FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第59話「模倣」

IMG_0978.jpg
地方都市といえど 9pm前なら、まだ「宵の口」であろう。その頃、男女 6人が集う 中条 新の勤務先・三河出張所上階の、保養所を兼ねる居住フロアの居間(リヴィング)では、男女が絡む「夜の宴(うたげ)が粛々と、しかし熱気を以て進んでいた。長手ソファの上で、周(あまね)を両脇から由香、由紀の木下姉妹が仕掛け、下方は 彼本命の恋人・宙(そら)が、下着を剥いで露わにし、男根(コック)と陰嚢(ホーデン)に、交互に手指を滑らせて ジワジワと昂(たかぶ)らせる所であった。

「う・・うぅぅ、宙ちゃん・・」呻きながら、周が言った。「随分上達したな。油断してると・・い、イキそうだ。あ、あぁ・・」 聞いた宙は一瞬手指を停め「有難と。そろそろ、口で行ってみようかな・・」 「ああ悪い。嬉しいけど、余り力(リキ)は入れんで欲しいな・・あ、うぅぅ・・」 若い女たちに押し上げられる周は、本当にあと少しで射精という「寸止め」状態で、辛うじて踏みとどまっていた。それを見た宙、こっくりと頷いて、勃起した「竿」に顔を近づける。そして・・

「ふっ・・ふぁぁっ!」 「う~ん、好い感じ。ん、んん・・」宙が、周の堅い「竿」の先、亀頭に食らいついた瞬間であった。「あっ、宙ちゃん、やったな~!」気がついた 姉の由香、直ぐに奪っていた周の口舌を妹の由紀と替わり、自らは、若者の股間を攻める宙の隣に割り込み、彼の陰嚢に手指を回す。「由香さん・・」宙が言った。彼女が無言で頷き返すと「彼のお竿は、指一本触れさせんからね。これは、あたしのものよ!」と続けた。 「ふん!そう言ってりゃええねん。あたしはあたし。ちゃんとやる事があんのや~!」と、由香の返事。

熱く濃厚な口唇愛撫(フェラチオ)に勤(いそ)しむ宙と張り合う様に、由香は 周の陰嚢に、似た仕草で 熱い愛撫を施して行く。こちらは、陰嚢をじっくり執拗に口舌で仕掛ける、所謂「玉舐め」だ。「うっ、うっ、ふぅぅ~っ!宙ちゃん、由香さんに由紀ちゃん、で・・出るぅ~っ!」上も下も、若い女三人に制され、統御された周は、とうとうたまらず発射した。その先は・・

「んん、んふふ・・」声にならぬ、宙の笑顔であった。まだ「竿」を咥えたまま。少しして「ああ良かった。・・んで」と呟き、ゆっくり慎重に 一度昇ったも、まだ堅さを守る 周の「竿」から離れる。口内には多めの、濃厚な男精が射出されていた。「んん、んん・・」依然言葉にならぬ呟き。しかしそれが「周さん、接吻(キス)しよ!」との意であることは、彼にも直ぐ理解できた。

由香はまだ、陰嚢攻めを続ける。その傍らで、宙と由紀が位置を入れ替わる。「由紀ちゃん、お掃除フェラお願いね・・」頷きと態度だけの、宙の頼みを 由紀は何とか理解したらしく「OK、任しとき!」といった風情で 宙と入れ替わりにしゃがみ込むと、周の亀頭を咥え込みにかかった。その間に 宙と周は再び接吻、彼の口内に 己の濃い男精が流し込まれる。若い世代は 余りしないとも言われる「ザーメン・キス」である。

一方の、結(ゆい)と中条の間も、次第に熱を帯びて行った。口舌を交わす 最初の挨拶を経て、男は一時 女の「胸の双丘」に手指を巡らす。「好いぞ 結ちゃん。綺麗な肌やな・・」 「ふふ、有難う。初美さんと、どっちが素敵?」 「あいや待ってくれんかな?ちょっとこれ、甲乙のつけ様がなくってな。今はさ『どっちも素敵!』としか言い様がねぇなぁ・・」 「まあ、逃げ上手ね。でも『どっちも素敵』は名答ね。褒めたげるわ」 こんなやり取りを経て、二人は笑い合った。

「さて次は・・」中条が言った。「ふふ、何かしら?」結が返すと 「これから暫く、俺はちょいと『舐め犬』になろうと思うんですよ~」と続けた。結「ハハ『舐め犬』ね。嫌らしいわ。つまりあたしが脚を開いて、貴方が股間を口舌で高めようってんでしょ?」 「そうそう、正にその通り。さあ、結ちゃんのご開帳、楽しみやね~!」 「もう、嫌らしいわねぇ!でも良いわ。それで高まれるならね・・」そう言いながら、結は寝そべり気味の姿勢に替わり、大きく脚を曲げ開いた。同時に、着けていた「T」を、中条の応援も得て、ゆっくりと脱ぎ去る。

「いや~、良いなぁ!絶景、絶景!」露わになった秘溝と向き合った男は、思わずそう呟く。透き通る象牙の肌の上に、程好く茂った下草を介し、朱に燃える陰核(クリトリス)と大小の陰唇、蟻の門渡りから 荒れを知らぬ菊花(肛門)が一望に見渡せる。今までの高め合いで、愛液の加湿も十分な様だが、もう少し高めた方が良い、というのが 中条の判断であった。

