FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第17話「局面」

22f8570c.jpg
「多分初めて・・だな。これ、所謂(いわゆる)『顔射』・・か」 まだ息を荒げながら、中条が呟く。彼と繋がり、ほぼ同時に 頂に立った由香は、前のめりに ソファの座面に顔を埋める様に伏せ、同様に激しく息づく。半分捲れのミニ・アンダーから覗く白い臀丘は まだ高く突き上げられ、剝き出しの秘溝からは、光りながら垂れ下る秘液が見られた。「ああ、好いわぁ。この余韻・・」表情を緩めた彼女は、そう呟いた。

「由香ちゃん・・」 後ろから 臀丘と秘溝を愛でながら、中条が言った。「悪かったな。途中で外れるとは思わなんだ。俺ぁ良いが、(貴女は)大丈夫か?」 訊いた由香は、上体を起こすと 男の方を向きながら「ええ、まぁね。伯父様のお竿(さお=男根)が外れたのは意外やったけど、顔に出してくれはったのは、正直嬉しいわね。まあ、感じも悪くはなかったけど・・」 満更でもなさそうな反応に、男は正直 ホッとした。

「それ、あたしもですよ」 傍らで見ていた妹・由紀も反応した。「あたしの顔にも、ちゃ~んと『白い情熱』降って来たしさ。これ、美容にもいいんですよね・・」 これを聞いて、男は苦笑してしまった。「ハハ、まあ 原理からすりゃそうだが、まあ何か、二人共 顔位は洗っとけよ。あ、それも後でいいけどな・・」 そう返すと 彼は、使い捨ての紙コップに、冷蔵庫のペット・ボトル日本茶を注ぎ分け 姉妹にも勧める。「さあちょっと、水入りだ」 「はい、おおきに・・」茶を嗜む姉妹の美顔に降った精液を、男は ウェット・ティッシュでそっと拭ってやった。

小半時程の休憩の後、妹・由紀が動き出す。「さあ、伯父様・・」彼女はそう言い、立ち上がる。そして「今度はあたし。姉の時よりも、熱くなりまひょ・・」そう言いながら、長手ソファ上に四つん這いになると、臀丘を熱く突き上げて「さあ見て、あたしの『フリフリ』よ!」と、挑発を図って 激しく尻を左右に振り始めた。少し前位からか、もうショーツは着けていなかった。

「ハハ、由紀ちゃん 熱いな。もうノーパンやったんか?」中条が訊くと、由紀「左様(さよ)でんがな。姉と交わりはってる時もそやったけど、あたしも暑いさかい、途中で脱ぎましてん・・」 「そうか、自分でやらしちまったんなら悪かった。ホントは、俺が脱がしたろう思ったんだけどな・・」 「い~え、気にしはらんでも良いです!あたしはあくまで、暑いから脱いだだけの話。ほれほれ、脱いだの ここにありますやん。何なら、匂い嗅ぎはりまっか?」 「ああ、それな。又 チンケなショーツやなあ。どうせ『T』やろ。まあ夏なら仕様がねぇってか・・?」回された、妹の着けていた「T」の「性臭」を、中条は 鼻を近づけ確かめる。汗、そして微かに「聖水」の匂いも感じられたが、ムッとする程の 重いものでもなく、割合快く漂う匂いであった。

中条「いやいや、由紀ちゃんもやるのぅ!俺の竿 一旦はしおれたが、又堅さ復活ってとこや。見てみるか?」 「ああ、ええねんね~!是非見たいわぁ!」相変わらず、姉妹の反応は熱い。一行為を終え、ノーパンのまま 単座のソファで休んでいた由香は 上体を乗り出し、下方を晒したままの男に ミニ・アンダー越しに 尻を露わにした由紀は、一度向き直って、彼の下方ににじり寄る。男根は堅さを取り戻し、何事もなかったかの様に怒張していた。

由紀「うんうん、素敵!こりゃ期待できまんな~!」明るく笑って返しながら、元気の戻った亀頭に食らいつく。「おお、好いぞ。この後が・・た・の・し・み・・てか?」咥え込まれた男は、こう呟いた。「ほな、由紀・・」由香が呟きながら、中条の股間に寄る。「はい、何ぞ・・?」由紀が返すと 「さっきと逆や。今度は、あたしが伯父様の玉袋頂くで~!」

流石(さすが)に、先程同じ事を仕掛けていただけに、由紀も大口は利けない。仕様がないという感じで頷くと、すかさず由香は、中条の陰嚢にむしゃぶりついた。やはり「チュッ、チュッ・・」の微かな音を伴い、じっくりと陰嚢を嘗め回して行く。途中から舌技も繰り出し、襞という襞に、舌技を教え込む様に ゆっくりと巡って行く。

「由香ちゃん、好い感じだ・・」男は呟く。「ふふ、気持ちよく復活ってとこですか?」 美しい笑みで、彼女が訊くと「ああ、まぁな。一度放出した『白い情熱』がさ、又湧いて来るみてぇな気がするな・・」と返し。「ハハ、そらええでんな。又、好い感じで発射・・ですかな?」 「そうやなぁ。さっきよりはええ感じで昇りてぇってとこでさ。貴女もそやろ?ああ由紀ちゃん、有難とよ。ええとこで尻向けてくれたな・・」右手から突き出された 白い立派な臀丘に、さり気なく手を伸ばす中条であった。由香も、静かに微笑んだ。

