FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第13話「前戯」

e71c0299.jpg
宮城一路(みやぎ・いちろ)が、名ばかりの入院をしている 鵜方病院上階の特別病室で、女医 本荘小町(ほんじょう・こまち)の熱く濃い「特別診察」が行われた同じ夜、彼の後輩 中条 新(なかじょう・しん)の居所でも、この夏再び訪れた 木下由香(きのした・ゆか)、由紀(ゆき)の姉妹を迎え、妖しい夜の行事が進もうとしていた。夜の外食を済ませての帰宅。まずは 前戯ともいえる、浴室の交歓から。

「こら、由紀!」浴室の床に臥す 中条と戯れながら、マット遊びの真似事を伴って、髪や身体(ボディ)の洗いを済ませた由香は、妹 由紀と入れ替わりに浴槽へ。引き続いて仰向けにマットに臥す中条に跨り、姉の後を受け「泡踊り」の続きを仕掛けるも、隙を見ては 彼の竿(さお=男根)を 己の女陰に誘おうとするので、浴槽の姉は 気が気でない風情だ。

「オメコはあかんで!」由香は、鋭く注意した。対する由紀「ああ、分かっとるよ。たまたまそう見えただけやろ。伯父様が バス・セックスが苦手なのも覚えとるし・・」 「おー、そうか。分かりゃええねん・・」会話が区切られると、由紀は 胸の双丘を中条の上体に擦りつけ、高める様にゆっくりと、大らかな動きを見せる。

「よし、好いなぁ・・」男は感嘆した様に言った。「由紀ちゃんも中々だな。由香ちゃんは、前にちょっと仕掛けてくれたから、よく覚えてたんだが・・」 「ああ、おおきにです。実はね・・」マッサージを続ける由紀は、笑って続けた。「家で 姉と入浴ん時も、時々そないな話題が出る事ありましてん・・」 「おお、そうか。お姉ちゃんと、そんな話題をする事あるんやな。そいで少しは、覚えがあると・・」 

由紀「ええ、まぁね。ま、あたしのはホンマ、見よう見まねですけど・・」 中条「いやいや由紀ちゃん、それが素人的でな。そう出られると、男は燃えるんやて・・」 「えへ・・ちと嬉しいけど、余りのめり込まん方が良さそうやね。伯父様、あんまり気持ち良うて、燃えすぎると危ないなあ・・な~んて!」 「ハハ 『危ねぇ』・・か。う~ん、可能性ゼロとは言えんなぁ・・。今もさ」 「はい・・」 「由紀ちゃんの乳房(おっぱい)、丁度の位置で俺の胸周りに当たって 好い感じだわ。お姉ちゃんも上手かったが、全然負けとらんな~!」

由紀「それもおおきにです~!さあ今度は、腹這いんとこ、試そうかな~」 中条「OK、ちょいと待てや・・」由香の時と同じく、 今度は伏した彼の背後から、由紀はもう一度重なり、ボディ・ソープを塗り付けて行く。合間に、竿や股間など、どうしても必要な所も清めて行く。お返しに彼は「さあ、由紀ちゃんにもお礼な・・」と言って、その下方もざっと洗って返してやる。

中条は言った。「これはな、手を抜いとるんやないんや」 由紀「ええ、何となく分かります・・」 「有難と。『女性』の中はさぁ 自浄力があるんで、男が 余り念入りに洗ったりせん方が良いみてぇでな。お姉ちゃんの時もそうだったから、手抜きみてぇに見えたら そういう事さ・・」 「ああ、それね。いや、もう分かってましたよ。伯父様 意外と女の身体の事、ご存じやもんね~」 「有難と。まだまだ『さわり』のレベルだからな。初ちゃん(伊野初美=いの・はつみの事)からも時々聞いとるし・・」 「でも、そんだけご存知なら安心やなぁ・・て思いますよ。これ、姉も同じね」 「ああ、そりゃ有難ぇ・・」浴槽の由香も、頷いて聞いていた。

中条「さあ二人、もそっとゆっくりしててくれ。眩しい所を見ていてぇんだが、俺 上がって飲み物(ドリンク)とか用意しとくからさ。じゃ、後でな・・」 「伯父様・・」由香が制した。 「うん、何かい?」 「折角やからさぁ、三人一緒にお湯遣いまひょ。だって 伯父様の場合、生まれた姿で遊べるんって、お風呂だけやないですかぁ・・」 「悪い!それもあるな。三人一緒だと狭いし、湯も減るが大丈夫か?」 聞いた由紀「ぜ~んぜん!狭いなんて気にしまへん。お湯が減ったら 足すまでですやん。ねぇ、お姉ちゃん」 「そうでっせ~。伯父様、もそっと『裸のつき合い』を大事にして下さいませ~!」姉の由香も賛同し、結局 三人一緒に 暫し浴槽へ。

「う~ん、ええ感触やった。二人とも、胸周りの感触(フィール)、上々だわ~!」少し後に出る 姉妹を浴槽に残して、中条は身体を拭くと、下着を介して浴衣姿となり、寝酒などの飲み物(ドリンク)の用意に。由香は甘いリキュール、由紀は酒気なしのグレナディンをそれぞれソーダ割り、自らにはブランデーのロックを。炭酸を閉じ込める為、姉妹のは 風呂上り直前に仕上げてやった。

