですね」ニッカリと笑みを浮かべ、由香が切り出した。「左様!由紀ちゃん共々、いよいよだな」中条も、姉妹両方を交互に見ながら返す。明くる土曜は、午前中から N市から少し離れた東方の「吉田」にある、周(あまね)の親元へと向かうのだ。勿論これは、主たる目的ではない。その夜、そこからほど近い 中条の勤務先の 保養所を兼ねた拠点へ行く方が、それである。

「さて、明日の夜 張り切らないかんから、今夜は大人しめに寝るかな・・」中条が言った。聞いた由香「それもいいけど、ちょいとだけ 練習しちゃいけません?『予行演習』て言うんですか?」と返し。その言葉に由紀も「あたしも、ちょいと不安なんです。そやから、伯父様と ちょいとで良いですさかい、練習みたいな事したいわぁ・・」 「ハハ、ちょいとだけかよ?参ったな。大昔にさ、俺が生まれるより前に、姉妹歌手で「こまどり姉妹」てのが人気だったらしいが、貴女たちは、こう言ったら何やが『困った姉妹』てとこかな?あ・・いやいや、気にすんなよ。こりゃ 冗談だからさ・・」

「まあ!そこまでズケズケ仰るんですか?」ほんの少し、ムッとした風情で 由香が反応。由紀も「あたし、そないに困った事 したかいな~?」と、首を傾げる。「ああ・・オイオイ!気を悪くしたら、ご免な。ただ、そんなに深く考える事じゃねぇからさ・・」意外・・というか、心外な反応になりそうな所を、男は避けようと、懸命にフォローしたつもりだった。

「伯父様、大丈夫よ・・」由香に、笑顔が戻った。「あたしたちも、そないに気にしてまへん。そやけど、久しぶりで 周君の『男』と会えるのを、由紀もあたしも楽しみにしとるんです。それは、分かって欲しいわぁ!」 「はい、伯父様。あたしも『右に同じ』でしてん・・」由紀も、合わせて来る。「ああ、そういう楽しみな。分かる分かる。俺はそういう楽しみを、壊しゃせんから大丈夫だて・・」何とか、気まずい状況を脱した中条であった。

少し後、TV画面をチェックすべく、ソファに臥した男の下方が「やっぱり」剥がされ、露わにされる。「ふふ・・」右手で下草をまさぐり、男根(コック)の礼儀を糾さんと、由香は手指を滑らせる。「伯父様、下の非礼は許しませんよ・・」 「もう一つ、玉袋もね!」これは、由紀の言葉だ。「お竿同様、堅くなって欲しいんですぅ・・」そう言いながら、陰嚢に手指を伸ばして来る。様子から、姉妹は二人共 バスローブの下は、何も着けぬ裸らしい。

中条「ああ・・うぅぅっ!二人とも、ここへ来てから一段と上手になったな。しか~し!」 由香「はいっ、お聞きしましょう。上手って褒めてくれはったのは嬉しいけど、続く『しか~し!』は何でしょう?」 由紀「あたしにも、聞かせて下さぁ~い!」と合わせる。「わ・・分かった。今、答えるからな」 「はい、お願いします!」姉妹は穏やかに、しかし 確実に男を追い込んで行く。更に由香は、この夜初めて 中条の男根を 上から乳房で挟んで高める技に出た。俗に言われる「パイズリ」だ。これで男は、ほぼ冷静さを保つ余裕を失った様だった。

「そ、それは・・」中条は、呻きながら 辛うじて言葉を発した。「もう分かるだろう。あ・・明日のこ・・事だよ。あ、ううう・・!」 由香「ああ、明日の事ですね。周君の下半身に関係ある事かしらね?」 「ハハハ・・まあ、そんなとこと思うてくれりゃ、間違いねぇだろうて」 「ふふ・・そうか、やっぱり期待して良さそうな感じでんな。そいで・・」彼の男根に、言ってしまえば「ネチネチ」と刺激を加え続けながら、由香は一種「言葉攻め」の様な攻勢に出る。

