FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第20話「朝会」

julia7_13.jpg
部屋に運ばれた洋朝食を摂(と)りながら、宮城はまだ迷っていた。傍らに控える看護師・美波(みなみ)に、女医・小町と過ごした熱い時の事を伝えるべきか否か・・。この朝のメインは、前日のトーストに替えて オート・ミール。なぜか無性に、余り噛む必要のない献立(メニュー)が欲しかったのだ。「もしかして、お具合が優れない・・か?」食堂にいる時から、美波の脳裏に引っかかる想いだった。

「美波ちゃん、心配は要らんよ」彼は言った。「俺、日によっては 固いモノを食いたくねぇ日があってさ。今朝、内線くれた時に 一言入れて正解だったな・・」 「ホント、そうですわ。又今朝は、オート・ミールの用意があって 直ぐ都合できたのも幸運(ラッキー)でしたわね」美波も応じた。

宮城「所でさ。やっぱり 貴女の耳に入れとく方が良いかなと思うんだが、ちょっと時間はいいかね?」 美波「ええ、ちょっとの間なら よろしいですわ・・」 「分かった。・・で、昨晩 本荘(小町)先生から、夜の特別診察を賜ったんだが・・」 「ああ、特別診察ですか。よろしいわねぇ・・」 

宮城「有難と。まああの方も、内科・婦人科がご専門だと伺ったが、それに恥じねぇ巧者(テクニシャン)だな。お蔭で、寝る前に好い想いができたって事でさ・・」 美波「ふふ・・まあ、良かったじゃありませんか。一つには その為に、先生は宮城さんに特別個室入りを指示されたんじゃありませんの?」 「う~ん、そういう事か。それにしても、良かったなぁ・・」

短い時間ではあったが、宮城は 前夜の自室での出来事を、ざっと美波に語り聞かせた。聞き終えた彼女は「宮城さん、想像通りの展開ですわね。あたしは日勤だったから その時間はいなかったけど、想像はつきますね。どう、随分濃厚な診察だったんでしょ?」と訊いた。宮城は「ああ、そんなとこ。熱くて濃い診察だったな。もう一度あると良いな・・な~んてな!」会話が区切られると、二人は 顔を見合わせて笑った。宮城、前日に続き 朝食を完食。

少し後、内線が鳴る。小町からだ。「はい・・」 「本荘です。もうすぐ当直明けだけど、ちょっとだけ 宮城さんとこへ寄ろうかな・・」 「ああ、有難うございます。お待ちしましょう」 内線が区切られると、美波は「あたし、ちょっと食堂まで片付けに行って来ます。又、後でね・・」 「有難う、宜しくです・・」

程なく、小町が病室へ。既に 白衣から夏物ブラウスと長めのパンツ・ルックで 普段見るのとは異なる雰囲気だ。余り妖艶さを表にせず、隙のない感じだ。前後して、美波も戻る。「当直、お疲れ様でした!」宮城が言った。小町も「有難う。夕べは大きな問題もなく、あたしも 学会向けの用事とかが処理できて、好い時間でした」と返した。

小町「ついでに・・」 宮城「はい・・」 「貴方の『白い情熱』の検査もさせてもらったわ!」 「ああ、そりゃ光栄だ。・・で、結果とかお訊きして良いのかな?」 「ええ、凄いわよ。宮城さんのそれ、二十代の若者と大差なかったわね。精子の数も活性も十分だし」 「ああ、そりゃ恐れ入りやす。つまりまあ、俺は勢力絶倫に近い様ですかい?」 「はい、その通り!他の項目共々 極めて優良よ。ただ、肝機能がちょっとだけ怪しいから、そこは今度の月曜朝に、もう一度検査って事で・・」 

宮城「うーん、そうですか。それによって、退院時期が決まるっで感じですね?」 「まあ正直な所、その時の採血だけはして欲しいって事。詳しくは さっき内科部長と話して 前日の日曜に決めるけど、まず月曜午前には 退院できそうな感じよね」 「なる程、分かりやした。まあ用心して、月曜午前に出られる様努力しますわ。お蔭で病室は快適だし、テレ・ワークって言うんですか、スマート・ホンやタブ端末で 仕事も相当までできるけど、やっぱり家と自社工場の様子が気になるんでね・・」宮城は、そう結んだ。

小町「お望みは聞きました。それ目標にしましょうね。その前に・・」 宮城「はい。検査の他に、何ぞあるんですか?」 「ふふ・・もう一度だけ、特診をしようと思うの。今夜じゃないけどね。場所と時間は、今日中に知らせます。これ、美波にも立ち会ってもらうから、宜しくね」 聞いた美波は「分かりました。詳しい所は 後程・・ですね」と、微笑んで返した。宮城も、無言で頷く。

そうこうする内 9am。ナース・ステーションでの、そして内科部長に対する引継ぎを経て、小町は一旦 病院の戦列を離れる。次の日曜は休み。月曜は午前出勤で、月曜午後は 予備校・佐分利学院の養護課詰めの予定だ。「じゃあ、又 ここは月曜の朝に。上手く行けば、退院の朝かしら?」 

宮城「改めて、昨夜からお疲れ様でした。そうですね、月曜午前退院を目指すって事で・・」 「もう聞いてるだろうけど、午後に 内科部長の回診がありますから。その時は、美波も立ち会うからね。何かあった時も、彼女まで宜しく」 「はい、有難うございます!」小町は退出、美波は次の患者の所へ流れ、宮城も ロビーで新聞・雑誌をチェックの為、病室を出た。