暫く続いた 姉妹の口唇愛撫(フェラチオ)を再び賜った中条は「よしゃ、由紀ちゃんは もう一度前向いてくれや。俺が、後ろからお返しするからな。由香ちゃんはそのままでええ。心行くまで 味わってくれりゃ・・」そう呟きながら、又 前のめりに四つん這いになった 由紀の臀丘の谷間 秘溝に唇を合わせて行く。妹が尻を向けると、由香は 中条の竿と陰嚢の独占が叶った。

「さあ由紀ちゃん・・」己(おのれ)に向け、又も露(あらわ)な尻を振り始めた妹に、男は言った。「さっきのさ、お姉ちゃんが昇ったとこから再開してぇんだな。だからこのまま、後ろから高めてからな・・」「分かりやした。ほな、あたしは前屈(かが)みのこの格好でんな」「そやな、それでええわ。んな、始めっか・・」今度は 長手ソファの上で四つん這い、姉の時に近い姿態(ポーズ)で、突き上げた臀丘を向けた由紀が、中条から口唇愛撫(クンニリングス)で高められる事に。

「あっ、はっ、ふぅぅっ!いいわぁ、続けて・・」「ピチャピチャ・・」の様な微かな音を伴い、舌技をも交えた 中条の熱くも巧妙な愛撫で、由紀も昇らされて行く。「ふふ・・」喘ぐ妹の様子を窺いながら、由香は呟く。「由紀、アン夕は感じ易いさかいに、伯父様からしっかりイカせてもらや ええねん。伯父様と繋がったら、鷹の羽で トックリと 菊の花を高めたるさかいになぁ」そしてもう暫く、手指で そして口唇で、中条の「男」を味わった。

更に少し後、男の口舌に昂らされた由紀が、薄めの下草に囲われた秘溝を濡らし「あぁ、来てぇ・・」と喘ぎ交じりに呟き、臀丘をグッと突き上げるのを確かめて、中条が言った。「好いぞ 由紀ちゃん・・声も、尻も、オメコも素敵だ。今 行くぞ~!」スッと彼女の臀丘に寄って、腰を左手で捉えると、礼儀を正した竿を、静かに秘溝に合わせて行く。下草を微かにまさぐった亀頭が 意を決して秘溝をノックする様に、ゆっくりと繋がり 見えなくなって行く。次いで、浅黒の竿の茎も 朱の秘溝に吸い込まれる様に 視界から消えて行く。

「あっ、はぁっ、な、何か・・とってもスムーズ。気がついたら繋がってる。ふぅぅ~っ!」由紀の喘ぎは、思いの他静かだった。後ろからの男の攻めに 感じないはずはなく、だからと言って「声を出すな!」と脅されている訳でもない。そも中条は、交わる女をみだりに脅したり、追い詰めたりするを好まない男だった。余りにも円滑(スムーズ)で 肉壁や粘膜への負荷の少なさが、大声を上げる必要を感じさせなかったのである。

「由紀ちゃん どうだ?辛くねぇか?」正直、じっくり ネチネチとした感じで、後背位「鵯(ひよどり)越え」の攻めを仕掛ける中条が訊く。「あ、はぁぁっ!辛いなんて ぜ~んぜん!むしろね『ああら、気がつきゃ繋がってた!』てとこ。ふふ・・でもそれ、反って嫌らしいかもね・・」 「あは、そりゃ有難と。そいじゃ、これでもそっと続けるか・・」 「あっ、伯父様・・」 「はい、何ぞ?」 「あのね。もそっとしたら、体位替えちゃあきまへんか?後背位(バック)もええけど、お顔見えへん繋がりって、やっぱり寂しいわぁ!」 「よしよし、ご免な。ほな、これから向き合ってしよか」 「はい、おおきに!是非しまひょ。楽しみやわぁ!」

「よ~し、掴まって立とうや・・」 後ろから由紀を抱き起し、入れ替わりに中条が、ソファに臥す。「俺の上に跨るから、楽やぜ・・」頷く彼女に、男は 腰を落とす様促し、天を仰いだ竿が、降臨する秘溝に吸い込まれる。「あは、確かに これなら楽でんね。ほな、あたしが動いたげまっせ~!」 「ああ悪い。宜しくな・・」上下入れ替わりの繋がり。小刻みに喘ぎながら、由紀は 嬉々として腰を上下に動かす。

「さて、由紀ちゃん・・」傍らで見ていた由香が声をかけ。「お姉ちゃん、何や考えとるな。どうせ想像つくけど・・」 「いかにも!これやよ。これ・・」そう返した姉は、中条の「鷹の羽」を、妹の眼前にちらつかせる。「ハハ、大体分かるわ。どうせ伯父様とあたしの『熱い核心』を更に高めたるって事やろ?」 「アンタ 賢いな。まあ、あたしに似りゃアホやないやろが・・」 「ほう!ほな、試してもらおか・・」 

由香「ああ、ええやろ。さあ、四の五の言わんと、腰動かして 伯父様にご奉仕やで~!」 「言われんでも、分かっとりまっせ~!」ほんの僅か ムッとして、由紀は上から「女に」咥え込んだ、中条の「男」を高めるべく、腰の動きを再開す。「好いぞ~二人共。手に手を取って、絶頂へ行こうぞ~!」対する男も、姉妹を称えて煽る。「はい、分かります。ほな、核心へ行きまっせ~・・」鷹の羽を手にした姉は こっくりと頷き、騎乗位での行為に耽る 妹と男の結合部にそっと迫る。この上なく美しい、微笑みを湛えて・・
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 柚木あい
野呂一生さんの今回楽曲「ユー・キャン・ドゥ・イット(You Can Do It)」下記タイトルです。
You Can Do It
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。