FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第28話「望外」

52715a30.jpg
由香、由紀の木下姉妹が、永野と トイレでの大声では言えない出来事が進む間、居間(リヴィング)に残った中条は、彼女たちが想像した通り TV番組に嵌り、画面に見入っていた。三人が前後して席を立ってから 十数分が経つも、特に気にした様子はない。そこへ戻ったのは 由香だけだ。

中条「おー、戻ったか。あの二人は風呂かね?」 由香「いかにも!左様(さよ)ですよ~!伯父様、まあお聞き下されや」 「ああ、勿論。聞かせてもらおう」 「あの二人さ、あたしが見てる前で服脱いで スッポンポンになりはったんです。その時の由紀が、ちと嫌らしくてさ。『さぁ永野さん、ちょいとの間やけど、あたしのステージ見てみたい?』とか言うて、あの男性(ひと)を煽りよったんです」 「ほぅ、つまりは・・」 「はい・・」 「由紀ちゃんは、ちょいとの間 永ちゃんの眼前でストリップの真似事でもしたって事かい?」

由香「はい、その通り!・・で、由紀ったら 彼の前で 焦(じ)らすみたく、わざとゆっくりアンダー・パンツからブラウスから ウェストの縊(くび)れをくねくねさせながら、わざとゆっくり脱いで行きよるの。最後のショーツ脱ぐとこなんかはね、一昨日 伯父様にしたみたく、お尻を『フリフリ』とかしよってね。ホンマ『プチ・ストリップ』みたくて唖然ですわ・・」と、嘆く様にして見せた。

中条「ああ、分かる分かる。お姉ちゃんとして嘆かわしいは分かるけどさ。余り度が過ぎる様なら、俺が話して抑えさせるからさ。まあ、安心おしよ」 由香「ホンマに、宜しゅうお願いします。彼女(あいつ)、放っとくと 何する分からんからなぁ・・」 「ああ、それも分かる。・・でだな」 「はい・・」 「永ちゃんの方だが、彼の下方がどうなってたか、見る余裕はあったかね?」 「ああ、永野さんの下半身でんな。まぁ、パッと見やけど、普段でもご立派なのが更に勃起して、好い感じやったですよ!」 「悪いな、有難と。それ聞いて一安心だわ。所でさ・・」 「はい・・」

由香の返事を受け、中条は続けた。「まあ彼も、紳士の端くれや。滅多な事は致さんだろう、と俺は信じとる。由紀ちゃんも、無茶はせんと思うが、貴女もそう思うか?」 由香「まぁね。そやけど、永野さんに続いてお風呂場行く時、ちょいと呼び止めて釘は刺しときましたよ。『ええか、オメコはあかん!』てね」 「了解!その位の心配はええやろうな。余り言い過ぎるのも良くねぇしさ。反発でも食らうと面倒だからさ・・」 

由香「・・ですよね。もそっとで上がって来るやろから、様子窺ってまひょか?」 中条「それがいい・・」 報道家 池上 彰が総合司会の時事特番と、依然として窓外に蠢く 斜め向かい屋上の犬共に目を遣りながら、冷茶のグラスを手に、二人は雑談を交えて過ごす。

浴室の中の様子にも、ちょっと触れておこう。初めの内、交互に背流しをしたり、下方を洗い合ったりして戯れた 由紀と永野だったが、やはりと言うか 姉の見よう見真似で覚えた泡技を繰り出した。マットを介して腹這いになった永野に、由紀は 曲がりなりにも「泡踊り」の簡単な技を施した。「由紀さんは、覚えがいいなぁ・・」本気で感嘆した彼は、そう称えた。髪を含む身体(ボディ)洗いが区切られると、由紀に腰を浮き上がらせた永野は 彼女の下方に口唇を合わせ、約束通り その「聖水」を飲み下した。半時程でこの二人が出るのと入れ違いに、由香と中条が浴室へ。

「冷茶の最初は、用意したった。後 欲しけりゃ冷蔵庫な」 「有難うございます。了解です!」風呂を済ませた由紀は、薄手のタンク・トップの様なセパレートのフレア・ミニコス、永野は作務衣(さむえ)の様な、同じく薄手の部屋着で寛ぐ。先程まで 由香と中条が見ていた TV番組が放映される居間で、中条に指示された長手ソファの真ん中に永野が座ると、由紀はすぐさま 彼の右手に斜めにかけ、ミニのアンダーの中身、太腿と尻が一望できる様 挑発する様な仕草を見せた。

「いや、絶景かな絶景かな。素敵な下半身ですね・・」感嘆と興奮が入り混じった状態にさしかかった永野は、こう言った。「ふふ、好いでしょう」由紀はこう返し、そして「でも、姉がお風呂から戻ったら、もっと凄いわよ・・」 「凄いか、そうか。そいじゃ、お触りはその時がいい・・かな?」 「ううん、遠慮は貴方らしくないわ。お尻の 1回位触りはったって、あたしは『嫌!』とは言いまへん。これ、まじでっせ~!」 「そうですか。そういう事なら・・」永野の頭の中の思考が、ゆっくりと回り始める気がした。

