FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第36話「転回」

8c346a36.jpg
場面は、女医・小町の居所から少し離れた 中条(新=しん)のそれに替わる。彼の寝室にて「あの行為」を進めた由香と永野(光=ひかる)は、見る者が嫉妬する程の 美麗な正常位で高まろうとしていた。上体をしっかりと包み込む 永野の濃厚な抱擁に 由香は 喘ぎながら早くも酔い痴れ始めた様で、彼の肩の後ろに両腕を、腰に 曲げた両脚を回し込んでがっしりと組付ける。

俗に言う「蟹挟み」の姿態(ポーズ)だ。勿論、男女の核心は、秘液に潤いながら 確かな結合を見せる。由香の蜜壺に深く接続した永野の竿が、礼儀を弁(わきま)え ゆっくり しかししっかりした上下の動きを見せる。竿の軸は、勿論秘液で濡れそぼっている。その下から、荒れを知らぬ 優れた趣の菊花(肛門)が 美しく、誇らしく咲く。

「ああ、由香さん・・」たまらず、永野が呻く。「ああっ、はあっ、と・・とても好いわ。光さん、素敵よ・・で、何かしら?」一度、濃厚に唇を交わした後、永野が続けた。「とても好い感触です。こんな心地よい『安全運転』は初めてですね・・」 「ふふ、もそっとスピード上げても良いんよ・・」 「ああ、いやいや・・も少しこのままで行きましょう。由香さんの安全策も素敵ですよ。これだけ堅けりゃ大丈夫。あ、うぅぅ・・」 

由香「あは・・『蟹挟み』の事ね。光さんが普段から『安全第一』て言わはるさかい、ちょいと用心して 堅めにしてみたんですわ」 「感謝です!そういう堅さなら、大歓迎ですよ。ああ、うぅぅ。自分の『アレ』も、由香さんの中で元気に踊るの お分かりですか?」「勿論・・」 上下動に呼応する様に、微かにベッドが軋んだ音をし始める。

次いで永野は 腰の振りを少しだけ増幅させる。肉壁を攻める竿の動きが、初めのゆっくりした柔らかめから、僅かに勢いを増す。由香「あ・・はぁぁっ。ち・・ちっとだけ、強くしはったね。でも好い感じ。続けて・・くふっ、ふぅぅ・・」 「OK、かしこまりましてござる・・」上に重なる 永野の腕の中で、由香は小刻みな喘ぎを続ける。

この間、由紀と中条は、正常位で交わる二人の「繋がれた核心部分」を 飽かずじっくりと観察していた。由紀は 密やかに言った。「伯父様は、もう お好きな『Shikan』モードでしゃろ。ずっと見ていたいって?」 対する中条「由紀ちゃん、それはちと違うぞ」と、これも低めの声で返した。

彼は続けた。「俺も勿論、貴女ん事で興奮してる。心配は要らん。後でちゃ~んとその様になるから、まぁ見ててくれ。しか~し!」 由紀「はい・・」 「確かに俺は『Shikan』が好きなのも事実だ。否定はせん。今ここでほれ・・お姉ちゃんと永ちゃんが、ズッポシ好い感じで繋がっとるやんか。ちょっとの間でええから、これ見届けて ちと手出しをしたろうと思う訳よ・・」 「ハハ、それって エッチな悪戯(いたずら)でんね?」 「その通り!その後で、じっくり貴女を高めて熱くしたるから、乞うご期待!」 「左様(さよ)かぁ~、そら楽しみやわぁ~!」

由香と永野の、正常位の交わりがまだ続く。「さぁ、体位が替わらん内に・・」中条は、上下動を続ける永野と、直ぐ下の由香の「接続部」に顔を埋め、竿を受け入れる膣と菊花の間、所謂「蟻の門渡り」の辺りに 静かに唇を合わせる。その上で ねっとりと口舌で「接続部」をなぞって行くと「あっ、ひいっ、はぁぁ~!」再びの、由香の喘ぎを耳にする。それと競う様に、由紀は「接続部」の上に位置する永野の陰嚢に唇を合わせて行く。以後する事は、大体 中条と同じだ。「う、う・・い、好い・・」永野も、呻きで反応する。暫くの間、その場に居合わせた 4人全員での行為が続いた。

この時、中条は 用意していた「鷹の羽」で 永野と交わる由香の菊花をいじって刺激する事を考え、由紀にも教えるつもりでいたのだが、どうやらその必要はなくなった様だ。「仕様がねぇな、まあ良いわ。又近く『筆調教ならぬ羽調教』の機(チャンス)はあるだろし、そんな場面になってからの指南でもええしな・・」彼は、その位に考えていた。

少し後、永野は 由紀の下方に繋いでいる腰の動きを停めた。そして「由紀さんに新さん、聞こえますか?」と訊く。中条「悪いなぁ、気を遣わせて・・」と返す。「ああ、いえいえ。あのですね。由香さんも下が続いてお疲れでしょうから、少し体位を替えようと思うんです」 「ああ、そうすべし!どっちも好い感じにならんとなぁ・・」中条の返事に、永野も頷いた。

