FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第6話「問診」

ai-sayama4_2.jpg
確かに、様子がおかしいのは事実だった。初めの話で 宮城一路(みやぎ・いちろ)は、一般病室・・つまり他の患者との「相部屋」に入るものと思っていた。しかし、通されたのは 普通この手の病室が多く設けられる中以下の階ではなく 12F建ての病棟 最上階に近いフロアであった。この辺りの層は、複数ある個人病室、そして症状が重かったり 社会的立場のある人物がよく入る 特別個室である。

「宮城さん・・」落ち着かない様子で、どうなっているのかと尋ねる彼に、女医・本荘小町(ほんじょう・こまち)は静かに言った。「余りお気になさらない方がいいわ。この措置は、あたしの判断で行う事です。仰る通り 特別個室だけど、費用面はご希望だった一般室とそう変わりません。だから、余計な事は考えないで あたしの指図に従って下さるかしら?」 聞いた宮城は「マ・・マジですか?先生がそう仰るなら、聞かん訳には行きませんで・・」少しおいて、ようやく女医の話を受け入れられる様になった風だ。傍らに控える研修看護師 瀬野美波(せの・みなみ)が微笑んで頷き 病室を開錠して 中へと招じ入れる。

普段は「一部の患者」だけを受け入れる特別個室は、都市ホテルの上級二人室(アッパー・ツインルーム)位の広さがあり 来客向け応接具に加え、車椅子のまま利用できる 補助手すりのある浴室・化粧室(トイレ)に小型冷蔵庫や貸し金庫、Wi-Fiによるインター・ネット環境も整えられ、衛星ch付きTVと共に「何でも有り」のフル装備であった。尤も 9pm以降は消灯となるので、夜早い時間までの楽しみではあるのだが。スマート・ホン初め携帯通話は 病室内は原則不可だが、直ぐ外の ロビーでの通話やデータ通信が許されていた。

ひとまず落ち着くと、小町は言った。「今日はこの後、簡単な検査と問診をします。それから 5:30pmに夕食ね。面会の方があれば 8pm位まではOKです。あくまで目安だから、多少のオーバーは 大目に見られるでしょう。初めの検尿さえ済めば、その後のトイレは原則自由。お風呂は消灯前まで使えるからね。じゃ、又後で来るから その時は宜しくね!」そして、美波の方を向き「ああ、そうだ。瀬野さん・・」 「はい」美波が返すと「もしも、宮城さんが今良ければさ、検尿の検体 もらって行こうか。用意はいい?」 

美波は頷き「宮城さん。そういう事で、先生が仰ってるけど 今、検尿いいかしら?」 宮城が「ああ、そうですね。自分はOKですが・・」と返すと、美波は図った様に、先に立って化粧室へ。「ん?ちょっとおかしいぞ。先生、これでよろしいか?」訝(いぶか)る様に訊くも、小町は微笑んでまま 黙って見ている。そこへ、美波が声をかけ・・

「宮城さん。こちらへ・・」 「はい、只今・・」宮城は返し、続いて化粧室へ。広めのスペース、様式便器の傍らに 白衣の美波が しゃがんで控える。立ち姿の宮城からは、当然見下ろす視点となるが、白衣の上体合わせ目から 淡色のブラがかなり目につく角度となった。恵まれた胸周り。ブラ・カップは「D」位あるかも知れない。

「不謹慎・・は分かってるが」「患者」・・というか「患者にされた」かも知れぬ男は こう想った。「美波さん、好い姿態の女だ。白衣の下は、きっと眩しい影(シルエット)。チラ見えしたバストは一見して好感だし、下肢も綺麗だ。ウェストの縊(くび)れも 何となく分かるし、これで俺は 途中で理性が怪しくなるかもな・・」

美波はまだ、宮城の足元に控えている。「さあ・・」彼女は言った。「この紙カップに、少しでいいから お小水が欲しいの・・」 「了解。これですね・・」受け取ろうとした 宮城の手を、美波が制す。「待って。あたしに任せて・・」 「マジですか?」 「ええ、そうよ」彼女はそう返すと、「!」と言葉もなく緊張する男に笑いかけ「さあさあ・・」という感じで、緊張を解きながら 彼の下方に柔らかく迫る。

美波「じゃ、これから検体を頂きます」と言い、動きの固まった 宮城の下方に右手を回す。長パンツの前ボタン複数が外され、白いなよやかな右手が、柔らかく しかし容赦なく侵入する。そして、遂に宮城の「竿(男根)」が 外に連れ出された。「あ、うぅぅ・・よ、予想外だ。でもこれ・・い、いいのかな?それなら、有難う!」 美波「こちらこそ、分かって下さり有難う。普通の診察ならなしですけど、これ 本荘先生の方針ですの・・」 こう返し「さ、この中に、少しで良いから・・」と続けて、静かに 心地良いマッサージを見舞う。

「あ、うぅぅ・・瀬野さん・・じゃなく、美波さんで良いのかな?お・・俺も男だ。あ・・あんまり摩(さす)っちゃ駄目ですぅ!」 「ふふ、ご免なさい。ちょっといたずら心が起きちゃった。でも素敵ですよ。『お息子さん』ちゃんとしっかり反応してくれたもの・・」美波、そう言いながら 放出された小水を回収。そして「有難う。じゃ、残りはこちらへ・・」検体のカップにカヴァーをして、ようやく引き下がった。

残りの放水を遂げながら、宮城「ああ驚いた。特別個室になったのって、こんな理由かよ。でも・・」呟きながら続ける。「やっぱりいいなぁ。瀬野さん・・というか、美波さん・・か。とても美人だし、あの摩りは中々の名人だ。ついでに、口唇愛撫(フェラチオ)の要求(リクエスト)も叶えてくれそうだったが、そりゃ直ぐはせん方がええな・・」

