FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第30話「宵伽(よいのとぎ)」

f1976da2.jpg
女医・本荘小町(ほんじょう・こまち)の居所たる、N城址からも程近い 高層の高級マンション上階の 広めの浴室にて、外出許可を賜った入院患者 宮城一路(みやぎ・いちろ)と、彼の担当研修看護師 瀬野美波(せの・みなみ)の、湯を使いながらの睦みが続く。当然の事だが、二人共 生まれたままの裸身で事に及んでいる。

「ハハハ、美波ちゃん。この齢(とし)になって、スッポンポンで寛(くつろ)ぐ風呂も 又いいな・・」宮城が言うと、美波も「・・ですよね。こういう『大人の裸のお付き合い』も、たまに機会(チャンス)があるといいわね」 「そうそう、姿勢を変える時とかだな。できれば後ろ向いてやって欲しいんだが、前屈(かが)みになった時なんか、秘密の峡谷のあり様がバッチリ見えたりして・・だな」 「まあ、嫌らしい。やっぱり宮城さんも、その他大勢に近い『スケベ中年』かしらね?」美波は、笑って湯を浴びながら返した。

二人共、身体洗い(ボディ・ウォッシュ)を済ませて 一度は浴槽を使った後 「さぁ、好い事してあげる・・」美波は、浴室の直ぐ外にあったマットを床に延べ、まずは宮城を仰向けに臥させる。「美波ちゃん・・」彼は訊いた。「これって、俗に言う『泡踊り』でもしてくれるのかな?」 「ふふ・・ご想像はご自由に。まあ、少し見ていて下さるといいわ・・」

軽口のつもりだった宮城の言葉が、本当に実行され始めた。まずは、仰向けの彼の上に、ボディ・ソープの泡を纏(まと)った美波が重なり、ゆっくりと円でも描く様に、ゆっくりと身体を回し始める。「あ、い・・好いぞ。美波ちゃん、どこで覚えたか知らんが、う・・上手いな。うっ、うっ・・」 聞いた美波、ニヤリとして「ふふ・・、早速お褒(ほ)め下さって、嬉しいわ。それじゃ今夜は、今までで一番濃いのにしましょうか?」 「一番濃い・・か。何となく分かるよ。宜しくどうぞ。いや、楽しみだ・・」

依然としてマットに臥す、宮城の上体から下方へと、一種のマッサージを施した美波は、下肢の方から撫で上げて行って、最後に 意図的に残していたか、彼の竿(さお=男根)と陰嚢に、入念に摩(さす)りを入れ始める。まずは陰嚢を その周囲からゆっくり、じっくりと高める様に撫で回し、次いで 否応なく勃起した竿を、陰嚢以上に丁寧に、しかし執拗に撫で上げて行く。

「ああっ、いやいや・・この齢(とし)になって 俺らしくもねぇ事で。うっかりしてると、い・・いかん。し・・射精してしまいそうだ。あ、うぅ・・」 昂(たかぶ)らされる宮城は、思わず呻きを上げた。仕掛ける美波は、声は上げぬも 吐息を荒げる様子が分かる。暫(しばら)くして・・

「しかしなぁ、美波ちゃん・・」 「はい・・」 「これって、小町先生のお話にあった『治療』の内なんだろか?」 「ふふ、多分そうでしょうけど、後で分かるんじゃないかしら?」 最初の仰向けからうつ伏せに替わり、背後からの泡戯を賜ろうとした正にその時、外から声がした。「二人、入るわよ・・」 「いいですよ。どうぞ・・」それに美波と宮城が返事で応じたのが、ほぼ同時。

「お~、こちらも眩(まぶ)しいなぁ!」 美波と宮城に続き、一糸纏わぬ小町と豊が入って来る。美波に劣らず、程良く豊かな胸の双丘と臀丘、その間の 緩過ぎず締まり過ぎずの中庸な縊(くび)れを見せる 女医の姿態(プロポーション)は、端正な表情と長いストレートの黒髪との相性も良く、迎えた宮城を魅了した。見とれている所へ、美波から「やっぱり勃起を維持できてますね・・」と冷やかされ、苦笑したものだった。

続く豊も、高校サッカー部で鍛えた、塑像にある通りの 筋骨も魅力的な姿態を見せる。大声では言えぬ事だが、下方の一物も「やっぱり」宮城のそれより 一回り立派だった。だからと言って、直ちに嫉妬する程単純ではない彼でもあった。「いちいち嫉妬するのも何かって事。俺は俺だ・・」と、宮城は呟く。

その一方で、うつ伏せの姿勢で、上から美波の「施術」を受けながら、宮城は かけ湯を使う小町に訊いてみた。「先生、今夜のこれも『治療』の内ですかい?」 聞いた彼女は微笑んで「勿論そうです。こんな感じで和んで行くのも、肝臓の治療には好いって事。まあ、貴方の症状がそう悪くないってのもあるけどね・・」 「成る程『治療』ですか。そうですか・・」どこか割り切れない所もありはするが、何しろ小町は、現役の女医だ。今夜、彼女の居所を訪ねているのも許可を得た上だし、宮城は 余り深くは考えず、女医の思考と判断に 全てを一任するつもりになった。

