FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第33話「特診」


夜更けの進行に歩を合わせる様に、女医・小町、そして中条・・それぞれの寝室で、大声では語れない 熱い行為が始まっていた。高級ブランデーの寝酒を振舞われ、程好く気分も昂った 外出許可中の入院患者・宮城は、浴衣姿のままの看護師・美波を抱き上げて、寝室へと誘(いざな)う所であった。彼も又、作務衣(さむえ)風の夜着姿だ。

「わぁ、お姫様抱っこね。嬉しいわぁ!」 「左様!俺、是非一度 貴女にして進ぜたかった訳で。これまで世話になったお返しって意味でもさ・・」 「ふふ・・今夜は面白くなりそうね。期待してるわ」 「ああ、有難と。乞うご期待って言いてぇとこでさ。まあ見ててくれ・・」美波を押し抱いたまま、ゆっくりと寝室へ。見ていた これも浴衣を纏(まと)う小町、傍らに控える トレーナー上下姿の教え子・豊(ゆたか)に「さ・・あたしらも、寝室へ・・ね!」 「了解しました。そろそろですね。先生・・」彼の返事に、女医はこっくり頷いた。

「さあ、美波ちゃん・・」寝室に入った宮城は続け、抱いていた美波を、ゆっくりと ダブル・サイズのベッド上に、仰向けに横たえる。「はい、これから・・でしょ」彼女が返すと 「そういう事です!」と応じながら、組み敷いたその上に重なって行く。「ふふ・・思ったよりお熱いわね。順調な回復とお見受けしたわ」 「そう見えますか。それじゃ、信じてもらえる様、頑張らんといけませんな・・」 「まぁ、ご無理なくね。あたしは、薄々分かりましたわ。今夜の事は・・」 「うんうん。これからの展開がって事でしょ?」 「まぁ、そうよ。これはね、半分は 先生の目論見でもあるんだけどね・・」 「ああ、目論見ね。分かります・・」宮城はこう返し、ゆっくりと しかし有無を言わせぬ迫力で、美波の唇を奪って行った。

「あっ、うっ、んん・・」籠(こも)った様な喘ぎを発し、上に重なった宮城 そして彼と唇を合わせて行く美波の様子を見ながら、小町は豊に向かって言った。「難しいかもだけど、これからこの部屋で起きる事を、なるべく落ち着いて見てる事ね。後は、あたしが適切に教えるから、それを信じて 言う通りにして欲しいわ」 豊「はい先生。自分も、こういう方も含めて これまでも教えて頂いてますから、きっとご期待に沿えると思います。又 そうなる様 落ち着いてないといけませんよね」 「そう、できればそうしてくれると嬉しいけど・・」 女医はそう返すも、更に「・・でも、君がどうしても抑えきれなくなったら、考えたげても良いわよ。あの事は・・」と続けた。

「あ、いやいや、先生・・」聞いていた豊は、焦った様に反応した。「はい・・」小町が返すと 「さっき仰った様な事にならない様、ちゃんと抑えてご覧に入れますよ」と続けた。「ふふ・・」女医は含み笑い、そして 教え子を一瞥して「無理する事はないわよ・・」と言った。ベッド上では、重なり合う美波と宮城の 接吻(キス)による挨拶が区切られ、美波の浴衣の胸元が 徐々にはだけられ、程好く豊かな胸の双丘が現わされ始めている所だった。

「美波ちゃん、こうやって見ても 好い形しとるなぁ!」初めからノーブラの胸元を開き、露わにした両の乳房に摩(さす)りを入れながら、宮城は 努めて熱く語りかけた。仕掛けられる美波は 心地よい風な微笑を浮かべ「・・そう言って下さると、嬉しいわ。尤(もっと)も、貴方は初めからこれ狙いじゃなかったかしら?」 「ハハ、ばれてたか?」宮城が苦笑しながら返すと、彼女は「はい、こういうお仕事のお蔭もあって、そのレベルの事は想像がつく様になりまして・・」と続けた。「ああ、良いね。それはきっと、これから貴女の力になってくんじゃねぇかな?」応援のつもりで、宮城はこう言った。聞いた美波「ああ、有難う。そのお言葉、信じたいわ」美波も、笑って応じた。

ベッドでの行為を進める二人の傍らでは、小町と豊がなりゆきを見守る。「(宮城先生も)仰ってたけど・・」豊が切り出す。「はい、何かしら?」しれっとした感じで 小町が返すと「訊いちゃいかんかもですが・・」 「何?別にいいわよ・・」 「あの・・これも、宮城先生の、診察って言うんですか?診療って言うんですか?・・の内なんですよね」 「まぁ、そんなとこね。だから後は、落ち着いて見ててくれれば分かる事よ」 「・・て仰ると、美波さんとの『あの行為』も含まれるんですか?」 「まぁね。君は直ぐには受け入れられないかもだけど、そういう事になるかしらね・・」

