FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第3話「北進」

kurea-hasumi6_23.jpg
「そうかよ・・あの一家と宮城さん、顔見知りだったとはなぁ。犬繋がりたぁ言っても『世間は狭い』たぁ、この事か・・?」暫くぶりの、学生時分の先輩と再会を果たした夜、勤務先でもある妹夫婦宅での夕食に便乗の後 居所に帰った中条は、寝酒のグラスを手に TV番組をチェックしながら そう呟いた。「あの一家」とは、前回も記した 彼の視界から斜め向かいに位置する 松下家。店の屋号は「松乃家(まつのや)」である。

その一家の 困った愛犬「マル」は、その朝も 大いに吠え 目覚ましの役目を果たしたのだが、原因となった出来事に 先に気付いたのは中条の方であった。曇り日のこの朝 6am過ぎに起床した彼は、日課の茹で卵とコーヒーを用意の傍ら 何気に出窓からヴェランダに出た折、その芳しからぬ光景を目にしたのである。

「ハハハ、こりゃ拙(まず)いぞぉ・・」階下・玄関周りの有り様に目を遣りながら、彼は呟く。近所の住人らしい初老の男が、あろう事か 中型雑種の連れ犬に、粗相をさせているのだ。「ここで現れて吠えにゃ、本当のアホだよな・・」呟いたに続き、やや大き目に声を上げてみる事にした。まあ「マル」が気づくか否かはとも角として、一応は由緒あるであろう 商家の玄関傍で、連れ犬に粗相をさせる様な 不埒な散歩人への牽制位にはなり得るべくするつもりだ。

「おい、オマル!」とりあえず、男は叫んだ。そして「悔しかったら、部屋から出て来い!」と やった。外来種「パピヨン」の この犬の名は「マル」のはずだが、しばしばこの商家の屋上で 粗相をやらかす実態を、嫌という程見せつけられている中条は こいつをこう呼んだ・・というより、呼ばざるを得なくなったのが正直な所だろう。件(くだん)の散歩男は、聞こえないふりをしている風にも見られるが。

果たして、反応はあった。階下から、物凄い勢いで 動物らしい何かが駆け上がって来る気配が、離れた所にいる中条にも感じられた。そして・・「ワン、ワンワン!ワォォォ~ン!」明らかに猛(たけ)った「マル」が、いきなり「ヒラリ!」と 男の視界に躍り込むや否や、階下でうろたえるかに見える散歩人めがけ 激しい咆哮をくれてやる。けたたましい出方に、家人たちも気がついた様だ。

「何しとる、ゴルァ~ッ!」玄関に現れたは、身長は己よりやや高め、剃り上げたスキン・ヘッドと屈強さが印象的な若旦那の様だ。「若い」とは言っても、齢(よわい)は 40に近い位だろう。「済いません。始末します・・」平謝りしながら、初老男は 己の犬の不始末にアタフタと対応し、その場を後に。「二度と来るなや!」若旦那らしい男は、遠ざかる散歩人に もう一度罵声を浴びせた。「当然だろうが・・」中条は呟いた。「当然の事やが、オマルも たまにゃ好い仕事するやんか・・」犬が不心得者を遠ざけ、ささやかな気分転換ができた所で、一日の活力の為の 朝食。

一旦場面は変わる。同じ日の午前、南方の M県下の漁村から、最寄りの JR駅「北紀長島」へ向け、カーヴの多い県道を行く 一台の軽自動車があった。N市へ向け 出かけんとする 女と若者が乗る、イエローのスズキ・アルト。運転は 長島中央病院の看護師 瀬野美波(せの・みなみ)、助手席に同乗は 以前の入院で世話になった、今は N市の私立中高一貫校に通う 豊野 豊(とよの・ゆたか)である。

この日朝、豊は母の緑に「今日は、駅まで歩くから。父さんも忙しそうだしさ」そう言って、実家を後にしたのだった。父の樹(いつき)は 漁協の用事で既に出かけ、母も祖父の兵衛(ひょうえ)、それに弟妹(ていまい)も「そういう事なら、気をつけて行っといで」と、玄関までの見送りとなった次第。淡色ポロシャツにジーンズ、それと揃いの様なカラーのウォーキングを着け、やや大き目の濃色リュックを負い、門外へ。

もうお分かりだろうが、実は この方が、彼にとっては好都合だったのだ。出かける前夜、N市への往路を共にする美波と、実家から駅への途中で落合う様 連絡し合っていた。そして、実家の建家(たてや)が初めて見えなくなる三叉路の近くで 二人は合流したのだった。

「お早うございます、宜しくお願いします!」「お早う、こちらこそ宜しくね」豊の実家方面からの側道が、県道と合流する三叉路から少し JR北紀長島(ほっき・ながしま)駅寄りに進んだ、広めの路肩で美波の駆る車が停まり、先着の豊を 助手席に拾う。リュックのストラップを解き始めていた彼は、美波に一言の上 後方に積み込み。リアドア、それに乗降ドアを閉じ シート・ベルトを締め、出発。

「待ったかしら?」「あ、いえいえ・・お気にしないで。ホントについさっきですから・・」に始まり、夏休み前半の出来事などにざっと触れたりする内 ものの数分で駅傍へ。いつも列車への乗り継ぎの折に使う 無料の駐車場に入り、荷下ろしと車を施錠の上、駅の待合へと入ったのが 10:15am頃。美波の手荷物は、濃色で中庸のキャリー・バッグが一つ。列車が出るのは、これから 10分後の予定だ。

