FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第31話「疑念」

9527dbcc.jpg
次第に更け行く 夏の日曜の夜。前夜よりやや蒸し暑さが参じられ、冷房が欲しい感じだ。それは勿論 ほぼ同時に進行していた、女医・小町の居所と、彼女の患者。宮城の後輩に当たる中条の居所で、ほぼ同時に進んでいた 熱い秘事のせいもあったかも知れない。広めの小町の居間(リヴィング)にての 看護師・美波とのやり取りで 次第に気分の昂(たかぶ)りを覚え始めていた宮城だったが・・

宮城「ああ、そうだ。美波ちゃん、ちょっと悪いな・・」 「はい、何かしら?」着衣の浴衣の裾をはだけ、脚を開いて 彼の方へ 露わの下方を向けていた美波が返すと 「本気で熱くなる前にさ、一件だけ メッセージさせてくれるか?」 「あたしは良いわ。短いのでしょ?」 「勿論!宮城は、素敵な女性を待たせて苛立たせはせんよ!」 「まっ、お上手!でも、多少なら長引いても OKよ」 「有難う!」 美波の色よい返事を受け、宮城は中条に宛て LINE送信をする。

宮城「遅くに失礼。中条君、生きてますか?」 由紀との行為の緒に就いていた中条からは、折り返し返事。「ああ、これはこれは宮城さん、お知らせ感謝。何や喜ばしいナニがあったみてぇでご同慶です。俺はお蔭で無事ですよ~」 「そりゃいいや。まあお前は悪運強いから、そう心配はしてねぇけどさ・・」 「有難うごぜぇます。まあご賢察通り・・かな。今夜はちょいと、暑いですね」 「その事ぞ。暑いのもな。俺はお陰で、明日午前 退院の運びになってな。ほぼ決定だわ!」 「おめでとうごぜぇます!後日、回復祝いをせんといけませんな」

宮城は送信を続けた。「そいつは感謝。で、もう一つあるぞ。今夜なんだが、俺、今 小町先生んとこに邪魔しててな。院外治療と称して、実は(夜の)好い事になりそうな気配なのよ。ついてはな、お前今から、こっちへ流れられるかよ?」 中条「う~ん、何とも有難ぇお言葉!何だかはほぼ想像ついてまして!もうね、宮城さん。俺の気持ちにゃ羽が生えて来て、困ってますって・・汗」 「・・だろうと思った。ほう、羽な。そりゃ、鴉(からす)のかよ?」 「恐れ入りまして!まあ鴉なら、夜でも飛べますわなぁ。そいじゃ、今から・・とは残念ながら行かんのですわ~・・嘆」 

宮城、更に続けた。「ほう、やっぱり 急過ぎたのがいかんって事やな。まあ薄々想像はついたがな・・」 中条「確かにまぁ、それもありまして。ですが、まだ若かった頃は ご存知の通り『中条助平』とか言われてましたからねぇ。(苦笑) もそっと早く分かっておれば、俺も 小町先生に感づかれる事なく、そっと合流してましてん。今だって、そうしたいです。が、しか~し!」 

宮城「じゃ『しか~し!』の後を続けろ。俺は読んどるぞ!」 中条「感謝です。恐縮です。今夜お目にかかれんのは申し訳ねぇです。理由としましては、拙方へも急な来客がありましてな・・」 「ほう、まだ宵の口は認めるが、些か遅い、こんな時間に来客か?お前の相手の初ちゃんが、よくも認めたなぁ・・」 

今度は、中条が応じた。「あ、いやいや、(伊野)初美は今夜 彼女の実家へ行ってまして、その辺は問題なしって事で。まあ、女性の関連ではごぜぇません。どうかご理解をば・・」 「う~ん、どうも怪しい。この時間、お前んとこへの客人って言や、大坂の木下さんちのお嬢姉妹じゃねぇのか?表向きは城址脇のホテル・Nキャッスル泊まりとか言ってたが、実際はどうだか・・?」 電文を見た中条は、流石(さすが)に焦り出した。「ああ、いやいや、そりゃ断じてありませんて。とに角ね、俺は今夜は動けなくなりまして。ホント、申し訳ねぇです!」

宮城はまだ、半信半疑である。「いや~、中条の事とて信じてやりてぇのは山々だが、これじゃ、ちょっとなぁ・・。本当に『ただの客人』なんだろうなぁ。もしかしてだぞ、最近よくある 詐欺まがいの連中を上げてるとかじゃねぇよな?」 「大丈夫です。その線も断じてありません。ですから今夜はご安心を。お互いそろそろ、収めませんかぁ~?」

宮城は、もう一つだけ糾(ただ)して区切る事にした。「実はな・・」 中条「はい・・」 「豊野 豊(とよの・ゆたか)君って、佐分利学院の受講生から、看護師の瀬野美波(せの・みなみ)さんの話は聞いてるよな?」 「ああ、瀬野看護師のお話は伺ってますよ~!技も人物も、素敵な方らしいですね。言っちまえばどうですか?『エロ美女ナース』を絵に描いた様な・・」これを読んだ宮城は、やや呆れ気味である。

