FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第21話「車中」

hikaru-konnno7_3.jpg
中条らの一行が、N市東郊の T自動車博物館を訪れていたのは、昼食の場となった 関連の飲食施設を含め 約 2時間半余り。運転の永野を交え、魚介(シー・フード)メインのランチ・コースを楽しんだ一行は 1:20pm過ぎ 車に戻り、再び都市高速道で 次の行先「文化のまち二葉館」へと向かう。

中条は、助手席から一旦 後席の中央へと移動。ここは、普段は設けられている、カップ・ホルダー付きの肘掛(アーム・レスト)が 背もたれ(バック・レスト)の後方へと収納でき、当然ながら 後席中央も頭乗せ(ヘッド・レスト)が設けられ、シート・ベルトも三点式が備わる。

「うん・・」男は頷く。「後ろの真ん中だと、前席程居心地良くねぇが、両脇が美女ならまあ好いや・・」 上席の右側には姉の由香、左側には妹の由紀が着き、挟まれる格好の中条は、何やら二人の女刑事(でか)に挟まれ連行される、男性容疑者の様な風情がなくもなかった。そんな恰好で、車は自動車道を 西へ向かう。

走り出して 10分足らずで、往路も通った 割合長い地下トンネルが迫る。すると、まず由香が 図った様に、中条の右太腿の辺りに左手をさり気なく置く。「反ってエロいな。その出方・・」男は想った。と、少しおいた後、今度は 左側の由紀が動く。彼女も又、逆の右手を 男の左太腿の上へと進める。姉妹の、白くなよやかな手指が、中条の太腿を柔らかく攻め始めた。

「何かい、由香ちゃん・・」男が言った。「はい・・」姉が短く返すと 「ここで一回 俺をイかせるつもりかよ?」 「ふふ・・できる事ならね。まあ、試す価値はありかと・・」 「それに伯父様・・」今度は、妹・由紀が囁く。「うん、何だろ?」 「姉とあたしに挟まれて、逃げられるとお思いでっか?」不敵な姉妹の美しい微笑みが、中条を否応なく捉える。由紀が言葉を発した時、車はトンネルへ。

「ハハ、どうだろ・・?」最近、オレンジの光を放っていたナトリウム灯から 昼間の光に近い LED灯に替えられ、雰囲気の変わった照明を浴びながら、一日貸し切りのレクサスは トンネルを駆け抜けて行く。急ぐ行程ではない。ほぼずっと 左側の走行車線を取り、速い後続組をやり過ごす。勿論、一度や二度は 右側の追越車線に変更する事もある。

「さあ、トンネルにいる内にっと・・」由香はニヤリと微笑んで、目くばせで由紀に 中条のアンダー前開きのチャックを下ろす様指図。開かれると、更に奥の トランクスの前開きにまで手指を潜らせて行く。「あのなぁ・・」たまりかねて、男は呟く。「ここでそんな事するのよせよ。外から見られるっての、分かってるのか?」 「ふふ。ハ~イ、大丈夫よ」由香、美しく微笑んで返す。「お気がつきはりまへんか?この車の後席周りは、プライヴァシー・グラスで、外からは見えまへんのや。あたしたち、父の車で分かってますんでね・・」左側から由紀が、姉を援護する様に言った。

「仕様がねぇ。そういう事だったか・・」トンネルを抜け、暫く続く掘割の様な箇所を通って、再び都市高速道に合流する頃には、中条の竿(さお=男根)と陰嚢は、姉妹によって 完全に外へ連れ出されていた。「おい、二人・・」些か緊張した様に 彼は言った。「はい・・」由香が返すと 「悪い事は言わん。ここは、手だけにしとけや・・」 「ふぅん・・ちと残念やけど、そないしますわ・・」 妹・由紀も「ああ、それ・・何となく分かりますわ・・」 中条が言いかけた事は、姉妹にも分かった。口唇愛撫(フェラチオ)までも許すと、シート・ベルトを外さなけれればならなくなる。それは正直 危険だからだ。

「ああ・・ま、仕様(しゃあ)ないけど ほな、そないしますか・・」 露出した 男の亀頭の周りに左手指を滑らせながら、由香はそう言った。妹の由紀は「あたしも同意でっせ~!さ、お竿の手入れは姉に任せて、お玉袋の手入れを致しますぅ~!」そう言うと、右手で彼の陰嚢に摩(さす)りを入れ始めた。

「あっ、あっ、こ・・これ、き・・効くわ~っ!」思わぬ姉妹のマッサージ技を仕掛けられた中条は、呻き反応した。「な・・永ちゃん」昂りを抑えながら、粛々と運転に勤しむ 前の永野に声をかける。「はい・・」彼が返すと 「いや、ちょいと拙い事になっちゃった。このシートのマッサージ機能が要らなくなっちゃったよ。ご免な・・」 「いえいえ、大丈夫ですよ」聞いた永野、冷静に返す。状況は察しがついていたのだ。「自分に考えがあります。任せて下さい!」 「了解。ホント、悪いな・・」次の行先まで、後 10分足らずだった。