「おおきに、お世話になります!」少しおいて戻った バス・ローブ姿の姉妹と 二度目の乾杯。TVを点け、飲み物を嗜みながら窓外に注目すると、どいつかは分からぬも、斜め向かいの屋上に、犬らしい動物の影が複数認められた。「あいつらも、寝つきが悪そうだな・・」中条が呟くと 「やっぱりマルちゃん、ワクワクして寝られんのと違いますか?」そんな反応が返って来た。

薄暗い屋上に、入れ替わる様に現れる犬共や TV番組の話題などで一時間程が過ぎ、姉妹は申し合わせた様に「じゃ、伯父様。お待ちかねのバス・ローブを脱ぎますわ」と言い、席を立つ。中条「お~ そうか。期待して見とるわ。進めてくれや」そう返した中条は、冷えた日本茶の用意に立つ。ペット・ボトルと紙コップを持って戻ると、部屋の様子が少しく変わっていた。

「ふふ、どないでしゃろ?」 「お~、今度も好いなぁ~!普段着っぽいのが、反ってエロっぽくてなぁ!」中条、感嘆して呟く。姉妹共、彼最大の好みの フレアのミニウェア。共に上方は淡色のTシャツに、下方は女子高生のよく着ている アンバー色基調の チェックのミニスカだ。「伯父様、これはね・・」と由紀。「うん、聞こう」中条が返すと、こう続けた。「これね、あたしたちの高校の時の制服やったんですよ~」 

「おー、素晴らしい!」男の反応は強かった。「そうかぁ、由香ちゃんも由紀ちゃんも、このアンダーで 綺麗な脚を誇りながら通学しとったんやな~。うーん、フルの制服姿が見える様だわ~!」 由香「ハハ、ご免なさい。ホンマはね、上下両方持ち出そかって 由紀と話したんやけど、やっぱり荷物とかの都合もあって、スカートだけで限界でしたわ」 「いやいや、有難う。ミニスカだけで素晴らしいわ!おー、ハイソとコラボだな。よしよし、今夜これからが楽しみだぁ~っ!」尚も感嘆して見続ける、中条の鼻息は 早くも荒かった。

「ねぇ伯父様、それでね・・」今度は、由紀が言った。「うん、聞くぞ・・」返す男は、すっかり姉妹の話を 身を乗り出して聞く姿勢になっていた。「スカートの中、ご覧になります?」 「ハハ、それは何・・覗いても良いって事かい?」 「は~い、左様(さよ)ですねん。今、前かがみになりますさかい、伯父様も、ご覧になるなら ちょいとしゃがんで下さいや」 「ああ、勿論!そいじゃ、始めよか・・」これを聞いて頷いた由紀は、くるりと中条に背を向けると、そのままぐっと上体をかがめ 腰を突き出す姿態に。膝上丈 20cm超はあろうフレアのミニスカは直ぐに裾が上がり、美脚の全景、それに太腿、臀部の下方までが見通せた。股間を覆うのは、かなり小さいショーツだ。もしかすると「T」かも知れない。色はベージュ系の様だ。

「うん、凄く好い。昂奮するなぁ!」妹の後ろにしゃがんで、途中まで見られる スカートの中を愛でる男に、姉が言った。「さあ伯父様、あたしも披露するわ・・」 「ああ、由香ちゃんも感謝だ。是非ヨロです!」今度は、妹と同様に、姉が やはり短いスカートの中を披露にかかる。近い雰囲気の美脚と太腿、それに 僅かに小ぶりな臀丘の下方。小さめのショーツはも水色らしい。

「うん、有難と!」いやに爽やかな笑顔で、中条が言った。「これから又、座って楽しもや。冷茶も用意したから 適当にな。暫く TV観ながら、好い事しようぜ!」 「ふふ、伯父様・・」由香が、少しだけ意地悪そうに言い、由紀も薄笑いを浮かべて聞く。そして続けた。「おスケベな『好い事』でしょ?」 「図星やなぁ。その通りやよ」苦笑しながら、男は返した。TV画面と向き合う、長手ソファに並んで座る三人。当然だが 中条が中央。右手に由香、左手に由紀が、膝を崩し 男の方に臀部を向け座る。それぞれの片足は、わざと行儀悪く 彼の膝上へ。

中条「いやぁ、素晴らしいわ!右も尻、左も尻、もう文句なし!」片手ずつで それぞれのミニスカの中をまさぐり、こぼれ出た臀部を 交互にゆっくりと摩(さす)る。「ふふ、なあ由紀・・」由香が呼びかけ。「ふふ、何かいな?」由紀が笑って応じると「伯父様の趣味 丸出しやな。これで虜(とりこ)にできるかもな」 「ハハ、せやな。おスケベやけど、こりゃ利きそうや・・」下方をはだかれ、ゆっくりと愛撫されながら、姉妹は笑った。まだ、夜はこれからだ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 唯川千尋
野呂一生さんの今回楽曲「オールド・ファッションド(Old Fashioned)む下記タイトルです。
Old Fashioned
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。