FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第4話「時限」

IMG_2663.jpg
真夏の曇り空の下、K半島を南北に縦走する JR特急列車 上り「紀伊4号」は、鬱蒼(うっそう)とした深い森林を縫って、上り坂とカーヴの多い紀勢東線を N市へと向かう。その最後尾 4号車の化粧室内では、看護師 瀬野美波(せの・みなみ)と、かつて世話した若い患者 今は高校生の豊野 豊(とよの・ゆたか)の 大声では語れぬ行為が進んでいた。

「手間取らない様にしないといけませんね。ここじゃ、余り空調(エアコン)も効かないし・・」暫しの接吻(キス)を区切った豊が言った。洋式便器に座す美波「そう・・それよ。残念だけど、君の大好きな乳房(おっぱい)のお触りは 向こうに着いてからね・・」と返し。 「ああ、了解です。幾ら自分が若造だからって、大丈夫。それ位は我慢できますって・・」少し申し訳なさそうな出方の美波に、豊は 笑ってこう応じた。背後のドアを施錠、完全な密室と化す。

「さあ、それでは・・」豊が続ける。「次の駅まで 20分ちょっと・・かな。慌ただしいかもだけど、二人で一度、頂上へ行けるといいですね」 対する美波「ふふ・・そうなる様にしないとね」そう返し、タイト・スカートの裾を少し捲って、脚をゆっくりと開く。「美波さん!」 「はい・・」 「そこから先は、どうか自分に任せて下さい!」 「ええ、いいわ・・」客室程には遮蔽(しゃへい)が効かず、時折漂ってくる ディーゼル・エンジンの排気臭が多少気になるも、この後の 暫しの愉悦を味わうに、特に支障はなさそうだ。後は、他の乗客乗員に気づかれなければの話だが。

豊の、美波へのソフトな攻めが続く。少し持ち上がった タイト・スカートを股間辺りまで捲り上げると、両の脚を広めに開いて 斜め仰向けに臥させ、己は その上に重なるが如く姿態(ポーズ)を取る。二度目の短い接吻を経て、まずはスーツ越しに、今はまだ見られぬ 豊かな胸周りに手を滑らせる。「ああ、好いわ・・」初めての、軽い喘ぎ。だが、走行音の大きいディーゼル気動車の「紀伊4号」は、美波と豊に味方しているかに思える。「おい豊。構わねぇから 熱く行けやぁ!」上り坂にかかったか、唸(うな)りを上げる 欧州はカミンズ社のディーゼル・エンジンと、等間隔で線路(レール)の経点(ジョイント)を打つ車輪の音が 豊の情念を煽っている様だ。

美しい恩人の 上体への愛撫を区切った豊は、いよいよスカートの中を探ろうとした。「ちょっと待って!」侵攻せんとする彼の手を、美波が制した。こっくり頷いて中止すると、彼女は「あたしが目上よ。・・なら、君の一物で挨拶するのが 先じゃないかしら?」少しきつい物言い。豊、思い出した様に「どうも済いません!そうですよね。ちょいと自分は躊躇(ためら)ってたんですが・・」そう返し、ベルトを緩めてジーンズを下ろそうとした。

美波「豊、その必要はないわ。今は時間がないのよ。それに、他の人たちも一緒の 列車の中だし・・」 豊「ですよね。では・・」そう返すと、ジーンズ前方のチャックを下し、もう一度 美波の傍へ。「ふふ・・ここは任しといて」開いた両脚越しに、豊の下方に右手を伸ばし、チャックの中を探ると 勢いづいた竿(コック)を連れ出した。

「さあ!」美波は言った。「もう一度、あたしの上に来て。ちょっとの間でいい。お竿(さお)の感触を味わいたいのよ」 「はい、只今・・」豊は応じ、言葉少なに もう一度 上に重なって行く。上体に跨り立つと、辛うじて 美波の口の位置まで 竿を持っていく事ができた。「ふふ、これよ。これ・・」勃起し、膨らみ堅くなった竿に、白くなよやかな手指を滑らせ、撫で回す。「ああっ、み・・美波さん!」 「ふふ、何かしら?」 「お・・お願い!そ・・そこまでにして下さい!は・・発射してしまいます。うぅぅっ・・!」

「あはっ、ダメよ。まだ修業が足りないかしらね。もう絶頂ってとこで、もう少し踏ん張るの。そうすれば、もっと大きい歓びが手に入るって事よ」 「あ・・はい!頭じゃ分かります。で、ですが・・身体の制御(コントロール)が上手く行かなくて、、わっ、な・・何をされるんですか?うっ、うっ・・!」豊は一瞬たじろいだ。前触れなしで、美波が 彼の竿に食らいついたのだ。

口に含んだり離したりしながら、彼女は呟く。「豊、思い切り呻(うめ)いてもいいのよ。あたしだって、喘ぎたいわ。少しの声は、列車の音がかき消してくれるしね。だから、もっとその気になったっていいんだからね・・」巧妙で濃厚な口唇愛撫(フェラチオ)に見舞われた豊、二度目の頂に押し上げられそうになった。鈴口からは、思いの他多くの前触れ液が噴き出した。

