FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第30話「波紋」

IMG_3015.jpg
星降る空と、蛍の舞のコラボ・ショー見物。その後暫し、日中あった事の雑談を交えての、香緒里のピアノと初美の歌唱の、これもコラボ・ショーに耳を傾ける。こちらの演目は、演歌とジャズが主だが、少年たちにも聴き覚えのある曲が選ばれた。心地良い音と共に、就寝。これを見届け、寝間着姿の初美と香緒里は、講師の寝室で、暫し寝酒 グラン・マルニエのロックを嗜みながら会話。

香緒里「実はね、初ちゃん」 初美「はい。何かしら?」 香緒里「今日の昼間、車でこちらへ向かう途中のR19で、後続車が、ちょっと気になる動きをしたのよ」 初美「それ、聞いておいた方が良いわね。どんな風だったの?」
香緒里「親類の家を出て、側道から国道に合流して暫くの所で、路肩の駐車帯に停まってたその車が、私が通過してすぐ、急発進して、私の車の直後まで急接近して来たの。車間が縮まって危なかったから、私は、このすぐ川下の集落の道に入って、追跡を断とうとした訳」 初美「なる程、それでどうなったの?」

香緒里「集落の途中まで追って来て、気味が悪かったので、もう一度国道へ戻って、ここのすぐ下の「道の駅」で警察を呼んでもらおうと思ったの。駐車場で、車に乗ったまま様子を見てたら、そのまま、川上の方へ走り去ったわね」
初美「それはご苦労様。その後、ここまでに待ち伏せとかされたって事は?」 香緒里「それはなかった。だから、私がここにいる事までは、分らないと思うけどね」

初美「その車が発進の時、貴方がそれを妨げる形になった、なんて事はないかしら?」 香緒里「私は、そんな事を露骨にした覚えはないど、相手から見た場合は分らないわね」 初美「それにしても、急に車間を詰めたり、側道まで追っかけなんて、質が悪いわね。車種は何だったの?」 香緒里「多分、トヨタ・エスティマ。色はシルバー・グレーだったと思う」
初美「中条さんがよくお乗りの、レクサスより明るめのシルバーね。ナンバーは読めなかった?」
香緒里「よく見えなかったけど、『N』か『O・K』かな。ここの県ではなかったみたい」

初美「まあいいでしょう。明日、小町さんがいらっしゃったら、話さないといけないわね」 香緒里「まあそうね。私も、身に覚えないし。もしかすると、雑誌とかメディアなんかの偵察なんて線も、なくはないわ。余り神経質になる必要はないけど、こことR19を結ぶ側道の様子位は、要注意かしら」 初美「それと、夜のセキュリティもね」 香緒里「そうそう。人の出入りが終わった、夕方から翌朝までは、必ず入れないとね」

そこへ、示し合せた様に、セキュリティ・システムの警報(アラーム)が鳴り、表示(ディスプレイ)が点灯した。今度は、香緒里がすぐ防犯カメラのモニターをチェック。見た所、鹿の様な動物が逃げ去る所。不審者ではない様だ。一度は就寝した少年たちも、規則通り、講師の寝室へ出向く。「何かありましたか?」

ほぼ同時に電話が鳴り、契約の警備企業担当より、状況確認。「動物だったから、大丈夫よ」彼たちには初美、警備の担当には香緒里が対応し、装置をリセット、様子を見る事で落ち着いた。その上で、明日から参加の、養護主任 小町にもSMSで報告。彼女からは、三女講師の揃う、明日昼間に状況を聞く旨、返信あり。
「改めて、今日もお疲れ様でした!」「お休みね!」二度目の終礼を経て、二少年は生徒の寝室へ。
「それにしても」香緒里は思った。「これが、あの『夜の補習』を終わらせる一助になってくれれば嬉しいわ。いつまでも、彼女と彼たちに、あんな事をさせていてはいけない」もう少しだけ寝酒を嗜み、二女講師も就寝。星空と、蛍の舞う眼下を、JR中央西線上り貨物 5880列車が通り過ぎる時分だった。

明けて、8月5日の水曜。二少年の、午前6時前起床はいつも通り。日課にしていた草サッカー朝錬も、この朝が最後。シャワーを経て朝食の席で、香緒里より、前日遭遇した、不審車の情報が、少年たちにも伝えられた。「う~ん、危ないなあ」二人とも、率直な感想。
香緒里「とまあ、そんな事があったって事。余り心配しなくて好いけど、もしも川へ出かける時なんかは、念の為、注意してくれると有難いって事よ」 二少年「分りました。後一回は出かけますから、その時は気をつけんといけませんね」

この日の教科は、午前の二限とも香緒里が担い、集中して遅れを取り戻す様努めた。初美は、その間に少年たちの手が回らない所の掃除や、昼食準備などの雑事を進める。11時半頃、いつもより遅れて、早瀬管理人夫妻と小町が到着。
「本荘先生、お疲れ様です。宜しくお願いします!」「管理人さん、今度も、お迎え有難うございます。皆、元気そうで何より。あたしは、今日から最終日までいるから、大丈夫よ」

