FC2ブログ

記事一覧

パノラマカーと変な犬 第62話「麗影」

photo-170916_36338.jpg
「いやいや、ご苦労やった!」 「こちらこそ、おおきに。有難うございました!」 名豊電鉄の N市中央下駅から別行動となる、結(ゆい)、宙(そら)の花井姉妹と 宙の彼氏 阿久比 周(あぐい・あまね)と別れた由香、由紀の木下姉妹と中条が、多少の買い物を経て市営地下鉄に乗り換え、城址西側の 彼の居所に戻ったのは夕方近く。とりあえず、冷蔵庫にあったアイス・コーヒーを三杯に分け、居間(リヴィング)に運んでそれぞれがソファに収まり、話を続ける。

中条が言った。「二人、疲れたろう。今夜は俺んとこの最後の夜だから、これから買い物とかには付き合わせたくねぇ訳。で、夕飯だが 酒気と野菜の類はあるもので都合して、後は宅配のピザとかで良いかな?」 聞いた由香「ああ、有難うございます。・・ですね。あたしらも ちと疲れたんかなぁ・・どうしてもって言わはるならご一緒しますけど、行かなくて済むなら、有難いなぁ。由紀もそやろう?」 「はい~!出かけずに済むなら、あたしも大感謝ですぅ~!」こう同調する由紀だったが、直ぐに何かに気づいた様だった。

彼女は続けた。「今夜はええけど、明日の朝ご飯は大丈夫でっか?ちと早起きなんですよね・・」 対する中条「ああ、大丈夫やよ。さっき、貴女たちが土産品見とる間に、俺ちょいと抜けてって、フランス・パンを買ってた訳。卵や野菜、ヨーグルトはあるから安心しろ」 「おおきに、有難うございます。それやったら良いですね」安堵したらしい姉妹は、美しく笑った。

中条「さて俺は、風呂用意して、野菜スティックとかを用意して来る。貴女たちが応援してくれりゃベストだが、そうでなければ 明朝直ぐ発てる様に、そろそろ手回り品の用意をする事だな」 由香「有難うございます。あたしが厨房とかの応援しますから、その間に由紀、持ち帰るモンの準備、できるとこまでしとき!」 「OK。ほな、自分のからまとめるわ。お姉ちゃんのは 後からやけど、一度点検してな」 「ああ勿論!ほな、始めっか・・」

由香は中条と共に、夕食の準備に入り、由紀は帰り荷物のまとめにかかった。が 勿論、三人の間が 平穏・・と言うか 平凡の終わるはずはなかった。「ちょっと、トイレへ・・」中条が厨房を離れ、小用に立った所を、隣室で持ち帰る物を仕分けていた由紀は見逃さなかった。「ふふ、トイレね・・」向かう中条の背後に、ピタリとつける。目的は勿論・・

「伯・父・様・・」トイレ入り口に立った中条の背後から、由紀はすり寄った。「おお、由紀ちゃん。又、連れションかよ?」まさにドアを開けようとしていた男が、振り返り言った。由紀「はい、その通り!今日がひとまずの最後やさかい、トイレの事だって、コテコテに濃く行きまっせ~!」 「ハハ、コテコテかぁ。俺、夕べ頑張ったから、今日は余り期待できねぇかもだぞ」 「ふふ・・大丈夫よ。そこをその気になる様にしますさかい。姉もおるしね、何なら 直ぐ呼んでもええんですよ~!」

「まあ待て待て。最後だ言ったって、まだ夜まで間があるだろ。肩の力抜いて、リラックスしてやれば良いんだよ」 「ハハ・・それもありですね~!」そう言い合いながら、由紀は中条の背後から、又も竿(さお)と陰嚢を連れ出した。「ああ素敵・・このお竿と玉袋の感触、忘れん様にせんといけまへんな!」 「まあ、そないなとこやろう。あ・・そやけど俺、今日は昇らんからな」 「ふ~ん、そないかしら。あたしたちの特別(スペシャル)な愛撫(タッチ)をかわせるかしらね?」そうこう言い合っている内に、既に二人が入っている トイレのドアがノックされた。

「お・二・人・・!」ドアの向こうから、由香の優れた笑顔が覗く。が それに比して、言葉の方は際どかった。「何ですねん?・・伯父様。又由紀に、お竿を狙わせて・・ホンマ『釣り』でんなぁ」 「ああ、いやいや。成り行きでこうなっちまってさぁ。二人がここ来てすぐの時も、確かあったんじゃと思うたりしてさ・・」と、中条が返すと 「ま 折角ですさかい、あたしも見させてもらいますわ」ニヤリと微笑み、開けたドアの位置を動かない。

「ささ、伯父様・・」由紀も、姉に似た微笑で言う。「どうぞ遠慮なく、放出して下さりませ。それ見せてくれはったら、あたしの『する』とこ お見せしまっせ」 「あたしも、今度だけは 右に同じでしてん・・」見ていた由香までが、そう言った。「・・分かった。そないな事なら・・」曖昧に返そうとする男の下方に、穏やかなるも熱い愛撫が施され 高まって行く。

