FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第1話「対面」

d92a8254.jpg
「あぁ、バカだなぁ・・」至近のコイン駐車場(パーキング)に車を停め、公園に現れた中条 新(なかじょう・しん)は 目にした光景に、呟いて反応す。場所は N市中心部の金盛(かなもり)公園。JR東海道線や中央西線、名豊電鉄本線沿いに 東西に数十m、南北に数百mに渡って広がる、細長い敷地の公園だ。多くの桜並木も整備され、春の見頃には N市屈指の名所としても賑わう。

時季は 曇天の真夏の盆明け午後。花の後、これも鮮やかさを誇った葉桜も、秋へ向けて その容色の盛りを過ぎる頃だった。その公園に足を踏み入れた男は、視線の先のベンチに座る もう一人の男の姿を追っていた。右の傍らに、古びた婦人自転車 所謂「ママチャリ」を置き、対する左の傍らには、連れて来たらしい三匹の小型犬が控える。自転車には、どうやら一定量の空き缶が入った 大き目のビニール袋が括り付けられているらしい。背格好は、身長は 中条とほぼ同じ 170cm位だが、やや格闘家の様な貫禄を備える。一見浮浪者(ホームレス)の様な風情だが、夏の着衣と履物は 中条同様 小奇麗だ。

「宮城さん・・」背後で見ていた男、呟く様に声かける。「おー、中条じゃねぇか。暫くだったな」座っていた男は、気が付いて振り返り、こう返した。男の名は 宮城一路(みやぎ・いちろ)。中条も通った、私立中学・高校一貫校の一年先輩。両時代に亘り、「競歩部」に在籍したサークル・メイトでもあった。今は 金盛公園から少し離れた下町で、父親から継いだリサイクル関連企業を営んでいるはずであった。つまり 曲がりなりにも「会社々長」なのだが、仕事の合間に 愛犬たちを従えては 個人的に空き缶回収とかをやっている。彼は、この行為が好きなのだ。

宮城を取り巻く三匹の犬共の行動は、全く統率が執(と)れていなかった。彼のすぐ横にいる 外来種「パピヨン」らしい一匹は、図々しくも 主の男の傍らに陣取ったまま動かず、他の二匹(これも外来種「ポメラニアン」らしい)は、繋いでいる手綱(リード)が長めなのを良い事に 男から少し離れた木陰まで往復したり、はた又ベンチ上で、己の尻を追い回す「グルグル踊り」に興じたりしている。

「呆れたぜ・・」中条は思った。「世に『バカ汁三杯』てな言葉があるらしいが、宮城さんは『バカ犬三匹』てとこだな・・」そう心に描きながら「お変わりねぇ様で、何よりです」 宮城「ああ、有難とよ。お蔭でボチボチやっとるわ。これはまぁ、気分転換と健康保持の為の余興ってとこかな・・」と返す。中条「ハハ、ご健康の為なら結構な事ですな。じゃあ、お会社は普段通りですかい?」

宮城「ああ、それな。今日までは盆休みな。明日から普段通りの予定だが・・」 中条「そうですか。俺んとこと同じだな。道理でゆっくりされてたんだ・・」と応じ。この間、宮城の周りをうろついていた犬二匹が、中条に気が付き「ワン!」と短く啼きながら 彼の足元に纏わりつき始める。宮城の知人らしいと分かると、妙に馴れ馴れしくなった。

「利口なワンコですね」中条が(世辞で)反応すると、宮城「有難とよ。こいつらチンケなのは事実だが、番犬としちゃ優秀だ。一緒に出掛けても、他人(ひと)様に危険を及ぼす様な事ぁせん。まあ安心だ」 中条「そんなら良いですね。見かけによらず頼もしい・・か。あ、ご免なせぇ。これ、あくまで一般論ですから・・」 宮城は笑って「ああ、分かってるよ。そう気を遣う必要ねぇってば・・」

暫く、肩の力を抜いた様な談笑が続いた所へ、Sタクシーの空車が着いた。中条の甥も通う総合予備校「佐分利学院」や、そこの元講師で、中条と交際する伊野初美(いの・はつみ)の現勤務先 情報関連企業 F・I・T(株)他とも法人契約を持つ、主任運転手 永野 光(ながの・ひかる)が駆る車だ。身長は、宮城や中条より数cm高く、知人の大学生 阿久比 周(あぐい・あまね)に近い雰囲気の好男子。軽快な、夏の制服(ユニフォ)上下姿だ。

「中条さん、お疲れ様です。日頃は、有難うございます!」 「ああ永ちゃん、お疲れ様!休憩かい?」 「ええ、早朝から主なのだけで 3件、他に小口幾つかこなして 今昼飯が終わったとこでして」 「おー、そうか。ちょっと位話せるよな。俺 盆休の続きなんだ。忙しそうで 何よりだな」 「ええ、お蔭様で。所でお車は?」 「対面のコイン駐車場(パーキング)の中さね。まあ居てもせいぜい小一時間だし、その間の駐車代なんて 知れてるからな」 「・・ですね。自分たちは、余程横着でなければ 警察さんからも大目に見られてるけど、路上でレッカー移動食らうよりは まだ率が良いでしょう」 「そうそう、そういう事だな・・」