宮城「お前なぁ、それ AVのタイトルじゃねぇかよ!その齢(とし)で まだ嵌(はま)ってんのか?」 中条「ど~も済いません!あれはね、JRの『青春18きっぷ』と同じで、年齢の上限はなしでしてな。だからそっち系の店行くと、俺より年長世代も 結構来てますよ・・」この返事の後半は、言い訳にしか読めなかったが・・

「ああ、分かった分かった・・」宮城の側にも、これ以上 中条の言い訳に耳を貸すつもりはなかった。「大体の様子は掴(つか)めたわ。有難とよ。しかしまぁ、お前が美波ちゃんに会わなかった事を 後々後悔するのも何かと思ってな。こんなお知らせをしてやったんだが、まあいいわ。そっちはそっち、宜しくやってくれ。後な、あのお嬢姉妹に 俺の犬共が、お前んちの向かいの松下さんちに預けられてるのを教えたの お前か?」 中条「それは認めます。彼女たちから残暑見舞いをもらったので、その返事の折に知らせたって事です」

読んだ宮城は 失笑しながらも、ようやく得心の境地へと進めた様だ。「なる程な。まあこれが、そもそも間違いの元だろう。まぁいいや。お前の責任で面倒見られるなら、黙っててやるよ。せいぜい、美波ちゃんに会えなんだ事、後悔すんなや・・」 「分かりやした。そこの所は、決して異議は言いません。今夜は、有難うごぜぇました。明日の首尾良いご退院をお祈りします!」 「い~え~、こちらこそな。ま、落ち着いたら、又な!」 「了解です。又近く!」 交信ここまで。

宮城の疑念からの追及を 何とかかわした中条だったが、由香、由紀の木下姉妹を 己の居所に寝泊まりさせているのは事実だった。瀬野美波の魅力は、豊の他、彼の先輩 阿久比 周(あぐい・あまね)からも聞いており「是非一度 寝てみたい」想いが強くあったが、今度は 間が悪かった。宮城の 彼への疑念が完全に消えたとは言い難かったし、必要なら 説明・・というより、言い訳ができる様にする必要もありそうだ。ただ今は、盆前に続いての、姉妹の「女性」に魅了されている状況(シチュエイション)から、無理に抜け出したくない想いも、少しはあったという事だろう。

LINE交信と前後して、小町と豊も浴室から戻り、寝酒のブランデーや、豊のジンジャー・エールを嗜みながら、暫し談笑の後「美波ちゃん、待たせて悪かった。さぁ、ゆっくり深みへと進もか?」 中条との交信を、微笑みながらも 大胆な M字開脚の姿態(ポーズ)で見守っていた美波に向き直り、宮城は言った。「(小町)先生から、寝室のベッド片側を使える様にしてもらった。行くかね?」 「そうしましょう・・」美波も、こっくり頷いて返した。対面からは、女医・小町もバス・ローブの胸元や下方を開いたりで 宮城を挑発して来るは 少々戸惑ったものだが・・

「じゃあ、そろそろ寝室へ移動しましょうか。そこで、今回最後の『夜の診察』をしますわ・・」思わせぶりな、小町の指図に 宮城は「美波ちゃんとは、こんな風に睦(むつ)んでていいのかな?」訊くと、女医は「勿論。その方が、具合が良いんですよ。だから美波に協力を願ってるんだし。後 豊は、是非こんな席で 教えときたい事があったから呼んだって事ですよ」と答えた。「なる程ね。まだ良くは分からんが、そうか・・寝室へ移れば分かるって事か・・」そう思う事にして、先程から胸周りなど 身体への摩(さす)りを入れ始めた美波に、こう言った。

「さあ、それじゃ・・」と宮城。「これまで四日間・・かな。世話になった方を、丁寧にベッドへとご案内しようって事で・・」まだソファに寝そべる感じの美波の背後に右腕、下肢の下に左腕を滑り込ませると、ゆっくりと持ち上げにかかった。「うぁ、嬉しい!お姫様抱っこじゃない!?」ふわりと宙に浮いた美波は、美しく笑って応じた。「仰る通り。これ、俺からの 感謝のサインでさ・・」宮城も、笑って応じた。

彼は続けた。「さあ、夜はこれから。熱くて好い時間になるぞぉ~!」 「はぁ~い、宜しくお願いしまぁ~す!」宮城は、美波を抱き上げると、捧げる様にして ゆっくりと寝室へ。「さぁ豊、あたしたちも同じ事しよ!」小町に促された豊も「はい、只今・・」と頷いて返し、同様に女医に「お姫様抱っこ」を施し、宮城たちに続く。広い寝室には、ダブル・サイズに近いベッドが二床並ぶ。これから暫く 熱い「夜の特別診察」が執り行われる気配だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 希志あいの
野呂一生さんの今回楽曲「ミッドナイト・ランデヴー(Midnight Rendezvous 櫻井哲夫さんとの共演)」下記タイトルです。
Midnight Rendezvous
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。