「由紀さん・・」永野が続けた。「はい・・」彼女の返事を受け「とりあえず、最初のご挨拶しときましょうか・・」 「そやね。そうしまひょ。永野さん、さっきはお約束守ってくれはり おおきに 有難うです!」 「いえいえ、こちらこそ!昨日も今日もお世話になり、有難うございます!」ほんの少し ソファに姿勢を沈ませながら、二人はゆっくり、唇を合わせて行った。

ここで、同じ日の鵜方病院の様子を。朝の定時に起床、日曜の日直に当たった看護師・美波にこの日も濃厚な朝風呂に付き合ってもらい、朝食を済ませた宮城は、午前を上階ロビーや病棟周囲の散策、昼食の後、中条らの見舞いを受け、ついでに木下姉妹の濃厚な挨拶も賜った事は、既に記した。美波の日直は、中条らの見舞いが済んで間もなくの 4pmまで。退出の時、彼女は宮城の特別個人病室を訪ねてこう言った。

「美波ちゃん、今日はお疲れサマー!」宮城の、労う様な言葉に彼女は「宮城さん、ホント申し訳ないけど、ちょっとの間、小町先生とあたし 留守するからゆっくりしてて下さいね・・」 「俺はいいよ。ただ 本荘先生は、今日は非番のはずやけど、病院へ来られるらしいな」 「ええ、ちょっと寄る位はありそうですわ。その時ちょっと、お会いできると思うから、その時にね」 「了解。今夜の夕食は、食堂行っても良いから、済ませておくかな」 「うんうん、それがいいですわ。じゃ、後でね!」 宮城の病室を辞し、日直を終わって 白衣から夏の平装に戻った美波は JR中央駅近くの 佐分利学院本校舎へ向かう。

鵜方病院から、N営地下鉄 1号線で二駅、数分弱位で中央駅の地階に着く。そこから徒歩で、数分ちょっとの至近距離だ。病院の業務引継ぎも順調に済み、佐分利学院本校舎の階下ロビーには 4:30pm頃着いた。すぐ上階の自習室には、地元の M県を一緒に発って来た、高等科の生徒 豊野 豊(とよの・ゆたか)が、課題処理の為 来ているはずであった。先程に続き、携帯の SNSで到着を告げる。

「お待たせしました。美波さん、お疲れ様です!」少しの後、EVではなく通用階段を下って来た豊が、歩み寄りながら挨拶。白地のTシャツに夏物ジーンズ、つっかけではない深めのサンダル姿が夏らしい。「君も、ご苦労様!」美波も返し、二人は EVで 小町の詰める上階の養護課へと向かう。

「失礼します。お待たせしました!」 「ああら、美波に豊、今日はご苦労様!」養護課の主任室で、次の学会向け論文の準備をしていた小町と挨拶。「とりあえず、これからの予定を言うわね」 応接席に通され、冷茶を振舞われた美波と豊は 向き直った女医との話に入る。

小町は続けた。「今朝、チラっと病院に寄ってさ、日直の内科部長と 宮城さんの症状の事話したんだけど、肝臓の怪しい傾向も、薬を 2種類処方して 経過観察で行く事になったの。彼の診断書は、この後あたしが内科部長から引き継ぐから、それが済んだら 彼は退院準備に入れるでしょう。でも、その前に・・」 「はい、聞きましょう!」看護師と男子高校生が、気持ち身を乗り出すと「いい?これから言う事が大事よ。宮城さんの 病院外特別診察を、主治医のあたしの判断で行おうと思うの。既に院長や内科部長とは話ができて 承認を取ってるし、後は実行するだけよ」 

「先生・・」 豊が挙手して言った。小町は指図で返し、発言を促すと「それには、自分の協力も必要って事ですか?」 「その通り!豊の力が必要なの。もう少ししたら、この近所で早めの食事ね。豊は知ってるとこだと思うけど」 聞いた豊は「ああ、そこ、何となく分かりますよ・・」 「詳しい事は、夕食の後で話せば間に合うわ。それから タクシーで一旦病院へ寄って、あたしの自宅へ向かいます」 「ああ、先生のご自宅へ・・ですね」まだ戸惑う風情の豊が反応した。

傍らで、美波は黙って微笑んでいる。そして「確か、宮城さんも 今日のお夕食は早めでしたわね」と訊いた。小町も 「そうそう。彼にも日中伝えたから、食堂で対応してくれてるはずよ」と応じ。暫く談笑の後「じゃ、食事へ行きますか・・」揃って EVに乗り、階下へ向かった。そしてこれが、宮城、中条、永野の 三人の男にとっての「望外」な出来事の始まりとなる。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 三上悠亜
野呂一生さんの今回楽曲「パープル・イン・ザ・スカイ(Purple In The Sky)
Purple In The Sky
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。