FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第8話「回診」

ian-hanasaki4_2.jpg
8/18 雨の金曜日。中条 新(なかじょう・しん)が、その居所で起床早々 斜め向かい家の不良な飼い犬「マル」の「粗相」なる 低レベルな雨情を見せつけられていた同じ頃、彼の学生時分の同級生 宮城一路(みやぎ・いちろ)は、予想超えの 入院先特別個人病室にて、久々に穏やかな朝を迎えていた。

前記の様に、彼の会社兼居宅は N市でも西寄りの下町。結構遅くまで、近隣の製造業の機械音などが聴こえて来たし、週末などは、彼も若い日に少しは関わった、暴走族の連中が 中心街との往来など、深夜早朝に大音響を立て走り回る事もしばしばであった。尤も慣れっこになったか、彼の 3匹の犬共は 簡単には吠えたり騒いだりはしない。状況が、相当に深刻レベルとなるまでは動かないのであった。勿論 一定鈍感になっている様な所もありはしたが。

「今朝は雨・・か。久々に静かな夜だったな。雨音以外 ものの見事に、何の物音も聴かなんだのは 久しぶりだぜ・・」ゆっくり立ち上がり、窓外に目を遣る。少し霧がかった表の街並みは、やや強い降雨だった。少しおいて 内線電話が鳴る。「はい・・」 「宮城さん、お早うございます。瀬野です。今日は早番なの」 「ああ、瀬野美波(せの・みなみ)さんですな。お早う、挨拶感謝です」

電話口に出た宮城に向け、美波は続ける。「そろそろ朝ご飯・・ですよね」 「はい、そうですね。そろそろ食堂へ行こうかな・・なんて思ってたとこでね」 「丁度好いわ。宮城さん、ちょっとお話もしたいし・・朝ご飯 あたしがお部屋へお持ちします。ちょっと そのままお待ちを・・」 「ああ、そいつは有難い。じゃあ、お願いしちゃおうかな」 「かしこまりました。ちょっとの間だけど、楽しみだわ・・」電話口の向こうに、美しい笑顔が見える様だ。

「こんな想像も いいよな・・」宮城の脳裏に、ふとこんな想いが過(よぎ)った。「直ぐ会えるのは分かってるんだが、ああやって内線で喋ってる時の、あの想像が好いんだよな。果たして、首から下は・・」暫くして、ドア・ノックの音。「はい、どうぞ・・」~冒頭に「美波さん・・」と名を呼ぼうとして 彼はやめた。昨日から、隣室は空のはずだが、それでも周囲に 彼女と懇(ねんご)ろにしているのでは?と思われてはまずいのも事実だ。

「お早うございます。お待たせしましたぁ~!」朝食と備品の載るワゴンを押した、美波の到着。「有難う。まあ中で話そうや・・」応接ブースに移った宮城、傍らに着席を促す。洋朝食を病人向けにアレンジしたメニュー。飲み物もカフェ・オーレで加糖されない。「実はさ・・」宮城は、昨夜 中条が見舞いに訪れ、ペット・ボトルの日本茶を ケースで届けた事などを話し、内二本を持ち帰る様促す。「有難うございます!それにしても まあ、ケースで・・ちょっと、やり過ぎね。笑」 「まあね。でも、こんな大雑把が彼(あいつ)の良いとこでさ・・」 「そうですか。中条さん・・一度会いたいわ~・・」

朝食を進めながらの会話が、半時程続いた。勿論 美波は投宿先の 本荘小町(ほんじょう・こまち)の居所で、先に食事を済ませての出番だ。小町は、美波より遅れて 午前途中まで 佐分利学院の養護課に出て 昼頃から鵜方病院の当直勤務の予定である。「それでね・・」美波は続けた。朝方の、今の所で 検体のお小水を取っておいて欲しいって言われてるの。それと、後少し・・」 「はいはい、後少しね。何となく分かる様な・・」宮城はそう返し、浴室併設の化粧室(トイレ)へ。

指示通りに 紙カップに検体を取り、軽くシャワーを浴びようとした宮城だったが、ここで小さな異変が生じ。何と外から「宮城さん、一緒に入っていいかしら?」の優れた一声。「!」一瞬の緊張も直ぐに落ち着けた男は「おお、素晴らしい!」こう思いながら 「これは意外!でも OKよ」進入を許す。果たして直後、彼の眼前に 眩しい女体が現われた。

「いや、素晴らしい。思った通りだわ!」 「ふふ、有難う。実はね、これも本荘先生の指示事項なんですよ」頭から爪先まで、まんま宮城を虜(とりこ)にする 美波の生まれたままの姿だ。日本女性らしい、清楚なほぼストレート・ロングの黒髪が下ろされ、胸周りは程好い「D」位のボリューム。明るめの 乳輪の色合いも好ましかった。その直ぐしたには 締りの良さを感じさせる ウェストの縊(くび)れ、下方の 程好く濃い下草、足首の締まった美脚も、宮城の目を眩(くら)ませた。 「いやー、眼福だわ・・」背後からシャワーを遣わせながら、彼は思った。思わず、勃起した竿(さお=男根)を、豊かな臀丘にこっそりと擦りつけ。気づいた美波、一瞬ムッとした風情も、直ぐに苦笑へと変わる。

