FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第28話「約束」

24235.jpg
「これは嘘か、冗談か・・?」初め、初美の「卒業」発言を巡り、健(たける)、徹の二少年の受け止めは、この様なものだった。彼女の言う「卒業」とは、あの行為の時に、男のするゴムを装着しない事だった。女との交わりが、自然な形になるのは良いが、そのままでは妊娠のリスクを大きく伴うのも事実である。

「ただね」と初美。「その心配は無用よ。あたしは、今月に入ってから『安全日』て言って、その心配のない時期に入ってるの。それに、小町さんから薬(低容量経口避妊薬)も頂いているしね。備えはしてるのよ」そうは言うものの、彼たちに、直ぐには受け入れられない想いがあったのも無理はない。

健「マジで、そんな事しても大丈夫ですか?俺、揺れてます。心配です」訝(いぶか)ると、徹も「俺も揺れてます。何か不安なんですよ。今までは、ゴムのお蔭で一安心だったんですが」こう応じた。
「あのね」初美は言った。「これは、小町さんとも相談の上の事なのよ。とに角、あたしを信じてついて来て。男でしょう。二人とも」強く押して来る。

「う~ん」二少年は、一時黙り込んでしまった。確かに師とは言え、初美に「女」を感じ、先に悪戯を仕掛けたのは彼たちだ。彼女は、半ば少年たちの期待に応える形で「夜の補習」を設け、深く濃い「男女」の事共を教えてくれた。その事に、彼たちは深い愛と感謝の気持ちで向き合って来た。しかし・・お互いにとっての「防具」とも言える、ゴムを用いない交わりには、やはり大きな不安があったのも事実である。

暫く考え込んでいた健「了解しました。そこまで仰るなら、ついて行きましょう。徹、異議ある?」「俺も覚悟を決めました。ついて行きます。健、勿論一緒だよ」徹は、こう返した。聞いた初美「よろしい。じゃ『夜の補習』の本当の所を教えるわ。これは、一度か二度しかない事だから、良く覚えておく事よ。今夜は、健からよね。さあ、傍に来て。徹もね」「かしこまりました」応じる二少年は、健が、彼のベッドに横たわり、すぐ脇に、例の筆を手にした徹が控える。

「さあ、始めるわよ。まずは、挨拶のキスから。この前、少し教えたけど、時々舌を使うと好いわ」「そうでしたね。やってみます」健は応じ、二人は互いに舌を吸い合い、唇を何度も重ねる。徹はその間に、初美の下肢から下方周りの愛撫を始める。「とても好い。初美さん、好きです」健は、素直にそう呟いた。

「ああ、好いわ・・」それに応える様な、初美の喘ぎが聞こえる様になると、続いて徹が、彼女との口づけを始める。同様に、舌の吸い合い。「ああ、感じる・・」溶ける様な感触が、心地良い。健は、彼女の上に重なり、ブルネットの髪から耳、首筋、腋など上体の愛撫を進める。「胸を見てもいいですか?」そう尋ね、師が頷くのを確かめて、キャミソールを少し下へ移動、現れた胸の双丘に顔を埋め、更なる愛撫を。喘ぎと吐息が入交り、暫くの間、生徒の寝室は、波の様に、声のざわめきが渡って行った。

小半時後、少年たちの「下方」が、初美の儀式を受ける。ブリーフを降ろした健、そして徹の順で、陰嚢と共に、彼女の口唇愛撫(フェラチオ)を賜り、前触れの透明液を滲ませながら、気分を昂らせて行く。本当に、若い青筋。しかし修行の成果か「暴発」はない様だ。
そして、まずは健からお返しの、師の「女性」への口唇愛撫(クンニリングス)。彼たちが、黒のミニ・スカートの裾を少し上げ、用心しながらゆっくりショーツを降ろすと、脚の間に、曖昧な感じの下草に覆われた、ローズ・ピンクが鮮やかに咲く。もう一輪、薄紫の菊花もだ。「うん、美しい!」「綺麗、素敵!」感嘆の声と共に、陰核(クリトリス)を初め、その所の湿度が高まり「ジュルジュル」の愛撫音、更なる喘ぎが聞こえると、もうすぐ核心の時を迎えるのだろう。

