FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第31話「変化」

ca95d626.jpg
明るい内から、思わぬ「告白」を求められた健(たける)、徹の二少年。日中の暑さも手伝って、些か気分がおかしくなりそうだったが、どうにか立て直し、入浴と夕食の準備を終わらせた。程なく一っ風呂となるはずだが・・。

「二人、先にお風呂入っていいわ」初美に促され、彼たちは浴室へ。その時の会話。
健「どうも、いつもと違う気がするなあ。名前で呼んだりする事を、夜だけにする様にとか言っておいて、ご自身で掟破りって、何かおかしくないか?」
徹「俺、聞いてて思ったんだけど、確かに少し緩くなってるみたく感じるんだけど、最後の『無礼講』て意味もあるんじゃね?」
健「無礼講か。なる程なあ。夕飯の支度手伝ってたら、小町先生からいきなり『この場で告白して!』と来たもんだ」
徹「そりゃ、俺も同じだ。初美先生も、俺の風呂準備の所へいきなり踏み込んで来て『あの言葉、暫く忘れてない?』だってさ」

「そして、今夜の見通しは立たなくなりましたっと」そう言いながら、ボディ洗いや洗髪を進めている所へ、意外にも「二人、入るわよ」の声かかる。
「わっ!おいっ、大丈夫か?」焦る徹に「大丈夫だ。落ち着け」と健、諭す様に言う一方で、外から声をかけた女講師たちには「OKです。どうぞ」なるべく平静を装って返す。浴室が開扉され、二人の美女の裸像が、眩しく現れた。

「あれっ、もう混浴はなかったんじゃないですか?」訝(いぶか)る彼たちに、初美「この学級は、変更が多いのよ」平然と返す。小町も笑いながら「君たち、本当は期待してたんでしょ」「いやぁ、思ってても言えませんよ」そう返すも、本音では歓迎の二少年である。
濃厚なボディ・タッチができれば最高だったが、すぐに身体を洗い流し、女講師たちに洗い場を明け渡すべく、二少年は湯船へと。しかしその時、彼たちの下方に生じた僅かな変化を、彼女たちは見逃がさなかった。

湯船を使った二少年が先に上がり、二女講師だけになった浴室。
小町「初美、彼たちの下方の変化、分ったかしら?」「ええ、確かに。まだほんの僅かに色がついたって感じだけどね」初美、微笑み返す。
小町「ふふ、今夜は、そのお祝いね」 初美「それ、いいわね。ささやかだけど、してあげようかな」

小町「所で、正直に聞かせて欲しいの。今でも、ゴムって使わせてるの?」
初美「ああ、その事ね。昨日から、卒業って言って、なしで行為をさせてるわ」
小町「所謂、安全日か。ふふ、スケベね。実はね、あたしも今、安全日なのよ」
初美「それは何?つまり、一つには、そんな風だからここを覗きに来たって事かしら?もしそうなら、貴方もスケベね」笑う。

小町「大声じゃ言えないけど、一つはそれ。もう一つは、健との約束を果たすって事」
初美「なる程ね。でも彼は、貴方とゴムなしで交われるなんて、きっとまだ思ってないわよ」
小町「まあ大丈夫よ。あたしが彼に、上手に話すわ。何てったって、あたしは・・」
初美「お医者様だから・・でしょ!」 小町「その通り!ご賢察脱帽よ!」二人は笑った。

最終夜の一日前なので、夕食は、割合簡素な有り合わせの惣菜。香緒里が戻った時の楽しみにと、女講師たちも酒気はない。片付けや、食後の歯磨きを含め、早めの終了。束の間、雲間からの天体と、蛍の舞を見物。暫く後、健のスマホに、小町からSMS着信。「そろそろ、始めようか」読んだ健、了解の旨 返信して、傍らの徹にも「そろそろらしいぞ」と告げる。
屋内へ戻り、小用、手洗いを済ませた彼たちの前に、まず、黒基調のコスに変身した小町が現れる。「健、デートしよ!」初美のミニコスより少し長めだが、ランジェリーの様な出で立ち。少し化粧の気配あり。しかも、髪飾り、耳飾り、指輪などの装身具を着け、明らかに、これまでと違う風情。「さあ健、こう言うのはどう?」

「素晴らしい!けど・・小町さん、これ一体、どうなってるんですか?」訝って尋ねる健に「大丈夫よ。君たちの寝室へ行けば、全部分るって。さあ、短い間かもだけど、楽しもうね!」そう言って「健、キスしよ!」「わっ!マジですか?」そう返す間もなく、彼は小町の腕に抱き取られ、唇を合せていた。「あ~、いやいや・・見てて好いやら、悪いやら」そう思い始めた徹、講師の寝室へ呼ばれる。「徹、ちょっと来て」
「失礼します」足を踏み入れた彼を迎えたのは、これ又、黒一色のミニコスに着替えた初美の姿。「ふふ、こんな感じ、どうかしら?」
これまでの、妖精調の出で立ちが、全て黒に変わった装い。より夜の、情熱を掻き立てられる感じがする。化粧の気配も少し。更に、小町とほぼ同様の装身具。「うわ~、素敵!言う事なし!」徹は、暫し見とれた。
「でも、ここでのお触りはよろしくないですよね」徹、確かめる。「まあそうね。君のベッドでなら、心行くまで触れられるわ」初美、返す。
「さあ、あたしたちもデートに行こうね。短い間かもだけど」「かしこまりました」二人は寄り添い、開始の口づけを交わした。

小町と健、初美と徹の順で、生徒の寝室入り。まずは、普段使わない中程にあるベッドへ。
股間さえ窺える、際どいスポーツ座りの小町、発言を求め「今夜、あたしたちがちょっと飾ってるのは、ある理由からなの。君たち、ちょっとブリーフを降ろして、下の方をよ~く見て!」
二女講師と正座で向き合う二少年「了解です」と応じ、立って、それぞれブリーフを少し降ろし。下方の核心周りを見た彼たち、それぞれ「あっ!」と驚く反応を見せる。
そう、少年たちの核心周りには、ごく僅かだが、体毛が見られ始めたのだ。第二次性徴の始まりである。

小町、厳かに「今夜は、君たちにとって、大人に近づいた大事な証しが立てられた、記念すべき日よ。あたしたちが飾りを着けたのは、その事へのささやかなお祝いの気持ちよ。おめでとう」初美も同じく、際どいスポーツ座り。そして「二人、おめでとう。大人になる為、これからも、確かな歩みでね」彼たちに言葉をかける。
「有難うございます。好い大人になってご覧に入れますよ」二少年は、心より答礼した。

小町「さあ、それじゃ、この学級最後の、夜の補習の始まりよ。健は今夜、最後まであたしと交わるの。初美からも、色んな事を教わったと思うから、その事をよく思い出して、実行するのよ」「かしこまりました。小町さん、今夜は宜しくお願いします」健、こう返す。
初美「徹、今夜は、最後まであたしと一緒よ。好い修了ができる様、一杯、深く心を通わそうね。きっとよ」「かしこまりました。お言葉を心に刻みます。俺、約束します」徹も返した。

(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,8,19記)

今回の人物壁紙 市川まほ
渡辺貞夫さんの今回楽曲「ワン・モア・タイム(One more Time)」下記タイトルです。
One more Time
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。