「美波さん・・」豊が切り出す。「うん、何?」彼女が返すと「落ち着いて、好い感じですね・・」「ハハ、有難う・・」ホントに落ち着いた返事。この日の美波、出先にての研修や 医療関係会合出席に備えた 濃色のサマー・スーツ上下に同色のローヒールという装い。魅惑の黒髪も、機能的にまとめ上げている。膝丈のスカートは、勿論清楚なタイトだ。この時、豊は別の想いを抱き始めていた。正直 余り芳しくないそれだ。もう何度か、深い関係を持った相手だが、その様な時の「全裸や 緩い着衣も昂奮するけど、こうした隙のない装いの この女性(ひと)も、素敵だ・・」

列車が出るまで、後僅かとなった。改札に立つ駅員の案内に、美波と豊はプラット・フォームへ。程なく N市へ向かう上り特急「紀伊4号」が現れた。この前に、朝方発つ「紀伊2号」もあるが、日帰りの用務客などで しばしば混み合う事があり「なるべく、ゆったり行きたいわ」との 美波の希望もあって、この便に決めたという事だった。この春 上級生 阿久比 周(あぐい・あまね)と共に乗った、最後尾 4号車の 山側最後列である。

10:25am 時刻表通りの出発。春の時は、見送ってくれた美波が、今は隣席にいる。その事が、豊にはほのかに嬉しかった。勿論、一方で芳しからぬ願望も萌芽し始めていた。放っておけば「男の核心」の勃起を促すアレだ。「あの・・」着席の時、彼女は 少し焦った様にこう言った。「あたしね。トイレの心配があるから、廊下の傍が好いの。だから窓側へは、豊が座って」 「はい、有難うございます!」と応じるも、何か落ち着かない風情は、彼にも伝わっていた様だ。

集落を抜け、海沿いを離れた列車は、この先の難所「荷坂越(にさかごえ)」での速度低下(スピード・ダウン)を見越し、峠の上りにかかるまで 大いに加速して飛ばす。次の山間の停車駅「三瀬ヶ谷(みせがたに)」までは約半時である。指定席につきものの、乗務員検札は すぐ対応してくれたが、美波と担当車掌は 面識がある様だった。「ご苦労様です!今日は、ご会合ですか?」 「ええ、会合と病院の研修で、数日程 N市へ行って来る事になってね」 「そうですか、良い成果が出る事を、お祈りしてます」 「有難う。貴方たちも業務が大変でしょう。無理しないでね」 「はい、有難うございます!」 「それでね、山井(やまのい)さん・・」 「はい・・」美波は、山井という名の車掌を手招き、耳打ちした。山井「分かりました。短時間なら問題ないでしょう。それでも何かあったら、お知らせ下さい」 「有難う。分かりました・・」

車掌との会話を区切ると、美波はそれとなく、隣席の豊の様子を一瞥した。「やっぱり・・嫌らしい思考が回り始めてるわね・・」彼女の側からは、明らかにそう感じられるも、敢えて言葉にはしなかった。朝方の便とは異なり、美波たちの 4号車の乗客は、今はせいぜい 10人程。これなら、今からの企みを、何とか実行できそうだった。先程 車掌に依頼した事も、それに関連しての事だろう。

美波は言った。「豊・・」 「はい・・」彼が返すと「あたしね、ちょっと気分が優れないから、ちょっとの間 化粧室(トイレ)に行って来るけど、少しおいて 念の為に 君にも来て欲しいの。ホント、ちょっとの間だからね」 「はい、分かりました。では、少し後に行きますから・・」豊の返事を聞き届け、美波は静かに 化粧室へと立った。暫く後・・

なるべく周囲の注目を集めない様 豊もさりげなく席を立ち、乗降口(デッキ)を挟んだ化粧室へと向かう。客席とを仕切る扉が自動で閉ざされると、次には化粧室の扉が入れ替わりに開いた。「豊、こっちよ!」小声で呼ぶ声は、紛れもなく美波だ。「!」豊は驚いた。が、一方で 己も驚く程 落ち着いていた。「はい、只今・・」周囲に目を配りながら、慎重に化粧室へ。近頃のこの手の設備は、車椅子がそのまま出入りできる様、広めの造りになっている。少し奥まった所に位置する、洋式便器の上に 美波が座り 控えていた。

「ふふ・・」彼女は続ける。「秘密の場所へようこそ。君は、こんな事を期待してたんでしょ?」 「このスケベ!」とでも言わぬばかりに、美波が言葉を投げつけて来た。「はい、そうですね。自分も薄々期待してまして・・」笑みを浮かべ、依然落ち着いて 豊が返す。些か美波の方が苛立っている風情かも知れない。「さ、時間もないから、早めに進めようね」 「はい、ですね・・」直ぐに扉が施錠(ロック)され、便座に臥した美波と かがんで向き合う豊が、唇を合わせ始める。まだ空席が多い列車内は、相変わらす静かだ。上り勾配(こうばい)に差し掛かった列車の 線路の経点(ジョイント)を打つ走行音、トンネルに出入りする風切り音、それに 上り坂で唸りを上げる ディーゼル・エンジンの咆哮を別とすれば・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 蓮見クレア
野呂一生さんの今回楽曲「熱砂(Nessa)」下記タイトルです。
Nessa
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。