8時過ぎ「健、用意はいい?」初美が訊く。健「OKです」答えて「自身」の先端で、初美の「女性」を探り当てる。抱きしめる抱擁の姿態を決めたその時、初めての夜と同じ、あの鋭い一声が上がる。JR中央西線下り貨物 5885列車の通過である。
健、これを合図に、初美に向け、自らの腰を沈めにかかる。「ああ、ふんんぅ・・!」二つの喘ぎと共に、礼儀正しい素のままの彼「自身」が、師の「女性」の中に滑り込み、連結。「んうう、とても熱い。こんなの初めて!」取り囲む肉壁の感触が、攻め寄せる様に、直に歓びを伝えて来る。健の腰には、又も初美の下肢が絡みつき、勝手な動きを制して来る。そして、強い力で上下動を促すのだ。

「徹の話は本当だ。物凄い力・・ この女性(ひと)がサッカー選手だったら、その破壊力は底知れないものがあるかも」そう思わせる程、初美の脚力は強かった。
促されて健、暫し腰を上下動させ、「自身」の先端が師の「女性」から離れぬ様気をつけて、行為を進めて行く。徹も、応援の愛撫にかかり、合間に彼女の唇を奪うなどして行く。

「ん、ん、ふうんん・・ この感じ、とても好いわ。少し小ぶりの、程良いサイズ。しなやかさのある、程良い硬さ。そして、繋がる時の心地良さ。それらを、直に感じられる歓び。さあ健、動き続けて。君の『自身』の先で、あたしの子宮口にキスをして」組み敷かれ、喘ぎながらも、下から巧みに教え子を制御(コントロール)しつつ、初美は、こう熱く感じていた。

「初美さん」健が声かけ。「何?」「お疲れでしょう。俺が下になりましょう」「そうねえ。下も好いけど、今夜は、横からしてみない?」
「ああ、伯父貴の言ってた『横飛び』て体位(ポーズ)ですね。好いですね。じゃ、それで行きます」
初美「それとね。最後は、又上に来て欲しいの」「かしこまりました」健は答え、師の身体を横たえて、片脚を高く上げ「脚は俺が支えます」と一言。横から、礼儀を守った彼「自身」を、師の「女性」の中に返して行く。徹も加わり、背後から、初美の上体を支えて安定させる。勿論、ブルネットの髪や、胸などへのボディ・タッチもしっかりと。
「う、う・・ これも好いわ」初美、再びの喘ぎ。これを確かめ、健は横方向に腰を使う。ゴムなしの自然な繋がりが、これまでにない刺激と興奮を呼び覚ます、熱い夜が続く。

暫く後、健が再び初美に重なろうとした時、彼女から「この前、徹がした体位(ポーズ)、覚えてる?」と尋ねられる。「ああ、分ります。随分きつそうな体位でしたよね。今から、するんですか?」健が答えると、初美は「是非しようよ。君とは、もしかすると、今夜の『補習』が最後かもよ」こう出られると、むやみに断れないのが、男気だ。

「いいでしょう。ただ、余り一体感がないかもですが、いいのかなあ?」健はこう答えた。「大丈夫。君の情熱がカバーしてくれるわよ。後は、やるだけ。徹も応援してね」 健「了解です。そこまで仰るなら、やりましょう」 徹も「かしこまりました。あの物の出番ですね」やはり、二人とも「すけべっ子」嬉しそうだ。

健、今度は初美の下肢を、足先が天を仰ぐ様に抱えてL字型に曲げ、上体を彼女に預けて行く。下肢を絡める「蟹挟み」はできないが、曲りの大きい情熱的な体位だ。再びの連結が果たされると、徹は、腰を動かす健の後ろに回り、再び下になった、初美の臀丘や交合部の辺りを、筆で入念に愛撫し、刺激して行く。

これまでにない、深い興奮と一体感。「ああ~!好い~!」「初美さ~ん、熱い~!」火山から噴き出る溶岩の様に、最後に熱く高め合い、喘ぎを伴う、頂への到達感も、大きく違う様だった。「好かった・・」男精を師の体内に放ち、まだ彼女を腕の下に抱きしめながら、健は思わず呟いた。「そうでしょう。これが、本当の交わりよ」落ち着いた表情の初美。「健、もう少ししたら、あたしの言う事を、そのまま実行するのよ」「かしこまりました。伺います」上に乗る健に、初美は、離れたらすぐに「女性」から現れる男精を、彼の舌で掬い、彼女に口移しをする様求めた。

