FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第35話「続進」

824f6815.jpg
女医・小町の寝室では、二組あるダブル・ベッドの片方で、仰向けに臥し、下方を露わにした「患者」宮城一路(みやぎ・いちろ)の上に、これも浴衣の下方をはだけた看護師・瀬野美波(せの・みなみ)が跨(またが)り、天を向き屹立した 宮城の竿(さお=男根)を、その秘溝に収めて 肉壁による包囲攻勢をかけんとする所であった。最初の挨拶は、勿論だろうが「ああっ、い・・好い~!」の喘ぎで始まった。

「美波ちゃん、素敵だよ。俺も、喜んでくれて嬉しいよ」宮城、落ち着いて想いを表す。美波「あ・・あたしもよ。さあ、一路さんのエッチな動きって どうかしらね?」 「美波ちゃん、それはね・・」 「はい・・」 「折角の『濃い連結』じゃねぇか。そう簡単にイカせてたまるかよ。夜も遅いのは分かってるが、まだ日付が替わる前だ。焦る事ぁねぇ。俺はさ、若造と違って そう簡単にイカす様な事はせん。いいか、長くしつこく じっくり愉悦を味わいてえって事さね・・」 「ふふ、嫌らしさ全開ってとこね。あたしは、若者たちとも交わる機会があったから、少しは分かるわ・・」

これに宮城は、下から美波に繋いだ腰をゆっくり上下させながら「ほう、若いモンたちとか。て事はだぞ・・」と、急に声を潜め「まあ、ちょっと耳を・・」と続けて、頷きながら上体をかがめ、片耳を寄せて来た彼女に、ひそひそと囁(ささや)いた。「言葉が悪いのは分かるけどよ・・」 美波「はい・・」 「貴女、あそこにいる豊(ゆたか)君とも やったのかね?」その言葉に、美波は美しい微笑みで返す。「ふふ、まあ一度はね・・」 「有難とよ。詳しいとこは訊かん。若モンには勢いじゃ譲るが、その代わり俺たちオッサンにゃ技があるからよ。まあそっちで魅せてやっからな・・」 「ああ、それよね。楽しみだわ~。あっ、あっ・・」

「よしよし、好い感じだ・・」 下から美波の腰を支え、下草をかき分けた秘溝に 竿を介して繋がった己の腰をゆっくり発進させながら、宮城は呟く。「意地悪・・」女看護師に そう呟(つぶや)かせる程のスロー・ピストンで、ゆっくりと 執拗に高めて行く。「そうそう、それでいい・・」患者の男はそう言い 行為を進める。傍らに、女医・小町と予備校生。豊の視線がある事など、次第に意識しなくなり始めて来ていた。

騎乗位で始まった、看護師と「患者」の行為を飽かず眺めていた小町 傍らの豊に言った。「ふふ、見てて勃起して来たかしら?」 「ええ、まあ正直『臨界かな?』なんて思いまして・・」彼はそう返し、まずは 浴衣を纏(まと)った女医の膝に手を置いてみる。「ふふ、今夜は オッサンぽいね・・」美しく笑った女医、そう反応す。

「ああ、ご免なさい。もう少し、強い出方の方が良かったかな?」豊が返すと「まぁね。でも、これも好い感じで嬉しいわ」 「有難うございます。今度は、どっちへ行きましょう?」 「うん。やっぱり上からがいいわ。特に、初めの内は 胸(おっぱい)の辺りを念入りに・・ね!」 「了解です!でも、最初のご挨拶もありますよね?」 「そうそう。あの二人の加熱(ヒート)が本気になる前に、あたしたちも途中まで高まろうよ」 「分かりやした!」 もう一方のベッドに座した小町と豊は、双方が両腕を回し合い、唇を交わす。前後して、教え子の 背後から回された右手が 女医の胸元をまさぐり、双丘を狙って 中へと侵入して行った。

美波と宮城の、騎乗位での動きが 10分余り続いた所で、豊に浴衣の胸をはだけられ、現われた双丘を摩(さす)られる小町が声をかけた。「あっ、ふ、二人・・」 「はい、先生!」まだ繋がる看護師と「患者」は、鋭く返す。小町は続けた。「まだ夜は長いわ。分かってると思うけど、途中でお休み入れながら続けて。それとね、あっ・・」 「はい、何でしょう?」

努めて冷静を装い、下から宮城に揺すられる美波が訊く。小町「もうすぐ、体位を替えるでしょう。そうしたら、も少し傍で、二人の行為 見せてもらおうかな?」 「分かりました。それも『嫌らしい特診』の続きね?」美波の返事も、少しだけ嫌味を帯びている。小町「まあ、そんなとこ。もう少ししたらね。あっ豊、上手・・もう少し、もう少し続けて。あっ、あっ・・」明らかに上達した 豊の愛撫に、乳房を攻められる女医は 敏感に反応した。

