FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第32話「導路」

61a97e1d.jpg
遅めの入浴を終えた 中条 新(なかじょう・しん)の居所の 4人は、居間(リヴィング)のソファで、寝酒などを嗜みながら 暫し寛(くつろ)ぐ。この後の展開に期待を抱きながら、はやる気持ちを抑え 表向きは和やかに談笑する風情だ。長手ソファの真ん中に席を取る永野 光(ながの・ひかる)の両脇には、前々夜と同様に、由香と由紀の姉妹が 彼の方に露わな下半身を向け、膝を崩して斜めに座る。この夜は、更に刺激の強い 下着調の薄手ミニコス姿である。

「永ちゃん、どやろう?」中条が訊いた。「俺も 一昨日こんな感じだったんだが、どうだ?『右も尻、左も尻!』ってのは好かんかな?」 聞いた永野は「いやぁ、とんでもありません!こんなのを『極楽』とか『桃源郷』とか言うんじゃないですか?中条さん・・じゃなくて新さん、こうしてると何かね・・自分も段々理性とかいうものの利きが鈍って行く様な気がして、正直ちと怖い様に思うんです・・」

中条は反応した。「怖い・・ね。うんうん、分かるよ。俺も何度か覚えがあってさ。でも信じとる。永ちゃんはそうなっても『紳士』だからさ。由香ちゃんや由紀ちゃんも、安心して挑発して来るんだて。俺にしたって、どこまでも安心して見てられる。ホントだよ」 永野「そうですかぁ・・本当にそうだと良いんですがねぇ・・」 「だから永ちゃん、今みてぇな場合でも、自分に自信を持ってりゃ良いんだて。仕事で運転してる時の、あの気分を思い起こしゃいいんだよ!」 「分かりました。お言葉を信じます。では・・」永野はそう返し、まずは右手に座る由香の、ミニ・アンダーの中を覗きにかかる。

「ハハ、嫌らしいわね。光さんも結局 なさる事は中条の伯父様とそっくりやわ。まあ男性は皆 そうかしらね?」苦笑しながらも、由香は ミニコスの下から半見えの、優れた曲線(カーヴ)をを誇る白い臀丘を、永野の眼前で誇示しようとする。「う~ん、好い眺め・・」思わず嘆息する永野の本音を見透かした様に「さあ・・」と続ける。「少し、お尻をマッサージして下さいまへんか?」

「マッサージねぇ、はい 喜んで!」永野は返し、メッシュのニーハイを纏(まと)った脚を曲げて横向きに晒された 由香のミニコスの中に 右手を滑り込ます。露出は極大だが、まだ「T」を着けている。その隙間から、僅かだが 少し濃いめの下草が覗いている。この光景が、永野の「願望」のスウィッチを入れた様だ。「よし、進めるぞ!」一渡り 由香の尻に摩(さす)りを入れた彼は、そう呟いた。中条は、平静を装いながら、対面のホストの席から見守っていた。

「由香さん・・」永野が声をかけ。「はい・・」返事を得ると 「下への攻めばかりじゃ嫌(いや)でしょう。今度は、胸周りを行きましょうか。その前に・・」と 言葉を区切ると、少し強引に 由香の上体を引き寄せて 唇を奪う。「ん・・んん、くふっ・・でも、好いわぁ!」灯りを落とした居間に、静かな歓声が漂う。「ちょっと強過ぎたらご免なさい。でも、自分の経験からは、これ位インパクトあった方が良いみたいでね・・」 「ああ、インパクトね。何となく分かる様な・・で、もう一度下さる?」 「貴女がお望みなら、いいですよ!」

由香と永野は、もう一度唇を重ねる。舌技も交えて、濃く熱い行為が続く。その合間に永野、由香のブラを下にずらし 胸の双丘を大きく撫で回した上、鷲掴みにする様に揉んで行く。彼女は途中で、永野の背後に回した右手を一度緩め、彼の浴衣の下方を探って行く。傍らで見ていた 妹の由紀「あ お姉ちゃん、やる気やな・・」 呟いて制しようとする。「由紀ちゃん・・」傍らの中条が声をかけ。「はい・・」返されると 「まあ良いじゃねぇか。暫(しばら)くやらせとけ」 「うふん・・まぁ、それもよろしね。姉がしゃぶり出したら、あたしも絡んできゃいいんだし・・」 「そうそう、ここは様子を見て行けよ」中条が諭す様に言うと、由紀も こっくり頷いた。

数分程の後、永野の竿(さお=男根)が、下方の前開きから連れ出された。この場所へもしばしば出入りする、若い阿久比 周(あぐい・あまね)に劣らぬ立派な一物だ。色づきも、陰嚢と共に 不自然な黒ずみのない好ましいもの。それでいて勃起の反応は上々だ。下草の濃さも中庸だ。「よしゃ、お姉ちゃん、邪魔するでぇ!」

少しの間、右手指で 永野の竿に摩りを入れていた由香だったが、由紀が割り込んで来るのを見るや、いきなりとしか思えぬ風情で その先端に食らいついた。陰嚢は、姉に続いて由紀の口唇による攻めに晒される。由香、根本からゆっくり、ねっとりと口舌で竿を舐め上げると 次いで亀頭を口内に吸い込み「チュバチュバ・・」なる微かな 耳障りな音を発して昂(たかぶ)らせようと図る。直ぐ下では、由紀も 陰嚢に同様な攻勢を仕掛けていた。