「ああ、ダメダメ!何があったって・・」美波の激しい攻めを、辛うじて凌ぐ豊であった。「もう!余り時間がないのよ。次へ行きたいわ!」又少し、いら立っている様だ。彼女の上から一旦離れると「じゃあ、お返しします」 「うんうん、そうして」聞いた豊は、美波の両脚を持ち上げると、両の足先を便座の端に載せて M字型に開き、スカートの中を攻めにかかる。「!」普通型(ノーマル)と思われた黒のパンティ・ストッキングは ウェストの下 核心部分が開いた サスペンダー型であった。

「うわっ 素敵!いいなあ、これ!」豊、驚く。まるで この瞬間を予期していたかの様な演出。まあ、深い事をする仲は今に始まった事ではないので、驚くには当たらないのかも知れないが。「ふふ、ホントは期待してたんでしょう。嫌らしいわね・・」美波の この呟きには逆らえないものがあった。「ご免なさい。まあ、期待してたとこはありまして・・」豊は又、言葉少なに応じた。

「さあ、用意はいいでしょ?」 「ええ、まあね」 「だったら、深い核心の事へ進んでよ」「分かりました。ゴム、どうしましょう?」 「あたしは大丈夫。君が不安なら着けていいけど、そも 持ってるの?」 「ええ、まぁ・・」そう言いながら 豊がポケットから出したのは、少し前に 上級生だった 阿久比 周(あぐい・あまね)から分けてもらったコンドームだった。
 
美波は言った。「ふぅん、豊も 意外と用意がいいのね。まあ、後でって事で。その前に、やりたい事があるでしょ?」 「はい・・ですねぇ・・」ニヤリとして返した豊、濃色の 大人しめのショーツ両脇に手指をかけると、慎重に 膝辺りまで下ろして行く。「列車の中だし、時間もない。これとローヒールを脱がすのはやめよう・・」彼は、そう心に決めた。

身をかがめ、身体を曲げて便器に臥し続ける美波の下方を覗き込むと、濃いめの下草に囲まれた「朱の核心」が臨まれた。秘液の分泌が見られ、かなり湿度が上がっている趣(おもむき)だ。「美波さん、好きです。とてもいい!」そう呟きながら、豊はその秘溝に 激しく唇を合わせて行った。舌を滑りこませて更なる加湿を促し、僅かな間に「ジュルジュル・・」と音を生じるレベルに達する。

「ああっ、はぁぁっ、い、好い~っ!」下しかけたショーツが膝に残り、自由の利かない状態で、美波は更に喘ぎ声を発した。「面白いな・・」口唇での 秘溝への攻めを続けながら、豊は思った。「列車の化粧室(トイレ)だから仕方ないと思ったけど、美波さん 少し拘束して攻めた方が喜ぶのかも。 これ、頭に入れといた方が良いかもな・・」痙攣(けいれん)の様に身体を震わせ反応する「美しき恩人」のあり様に、豊の脳裏には 着衣の行為と共に、新しい「不良な」愉悦が刻まれた様に感じられた。

「さあ、用意はいい?」念の為、亀頭にゴムを施した美波が訊く。「OKですよ」豊が返すと「さあ、来て・・」少しぼんやりした表情の彼女が手招く。もう、下半身は露わだ。こっくりと頷いた豊、ジーンズを脱ぐ事なく、そそり出た竿の先端を、大きく脚を曲げた臀丘の丸みが目立つ、美波の下方に ゆっくり慎重に合わせて行く。秘液に光りぬめる合わせ目に、ゴムを着た亀頭がゆっくりと飲み込まれ、肉壁の誘いに導かれて奥へと進み 深奥に微かに当たり、秘溝への連結が果たされた。

「ああっ、ふぅぅ~!さぁ、う・・動いて!」 「かしこまりましてござる!」ローヒールを履いたままの両の足先が天を仰ぎ、熱を帯びた秘芯には 若い「教え子」の竿が熱く繋がれ 突き上げられて、美波はかなり激しく喘いでいた。が、それも列車のエンジン音、車輪が線路を打つ経点(ジョイント)音、それにトンネル出入りの折の風切り音にかき消され、周囲には届かぬ様に思えた。「こういうの、悪くないな。時間が限られてるだけに、スリリングで好い・・」迪送の、腰の動きを強めながら、豊の脳裏には、ふとそんな想いも過る。「ああっ、ああっ、い・・行くぅ~!」もうすぐ、絶頂・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 三重県下の JR紀勢線を行く特急「南紀」(物語中 特急「紀伊」のモデル) 徳和~多気間 三重県多気町 2015=H27,12 撮影 筆者
野呂一生さんの今回楽曲「トランスペアレンシー(Transparency)」下記タイトルです。
Transparency
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。