FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第1話「話題」

d923aaff.jpg
「そうですか。やはり『サンコ』は慶事(おめでた)って事ですかい?」 「うん、まあな。ちょっと前、人間で言う『つわり』みてぇな症状があってさ、食欲も今一だったんで 初めは夏バテかとも思ったんだが・・」 「はい・・」 「知り合いの 近所の獣医に診てもらったら、ほぼ間違いねぇってよ」 「なる程。するってぇと、やはりあの時『オマル』と交わったのが『一発必中』だった訳ですな・・」 「そんなとこだよ。お前、そういう話 好きだろが?」 「あ いやいや、まさかねぇ・・」

10月最初の土曜 雨の午後。この日、午前中に仕事を区切った N市副都心の金盛(かなもり)公園から遠くない所に居を構える リサイクル関連企業主 宮城一路(みやぎ・いちろ)は、学生時分の一年後輩で同じ市内の内装関連企業役員 中条 新(なかじょう・しん)と、己の愛犬の一匹に訪れた慶事の事で 各々ホット・コーヒーと豆チャームをお伴に談笑中であった。場所は公園の北詰め。普段は愛犬たちを伴って、空き缶回収の古びた自転車で 仕事の合間や土曜午後などに立ち寄る宮城だったが、降雨とかの日は この些かレトロがかった古っぽい店で、徒歩での往来などの折に息抜きをしていたのだ。

店内は 30席足らずで、四十代後半に差し掛かった 宮城や中条より五つ六つ年長らしい 岡原 温(おかはら・ぬくみ)という、二人よりやや小柄な男が、夫人と共に回していた。毎週月曜が休業で、それが分っている宮城は、夕方など 時折岡原と買い物などに出る事もあった。中条との会話に戻ると、話題の愛犬「サンコ」の慶事は その年の夏 宮城が短期入院の折、犬繋がりの知人たる 中条の居所傍の商家「松乃家(まつのや)」に犬共を預けた時、「サンコ」が同じパピヨン種の飼い犬「マル」と交わったらしいのがきっかけだった様だ。

実は中条は「マル」の躾(しつけ)が芳しくない事に閉口していた。以前にも触れた事につき 簡単に復習しておくと、分譲マンション 7Fが居所の 中条の眼下に「松乃家」の鉄筋社屋が建ち、その屋上に日夜「マル」が出没しては 彼の言う「放屁」の様に甲高い咆哮や 階下を行く通行人や連れ犬への威嚇、更に家人の目を盗んでの 屋上やヴェランダでの粗相などなど、まあ本当の「放し飼い」状態にあきれ果てている風情。為に彼は「マル」の事を、便器を意味する「オマル」と揶揄していたのだ。

「まあ、一応『慶事』かなってとこですよね・・」中条は、湿っぽく反応した。そして「相手がね、あのアホでなければ 俺も素直に喜べるんですが・・」と続けた。聞いた宮城は「お前の気持ちも何となく分かる。確かに『マル』の躾(しつけ)は今一だしさ。だがまあ、起きてしまった事ぁ仕方がねぇ。実は俺も、夏に入院する時さ、松乃家の大旦那から『マルが盛(さか)ってるらしいぞ』てな話は聞いてた訳よ」

「なる程ね。一定は可能性をご存知だったんだ・・」  「そういう事さね。もう話したと思うが、アイツも一応は由緒あるパピヨン種の血統だっていうしさ。なあ中条、これが得体の知れねぇ雑種とかだったら 俺は『松乃家』の松下さんちに預けずに『サンコ』だけでも別預けにしたはずだてば!」 「ええ・・ですね」生返事をしながら、中条は「ホントはそうすべきじゃなかったのか?」と、内心で宮城を問い糾していた。「何、あのアホが親父だとぉ?とんでもねぇ事ですよ!」と怒鳴りたくなるのが本音であった。

もう一つ、中条の心には引っかかるものがあった。その年の夏 二度に亘り 彼のもとを訪れた、大坂に住み 彼の勤務先の取引先でもある建装会社々長令嬢 木下由香・由紀の女子大生姉妹の事だ。この日の話題、パピヨンの雌犬「サンコ」懐妊のきっかけとも言える 同種の雄「マル」との交わり画像を押えて知らせたのは、妹の由紀だった。

後背位(バック)で「サンコ」にのしかかり、(恐らくは)屹立怒張した赤い竿を「がっつり」とその「女陰」に繋いで「ハッ、ハッ!」と息を荒げる「マル」の有様は、忘れ難いものだ。盆明け 二度目の来訪をした折、帰宅する姉妹を見送れなかった中条は、その後 SNSなどのやり取りを通じ「もしもだぞ。『サンコ』がおめでたなら、子犬欲しいか?」と問うと 「勿論!あの可愛いサンコちゃんとマルちゃんのお子なら、是非是非!」の、強く鋭い答えを得ていたのである。

