FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第58話「発露」

7e8f2c7d.jpg
結(ゆい)と宙(そら)に由香、由紀の木下姉妹・・総勢四人の女が、入浴後のリヴィングで身づくろいを兼ねて寛いでいる間、周(あまね)と中条は入浴している。「温泉とは行かんが、やっぱり好いなぁ」 「・・ですよね。まあ気持ちの問題でしょうが・・」互いの背を流し合ったり、狭いながらも入れ替わりで浴槽を使ったりしている。女たちに倣った訳ではないが、洗髪もした。「所で・・」周が言った。「うん、何やろ?」中条が返すと「伯父さんは、初美先生と過ごされる時、お風呂で『その場面』に遭遇されたとかはないんですか?」本当は良くないかもだが・・という感じで、慎重に訊く。

中条は、一呼吸の沈黙を経て「それは何、風呂性交(バス・セックス)の事か?」 「そうです。あまり良いお尋ねじゃないかも。それだったら、申し訳ないです・・」 「ああ、何・・別に構わんよ。そうだな、あれってよく芸能雑誌なんかに載るらしいんだよな。俺はそう、一度や二度は興味本位で試した事あるけど、習慣にはならなんだ。初ちゃんは、彼女の好きな 全裸で行為できるんで、理解してくれたんだが・・」 「有難うございます。つまり、余り深くはならなかったんですね」 「そういう事。まあ分かると思うが、行為中に『あの声』が不用意に上がる事があって、具合が悪いんだよな。だから、それへの用心もあって 嵌るレベルにはならなんだって事だよ」

周「分かりました。改めて感謝です」 中条「君は何、近く 宙姫と試すつもりなの?」 「ええ、自分もウェブの雑誌で読んだんですが、一度位なら面白そうだなって思ったもんですから。それに 宙も一度位ならって言ってくれてますし・・」 「そうかね。俺は反対はせんが、実行するなら窓閉めとか、風呂場の防音をしてからする事な」 「はい、有難うございます。まだ考え中ですから、何とも言えませんが」 「まあ、無理はせん事やな」女たちの時より幾分早めに、簡単な片付けを経て 二人は浴室を出た。

まだ 8:30pm前。居間(リヴィング)に戻ると、女四人は全員バスローブを纏い、TV番組をチェックしていた。ソファは、補助席を噛ませて四人用長手に 宙と 一つ空けて由香、由紀の姉妹が座り、一人用の一方に結が収まり、もう一方が空けられ。「これは・・」戻った周と中条には、これからの展開が、薄ぼんやりと脳裏に描かれた様な気がした。

「淑女の皆さん、お・待・た・せ・・」居間に戻った中条は、結に耳打ちする様に、静かに言った。傍らの周も、軽く頭を下げる。「こちらこそ、待ってました!」女たちを代表して、結が返す。他の三人も、笑顔で黙礼。そして「お席、もうお分かりですね」由香が、笑顔で言った。「ああ、はい。何となく・・」男たちは生返事し、女たちに目で促されるまま、周は長手席の中程、中条は、一人用の一方に収まる。

中条が、水筒で持って来たブランデーを 冷蔵庫の氷とミネラル・ウォーターで割って 結、由香と周に見舞い、酒気NGの 宙と由紀にはジンジャー・エールが振舞われる。この日二度目の乾杯を経て、中条が挨拶。「皆さん、今日は有難う。まだ夜も早い。見たい番組もあるだろうし、その辺りは適当にって事で、宜しく・・」 

「はい、有難うございます!」全員が返した後、結が言った。「ふふ、伯父様期待の行事(イヴェント)が、これから開幕・・でしょ?」 聞いた中条「お~、面白(おも)ろそう。何の事ですか?」 結「ふふ・・おとぼけかしら?でも、本音でしょ?」 「ああ、はい。まぁね、本音と言や本音・・かな?」

中条の返事が終わりきる前に、結は「さ、やるわよ!」 若い女たちを促し、一斉にバスローブの帯を解き始めた。見守る男は 上の空で、既に記した落語家 笑福亭鶴光の持ち歌の一節「そ~ろりそ~ろりと 帯を解く~♪」を思わず口ずさみそうになり 「やめろ、馬鹿野郎!」と、内心で己を叱咤したものだ。