「やっぱりそうか・・」豊は思った。もっと以前、まだ幼かった頃の入院で世話になってから、彼は美波に 徐々に恋心の様な感情を抱き、やがてそれは育って行った。美波もその事が分っていて、彼が親元に帰った折などに、時折「男女の深い事」を教えてくれたりもしたものだ。だがしかし、そうした仲になる以前に、彼の童貞を召し上げたのは小町の方だった。それは、豊が総合予備校・佐分利学院の中等科生最後の夏、ちょっとした体調不良で養護課を訪れた僅かな間に、その休憩室で実行されたのだった。美波はその事も知っていたが、看護師の仕事をこなしながら女医を目指す彼女に、先輩格の小町にモノ申す力はなかったのである。

「つまり・・」彼は思い続けた。「今夜のこの『診察と治療』って 結局、美波さんと宮城先生の性交(セックス)も含まれるって事だよね・・」その呟きを、女医は聞き逃さなかった。「そうよ。豊・・」彼女は言った。「これから始まる、宮城さんと美波の行為こそ、今回の入院治療の『肝』なのよ。悪い気がするかもだけど、それはご免なさいね・・」 「あ、いやいや。先生こそお気にせんで下さい。これは、自分も予想した事です・・」努めて冷静に、豊は返した。

美波と宮城の行為は、次第に熱を帯びて行く。美波の浴衣の上体は大きく開かれ、胸の双丘のみならず、上体の全貌が露わになった状態。「美波ちゃんは、腋(わき)毛もそこそこあるなぁ・・」宮城は、普段目が行き届かない所も観察し、変な感心をしている。「まあ、腋毛は 余り見ないで欲しいわね・・」美波が望むと 「ああ、そうか。そりゃご免。ま、適当にしとくか・・」と、とぼけながら反応。彼の上衣も開かれ、上体の多くが見られる様になる。「それでね・・」美波が言った。

「ああ、はい。何だろ?」宮城が返すと 「あのね、高まる時って、全裸の方がいい?それとも着衣のままかしら?」 「ああ、それね。実は俺、核心だけ脱いで、後は着たままの方が、ホントは良いんだよね」 「有難と。よく分かったわ。あたしはどっちでもいいの。何せ、看護師ですから・・」余り関係ないかもだが、美波はそう答えた。

「さあ、宮城さん・・」彼女は続けた。「はい、次の段階(ステージ)やね?」確かめる様に、宮城が返すと 「はい、その通り。小町先生も注目だわ。貴方の下方を、検査して進ぜます。ちょっと協力して欲しいわ」 「美波ちゃん『協力』は喜んで!でもさ、ちと訊いて良いかな?」 「はい、何かしら?」 「つまりね。その検査って、俺の下方を脱がせてするって事だよな。・・で、どっしょ?完全に脱ぐべきか、それとも『前開き』から出すか、どっちにする?」 「ふふ・・嬉しい事言って下さるわね・・」美波は、ニヤリと笑い、そして「この前も、貴方に悪戯(いたずら)心が起きちゃったけど、今夜も又 疼(うず)いてたんですよ。だから・・」 「はい・・」 「前開きから攻めようかしらね・・笑」 「いいですよ。どうぞ!」

重なり合っていた二人は、一旦 ベッドから上体を起こす。隣り合わせに座る宮城の前開きを、美波の右手が攻めにかかる。ゆっくり、しかしスルリと円滑(スムーズ)に侵入すると、もう勃起を始めた 宮城の竿(さお=男根)と、程々に堅さを得た陰嚢を連れ出して来る。「さあ、来るのよ・・」白くなよやかな手指の誘いを、この「男の核心」が断る理由など 微塵(みじん)もなかった。「ああ・・」これまで、浴室でしか見た事のない一物を手に取った美波は「感嘆の喘ぎ」を聴かせた。

「やっぱり、素敵な肉棒。宮城さんの奥様が羨ましい・・」恐らくは、美波の本音だったろう。「美波ちゃん、又悪いな・・」 もう竿に摩りを入れ始めた彼女に、宮城はそっと呟く様に 声をかけた。「いいえ、気にする事なんかないわ。あたしは、ホントの事を言っただけ!」そう返すと、竿への摩りを 手指から口舌に替えて行く。「チュパチュパ・・」なる微かな音と「あ、う、んん・・」なる男の呻(うめ)きが、寝室を支配して行く。看護師が「患者」に、口唇愛撫(フェラチオ)の診療を始めたのだ。

傍らで 二人の行為を見守りつづけて来た小町と豊の心境にも、変わり目が来た様だ。「さあ豊・・」 「はい・・」 「あたしたちも、始めるわよ・・」 「始める・・ですね。分かります」 二台並んだダブル・ベッドのもう一方に座る 女医と教え子も、遂に唇を交わし始めた。「いい事?あたしたちは、宮城さんと美波の『後追い』で行為を進めるの。あの二人の行為が『核心』に入ったら、手を開けられる様にね」 「心得ました。仰る通りになる様に動きます」浴衣姿の女医と、トレーナー姿の若い生徒も、お互いの身体を探り合い始めた。少し離れた 中条の居所でも、彼と永野、それに由香・由紀の姉妹。男女 4人が、似た様な行為に耽(ふけ)っている頃だろう。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 秋元 翼
野呂一生さんの今回楽曲「フレイミング(Flaming)」下記タイトルです。
Flaming
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。