FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第54話「二心」

DSC_0034.jpg
雲多く、時折日の射す 不安定な夏空の下を、名豊電鉄の特急列車「パノラマ・スーパー」は快調に走った。前端に展望席を設けて人気を攫(さら)った先代車両「パノラマカー」原型車の後を襲い、現在の特急列車の主戦となる これも人気車種だ。

「パノラマカー」原型車は、数年前までに 惜しまれながら全量が引退したので、今はこの「パノラマ・スーパー」がパノラマカーの立場という事になる。そのせいか、最近行われた 内装メインのお色直し「リニューアル」でも、心なしか先代「パノラマカー」に近づけた様な意匠への変更が行われている様だ。この日、三人が乗る便もその内の一隊。もう一つ、事故防止策として備えられた音楽警笛・ミュージック・ホーン(以後「音笛」と略す)も先代譲りといえる。

「やっぱり、高い位置の眺めはよろしな~!」先頭の展望席左側に陣取る由香・由紀の姉妹は、唸る様に呟く。「そうだろう。ここからの眺めは、絶景とは言わんが、ちょっと好い感じ・・でな」と中条。20席ほどの展望室は 後列も八分通りの客の入りだが、最前列を三人で借り切っている事は、既に記した。

「実はな・・」中条は続けた。「俺の気になってる事はと言えば~・・」言葉の途中で、最初の停車駅 金山が迫る。と・・例の吹奏が始まった。「ミ~ド~ラ~ミ~ド~ラ~♪」で始まる、あの旋律。「ハハ・・やってくれたわ!」 「あは、なる程。伯父様は このミュージック・ホーンの吹奏を楽しみにしてはるんですね」由香が返し、隣の二面が窓に面した席の由紀も、頷いて応じる。

中条「そうなんだよな~。運転士(ドライバー)の判断次第ってとこもあるけど、この音笛が鳴るのが、乗ってる時の楽しみでさ。以前は、俺たちが乗った 中央駅地下プラット・ホームでも鳴らしてたね」 「さよですかぁ、さっきは鳴りまへんでしたなぁ」由紀が応じると 「うん、それ・・近頃は携帯やスマート・ホンでの会話が増えたんで、それが聴こえ難いってのと、駅の案内放送も、よく聴こえんとかの苦情が出て止めになったとか聞いたな」 

今度は由香が「ああ、それか・・つまり、時代が変わったんで対応したって訳ですね」 「まあ、そういう事だな。ただ、地下の所と、これから行く吉田の終点近く以外は、今でも鳴らすことがあるな。元々は踏切事故とかの対策ってのを聞いた事があってな」 「ああ、踏切事故ね。中には深刻なのもあるよってに。それと、通過する駅でも、結構危なそうですね」 「良いとこを突いたな。それもある」

N市の中心部を抜け出した列車は、中部国際空港を擁する C半島方面への多くの列車を捌く為の 短い複々線の区間を通ると、一旦高架に上がってもう一度下る。中々踏切が解消せず、安全上の要注意箇所だ。そこを抜けて暫くすると、もう一度新しい高架に上がって暫く後 地平に戻り、交互に現れる、東郊の住宅地と田園地帯を抜けて行く。

「解放感があって、好い感じやわぁ!」速度も 上限の 120km/Hに上がる往路の中程。姉妹も 飛び去る風景に目を遣りながら上機嫌である。又 この日は、中条が気にする音笛がよく鳴った。少し大きい駅の通過、或いはやや見通しの利かないカーヴ区間に近づいた時など、この日の運転士は音笛をよく鳴らした。中条は姉妹に「いいか、運転の方は、貴女たちの直ぐ前にいらしゃるんや。ホント Good Job!」笑顔で返す 姉妹の様子を見て、前下方の運転席辺りへ向け 両手の親指を突き立てて運転士の好プレイを称えた。

A県の中程を流れ下る Y川を渡ると、中条の生まれた三河の地へ入る。まず左手に、著名な戦国武将も拠点にした O城址が姿を現し。市街地を抜けると、再び田園だ。暫く行った所の高台に、前世紀末に設けられた 舞木(まいぎ)検査工場が広がり、整備に臨む 名豊電鉄車両が複数集まっているのが認められ。これを眺めるのも、中条の楽しみの内だった。

道中、姉妹と男は勿論 夜の成り行きがどうなるかも語り合った。由紀が「あは~、今夜は 周(あまね)さんの『男』に会えるよ~ん!」と、笑いながら言えば、姉の由香が「何言うとんねん。周君のお竿は、あたしと先に会うねんで~!」少しムッとしながらも、笑って返す。対する妹「ほう!・・んで一体、お姉ちゃんのどこと会われはるんでっか?」と、突っ込み気味に問えば 「そないな事 今、言うんかい!?」と、語気強くも やはり笑って返し。それをニヤニヤと聞いている中条、由紀に「大声じゃ言えんが『コソコソ』なら OKだろ。さて由紀ちゃん、どこかな?」と嫌らしく問う所へ、一度席を立った妹、男の耳元でこっそり囁く。「それはね、オ・メ・コ・・」

「ハハ、思ってても言わん事を 遂に・・」中条は、その事を由紀に囁いて返したかったが、果たせなかった。その挙に出ようとしたその時、又も列車の音笛ミュージック・ホーンが奏でられたのである。一般人なら腹を立てるレベルかもだが、そこは理解ある中条「まあ、仕様(しゃあ)ねぇな・・」そう思い、矛を収める事に。そうこうする内、一時間にも届かぬ旅は、吉田駅進入で幕となる。