「じゃあ宮城さん・・」 「はい・・」 「あたしたち、後でもう一度伺うから、必要ならお風呂とか済ましといて下さい。お食事は、部屋でも食堂でもできるけど、どっちがいい?」 宮城、一瞬迷うも「ああ、それじゃ・・」 そして続けた。「気分転換にもなるし、毎回食堂で頂くかな。まあ部屋の方が良くなりゃ、後で変更できるもんね?」 「勿論よ。じゃあまず、食堂でって事で・・」 「はい、宜しくお願いします!」

まだ真夏でもあり、宮城は ざっとシャワーを使う事に。洗髪と、大声では言えないが 下着の洗濯もした。小一時間後 もう一度小町と美波が用具を持って訪れ、問診や採血など 簡単な検査、身体検査などを行う。この間、小町の胸元もどうも緩めで、わざと宮城から見られる様な演出がされている風な印象を受けた。

「美波さんも好い感じだが・・」彼は思った。「本荘先生も素敵だ。黒髪の感じ、微妙に違う顔立ち、それとは違って、縊れや下肢は、同じ様に綺麗だし。これはこの後、何かあるのだろうか?」芳しいとは言えぬ期待が、宮城の思考を支配し始めている様な感じもあった。「事前検査は大きな問題はなしね。脂肪肝の兆候以外は。今日のはあくまで『念の為』ってとこだから・・」検査を終えた小町が言った。

「それじゃ、あたしたちは 今日は 6pmで終わりますから、又ね。明日は、美波が朝から出ますから 何かあればお知らせを。今夜の当直の先生は、総合診療医候補だから、心強いわよ。それと、明日はあたしが当直ですからお楽しみに!」 「分かりました。ご面倒かけるかもだけど、宜しくです。良くなるよりは、悪くならん様にしますわ。今日は 有難うございました!」白衣の女二人と 入院服の患者男は、笑顔で別れた。病室前の廊下で、中条宛て SNSを送る。「今日午後入院。冒頭検査無事終了」 中条からは折り返し「ご夕食後、ちらっと面会に参ります」の返事。

5:30pmからの夕食を 小一時間で終えると、後はほぼ 3H近い自由時間。病室で読書や TV番組をチェックしてもよし、場所を選べば携帯やスマート・ホンでの外部通信も自由。入院前にやり残した仕事の連絡も、この時が処理の機会(チャンス)だ。とりあえず部屋に戻ると、ナース・ステーションから内線あり。「面会です。中条さんよ!」声の主は、小町だ。「有難うです。上がってもらう様 仰って下さい。改めて、今日はお世話様でした」 「了解、お大事にね!」

少しおいて、夏の正装をした中条が上がって来た。「ご入院 お疲れ様です!」持参した、日本茶の小さいペットボトルのケースを差し出す。「有難う。永野君の尽力もあって、割合すんなり行ったよ」 「良かったですね。まだ不明かもだけど 見通しは如何?」 「うん。まだ詳しくは分からんが、割合短くて済みそうな感はあるな。夕飯は済んだのか?」 「そう願いたいですよね。ああ夕食ね・・ええ、そっちの方は 妹夫婦らと済ませまして・・」頷いて聞く宮城。暫しの間 二人は病室の応接ソファに収まり、持ち込まれた日本茶を嗜みながら、恰(あたか)も愛犬たちを伴っての 金盛(かなもり)公園で交わす様な会話が続いた。

宮城が言った。「それでな、中条・・」 「はい・・」 「例の犬共の事なんだが・・」 「ええ、どうぞ。聞きましょう」 「この前チラっと言った様に、今夜から お前んとこの近所の 松下さんとこへ預ける事にした。あそこのワンコとも仲よしでな。ただ 明日から 3日ばかりうざくなるかもだが・・」 「アハハ、そうですか。まあ、それはそれで良いでしょう。実はね。宮城さん・・」 「うん、何かな?」

中条は、かなり以前に読んだ 今は故人の作家・中野孝次が、かつて飼育した柴犬の記録「ハラスのいた日々」の文中にあった「できる事であれば、犬に 一定でも群れで行動する経験をさせるべき」との一節があった事を語った。聞いた宮城は「そうだろう。俺は毎日 あの 3匹と一緒だから、少しは分かるぞ。・・で、松下さんちの『マル』も、時々俺んちに遊びに来る仲でさ」 「ああ、なる程ね。オマルの奴、道理で時々消えてたんだな。これで納得だわ!」

「それじゃ、お大事に!」 「ああ、有難と。ちと心配かけるかもだが、大事じゃねぇ。気にせん様に・・」 鵜方病院を辞した中条が、居所に戻ったのは 8pm過ぎ。EVを降り、部屋を開錠すると、すかさず斜め向かい家の飼い犬「マル」の甲高い咆哮が聴こえた。「おー、昂奮しとるな。さて、例の件かな?」出窓からサンダルを履き ヴェランダに出ると、丁度彼の眼下に見える「松乃家」の通用門前に、見慣れた店の用務車 淡色の「トヨタ・ハイエース」が点灯したまま停まり、その傍らで「マル」が落ち着きなく動き回っている。老若二人の「旦那」が協力して、動物の入ったらしい 大き目の籠(ケージ)を降ろして行く。一つ、又一つと・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 佐山 愛
野呂一生さんの今回楽曲「アーリー・ビギニング(Early Beginning)」下記タイトルです。
Early Beginning
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。