FC2ブログ

記事一覧

ちょっと入淫 第45話「退院」

22fb3573.jpg
明けて 8/21月曜、曇りの朝。前日よりはやや蒸し暑く、夜間も空調(エアコン)が止められないレベルではあった。中条 新(なかじょう・しん)の居所にての「夜の行事」は、結局男女入れ替わりの後、初めと同様に昇り切って幕となった。TV画面をチェックしがら眠りに就くつもりだった中条は、結局は由香を上に重ならせたまま、余り熟睡する事なく朝を迎えた。もしかすると、騎乗位で繋がったまま眠ってしまった可能性もある。

「ハハ、由香ちゃん お早う・・」 「ふふ、伯父様も、お早うございます」 6am前に目覚めた二人は まず、普段の挨拶を交わした。但し・・「結局何かい?下半身はだけたまま寝てたって事だな・・」中条が苦笑しながら呟くと、由香も「ちと嫌な感じもやけど、そないな事ですね。まあ、由紀も光(ひかる=永野 光の事)さんも見てぇへんからよろしけど・・」

その会話が区切られない内に、斜め向かいの上階から、中条が「屁の様な」と揶揄する 犬共の甲高い喧騒が聴こえて来る。男が「まあさ、うぜぇのは事実だが、それも今朝までだ。大目に見てやるか・・」と呟けば、聞いた姉も「左様(さよ)でんね~。又 今日からは、マルちゃんひとりって事かぁ・・」と、名残惜しそうに返した。「シャワー行くか?夕べ、そのまま寝てまったもんな」 「うんうん、よろしですね。ほな、ご一緒に・・」脱衣した二人は、浴室に消えた。

実はこの朝、目覚めたのは、投宿していた永野の方が先だった。約束通り、男女の行為を完遂し、由紀の体内にきっちりと射精を施した彼は「いつでも見て良いからな」と中条から許されている、狭い「書斎」の様な部屋を見渡していた。事務机が一台、隣り合って ノートPCやその周辺機器、余り使う必要もなさそうな、小型のソファ・ベッドと補助椅子、小卓が各一台。二台ある本棚の隅には、阿久比 周(あぐい・あまね)や、前夜から女医・小町の居所にいる豊野 豊(とよの・ゆたか)の様な若衆が泊まる場合に備え、寝袋が収納されている。この部屋の天井には金具(フック)が複数備わり、気分により 寝袋のストラップを吊って ハンモックとして使う事もできた。

その金具の一つが付く傍の鴨居に、中条が詩を書いた色紙が掲げられていた。勿論これは、さっきから騒ぎ出した 斜め向かい家の犬共を揶揄した内容・・つまり狂歌である。詩の下りは 次の通りである。

「目を盗み 狼藉かます 虚(うつ)け犬 それにつけても 質(たち)の悪さよ」

「ハハ・・」一読した永野は、静かに笑った。「マルの事だな。これは・・」 そして「それにしても・・」と想い続けた。「確かここには、(伊野)初美先生もお出入りのはずだが、大丈夫なんだろか?」 だがまぁしかし、それは初美と中条の 個人レベルの問題だ。これ以上は立ち入らぬがよろしい・・と、彼は判断した。

小部屋を出て、一度居間の隅を通り、寝室へと戻る。由香と中条は、浴室でシャワー中の様だ。話し声と、時折の嬌声が聴こえてくる。前夜、濃い交合で大いに喘いでくれた由紀は、まだ夢の中。下着の様な着衣の下方は、姉と同じく裸である。永野も起床前はそうだったが、今はトランクスだけは着けている。斜め向かい家の屋上に出た犬共は「ワン、ワンワン、ワォォ~ン!」相変わらず盛んに咆哮している。

「お早うございます!」目覚めた由紀と、挨拶を交わしたのは それから十数分後。シャワーを終え、由香と中条がが朝食準備に入った様だ。二人のいる厨房へも挨拶、6am代後半には、準備が整った。「さあ、今回最後の食事だな。慌ただしかったけど、濃くて良かったよ。二人は、大坂の家に着くまで気をつけてな・・」中条は、姉妹に言った。「おおきに、有難うございます!」明るい反応が二つ、返って来た。