何故か、生徒より講師の方が大人数と言う、珍妙な光景となった林間学級。早瀬夫妻を含め、七人での賑やかな昼食となった。席上、香緒里から、昨日の不審車の一件が報告された。それを聞いた、早瀬管理人が一言。
「そうですか、それは大変でした。R19は御存じの様に、長距離の大型車もよく通るので、大きな事故も時々ありまして。それでいて、特に県外のドライバーのマナーが、決して良いとは言えません。山音先生が昨日遭われた件も、或いは、発進に絡むいざこざかもですな」 香緒里「本当にねえ、早瀬さんのお言葉通りだと好いですが」
初美「ですが、もしかすると『雑誌筋とかの偵察』て線も有り得るって事で、一応用心しようって話になったんですの」「なる程ね。あの連中『覆面で取材』て事もある様だって、私も聞いた事がありまして。そりゃ、用心に越した事はないですよ」夫人が合わせる。

健(たける)「僕たちも、車に乗せて頂く時は、気を付けた方が良さそうですね」 徹「まず、シート・ベルトは必着ですよね。あ、いざとなったら、すぐ外せる事も大事かな」
早瀬「皆さんもご存じでしょうが、箕輪君の言葉通りで、シート・ベルトは必ず締めて下さる様お願いしたい。私は昔、これがなかったばかりに、親類を事故で失っていますので」「管理人さんにも、悲しい昔があるんだ」二少年の心に、こんな想いが刻まれた。
もう一つ、一限目の授業に入って間もなく、普段聞こえない時刻に、JR中央西線下り方面への列車走行音があった。「臨時貨物 6883が動いたな」少年たちは、そう言い合った。

食後の屋内。「二人、これからお昼寝する事。理由は、分るわね」初美から、午睡を命じられる二少年。「分りました。それでは・・」生徒の寝室で、暫しの眠り。その間に、三人の女講師は、教室に集まり、林間学級終盤の打ち合わせ。
小町「とに角、香緒里はご親族の事と、貴方自身が、こちらでしなければならない事を終わらせて欲しいの。その為に、今日夕方から明日昼までの時間は差し上げる。あたしもいるから、安心して、そちらの方に取り組んで」
香緒里「有難う、分りました。明日戻るまでに、全部片付く様、段取りしますわ」 小町「了解。往来はどうか、気をつけてね。昨日の事を聞いて、あたしは少し思い当たる所あるんだけど、それは、明日話すわ。だから、今はそちらに集中して」
香緒里「はい、感謝です。じゃ、私はそろそろ準備するね」こう言うと、席を外し、川下の親類宅へ向かう手回り品などをまとめ始めた。

「初美」小町が呼んだ。「今度は、貴方の話を少しね」 初美「OK。ここで好い?」「好いわ。今夜の話をすると、貴方が怒るかもだけど、この前一度帰った時、白鳥君と、会えなかった時の話がしたいの」 初美「何となく分るわ。まあ、内容までは立ち入らない」
小町「そうしてくれると、有難いわ。こう言えば分ってくれると思うけど、今夜、貴方は箕輪君の話し相手になってくれないかしら?」
「好いわよ」気のなさそうな返事の初美だったが、実は、心にときめく何かがあったのも事実だった。それは後程。

午後4時頃に香緒里が、その直後に早瀬管理人夫妻が中山荘(ちゅうざんそう)を離れる。健は、小町の夕食準備の応援。「ねえ健君。今夜は、この前できなかったお話をしようね」 健「そうですね。楽しみです」笑いながら返すも「果たして、面白話だけで終わるかな?」の想いも。小町が続ける「冗談でも好いからさ。今、あたしに告白してくれないかなあ」「え、今ですかぁ?」「勿論、今でしょ!」
「おいおい、昼間からかよ」と思いながら、健は言った。「小町さん、好きです」「もう一度欲しいわ。元気にね!」「小町さん、好きです!」「OK。続きは夜ね!」「あ~あ、一体どうなる?」健は、些か不安になった。

一方の徹、入浴準備を進める。好い湯加減を確かめ、浴室の整頓に入った所へ、意外にも、初美がやって来た。
「徹!」驚く彼に、師は「君は、暫くあたしに言ってない言葉があると思わない?寂しいわ」「あの・・まだこんなに明るいですが」徹は、とぼけた様に返した。すると「言葉だけなら今だって好いわ。さあ、思い出して!」「何だろう・・」想いを巡らし「これかな・・」思い当たるも、昼間は、口にするのが憚られる言葉だった。

「あのさ!こんな素敵な事が、なぜ思い出せないの?」初美、苛立った風情。困った徹、思い切って口に・・。「初美さん、好きです」
「もう一度くれる?元気にね!」彼は再び「初美さん、好きです!」「よろしい。続きは夜よ。楽しみだわ」
「暗くなるまで待って」そう言いたいのは、徹の方だった。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,8,17記)

今回の壁紙 JR中央西線 名古屋~金山間 名古屋市中区 2016=H28,3 撮影 筆者

渡辺貞夫さんの今回楽曲「オン・ザ・ウェイ(On The way)」下記タイトルです。
On The way
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。