「う・・んん、ああっ、す・・凄い!」さしもの永野も、姉妹の熱い攻めに 断続して呻(うめ)きを上げ始めた。中条は、依然として静かに構えている。「まあも少し、姉妹さんの熱い興味を受け止めたってくれ。その後で『ご奉仕』をお願いすっからな・・」丸グラスにストレートで注いだブランデーの続きをあおりながら、男は「その頃合い」が来るまで とに角見守る事にした。

「光さん、射精して!」これが 姉妹の本音の願望だったろうが、永野は間一髪で寸止めし、絶頂をかわした。そして「さあ、自分ばかり気持ち良くなってもいけません。由香さん、お返しですよ~!」こう声をかけた。聞いた由香は「は~い、お待ちしてましたぁ。お願いね~!」 これを受け、永野は彼女をソファ上に仰向けに臥すと、両の脚を大きく曲げ、ショーツを剥いで下方を露わにして行く。そして・・

「うんうん、期待通りの素晴らしさだわ。秘溝も菊花(肛門)も綺麗。おお、水分も漏れて来てますね。さあ、お返しを!」現れた股間に顔を埋め、口唇愛撫(クンニリングス)で高めにかかる。「あっ、ふっ、ふぅっ、はぁぁ~っ!ひ・・光さん、と・・とても好い。好いわぁ~!」これまでにない、激しい喘ぎで 由香が反応した。「ああ、こりゃ好い感じ。もう少し深まった時が楽しみだ~・・」短い愛撫を区切った永野は、由香の上々の反応に、思わず笑顔で呟いた。上気した由香は「伯父様のも欲しいわ・・」と呟き。「よしゃ、今 行くから待っててくれ。それと、由紀ちゃんも来いや・・」下方を永野に攻め上げられる由香、妹の由紀と交互に、枕元に立つ中条の竿と陰嚢も、交互に口舌で味わって行く。「ううっ、好いぞ好いぞ。さて永ちゃん・・」やや昂(たかぶ)った中条、笑顔で声をかけた。

「新さん、ご免なさいね。自分たちだけ気持ち良くなっちゃった感じで・・」気を遣う様に永野が言うと、中条は「いやいや、気にしねぇ気にしねぇ!男女どっちも燃焼ってのは、見てる方も喜ばしいもんだって!」こう返すと、傍らで聞いていた由紀が「あ~、嫌らし!」と割り込んで来た。「まぁまぁ、ちょっと後でな・・」なだめる様に反応した上で、男は続けた。「・・でな、永ちゃん。貴方たちの『夜のドライヴ』の事だがさ・・」

「はい・・」永野が返すと、中条は続けた。「その熱が飛ばん内にな、寝室で続きやって良いからさ。由香ちゃんと、直ぐに行けや」 「有難うございます!ソファでも何とかなりそうですが、そうならお言葉に甘えます。じゃ、由香さん、そういう事で・・」 「は~い、おおきに。ほな光さん、続きはもっと熱く・・ね!」 「了解。それじゃ・・」永野は会話を区切ると、由香の身体を抱き上げ、寝室へ。「わぁ、おおきに!始まりは、お姫様抱っこやね!」 「はい、その通り!『安全運転』で参りますよ~!」 「はい、お願いしまぁ~す!」

寝室へ移る二人を見送ると、長手ソファに臥した中条の下方を、引き続き由紀も攻めて来る。彼女は言った。「姉はね、多分 光さんに『最後は全裸(スッポンポン)でしたい』って言う思います。でも、あたしは違いまっせ。姉と違うて、着衣でも半脱ぎでも平気ですから~!」笑顔で 彼の竿を口舌攻めする。「ううっ、まだまだ早い。いいか、俺もお返ししたるから もそっと待つんや~!」

由紀の「口撃」が区切られると、先程 姉の由香がされていた様に、仰向けにされ 両の脚を大きく曲げられ、着けていた「T」を剥ぎ取られて開脚される。少し下草が浅いだけで、姉同様の 魅力の秘溝だ。菊花が美しく咲き誇るのも同様。「さあ、返すぞぉ~!」「あっ、あっ、はひぃぃっ~!」口唇愛撫(クンニリングス)の答礼を受ける由紀の喘ぎは、姉より高めの声。下方から滲む秘液も 姉より多め。暫くすると「ジュルジュル・・」と、些か耳障りな愛撫音も漂う様になり、日付が変わる頃へ向け、いよいよ行為が熱く深まる気配を見せるのだった。

中条たちの行為が深まる同じ頃、少し離れた所の女医・小町の居所でも、居合わせた、小町の教え子 豊野 豊(とよの・ゆたか)を含む 4人の行為が、前後して深まっている所であった。看護師・瀬野美波(せの・みなみ)と名ぱかりの入院患者・宮城一路(みやぎ・いちろ)の繰り広げる「男女の行為」。これが、小町の言う「院外治療」の一つであった。口舌交じりの深い接吻(ディープ・キス)に始まり、美波の上体や胸の双丘への愛撫、双方の下方への口唇愛撫(美波のフェラチオ、宮城のクンニリングス)を経て、いよいよ寝室での深い行為を迎えようとしていた。小町は言った。「それじゃ一路さん、美波を抱っこして 寝室へ行きましょう」 「了解しました!」宮城は頷き、その行為にかかろうとしていた。
(つづく 本稿はフィクションであります。ご参考までに、物語中 由香、由紀姉妹が着た下着風ミニコスは、以下の画像に近い感じ。下記からご覧下さい)
画像その①
画像その②

今回の人物壁紙 北川ゆず
野呂一生さんの今回楽曲「エムブレイス・ザ・ムーン(Embrace The Moon)」下記タイトルです。
Embrace The moon
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。