男二人の話に、組み敷かれていた由香が反応した。「あたしは、まだ好いわ・・」 中条「いやいや、待てよ。ここは永ちゃんの気遣い通り、姿態を替えるべ~し!」 永野「由香さん、自分に考えがあるんです。この体位は楽ですから、暫くそうしましょうよ」 「分かりやした。そないな事なら、ついて行きまひょ・・」由香には、本当に得心してからついて行く慎重さがあった。

永野の勧めた体位は、俗に「窓の月」と言われる 横向きに臥して、男が背後から女に仕掛けるもの。割と楽に行為ができる良さがあった。「本当は、月が見えると良いけれど、曇りじゃ仕様がありませんで・・」と補足した。由香「ああ、いえいえ・・お月はんが見えへんのは仕様がありまへん。でもその体位って、初めてで昂奮するなぁ・・」一応の興味はある様だ。

「それじゃ、ちょっと やってみましょう・・」 永野の合図で、由香は横向きに臥す。その後ろに永野が寄り添い、一度解いた下方を、又結合し直すべく、竿の亀頭を秘溝へと返して行く。「あっ、はっ、うん。こ・・これも、い・・好い!」横向きで仕掛けられる由香が、又喘ぎ始める。後ろからの永野の動きは、引き続き ゆっくりなるもしつこい「安全運転」だ。この様子を見た中条は、由紀に言った。

「さあさあ、俺たちも高まろうかな。どこでやりてぇか?」聞いた由紀は 暫く黙っていたが「やっぱしねぇ・・」と応じた。「うん、聞くぞ。続けろや」中条が促すと「そやねぇ。やっぱり、居間のソファの上にしまひょ・・」と返した。「よしゃ、それで決まりや!」男はこう続けると、もう一度 妹を「お姫様抱っこ」してやるのだった。

「あは、嬉しい。やっぱりこのソファでするエッチは、一味違いますねん!」延長した 長手ソファの上に下ろされた 下着風衣装(コス)の由紀は、微笑んで呟く。「確かに 味があるよな。ここはさ、ベッドと違って、座った姿勢の体位が試せるのが好いのかもな・・」中条も応じた。「・・で、最初はどうしような?」 「そりゃ伯父様、あたしが下ですわ。姉みたく、上に重なられて高められたとこで、お座りや横向きの体位とかを試したいって、あたしも思いましてん・・」 「お~、そかそか。そんな事なら、さっきのお姉ちゃんと永ちゃんみてぇに 始めっか?」

先に臥した由紀が、その上に中条を誘う。応じた彼は、慎重に由紀の上に重なり、上体を抱くと 唇を交わして開始合図。耳元、首筋から腋を経て、まずは最初の山場 胸の双丘への愛撫だ。ブラを下方にずらし、現れた乳輪に 相互にむしゃぶりつく。「チュウチュウ・・」わざと吸い付く音を立て、聴こえる様に仕向ける。

由紀は応じ「あっ、ふう・・」と、短く喘ぎ。ウェストの縊(くび)れ、臍(へそ)周りと続き、腰辺りの「核心の周り」は一旦パスし、両の脚を曲げ開かせて、その先から摩(さす)りを入れて行く。下肢上肢 太腿まで進むと、由紀は言った。「そろそろ、伯父様のお竿と会わせてくれはりまへんか?」

「よしゃ、ならば・・」中条はこれに応え、ハーフ・パンツの前開きを緩めて 臥す由紀の枕元へ。彼女は この前開きから右手を忍ばせ、男の竿と陰嚢を連れ出す。ひとしきりの 白くなよやかな手指による高めの仕草。「あ、うう・・好いぞ」低く呻いて応援してやる。竿が礼儀を正した所で、今度は 口舌による愛撫だ。所謂「フェラチオ」。「由紀ちゃんも、お姉ちゃんに劣らず巧者(テクニシャン)だわ~!」気持ち良さそうな仕草に、むしろ昂らされるものがあった。暫く続いた後、中条が言った。

「由紀ちゃん、そいじゃ・・」 「ああ、アレでんな・・」由紀は男の言葉を察し、ショーツを剥がせる様、脚を曲げて応じる。「有難とよ。よく理解してくれてるな。さあ、行くか・・」中条はそう返し、白く小さいショーツ両端のストラップに手指をかけ、慎重に下す。足先をパスすると、曲げたその奥に、浅めの下草を介した絶景が現われる。「好いぞ。見事な秘溝だな・・」 「ふふ、伯父様。こないな夜こそ、露骨に『オメコ~!』て、雄叫び上げて下されや~!」独特の訛りある関西言葉と、欧米女性並みの魅惑漂う下着風衣装姿が、否応なく 男の情念と性欲を煽り立てる夜であった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 橋本ありな
野呂一生さんの今回楽曲「アフロディーテ(Aphrodite)」下記タイトルです。
Aphrodite
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。