「さて皆さん、ちょっと早いですが・・」先に飲食を終えた永野が切り出す。「うん、悪いな・・」中条が返すと 「あ、いいえ・・とんでもないです。自分はこれから、お二人を中央駅までお送りするんで、車を出して来ますから。8amの出発でしたよね」 「無理言って済んまへん!仰る通りです!」姉妹、頭を下げながら返す。中条「永ちゃん、有難う。そいで、もう分かってるだろうけど、俺の車は商品積む関係で もう会社行ってるんで、戻ったら 俺ん場所停めれば良いよ」 「はい、有難うございます!」そう返し、永野は一旦 己の居所へ。

「さぁて、片付けるか・・」中条は呟き、処理を始めると、姉妹に「今回の最後だからさ、屋上に出てる犬共を見たってくれや。どうせ後少しで朝飯だろ。それが済めば、もう上がって来られねぇだろうから。宮城さんが今日午前退院だから、今の内だろうな・・」と言い「狂態」を見る様促した。聞いた姉妹も「有難うございます。ほな、心残りない様、見させてもらいますよってに・・」と応じ、コーヒー・カップを携えて窓際へ。外では引き続き「マル」以下計四匹による騒ぎが続いていた。合間に片足上げての「放水」を伴ったのが遺憾ではあったが。

「お待たせしました!」自身のワン・ボックス車「トヨタ・ノア」で戻った永野が再び姿を現したのと、中条の携帯(スマート・フォン)への SNS着信がほぼ同時。「有難とよ。永ちゃん、コーヒーのお代わりでも飲んで ちょいと待ってくれるか?」 「かしこまりました。遠慮なく・・」永野が一服の間に、中条は、実妹の専務から届いた電文をチェック。

「皆さん、大変悪いが・・」中条、居間のソファでコーヒーを嗜む永野と、窓際の姉妹に声をかけた。「はい、聞きましょう」三人が応じると 「今、会社から連絡あってさ。駅の見送りで 9am出にしてあったのが飛んで、普段通り 朝礼から出よって事になったんだ。だから永ちゃん、申し訳ないが、二人を中央駅まで連れてってくれると有難ぇな」と続けた。聞いた永野は「ああ、いやいや OKですよ。自分はそのつもりでしたから。何でしたら、プラット・フォームまでお見送りします。後少しで、出た方が良いですね」 「ホント、重ね重ね悪い。そうしてもらえれば、非常に有難ぇ!」 「いや とんでもない!自分もですが、新さんもどうか本業を優先して下さい。朝礼が抜けられないには、多分大事な案件があるからじゃないですか?」 「うんうん、有難う。その可能性大だよな」

そうこうする内に 7:30am少し前。木下姉妹が、中条の居所を辞す時が来た。持ち物を纏(まと)め、窓外をチラ見すると、もう犬共の姿は消えていた。商家の玄関先には、店用のワン・ボックス車「トヨタ・ハイエース」が姿を見せている。この後、宮城から預けられていた「一太」「サンコ」それに「フゥ」の 3匹をそれぞれの籠(ケージ)に収め、載せる準備に入るのだろう。

中条の駐車場所に収まった、永野の車に乗る準備をしていると、どうもそれらしい一行が出て来た。動物用らしい籠が三つ、旦那親子と若女将に担われて、車の後方に載せられる様が見えた。傍らで「マル」が落ち着かぬ様子で「ワン、ワン!」と吠えながら付き纏っているのも、来た時と大体同じだ。

「さらば、バカ犬愚連隊・・」中条が呟(つぶや)く傍らで 「ワンコたちの帰る様子も、見られて良かったですね。さあ、行きましょう!」前席に彼、後席に姉妹が荷物と共に乗ったのを確かめ、永野は慎重に車を発進させる。ものの数分足らずで、中条の勤務先。「永ちゃん、悪い。有難と!姉妹さんの事、宜しく!」 「こちらこそ、お世話様でした。後は任せて下さい!」 「うん。気をつけて!」 「有難うございます!」車内から、三人の謝意が唱和された。ゆっくり発進、遠ざかる車の後ろ姿を見遣って、中条は社内へと向かった。