更に暫く後、身体洗いと洗髪に入る、小町、豊と入れ違いに、美波と宮城は シャワーをと浴槽を使い、先に風呂上がり。美波は浴衣、宮城は作務衣の様な薄手の部屋着を纏い、居間(リヴィング)にて寛ぐ。窓外のちょっと距離を置いた先に、夜の照明を浴び、ライト・アップされた N城址が臨まれる。「ここから見るお城も、素敵ね・・」長手ソファに並んで、窓外と TV画面に交互に目を遣りながら、冷茶を嗜みながら 談笑を挟んで過ごす。

入浴直後の美波は、特に妖艶だった。洗った ややウェーヴ癖のある 下(おろ)した黒髪が好ましく、風呂上りならではの芳香を漂わせる。緩い浴衣の合わせ目からは、胸の双丘が何となく分かる様な風情。それらは、宮城の気分を妙なものに変え、性欲に火をつけるに十分だった。「小町先生も お人が悪い・・」宮城は呟いた。「こんな事も、治療の内なのか?」その彼女と豊は、広い浴室で、嬌声を上げてはしゃいている様子が窺えた。

宮城は言った。「美波ちゃん、どう思う?こんなのも、治療の内なんかなぁ?」 「ふふ・・それもご想像次第でしょうけど・・」そう返しながら、美波は 浴衣の下方を少し開き、揃えていた下肢を曲げ開いて、奥の方が見られる様、宮城の方を向いた。太腿(ふともも)
が露わになり、その奥の 開かれた股間の下草が、微かにみられるレベルになった。どうやら彼女は、ショーツを着けていない様だ。

「あは、美波ちゃん・・」宮城が訊いた。「ひょっとして、ノーパンかい?」 聞いた彼女は「ふふ・・それは今は、ご想像にお任せするわ。でもね・・」 「うん、何やろ?」 「もう少しすれば分かるわ。とても い・い・こ・と・・」 「なる程な。そいじゃ、ちょいと眺めるだけにしとくかな。でも・・」 「はい・・」 「挨拶のキス位はいいんじゃね?」 「ふふ、それもそうね・・」 

軽く抱き合った二人は、まず これまでより濃い目の接吻(キス)を交わした。「今夜の城址は、好い眺めだな」 「・・ですね、とっても好い感じだわ・・」唇が重なる瞬間、宮城は、美波の背後を抱く右手を下方にずらし、その浴衣の中に滑り込ませた。「んん、んふふ・・」声にならない、美波の喘ぎが聴こえた。その直後、小町と豊が浴室を出て、バス・ローブとトレーナー姿で居間へ・・

前後するが、少し離れた中条の居所でも、似た様な事態が進んでいた。美波が宮城に仕掛けたのと似た技を、中条は由香から賜っていた。「いいぞ、由香ちゃん。どこで覚えたかは訊かんが、とても上手い技だ」 「おおきに、有難うございます。さあ、今夜は熱く濃く行きまっせ~!」 「よ~し、来いよ。まだ夜は長いしさ~!」 「ですね~。ほな、伯父様の『核心』も、これまでより長めにお摩りって事で~・・」 

泡戯とはいえ、強めのマッサージ。油断していると射精してしまいそうだ。「おっと、今はダメ。ここは持ち応えるぞ~!」 「ハハ・・我慢しはらんと、思い切って発射しはった方が良いんやありまへん?」 「いや~、やっぱりあかん~!」とまあ、こんな調子で風呂の時間が過ぎた。

「今夜は、お城が好い感じで見えるなぁ・・」そう言い合いながら 風呂上がりの由香と中条が居間に戻ると、長手ソファに並んで座り、寛いでいた永野を、由香の妹・由紀が挑発していた。「永野さん、最初からノーパンは燃えん様やから、もう一度着けました。さあ、剥ぎ取りたいでっか?」 「そうですねぇ、本音じゃそうしたいばかりですが、何かね、そうも行かなくなっちゃった・・」 「う~ん、ちと惜しいなぁ。もそっとで、落とせるんやけどなぁ・・」

そう言いながら、由紀は薄手のミニコス風部屋着の下方、ニーハイを着けた下肢を開いて 股間が見られる様仕向けようとする。「由紀、ちょっとなぁ・・」それを見た由香が、牽制し始めた。由香も、妹と似た部屋着、中条と永野は、薄手の上シャツとハーフ・パンツを纏う。「永野さん・・いや、光さんとは、あたしが絡むんやで・・」由香はそう呟く。ここで、妹に敗れる訳には行かない・・
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は 8/28火曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 神前つかさ
野呂一生さんの今回楽曲「フェイス・トゥ・ザ・ライト(Face to The Light)」下記タイトルです。
Face to The Light
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。