「あっあっ、す・・凄い快感は事実やが・・」熱い攻めの標的となりながらも、男は 辛うじて凌ぎきった。妹の由紀も従えた、凄まじい攻勢だが、あくまでも 昇るのは、明日でなければならないのだ。彼は言った。「由香ちゃん・・」 「はい、何?」彼女が返すと 「貴女の高い技と、熱い想いはよく分かった。しか~し!」 「はい、続けて」 「やっぱりさ、絶頂は明日に延ばしてぇんだな。俺は・・」 

由香「う~ん、さよですかぁ。残念だわ残念だわ。伯父様のお竿っていつも堅めやし、今夜イッたって、一晩で回復するんじゃって思うたのよね。いやぁ、思わぬ寸止め、残念ですう・・」 「いやそれ、あたしも同感です。今夜、一度はイかはる思うたんですが~・・」由紀もそう言って、惜しがった。姉妹二人がかりで、男根の先端から「我慢汁」が滲むレベルまで追い込みはしたのだが。

中条「まあ、今夜は悪いなぁ・・てのは分かってるよ。そやが、周君も加わる 明晩に絶頂を持って来たい訳でさ。そこはどうか、分かってくれねぇかなぁ?」由香「まあ、そないな事なら理解しまひょ。由紀も、そんなんでええか?」由紀「ええも悪いも、そないに理解するっきゃなさそうやな。まぁええわ。周さんも来はる、明晩って事で・・」

かなり熱い 姉妹の「優しい攻勢」をどうにか凌いだ中条は、ひとまず姉妹を寝室へと促す事に。だが 妹の由紀は直ぐには従わず、暫くは彼に重なって、一緒に TV 画面をチェック。小一時間を過ごした後 寝室へ。明けて 8/5の土曜は、未明に雨が上がり 朝は少しゆっくり目に起床す。ほぼ恒例の、向かい家の飼い犬「マル」の、決して聡明とは言えない 朝のパフォーマンスに目を遣りながらも、寝室の手入れなどを進める。

夏の平装に着替えて落ち着くと、この朝も 三人は 中条馴染みの喫茶店で朝食。店主には、あくまでも N城趾の周りを散歩中に偶然出会った事にしてあった。その後 9am過ぎには出掛ける用意を整え、手荷物も携えて、ボツボツと N市中央駅へ向けて、市営地下鉄に乗り込み出発した。

JR中央駅の、ほぼ直下に、名豊電鉄の中央下駅がある。上下二線だけの線路に、プラットホームが三面。これで、多くの方面へ向かう列車乗降を 色分けした並び位置の区分だけで捌く。初めて訪れた人は、まず迷う事だろう。「ホンマに分かり難いでんね。ちゃんと、ホームが分かれとる 近参電鉄の中央駅とは、天地程違いまっせ!」姉妹はこの様に 本気で驚いていた。

吉田へ向かう特急列車は、10:03amに出発する。全6両編成で、前2両が 座席指定で席料の要る特別車、その後4両が 運賃だけで乗れる一般車だ。数分前に、地下プラットホーム出ていると、特急列車の車両「パノラマ・スーパー」が時刻通り姿を現した。先頭1号車が、中条が最前列全部を押さえた展望席、吉田行きの最後部、反対方向で先頭の6号車は、今は展望席はないが、前方視界は一定配慮されている様だ。

「見晴らしよろしですね。地上に出たら、楽しみ~!」進行方向左側に座る姉妹はそう言い、顔を輝かす。「うんうん、直ぐに上がるから、期待してろよ~」右側に控える中条も応じる。「それにしても・・」由紀は感嘆した様に「色々違うとこへ行く 沢山の列車を同じプラットホームから出すのって凄(すんご)いですね。関西じゃ考えられへん事ですわ~!」 「無理もない事・・」と中条も思った。確かにこれは、尋常ではないのかも知れない。更に、地上へ出て暫くの所で吹奏する、音楽警笛ミュージック・ホーンも。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 名古屋オート・トレンド 2018 会場にて。2018=H30,2 名古屋市港区 画像提供 A・DENKA様 有難うございます。
中村由利子さんの今回楽曲「ザ・レイン・ハズ・ゴーン(The REain has Gone)」下記タイトルです。
The Rain has Gone
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。