「しかしなぁ・・」そんな問いを発し 答えを得ながらも、この男はまだ逡巡していた。「確かによ、宮城さんと松下さんが拒否すりゃこの話はねぇ事になる。だが多分、少なくとも一匹は OKになるだろう。そうなったらだぞ、生まれて来る子犬は 俺的には『アホの子』なんだよな。そんな輩を、あの麗しの姉妹に まんま渡して良いやら悪いやら・・?」 宮城との、次の会話に迷っている間に 店の玄関ドアが開く気配がした。

「いらっしゃいませ。ああ、永野さん お疲れ様です!」応対した岡原夫人が Sタクシー主任運転手 永野 光(ながの・ひかる)の名を告げる。「宮城社長、中条常務、日頃はお世話様です!」きっちりした挨拶を以て、永野が宮城たちの席に寄って来た。「おー、永ちゃんもご苦労様!まあ座れ」二人も応じ、中条の隣席を勧める。永野は従い、席に着いた。

「今までさ・・」宮城が切り出す。「はい・・」永野が返すと 「もう知ってくれてるだろうが、俺の犬共の内『サンコ』の妊娠が分かったんだ。先月末辺りまでは『つわり』みてぇのとかがあって ちと心配だったんだが、今は落ち着いてる。その事でさ、中条ともちょいと話をしてたってとこだよ」 「そうですか、それはおめでとうございます!」永野は、素直に祝意を伝えた。

「まあさぁ永ちゃん、聞いてくれ」呆れ顔で、中条が後を引き取った。「はい、伺います」永野の返事を確かめ、彼は続けた。「慶事(おめでた)は好いんだが、相手が悪い。何せ 貴方も知ってるあの『アホのオマル』だからなぁ!」 「そうですか。まあ『マル』のどうだかは 自分じゃ何とも言えませんが、新しい命の誕生は 皆さんで祝っても良いんじゃと思いますが・・」 「永野君、上手い事言うなぁ・・!」とでも言いだけに、宮城も笑いながら聞いている。

「それでさぁ・・」中条が続けた。永野「はい・・」 中条「もう一つの件、知ってるよな。夏に俺んとこ来てくれた、美人の木下姉妹の事さね」 「ああ、存じてますよ。『サンコ』の慶事の折には、お子を一匹は頂きたいって件ですよね」 「そう、それだよ。俺はさぁ、種族的には同じ『パピヨン』だから問題ねぇとは思うんだが どうだ?俺んちの傍での、あの『オマル』の行状見てるとさ、どうも今一勧める気にならなくてな・・」

聞いた永野は「まあ、お気持ちは何となく分かりますよ。自分も『マル』のあの有様を見て、ちょっと気が退けるものがあるのは事実です。でも姉妹さんは『そこは必ず躾けてご覧に入れます!』て仰ってたし、もう大人なんですから そこは彼女たちの責任感に期待なさってはどうでしょう?」 聞いた中条は「う~ん、昔あった面白(おもろ)い歌じゃねぇが・・」と返し、その一節を歌い返した。表題は彼も忘れたが、喜劇俳優でもあった 故・植木 等が面白おかしく歌っていたそれだ。

「一言文句を言う前に それお袋さん それお袋さん アンタの娘を信じなさい それ信じなさい それ信じなさい・・♪」と。

「ああ、正にそれです。自分もタイトル知りませんが、随分昔の歌ですよね」笑いながら、永野が反応した。「分かってくれて有難とよ。歌ってる内に、俺も信じようかなって気になったりしてなぁ・・」こう言うと、宮城と永野も声を上げて笑った。その間にも、中条の脳裏には、半裸で彼の周りを舞い、熱く深く交わった姉妹の麗姿が しきりに去来したものだ。

「さて、所でな・・」笑いが区切られたのを見計らって、宮城が言った。「はい、聞きましょう」中条と永野は、乗り出す様に 宮城に注目した。それを認めた彼は「『サンコ』の症状が落ち着くのを待って、先日 病院を受診して来た。結果は・・」 「はい・・」 「お蔭さんで、特に悪化した様子はなかった。しかしだ・・」 「はい、伺います」 「俺の主治医の 本荘小町(ほんじょう・こまち)先生の事で、あらぬ情報が入ったのだ。これは、お前たちにも聞かせた方が良いと思ってな」 「分かりました。続けて下さい」隣り同士の中条と永野は、少し硬くなった様子で反応している。「よし、それじゃ・・」宮城は、静かに切り出した。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 めぐり
今回の「音」リンク 「バード・オブ・パッセージ(Bird of Passege)」 by渡辺貞夫 (下記タイトル)
Bird of Passege
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。