しかし勿論、一方で気を緩める事はなかった。「有難う。お返しよ~・・」シャワーの後半 美波の背後からぬるま湯をかけてやりながら、胸の双丘をメインに上体、ウェストの縊れ、臀丘をひとしきり摩って回った宮城は、シャワーが区切られるとこう言った。「今朝は、この辺にしとこう。余り深過ぎると、感づかれ易いからな・・」 美波も もう分かっている様で「そうよね。あたしもそろそろ点呼だから、又後で来ます。今日、このお部屋の手入れは、あたしが担当なのよ」 「ああ、そりゃ良い!午後の 本荘先生の回診まで、安心してられるなぁ。食事ご馳走様!」 「いえ、お粗末様。じゃ、後でね!」他の業務に影響しない様、美波は、程々に病室を離れた。

この日は、夕方近くまで雨。宮城は 朝食後、美波が部屋を手入れし 夜具などを交換する間、ほぼ一時間強を 同じ階のロビーで過ごした。留守中の仕事絡みの事共は、概ねスマート・ホンでの情報やメッセージのやり取りで対応できた。緊急に面会すべき顧客や業者もなく、合間には 備え付けの地元紙 C新聞や経済紙 NK新聞に、隅々まで目を通せた。公園散歩や空き缶回収の時間が取れるとはいえ、普段は中々 この様にじっくり新聞紙面に目を通すのは難しかった。「これも良かった。お陰で、俺関連の商品市況がよく分かったぜ」

昼食は、初めのつもり通り 階下の食堂へ。当然の事だが、他の病室の面々とも会話の機会があり、時に宮城の知人が入退院する事もあったからだ。この日も、知人の一人が退院。「おめでとうございます!」 「お世話様でした!」の いつもの見送り挨拶の中に、彼の姿もあった。途中から小町が現われ「宮城さん、お疲れ様。後で、ちょっと回診ね」 「ああ、 こちらこそ。その時は宜しくお願いします・・」 「了解。もう少ししたら、お部屋に戻っててね」 「はい、お世話様です・・」

午後に入り、降りしきっていた雨が、弱まる気配。2pmを回り、面白くもない 午後の TV番組をチェックしていた宮城の部屋へ、小町の回診。定番とも言える聴診、触診に問診、それに血液検査の告知・・などなど。「やはり、脂肪肝の疑いが付き纏うって事よ。暫くは、お食事の制限を続けるって事で。それさえクリアすれば、退院までは短いわね」小町が言った。その時、又しても 意図的に白衣の胸元を緩め、双丘が宮城の視点から見易くする様な態度が感じられた。

宮城は「そうですか。まあ いつまでも仕事から遠ざかる訳にもいかんですから、早めの退院を目指す様 心がけますよ」と返し。胸の双丘チラ見えは、勿論喜ばしい。小町「それでね、宮城さん・・」 「はい・・」 「実は、触診はこれだけじゃないのよ。丁度いいわ。あたし、今夜は当直だから 9pmの消灯は厳守だけど、その後 貴方の部屋だけ特別回診したいの。だから、それは心つもりしといて下さらない?」 聞いた宮城は 一瞬戸惑った風情だったが、直ぐに気を取り直し「分かりました。一旦消灯後に、本荘先生の回診続きをお願いするって事で、俺もつもりをしておきましょう」 「宜しく、お願いね・・」 「こちらこそ・・」

一方の中条。荒れ気味の雨模様も、外出予定がなかったのは幸いだったかも知れない。この日は終日 本社倉庫で商品管理の仕事に当たり、その様な天気にも関わらず 商品の下見に訪れた顧客応対、それから数十万円規模の商談をまとめられたのは幸いだった。その来客時のみタイ着用も、夏の平装での勤務。経営幹部の親族や、上部社員たちからは 居所斜め向かいに集まった犬共の事をネタにされ、特に専務の実妹からは「お犬様方は 元気かい?」と冷やかされた。

「お生憎だな。今日はこんな天気だから、火薬が湿っとるらしくて 4匹共大人しいもんだわ」中条は、そうやり返すも「本気で、奴らを俺より上に見ようとしてるな!」と糾すと、実にあっけらかんとして 「だって事実だもん」と切り返された。こうなると、どう非難しても話にならず、ただただ苦笑するしかなかったのも事実である。

そんな状況ではあったが、勿論 商談成立は称えられた。それを見た中条は「よ~し、これで夕方は スムーズに終わらせられそうだ」 正に「しめしめ・・」と言う所だろう。案の定 5pm過ぎ、妹の専務 陽乃(ひろの)から「希望通り 5:30pmで上がられたし」との通告有。残り十数分で、溜まっていた伝票処理などの雑事をこなすと「じゃ、今日はこれにて失礼!」 「はい、お疲れ様!」

きっちりと区切り、会社を後に。少し時間に余裕があり、近畿参宮電鉄の N市中央駅下まで、徒歩で向かう事にした。降雨は続くも、もう傘を必要としない 霧雨状態に。「そろそろ、上がるだろうな・・」夏の曇り空を見上げた男は、そう呟く。使おうとしてやめた傘を携え 小半時程歩くと 近畿参宮鉄道の地下駅へ。自動化の進んだ集改札口の所で暫し待つと 6pm過ぎ、大坂なにわからの 上り特急が姿を現す。これに由香、由紀の姉妹が乗って来ているはずだ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 花咲いあん
野呂一生さんの今回楽曲「フューチュア・ドリーム(Future Dream)」下記タイトルです。
Future Dream
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。