行先一つ手前の I.Cで都市高速道を降りる。そこから、永野の務める Sタクシー本社まで至近だったのは ある意味で幸運だった。一旦、構内の屋内駐車場に入庫。その際 永野は、受付の保安担当に、貸切行程の途中で、もう一度出る事を伝えた。そして「本社から OKが出ました。ですから、ここで処理して行きましょう。大丈夫、誰も見てやしませんから・・」 「悪い。有難う!」 「おおきに、有難うございます・・」中条と姉妹、それぞれ 永野に答礼した。

姉妹の異様な行動は、Sタクシー本社に着いて数分でケリがついた。中条は、姉妹に二度昂らされるも 辛うじて凌ぎきった。「さあ、これはここまでだ。続きは、約束したる」 「そういう事でしたら、ここまでにします。無理言うて済んまへん!」姉妹は、やり過ぎた所を詫びた。「分かりゃええんや」男はそう返し、諭した。

「さあ、もう一度行きますか?」 「はい、お願いします!」返事を受け、又、運転席(コクピット)に乗り込んだ永野は 再び発車。「でもさぁ、永ちゃんの会社を外からチラ見できたの、良かったな」中条が言うと 「ホンマ、左様(さよ)でんなぁ。お車もしきりに出入りしてて、忙しそうで何よりですわ~!」姉妹もそう返し、会社の活気を称えた。

次の行先は「文化のまち二葉館」。大正年間、大女優と結婚した電力の巨人 故・福沢桃介の旧邸が、歴史的評価を得て 記念館として公開されたものと聞いた。沿革はさておき、ここも 姉妹が好感するアンティークの品や事共が多くて喜ばれた。建物が、和洋両館で構成されるのも興味深い所だろうか。茶話会含め、1時間余りの見学。

駐車場の車まで戻る途中、中条と永野はほんの少し 歩きながら会話した。「永ちゃんは、明日の日曜夜の予定ってどうなってるかな?」訊かれた永野は「明日は日勤早番ですから、夕方には都合つきますね」「分かった、有難と。で、どうやろ。明日の夜、俺んち来るか?」「ああ(感謝)・・ですね。ただ 姉妹さん、中条さんとこにお泊まりなんですよね?」「永ちゃん、それだよ。彼女たちの 俺んちの泊まりは、確かに明日までだ。だから、好い記念になるんじゃね?と、俺なんかは思うんだが・・」「記念ですか そうですか。まあ何となくは分かりますがね・・」永野はそう返し、笑った。

中条は続けた。「分かってくれて、有難とよ。つまりだ、俺んちに泊まってる美人姉妹さんのどっちかと、ちょいと相手をしてくれりゃって愚考するんだが・・」「中条さん、それ・・ちょっとどころでもなければ、愚考でもないって思うんですがねぇ・・」永野は、そう応じて頷き。更に「それはつまり、性交(セックス)の事ですよね・・」とまでは、思っていても訊けなかった。所へ「お待たせしました!」少しの買い物を終えた姉妹が戻る。

「永ちゃん、清洲城行くか・・」再び前席に着いた中条が言った。「はい、好いですね。じゃ、それで行きましょう」永野は返すと、後席に収まった姉妹にも、行先を伝える。「ああ、戦国期の割と有名なお城ですよね・・」鋭い反応が返って来る。もう一度、都市高速道に入り 少し遠回りをして 20分弱で到着。

小ぢんまりながら、遠く 15世紀に建った 貫禄ある構え。京都・天龍寺を思わせる石庭も魅力的。由香と由紀も、好感したらしく「嵐山の、あのお寺と同じお庭やな」と言い合うのが聞こえた。それよりもこの城、天守閣からの眺めが 抜群に中条の好みだった。下界を行く JR東海道線や同新幹線列車の往来が、手に取る様に分かるのだ。階下の展示にある、戦国期の事共をスポーツ新聞風に纏(まと)めた「戦国スポーツ」も人気があった。「ハハハ、まぁ見たれ。広告まで『戦国調』やな」中条の指摘に、全員が笑顔になった。

小半時程見た後「今夜は、内飲みにしまひょ・・」の姉妹の希望で、帰途は N城址西の商業施設に回ってもらい、諸々のを買い物を経て 5:30pm過ぎ 無事帰着。精算を経て「今日は、有難うございました!」「永ちゃんも世話になった。お疲れサマー!」「ホンマ、お世話様でした!」元気な挨拶の後、出がけの永野に、中条が耳打ち。「じゃ、又明晩宜しく・・」 「はい、こちらこそ お願いします!」斜め向かい家屋上にたむろしていた犬共の「うるさい挨拶」を受け、上階へ。やはり、無事帰ると ホッとするのが本音らしい。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 紺野ひかる
野呂一生さんの今回楽曲「チェイス・ザ・ドリーム(Chase The Dream)」下記タイトルです。
Chase the Dream
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。