「あぁ~、好い感じ。もうたまらんわ~!」たまりかねた中条、音を立て放出す。「ふふ・・一杯出しはったね」由紀 笑顔で反応、「ホンマやね。伯父様のアッチ、まだ若いわぁ!さあ、あたしたちのも見せたげようかしらね!」と言えば、姉・由香も「お~、良いんじゃね?あたしも見てもらうつもりやさかい、由紀から行ってみ!」と煽る様な出方。

様子を見た妹は「ほな、お返しさせてもらいまひょ」と言って パンツとショーツを脱ぎ下ろし、下方も露わに洋式便器に跨がり、中条からよく見える様、股間を開く。「ううっ・・やっぱり良いわ。何度でも見たくなる・・」直ぐに「聖水」が射出され、器用に便器の底へと落として行く。

由紀の「用」が終わると、姉と交代だ。入れ替わりに由香が 便器上から妹の時同様の「聖水発射」。これも、全部便器へと流れ落ちた。中条は言った。「いや~、有難と。二人共素敵だったぞ!まだまだ見てぇとこだが、この辺にしとこう。ま、風呂がどうなるかわからんが・・」 聞いた姉妹は「伯父様、今夜イケるんやなくって?」と、つい呟いたものだった。

夕食の下準備を終えての入浴も、三人一緒の様なもの。姉妹と中条は、互いの身体を洗い合ったり流し合ったりで、まだ明るさの残る夕刻を過ごす。「風呂性交(バス・セックス)はお嫌いでしたっけ?」と、下方洗いを披露しながらの 姉妹の問いに男は「ああ。ま、ちょいと嫌い・・じゃなくて苦手・・なんだよな」という感じで、曖昧に受け流す中条であった。風呂上がり直後、注文のピザ二枚が届き、由紀のペリエと 由香、中条の赤ワイン、野菜スティックや果物などを揃え、夕食。

料飲を嗜みながらの、一時間余りの「反省会」を終え 片づけを経て、中条は TV番組をチェックも、好ましい番組がなく「さて、どうする?」の所で、姉妹から あろう事か AV 観賞の希望が出た。「何だよ、マジで観る気か?」訝(いぶか)る男に 姉妹は「だから、ひとまずの最後に似合いやないですか。何卒、何卒・・」と拝み倒そうとして。中条は「仕様がねぇな。まあ、ソフト目なら 見せてやるよ・・」かくして、入院患者と看護師女性の 不倫風情のストーリーがメインの作を、三人で観る事に。

由紀にアイス・コーヒー、由香に赤ワインの残りを譲り、中条は、ブランデーをロックで。AV観賞の合間に、姉妹は交代で着替え、中条期待の下着調コス姿がもう一度 見られる事に。「いや有難と。こっちも素晴らしいな。触りながら AV観るのって、何か良い感じだわ」 「何となく分かるわよ。伯父様のおスケベモード、後少しで全開ってとこかしらね~」何度目かの濡れ場の時、由香が言った。

「ああ、それなぁ・・」中条が返した。「今回はもう『男女核心の結合』はしねぇつもりなんだ。ただ・・」 由香「はい・・」 「軽め(ライト)なお触りなら、最後までしてぇなぁってとこですよ!」 「ふふ・・それ、あたしたちも 望むとこでしてん・・」姉妹は、笑いながら応じた。結局、最後のこの夜も、寝室のベッドは由香だけが使い、中条と由紀は、居間のソファに重なって朝を迎えた。

「所詮、Kuso犬は Kuso犬・・」斜め向かい家の飼い犬「マル」が早朝からよく吠えた。中条が「屁の様な~」と揶揄する、あの甲高い声だ。階下を行く散歩人たちに喧嘩を売った後「キョロキョロ・・」と辺りを窺った上で、建屋の陰に隠れて用を足す悪知恵をも身につけた様だ。身体の一部チラ見えで、大体の所は分かるのだが。それと、マルが地上に降りたのを見たのは、この前の ボヤのあった夜一回だけだった。この朝は、その時晒した「グルグル踊り」も再演。ようやく 晴れた夏空に恵まれた 8/7 月曜の朝、三人は 6am前に起床。姉妹は、上シャツにジーンズの平装、中条はカッターに長パンツだが、この日の出番にネクタイは不要だ。

「お早うございます!」 「はい、お早う」ひとまず最後の、朝の挨拶だ。名残惜しくもあるが、やはりこの朝を以て、中条は 姉妹を親元へ帰す事にした。「俺ぁ良いんだが・・」 未だ 姉妹の「女体」の温もりは忘れ難く、それに彼女たちも 更なる長逗留を望んでいる節があったが 8月も第二週に入り、盆の時期も近い。余り引っ張ると、勤務先社長の義弟や 専務たる実妹の懸念にある様に、誘拐容疑が持たれる危険(リスク)もある。