姉妹が 大坂の親元へ戻るべく発った同じ頃、前夜遅くに病室へ戻った 宮城一路(みやぎ・いちろ)は、ゆっくり目を覚ました。遅めの朝食は、小町の指図で係員(クルー)たちも分かっている。そろそろ食事に向かうかと思った 8:30am過ぎ、病室の内線が鳴った。「美波です。お早うございます!」 「ああ、お早う。ホント早いな。夕べあれだけ遅かったのに・・」 「ああ、いえいえ。大丈夫ですよ。今朝は、ここの最後のお食事ですよね」 「そやね。名残り惜しくもあるが、そうなるかな?」 「はい。それじゃ、少し待って下されば、お部屋までお持ちしますわ」 「そうですか、そりゃ有難ぇ。お言葉に甘えます」

美波が洋朝食を携え、宮城の病室に現れたのは、それから 10分程後。もうまったりとシャワーを使ったり、ベッドで優雅な時間を過ごす余裕はないが、食事を嗜みながら雑談に耽る時間が持てるだけでも、良しとしなければならないかも知れない。「ホント、入院中はお世話サマー!」宮城は、白衣姿で控える傍らの美波に 心から一礼した。「いいえ、こちらこそ!一路さんからも、色々教えられる事があって、良い時間でしたわ」美波は、美しく笑って応じた。

彼女は続けた。「この後 9:30amから、小町先生が来られて採血をされます。それが済んで一服したら、晴れてご退院ですからね。後一息です。それまで ちょっと頑張って・・ね」 「了解ですよ。小町先生と美波ちゃんだったら、大抵の無理は聞きますって!」宮城も笑いながら返す。当然であるかの様に、又も二人はにじり寄り、その唇が重なった。

朝食が終わると、直ぐに小町が現われた。同じく白衣姿。予告通りの採血と、薬の処方が告げられ、退院時刻が 11amである事も伝えられた。「どう、名残り惜しい?」小町が訊くと、宮城は「まあ、それもあるね。何せ、短い間に 色んな事があったから」と返す。「ふふ、まだ通院があるから、お目にかかる機会はあるわね」小町が続けると 「ああ、通院ね。忘れん様に来んといけませんな」宮城も、笑い返した。小町「もし、貴方が良ければ、又いつか こんな機会を持ってもよくってよ」 宮城「有難うございます。とりあえずは、お気持ちだけ承るって事で・・」

予定通り 11am、宮城は退院の時を迎えた。病室にて待機の間に、会社の留守を預かっていた 山音(やまね)エコロジー社より、入院中一切異常なしの報を受ける。「有難うです。留守中は世話になった!」宮城は、先方の山音社長に SNSで丁寧に一礼した。着替えて持ち物を纏め 階下のロビーへ降りると、院長以下 病院の主な面々が見送りに集まってくれていた。美波から花束が贈られ、院長から退院祝いの挨拶がなされる。宮城も答礼、玄関へと向かう。正面車寄せには 既に永野運転手の駆る Sタクシー、トヨタ・カムリが到着。「宮城社長、ご退院おめでとうございます!」永野の助けで、後席へと滑り込む。「皆さん、感謝です。これからも頑張って!」宮城、病院一同に挙手の礼。「宮城さんも、お大事に!」一同からも、大きな一礼が。それらを振り返りながら、彼は病院を後にした。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 小島みなみ
野呂一生さんの今回楽曲「ヴァーチュアル・ライフ (Virtual Life)」下記タイトルです。
Virtual Life
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

尚、他ブログにて、政治社会の事共や、鉄道交通に関する趣味的事柄にも触れております(下記アド)。
http://blog.goo.ne.jp/hakase32
(第一)読み物ブログは現在、不定期更新です(下記アド)。
https://blogs.yahoo.co.jp/jnkt1957

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」も お読み頂けます。