「それにしても・・」交互に動き、この時は 己の上で腰を上下に振る美波に、宮城は呆れた様に言った。「ふふ、何かしら?」一瞬、腰の動きを停めた彼女が返すと 「これ 貴女に言っちゃダメかもだが・・」 「ううん、良いわ。続けて・・」 「小町先生も、随分とお身体の感度が良さそうだな。若くて経験値の少ない、豊君の愛撫(ペッティング)でもあんな風だもん。驚いたぜ」 「あは・・確かにそうかも。彼女、そっちの感度は優れてるかもね。・・だとしたら、羨ましいわね」美波は、そう返した。

「さてさて・・」暫くおいて、宮城が言った。そして「意地が悪くて恐縮だが・・」 「はい、何?」美波が返すと 「今度はさ、貴女の視界から見えんとこから仕掛けてみてぇな。どうだ、ちとスリリングでいいやろ?」 「あっ、それって後背位(バック)ね。後ろから何されるか分かりゃしない。危険な嫌らしさね!」美波は、苦笑して返した。聞いた宮城「でもさぁ、正直 満更でもねぇだろ?ああ、ほれほれ・・見てみ。小町先生も、頷いて『是非せられよ』ってよ!」笑いながら続けた。

「仕様がないわねぇ・・」苦笑しながらも、美波は応じる風だ。「そんなら、一度試してみますか?」「お~ 美波ちゃん、そう来ねぇとなぁ。で、どっちか好い?ベッドの上でもできるけど、俺 できたら立ってしてみてぇって想いもあってな・・」 「まあ、よく言う『立ちバック』って奴ね。いよいよ嫌らしい!でも・・」 「うんうん、続けろ。聞いてるぞ」 「きっと 一度だけの夜だから、叶えたげるわ。それ・・」 「有難とよ。そいじゃ・・」宮城はそう言い、彼の上を離れ、傍らに控える美波を、もう一度「お姫様抱っこ」した。

「豊、そろそろよ・・」乳房への愛撫を区切った若い教え子に、二人の行為を凝視していた小町が言った。「はい先生、宮城先輩と美波さんの傍に行く時が来たんですね?」返した豊は、摩っていた女医の胸から手を離し、一旦 浴衣の着付けを直してやる。小町は続けた。

「聞こえたと思うんだけどさ。あの二人、今度は『立ちバック』で繋がると思うのよ。分かるよね?」 「・・ですね。大体分かります」 「有難う。そしたら、宮城さんが後ろの姿態(ポーズ)になるだろうけど、あたしたちは その後ろにしゃがんで『繋がるあの核心』を観察するのよ」 「はい、分かりました。その時から、あの『細筆』を使う場面に入る訳ですね?」 「その通り!どうするかは 少しは分かるだろうけど、不安なら 又その時教えたげるわ」 「はい、その時は、宜しくお願いします!」

小町は、豊との会話を区切ると 彼のトレーナー下方(アンダー)を少し下し、現われたボクサー・パンツの前開きを右手指で攻める。そうすると、中で礼儀を正す、浅黒でスポーティーな 優れた竿が一時、外に連れ出される。反応は敏感だ。堅さを得た陰嚢もろとも、女医の摩りを賜る度「ビクン、ビクン!」と波打つ様に その刺激に耐える様子が分かる。「ダメです。先生!」目に涙を溜め、哀願する様に、豊は叫んだ。「い・・今は、どうか勘弁して下さい。こ・・このまま行くと、じ・・自分は、は・・発射してしまいます!」

「ふふ、まあ好いじゃないの・・」若い竿への ねっとりとした摩りを続けながら、小町はゆっくりと言った。「君は体育会系でしょ。サッカー部で鍛えてるから、一度位イッたって 直ぐに回復するって。だから、もっと自信を持って欲しいわね」 「は・・はい!本心はそうしたいですが、い・・今はいけません!も・・もう少し後でイケる様、お加減をお願いできませんか?うぅぅ・・」 

このまま行くと、本当に暴発し、射精しそうな気配だ。焦ってイカせるのも勿体なくはある。「分かったわ・・」 小町はそう呟き、頷いた。「でも・・」続ける。「この後で、ド~ンとイってもらうわよ。花火みたく・・ね」 「は、はい。それはもう、必ず・・」 「約束よ」 「かしこまりました!」会話を区切った女医と予備校生の眼前で、次の濡れ場が繰り広げられようとしている。

ベッドに手をつき 浴衣の下方を捲(まく)り上げて、高々と臀丘を上げた美波の背後に宮城が寄り添い 少しずつ、礼儀と潤いを保つ竿を 秘溝に返して行く所。「あっ、ひっ、はぁぁっ!これも い・・好い~!」 「うっ、んんんっ、お・・俺もだぁ~っ!」 四十八手の「碁盤攻め」に近い立ちバックの姿態で 再び繋がった二人が高まり始める。「豊、行こう・・」促す小町。「はい、ですね・・」 彼は、頷いて返した。日付が替わるまで、後 小一時間という所だ。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 湊 莉久
野呂一生さんの今回楽曲「スウィートネス(Sweetness)」下記タイトルです。
Sweetness
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。