彼はまず、曲げられて丸みを帯びた 結の臀丘を、ニーハイを纏った太腿辺りまで 手指でじっくり摩(さす)って愛撫。次いで下草を一渡りまさぐった後 陰核、秘溝、菊花の順で愛撫して高めて行く。「ふっ、ふぁぁ~っ!」時折、唐突に聴こえる 押し広した様な喘ぎ声を聴きながら、中条は 己の口舌で、結の「女の核心」への接吻を交えながら「舐め犬の技」で、愛撫を進めた。

「ん、ん、ふっ、ふう~っ!い・・好いわぁ~!」秘溝の合わせ目に舌を挿し込まれ 押し上げられた結、思わず喘ぐ。「ジュルジュル・・」なる 些か耳障りな加湿音を立てながら、中条の口舌は、結の「女の核心」を捉え続け、陰核から大小の陰唇「蟻の戸渡り」の辺りまでを 繰り返しゆっくり、しかし執拗に舐め上げて行く。仕掛けられる結も まんざらでもない様で、喘ぎは 次第に歓びを帯びたものに変わって行く様に思われた。

「元気ですかぁ~!?」 10分ばかり経つと、周との行為が区切りになった、由紀が合流して来る。宙と周、それに由香は まだ昂っている様だ。中条は、愛撫していた 結の股間から顔を上げ「由紀ちゃん、丁度良かった。結先生と、ちょっとの間 話でもしててくれるかな?俺、ちょっと持って来ないかん物があってな。直ぐに戻るけどさ」 由紀「持って来るもんでっか?分かりやした。良いでしょう・・」と返し、中条の立った後の席に収まる。

中条が、隣室の押入れで見つけたのは、こけし型の 電気按摩器であった。押し入れ内の手前寄りで、充電がされたままとなっており、室内コンセントに接続された結線を辿った所、電マ器に行き着いたのである。留守中の居住階は、不在の時は、必ず元からOFFする決め事になっているので、充電は、先日までいた社員たちか、管理人がサービスの意味で行っていたのかも知れない。

その電マ器を携えて、中条が居間に戻った時、若い 他の 5人は思わず失笑した。彼が、替え歌を口ずさみながら現れたからだ。今は故人の 石原裕次郎の持ち歌「錆びたナイフ」を文字ったものだが・・

「押入れの中を 指で探ったら 真っ黒頭の 電動こけしが出て来たよ
 どこのどいつが隠したか 股に勃(ぼっ)と来る お熱い夜だ~♪」

「伯父さん・・」一番大声で笑ったのは、周である。「何ですか、それは~?」 聞いた中条は、笑いながら「ああ、これなぁ。肩凝りとかの電気按摩器なんだが、一説じゃ、性感にも良いんだってよ。一方の寝室押入れに、誰かが隠していやがったんだ」と返し。周「ハハハハ、そうでしたか。それ 何かね、自分もそんな話を聞いた事ありまして。・・で、どなたかにお試しになるんですかね?」

「ハハハ、周君 流石(さすが)だな~」対する中条も、苦笑混じりである。「まぁさ、今 ここに居る面々で想像がつくんじゃねぇかな?」 「はい、今 ここにですね。何となく分かる様な・・」 中条「まあ、まず良い理解してるな。・・んで今夜は、経験少ない若い娘(こ)たち向けには致さぬって事だ。つまり、試すのは結先生 貴女です~」と、結を指差しながら言った。

「まぁ、嫌らしいけど 仕方がないわね。新しい刺激とかにもなりそうだし、ここはお受けしようかしらね」結は、ソファの上で、下方を露わにしたまま返した。「有難とです。よしゃ、それじゃ・・」中条は応じ、まずは 結の首筋辺りから電マ器を試す事にした。初めは、肩辺りをメインにした 普通の按摩器として使う。「ブブブ~ン!」という、少し低めの動作音を立てながら 結をリラックスさせて行く。

「うんうん、そろそろ落ち着いた・・か?」結の気持ちが落ち着いたらしい所を見届けた中条は、次の一手に出る。ほんの少し荒っぽく 結の胸をはだけ、双丘の谷間辺りに 鈍い動作音を生じる按摩器を押し当て、気分を高めて行く。「ふ、ふ~ん。中々好い感じだわ。何か、油断してると 嵌まりそうで 少し怖いわ・・」彼女の反応を見た中条は「徐々に慣れれば良いさ。さあ、次は足先からな・・」

乳房から腰の括(くび)れ辺りを高めた中条は、いよいよ「性感の本丸」股間への刺激を加えるべく態勢をし直す。「ふふ・・」それを見ながら、結は美しく笑った。「とに角ね、歓びが感じられなきゃ嫌よ」 「OK OK。まあそこは信じてくれ。そこは、よ~く気をつけてやる様にするからさ・・」と、中条は答えた。

まだまだ熱と湿度を湛える 結の秘溝にさりげなく しかし確かに押し当てる。「あ、あ、はぁぁ~っ!」電源が入り、陰核に直に響く振動と、低い音が 再び居間の空気を揺らす。滲み出る愛液で、電マ器の頭も光り始める。「いい感じで濡れてるな。結ちゃん、とてもエロくて素敵。次が楽しみだ。ふっふっふっ・・」半裸の結が悶える様に、中条は 思わず表情を緩めた。その傍らには、由紀に続いて由香も見に来る。引き続き交わる 宙と周の喘ぎと呻きが、結のそれに交わって聴こえた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 名古屋鉄道(物語中、名豊電鉄のモデル) 舞木(まいぎ)検査工場で保存される パノラマカー原型車 2014=H26,2 岡崎市舞木町 撮影 筆者
上記同型車の、音楽警音ミュージック・ホーンが聴ける引用動画 下記タイトルです。
Meitetsu Panorama 7045F

中村由利子さんの今回楽曲「あの場所から」下記タイトルです。
あの場所から
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。