「んふっ、如何・・?」下着調のコスを纏った、美女四人の艶姿が 周と中条を捉えた。結はミント・グリーン、宙はライト・ピンクの色調の他は、木下姉妹に近い フレアのミニコスだ。下肢も抜かりなくニー・ハイで決め、更に結は、同色のガーター・ベルトを着けている。「いやこれ、とても好いなぁ~」称える周も中条も、すっかりニヤケ顔だ。

「さあ、ちょいと TVを消して頂こうかしら。これから、あたしたちが挑発するから、周と伯父様は 是非昂奮して欲しいわ」自信ある笑みを浮かべ、結はこう言った。「面白(おもろ)そうですね。お二人の反応見て、進めるって事ですね」由香が返し、由紀と宙も頷いて同意。「そうそう。これから夜が深まるの。あたしたちも、それに合わせて濃くなるって事よ」

「何が始まるんだ?」一旦 席を立った女たちの後の長手席に 並んで移動した周と中条の胸に、ふっと疑念が起こった。女四人は、横一列に整列。所謂 ライン・ダンスのレビューの様だ。その時・・近隣からかもしれないが、ミュージカル「コーラス・ライン」の主題曲が 漂う様に流れて来た。一瞬笑みを見せた結「行くわよ!」と鋭く号令。他の三人も、こっくり頷いて続く。

ほんの数分間だったが、夢の様なライン・ダンスが整然と繰り広げられた。途中には チア・ダンスでも見られるハイ・キックなどの際どい場面も散りばめられ、極小の下着を纏った股間も、幾度か目を奪った。拍手と歓声を送りながらも「これは全員、下着は『T』だな」と一方で興奮し 辛うじて射精の衝動を抑える、周と中条であった。

数分を経て、微かに聴こえたミュージカル楽曲が終わると、一同は又 元の席へ。由香「さあ周君、ゆっくりと核心目指して行きまひょね」こう言って、まず隣に座る周の唇を奪う。彼も快く応じ、まずは由香と唇、そして舌の奪い合いを。次いで、もう一方の隣席の宙、その向こうの由紀とも、順に同じ行為を続けて行く。由香の胸回りの下着、ブラが剥ぎ取られ、周の手が 彼女の「胸の双丘」を求めて、身体の上を這い回り始めた。

「さあ、あたしも参加しよ!」一呼吸置き、由紀も 由香、宙と周の交わりに絡んで行く。向かって右に由香、中央に周、左が由紀で、宙は 周の開いた膝の間に入り込み、下方の一物を捉えるべく、構え始める。「よしっ・・」周が、由紀と二度目の接吻(キス)に入ったのと同時に、彼の浴衣の裾を捲り上げ、現れた下着(ボクサー・パンツ)を剥いで 下半身を露わにする。

「この一物は、あたしのもの。誰にも渡すもんですかっ!?」宙は、周の股間から離れる事なく、下方に伸ばした手指で 彼の男根をゆっくりと摩(さす)り上げる。「あ、い・・好い、うぅぅ・・」喘ぎながらも、快楽に身を任せようとする 周が快感に酔っている様子を理解する 宙であった。

一方の中条、ここまで 若い男女のやり取りを見ていた所を、結の不意打ちに遭う。「伯父様・・」彼女は言った。「はい、ご免な。何か集中できんでな・・」中条が返すと 「周が、若い娘(コ)たちに囲まれて 一生懸命応えてるのに、貴方だけ傍観なんて狡いわよ。今夜は、しっかり昇って欲しいわね!」 中条「ああ、有難と。いやいや、そんな気は全くなかったんだ。さあ、俺たちも始めるって事で・・」 「当然ですわ。そう来なくっちゃ!」「了解!では宜しく・・」 「ふふ、こちらこそ・・」

これを受け、中条も結と唇、そして舌の奪い合いにかかる。「ん、んんん・・」互いに声を圧し殺しながら、熱く高まって行く。口舌の 初めての挨拶が区切られると、男は 女講師の胸周りに手指を走らせ「CとDの中間」位のブラ・パートを下にずらして、現れた胸の双丘の感触を味わって行く。「うん・・」男は得心した様に言った。「綺麗な肌。期待通りだぜ!結ちゃん・・好いぞ。とても好い感じだ」「あたしもよ。初めてじゃないみたい。あ、あん・・」互いの愛撫技を称え合い、長い登りにかかって行く。それと前後し 中条は、納戸の押入れ棚に、夜の行為に役立つある器具を見つけていたのだが、それは 次回触れたい。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 あやね遥菜
中村由利子さんの今回楽曲「樹」下記タイトルです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。