前日同様 由香の応援を得て朝食準備を進め、その間に由紀は 夜具を片づけて持ち帰り荷物を点検。その中には、彼女が特に望んだ 豆柴の縫いぐるみ「豆助」の姿もあった。「Kuso助」とも言うが。「素敵なお土産を教えてくれはって有難うです。でも・・」の後で「豆助君も、頂戴!」と屈託のない風情で豆柴をねだった。内心渋々応じた中条だったが、その時の美しい笑顔は、忘れ得ない情景の一つになった。

6:30am頃から朝食。「あれを見ろ!」出窓の際へ出したテーブルを囲みながら、中条が斜め向いの屋上を指して言った。姉妹が目を向けると「ホントにまあ、悪知恵がつきやがってさ。今じゃ、下や周囲の様子見ながら粗相する有様だ。何だかだて言っても、やっぱりアイツは『Kusoマル』だわ!」丁度、片足上げのハイ・キックで小用の所。聞いた由香「やっぱり、伯父様目線では『Kuso』は免れないのかしらね!」と静かに笑い、傍らの由紀も「まあそれも、個性の内って事でしょう!」と、笑顔で応じた。「今まで、おおきに!」 「ああ、確かに!」合間に、由香から合鍵が返される。

7:30am少し前、出発の時が近づく。大坂への、近畿参宮電鉄特急の N市中央下駅発時刻は 8am。途中多少の渋滞は織り込む必要がある。「よしゃ!」男は言った。「そろそろ出ようや。忘れ物気をつけて、ついでに 斜め向かい上の あのアホにも挨拶したってくれ」 「はぁ~い 勿論!可愛いマルちゃんは、とても大きな思い出やさかい・・」姉妹はそう返し、居所を施錠する男より先に、EVで階下に降りると「マルちゃん、元気でね!」と 由香、由紀と並んで大きく手を振った。屋上に出たマルは直ぐに気づいた様で「ワン、ワン!」と元気に尾を振って反応。姉妹との 暫しの別れを、多分コイツはまだ知らない。

N市中央駅下には 20分程後に着いた。近畿参宮線の地下フォームから近いコイン・パーキングに車を入れ、徒歩で僅かの距離だ。地下フォームに降りると、直ぐに大坂浪速行きの特急「アーバンライナー・ネクスト」が現れた。当然の事だが、名豊電鉄「パノラマ・シリーズ」の備える音楽警笛ミュージック・ホーンはない。中条の薦めで初めて乗る、上質なデラックス・シートが配された 最後尾 1号車の最後列が、今回の席だ。見送る中条に見守られ、由紀は窓側、由香は廊下側の席を認め、その後にそれぞれのキャリー・バッグなどを納める。

ビジネス客に人気の様で、かなりの乗車率だ。「成るほど、この席ちょっと高めやけど、居心地は良いわぁ!」由香も由紀も、好印象を抱いた様だ。「だから言ったろ。たまにゃ乗ると良いってさ」と中条。 「・・ですね。もしも今度伺う事あったら、覚えときます」 「ああ、そうしろよ。後な・・」 「はい・・」無言で頷いた男が、姉妹に手渡したのは、二本の缶コーヒーだった。

「おおきに。今朝まで、有難うございました!」 「こちらこそ。道中のつつがなきを祈るわ!」 「はい、そちらのご心配も感謝です~!」一渡りの挨拶の後、由香が中条に耳打ちし「おスケベな夏を、有難うです・・」と一言。次いで由紀も「お蔭で、お金も随分浮きました・・」と同様に囁く。そして、姉妹が両耳に「ミ~ド~ラ~♪・・」ミュージック・ホーンの節を囀(さえ)ずったのだ。「ハハ・・ま、その通りやな」男は、思わず苦笑した。発車の時が迫る。彼が列車から離れると、すかさず乗降ドアが閉ざされた。

車中の人となった姉妹と もう一度の会釈を経て、浪速行き特急は 静かにフォームを離れた。席に 後向き中腰で膝立ち、手を振り 投げキスを贈る姉妹に、男は答礼し 見えなくなるまで見送った。少しだけ ホッとした気持ちで駅を出、ゆっくりと駐車場に戻る彼。勤務先には 9am出社の許可を得ており、急ぐ必要はない。車を出す前に、結(ゆい)と周(あまね)に宛て、姉妹が元気に帰った事を LINEで伝える。「さて・・」運転席に収まり、料金支払いの為の小銭を用意する。「或いは、この夏は 俺たち自身が『変な犬の群れ』だったのかも知れんな・・」ベルトを締め イグニッションを入れながら、中条は そう呟いた。
(おわり 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 Rio
中村由利子さんの今回楽曲「あなたが微笑む日」下記タイトルです。
あなたが微笑む日
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。