健「参ったな。愛の為って言っても、そこまでするの?しなきゃいけないの?」呟くも、初美から「いいからやるの!約束でしょう。そこまで言うなら、ついて行こうって言ったじゃないの。男に、二言はないはずよ」と返され「ですね。なら、やるしかないか」覚悟して応じる事に。

健「自身」が、繋いでいた初美の「女性」から、ゆっくりと離れる。少し後、中に出された彼の男精が、白っぽい半透明の姿を、徐々に現す。舌でそれを掬い取り、師に口移しで流し込む。飲み下す彼女。その下方を清め終えると、もう一度、濃い口づけをくれた。
「貴方は、変態だ・・」健は、呻く様に呟いた。しかし、約束は守らなければならない。

徹の番だ。「初美さん、好きです」一言の後、濃い口づけ。彼「自身」の愛撫が済み、今度は、大好きな師の下方への愛撫をもう少し。下肢、太腿辺りの絶対領域から脚の間へと復習の様に進み、「あ、あ・・続けて」喘ぎを聴き、湿度上昇を待って、秘部へと進む。彼の本音「ジュルジュル」の響きを立てて、気分を高揚しているのだ。

「徹、そろそろ用意よ」初美に促され、彼は身体を重ねて行く。彼「自身」が、健がした様に、彼女の「女性」を探り当て、居住まいを正して、同様に滑り込み、連結。「ああ、うう、はぁぁん・・」再びの喘ぎを聴き。やはり、直の繋がりは、歓びが違う。「ああ、天と地程も違う!」肉壁の包囲を受けながら、徹はしみじみと思った。傍で健は、徹を抱き取る初美の腕に手を重ね「俺も、傍にいますよ」とアピール。彼女も、喘ぎながら頷く。

初美「徹、健と違うのは分かるけど、君には最後まで、あたしの上にいて欲しいの。君が上の方が、とても子宮口までの繋がり感が深くて素敵なのよ」そう求めると「かしこまりました。俺、男としてできるだけの事を、貴方にします」こう答えた。健も応援「徹、男らしく行けよ !」「有難う。俺、やるよ」答礼の一言が、返される。

繰り返しだが、徹は、とに角愛撫が上手かった。枕を並べる度、撫でさすられる度、新しい歓びを開発される想いがした。それだけに、奴隷に堕ちると拙いのだが。
抱擁も、心地良かった。徹も、憧れの師を、腕の中にする歓びをはっきり感じていたし、それは初美にとっての歓びでもあったのだ。勿論、健の行為も快いものだが。

暫くは、初美が、徹の腰に下肢を絡めての「蟹挟み」の体位で行為を進め、後半で、健も実行した曲がりの大きい正常位に移行、そのまま頂へ昇る事になる。健も、徹から預かった筆を使い、彼女の下方や交合部に、熱い愛撫のエールを送る。「ああっ、好い!行く!」「初美さん、昇るぅ~!」徹の男精も、師の体内に熱く放たれ、達成感と充実感の中、彼女は、彼にも健と同様の行為を指図。
「そんな事、してもいいの?」訝る彼に「健にも、言ったの見たでしょ。それが約束よ」の一言。「了解しました」応じる他ない彼だった。

徹「自身」が、繋いでいた初美の「女性」から静かに離れる。程なく、ゆっくり流れる様に姿を現した男精を、彼は、健と同じ方法で掬い取り、初美に口移しをした。彼女も又、同じ様に飲み下す。「確かに変態。でも、それが愛の為なら、約束なら、やるしかないね」再びの口づけを交わす徹も、同じ想いであった。時は10時代半ば。後を清め、終礼のキスを交わす三人の眼下を、上り貨物 5880列車が、一声の警音と共に通り抜ける。初美は、もう泣く事はなかった。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,8,13記)

今回の人物壁紙 JULIA
渡辺貞夫さんの今回楽曲「ラヴ・ミー・アズ・アイ・アム(Love Me as I am)」下記タイトルです。
Love Me as I am

JR電機 EF64(1000代)の警音が聴けるシュミレーター画像 下記タイトルです。
EF64 1006
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。