「いや素晴らしい走りだったわ!わざわざ特別料金で、展望席に乗った甲斐があったってもんだぜ!」佳き眺めと、十数回にも及ぶ音笛の炸裂に満足した三人は、吉田駅から路面電車に乗り換え、周の実家近くの井岡という地を目指す。距離にして数km、20分足らずの乗車時間である。前世代的、レトロな電車の出現を予想したのだが、やって来たのは中央の床が低い、割合新しめの車両。走行音も静かだ。

「路面電車でも、世代交代ってあるんやね~」感心した様に 姉妹が声を揃えると 男は「うん、まあ新幹線とか、さっき乗った大私鉄程じゃねぇけど、徐々に進んでるのは事実だな」と返事。三人が乗った便は7~8割程の乗車率で、行き違う反対方向の 吉田駅前行には 新旧様々な車両が入っていた。街中に目を遣ったり、ちょっとの雑談に耽る内 井岡電停着。

「お疲れ様です。お待ちしてました!」電車を降りると、電停の安全地帯反対側に、元気に挨拶する 周の姿がある。中条たち同様の、Tシャツにジーンズ、サンダル履きの平装だ。「ああ有難う。ちょいと邪魔するよ!」青信号になると 先に由香、由紀の姉妹を横断させ、後に続く中条 返事をす。周の実家は、電車通りからほんの数十m北側の、住宅地にある。戦前家屋の面影を残す、割と大き目の二階家だ。父の傑(すぐる)と、母の梨恵(りえ)が、ここで先代から続く 麺類メインの食材問屋を営んでいる。その為 傑は蕎麦(そば)の手打ちとかができるのだ。下級生、豊野 豊(とよの・ゆたか)と同い年の弟・温(あつむ)もいるが、この日は高校の部活で出かけていた。

「お邪魔します!」 「ようこそ、いらっしゃいました!」徒歩でほんの2~3分、周の両親と初顔合わせの三人、まずは 定石の挨拶から。「中条でございます」 「阿久比 周(あぐい・あまね)の両親です。日頃は、息子がお世話になってまして・・」 「こちらは木下由香さんと 妹の由紀さん。周君も参加の、夏季学術交流行事に参加されてまして、こちらに出る機会がありましたんで、同時にご挨拶です」これを受け 「どうも初めまして。木下由香です」 「妹の由紀と申します」姉妹はこう返した後 「今日はどうも、お世話をおかけします」と続けた。

周の両親は、三人の挨拶を快く受けてくれ、その後「ちょっと、店の方を私らの親たちに頼んで来ますから、どうぞ皆さん、暫く上階で一服して下さい」 「はい、有難うございます!」 来訪の三人は、周の案内で二階の客間へ。最初のお茶出しも、周の役目だった。階下の厨房辺りから、鰻(うなぎ)蒲焼のタレの様な匂いがして来た。

周の親元 阿久比家に着いて一時間足らず。隣家に住む 父方の祖父母に店舗の引継ぎを終え、中条が 彼の妹夫婦から事づけられた日本茶などの土産を納め、周の祖母が用意してくれた鰻重に肝吸い、もずくで 六人が昼食。初めは、周の近況や、姉妹との共通話題である、学術交流の様などが語られ、次いで中条が、己の仕事の状況をざっと報告するなどした。「ご馳走様でした!」半時余りのランチ・タイムを経て・・

「伯父さん、ちょっといいですか?」周が 中条に向けて言った。聞いた彼は「うん、何かあるかい?」 周「実はですね、ちょっと隣室でお耳に入れたい儀がありまして・・」 「分かった。そっちで聞こう」 これを受け、周は「母さん・・」と、母・梨恵に声をかけ。「うん、何かな?」 「ちょっとの間、隣室を借ります。何、ほんの 10分位だからさ」 「それはいいけど、お茶入れ直したりはしなくていいかな?」 「大丈夫。今 あるので都合するから。それと、その間 由香さんと由紀ちゃんの話につき合ってくれますかしらん?」 「ああ、良いよ。あたしも話がしたい位だからね(笑)」 

聞いていた中条も「お母さん、どうかお構いなく。自分も、周君と同じでよろしですから・・」 梨恵「そうですか。どうも恐れ入ります・・」 母が、姉妹との話の輪に戻ったのを見届けた周「じゃ由香さんと由紀ちゃん、ちょっとの間 母(おふくろ)と話をしてて欲しい。俺は、伯父さんを借りて、その間 伝え事をして来るから。直ぐ戻りますよ」 聞いた由香「了解。間違いなくお話してな」傍らで、由紀も頷く。これを受け、男二人は隣室へ。「よしゃ!周君、話を聞こうじゃんか」中条の言葉に、周は「かしこまりました。実はですね・・」と切り出した。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 名古屋鉄道(物語中 名豊電鉄のモデル) パノラマSUPER 上り豊橋(物語中の「吉田」)方先頭展望席からの眺望
名古屋鉄道・名古屋本線 本宿~名電長沢間 岡崎市本宿(もとじゅく)町付近 2017=H29,2 撮影 筆者

名古屋鉄道の特急電車「パノラマSUPER」他の音楽警笛ミュージック・ホーンが聴ける引用動画 下記タイトルです。
Meitetsu Panorama Express
中村由利子さんの今回楽曲「ロマンス(Romance)」下記タイトルです。
Romance
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。