「あぁ、バカだなぁ・・」 同じ朝、例の犬共の咆哮で目を覚まし、そいつらの「愚行」を小一時間に亘り楽しんだ。由香・由紀の姉妹と中条も、彼馴染みの喫茶店まで 朝食に赴く。中京圏ではよく見られる 格安のモーニング・セットが目当てだ。トーストや茹で卵、果物やサラダ・バーの利用などが付く。

「うんうん、この朝食が好いんよ。特に中京圏のはお得なんやで~!既に様子を知る、姉の由香が説明に。由紀も「せやなぁ、薄々は知っとるけど、やっぱり『百聞は一見に如かず』やて~!」と応じた。世話好きな店主に、変な想像をされても困るので、中条は「姉妹とは、散歩中に偶然出会った」などと適当に経緯を伝えた。

雑談や 新聞雑誌のチェックを兼ねて朝食から戻ると、もう 9am過ぎ。「伯父様、永野さんが来られるのって 10amやったわね」姉妹が訊くと、中条は「そや。後、半時位やから 適当に TVでも見てゆっくりしててくれ。おおっと!又 あいつらも、出て来てるな・・」斜め向かい家「松乃家」の屋上には「マル」以下の犬共 計 4匹が、又も姿を現している。TV番組チェックの一方で、窓外で『アホーマンス』を晒す連中も、併せて観察しながら 待ち時間が過ぎた。

「そろそろ、降りようぜ・・」中条の合図で、三人は上シャツや夏ブラウスに、ジーンズや綿パンなどのアンダー、それにウォーキングやスニーカーを履いて部屋を施錠、階下の駐車場へ。10am少し前 やって来たのは、些か「場違い」な 黒塗りのレクサスLSだった。「お早うございます。今日は、有難うございます!」運転席から、聞き慣れた運転手・永野 光(ながの・ひかる)の挨拶を聞いて、三人は少しホッとした。

「永ちゃん お早う!」 「永野さん、お早うございます!」姉妹と中条も応じる。そして「今日は宜しく。それにしても 凄いなぁ!」 「ホンマ、凄いですやん。これ、父も乗っとるけど 要人さんの乗らはる特別車と違いますの?」普段と違う高級車の登場に、三人は少しだけ驚いた。

夏の制服(ユニホ)上下に 黒靴姿の永野「驚かしたのはご免なさいね。でも、ここだけの話・・」途中から、声を潜める。「はい、聞きましょう・・」姉妹と中条が返すと「実はね、本当に 皇族方や政府とかの要人様向けの車なんです。車体周りは防弾仕様ですし・・」と、永野は続けた。「おおっ、やっぱり!流石は 永野さん・・」三人、驚きを新たにした。彼の普段の「相棒」は、これも黒塗りの「トヨタ・カムリ」だが、この日は偶然、要人仕様に空車が生じた為との事だった。普段の車は、一日がかりの点検整備に臨んでいる由。

「内装も凄いなぁ。絶対、汚したりできんぞ。なぁ、由香ちゃんに由紀ちゃん・・」前席に乗り込む中条、声をかけ。姉の由香「ホンマ、そうでんなぁ。お父(ト)ンの車は、本革(シート)やったっけ?」と返せば、妹の由紀も「ただ驚きや。父のはねぇ、確か本革やなかった様な・・」と応じた。「永野さん、お世話になります!」 「はい、有難うございます。どうぞ!」後席右に由香、左に由紀が乗り込み、制帽まで纏った永野の運転で 荘重に出発。

「流石(さすが)やな。ハイ・ブリッドはホント、静かだわ」スタート時や高速域など、高級車は元々遮音が行き届いていて 静粛さに優れたのが多いも、この日永野の駆るレクサスは、孤高と言っても大袈裟に聞こえない程 飛び抜けていた。アクティヴ・サスペンションの威力もあって、揺れも余り気にならない。それと、後席で独自に空調(エアコン)を調節できる事が、姉妹を喜ばせた。

由香「由紀、これ お父んの車と一緒でさ。あたしらの席で風の加減できるさかい」 由紀「うんうん、やっぱり好いなぁ。冷房弱くて良い事もあるしさ」これ以外にも、同じ後席で TV画像が見られたり、飲料を冷やす小型クーラー・ボックスなどなど、至れり尽くせり 何でも有りの風情であった。

「初めは、俺の趣味で悪いな・・」と中条。城址の近くの I.Cから都市高速道路に乗り、東→南→東と進路を変え、長めのトンネルも現れる行く手。途中からは別の自動車道も経て、半時余りで最初の行先 T自動車博物館へ。車の歴史が流れる様に分かるこの場所は、一度は訪れた中条が、再訪を狙っていたもの。多くが集まる、各国の年代物ヴィンテージ・カーの 年季の入った重厚な姿には「こないなアンティークもええなぁ!」と、姉妹も関心を見せる。自動車の歴史は 流石に永野の方が詳しく、良き案内(ガイド)役を果たした。

2時間弱の見学を終え、館内の施設での昼食に向かう途上、案内の永野に続いて歩く中条は、由香に声をかけられる。「伯父様、ちょっと・・」「うん、何やろ?」「実はね・・」追いついた彼女は、後ろから そっと男に耳打ちを始めた。「次の行先まででよろしから、あたしらの真ん中のお席に 来てくれはりまへんか?」「二人の真ん中へ・・か。ま、そりゃ良いが・・」聞いた彼の脳裏に、姉妹の企みが ボンヤリと浮かび上がる様だった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 JULIA
野呂一生さんの今回楽曲「サファイア・スカイ(Sapphire Sky)」下記タイトルです。
Sapphire Sky
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。