中条との会話を区切った永野は、ベンチに座り続ける宮城に向け一礼。「初めまして。Sタクシーの永野でございます」 「おー、永野君か、ご苦労様。中条とは知り合いみてぇだな」宮城、一旦立って永野の方へ向け、返す。「はい、お陰様で 今は随分お世話になってますね」 「そうかぁ、そりゃ良い。昼勤務の時は、よく休憩に来るんかね?」 「ええ、ここは立ち寄り易いですから。狭いながらも トイレもありますし・・」 「ああ、それ、大事だな。道路って どこで渋滞するか分からんから、トイレの在処(ありか)は予め知っとかないかん。交通安全の為の嗜(たしな)みでもあるしな」 「・・ですね。ホント、心得とかんといけません」暫し談笑が続いた後・・

永野「ところで皆さん・・」 「はい、何だろ?」宮城と中条が返すと、彼は「あのトイレ、実はちょいと曰(いわ)くつきなんですよ」 宮城「ほう、そうか!?」 中条も「初耳だな。是非聞かせろや!」 永野「はい、それでは・・」と続けた。「自分が まだ駆け出しの 10年は前だったんですが、あのトイレで ちと出来事(ハプニング)がありまして・・」 宮城「面白(おもろ)いな。続きを聞かせろ」傍らで、中条も縦に頷く。永野「では続けます。自分ちとは別会社だったんですが、休憩中の運転手の一人が、たまたま巡回してた 清掃管理の女性と『大』の個室にしけ込んだんです」 

宮城「ハハ、昼間からかよ?」 永野「はい、その通り!まあ無理やりでなしに、なりゆきで どちらからともなくだったらしいんですが、その男、年長の管理の女性に、暫し尺ってもらったって話ですよ」 今度は中条が「ハハ、そりゃ凄いな。白昼堂々たぁ気に入った。まあ『本番行為』は場所と女性の年齢から無理筋としても、そう悪い話じゃねぇな。ねぇ、宮城さん」 聞いた彼「ああ、まあ『女なら何でも良い』て条件付きならな。所で 達して発射したかまでは知らんかね?」と薄笑いを浮かべ、反応す。「ああ、ご免なさい。そこは聞き漏らしましたですが・・」申し訳なさそうに返す永野。その頃には、中条、永野・両名の足元に ポメラニアンが一匹ずつ座り込みを決め込んでいた。

「ああ、いやいや・・ここのトイレにゃ そんなエピソードがあるんだ。良い初耳やったよ。ホント面白(おもろ)いわー!」宮城はこの逸話を聞き、かなり満足した風情だった。中条も「そうか。いや、俺も初耳だった。あの狭さじゃ無理だって初めからそんな印象があったしな。いや、永ちゃん 有難う!」 永野「こちらこそ、お粗末様です。さて、もう少ししたら 自分は出撃をと・・」その時、彼の言葉尻を掴む様に 宮城が言った。

「皆、丁度良かった。この話はしといた方が良さそうだな」 「はい、そう言うお話なら伺いましょう」中条と永野が 声を揃えて反応すると、宮城は「実は俺、ちょっと入院する事になってな・・」 「何と!肝臓とかの不調ですか?」 「うん。まあ短期で済みそうなんだが、速やかな入院を、とお医者さんに指示されてんだよ」 「分かりました。いつ頃からでしょう?」 「明日の午後からだ」 

永野「ありゃりゃ、随分急ですね。入院中、お会社は大丈夫なんですか?」 「うん、それも一定段取りつけて、一応安心レベルにはしたんだよ。ほれ、娘さんが佐分利学院で講師やってる、山音エコロジー社の社長にかけ合って、留守中を一定見守ってもらう事にしてな」 中条「山音エコロジー社ね。分かります。あそこの令嬢は、初美の親友でして。その絡みで、良く存じてる訳で・・」 

宮城「そうか。中条のよく知ってる先なら 尚良いな。・・で今日帰ったら、早速準備って訳よ」 永野「宮城社長。恐れながら ご入院先伺っても良いですか?」 中条「更に恐縮。主治医の先生のお名前も訊いちゃいけませんか?」 「ああ、それな・・」宮城は曖昧に返しながら「二人、近う寄れ・・」中条と永野を招き寄せる。そして、各々の耳にひそひそと 病院と主治医の名を告げた。その瞬間・・「!」聞いた二人の顔に、緊張が走った。(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 天使(あまつか)もえ
今回作の音楽リンクは、バンド「カシオペア(Casiopea)」のリーダーでもある 
野呂一生(のろ・いっせい)さんの諸作を取り上げて参ります。
初回は「インフィニット・フライ(Infinite Fly)」下記タイトルです。
Infinite Fly
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。