FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第9話「後楽」

CIMG0568 - コピー
「ああ、射精なぁ・・」身体の屈曲の大きな 熱い正常位の交わりを以て、二人ほぼ同時に「頂(いただき)に達した初美と中条は、まだ半裸の身体を重ねたまま、息を弾ませながら互いの上体に両の腕を回す。この交わりの時は、常に佳い絶頂となる様心がける中条だったが、この夜も それはほぼクリアできた様だ。

「初ちゃん、信じてくれろよ。今夜も多分、好い感じで出たはずだからさ・・」男は上から、女に告げる。引き続き組み敷かれながら、彼女は「うんうん。もう少しすれば分かるもんね・・」 「まあ、そういう事だな。ああ、まだ堅いな。もう少し、このままで良いかな?」 「ふふ、それはこっちの言う台詞よ・・」 「ああ悪いな。そうだったわ、アハハ・・」笑顔が戻り、二人は 上と下で唇を合わせた。

頂に昇ってから小半時ばかり、後戯が続いた。10月に入ったにしては、暖かい夜だ。中条は、そろそろ喉が渇き始めていた。「初ちゃん、お茶飲むか・・?」ボソリという感じで訊くと、彼女は「あは、新(しん)さん、喉が渇いたんでしょ。今夜も、秋の割にはあったかだし。うん、そろそろ離れていいわよ・・」 「有難とよ。しか~し!」 「はい・・」 

中条が続けた。「絶頂を越えた後ってさ、醒める速度は 男が急で、女がゆっくりだって言うしな。貴女から見りゃ、俺が愚図な位が丁度いい・・か」 初美「うん、まぁね。前にも話したけど、男って 醒めるのが早くて何だかなぁ?て思う事があった訳。貴方はゆっくりだから、そういう不満は少ないけど。でも、わざとしつこい出方かな?なんて思った事もあるわね・・」 

「ああ、しつこかったら悪いな。でも俺 高校生の頃 その手の本で読んでさ、行為の前の愛撫とか 達した後の後戯れは丁寧な方が良いって聞いた訳でさ・・」 「そうか・・そういう事なら、有難うね」 「分かってくれりゃいい。そいじゃ、そろそろ・・」そう区切り、中条は 初美に重ねていた上体を起こした。

右手を添え、秘溝に深く繋いでいた まだ堅さの残る竿(さお=男根)を静かに抜き放す。すると、離れた竿の後を追う様に、露わになった秘溝から 発射された白い男精がゆっくりと流れ現れる。熱い交わりで まだ熱さの残るだろう朱(あけ)に染まった秘唇を覆い、周囲の微かな下草を濡らした末 その下に咲く菊花(肛門)にも下って行く。「よしよし、ちょっと待っておれ・・」呟く中条、再び初美の股間に唇を合わせた。

「うっ、んん・・」言葉にならない 低い声を伴い、中条は まず菊花まで下った男精を舌先で掬い取り、次いで直ぐ上の秘溝から湧く様に現れる男精を「ジュルッ!」と短い耳障りな音を伴い、啜(すす)り取った。己の下方に 大いなる愉悦をもたらしてくれた女の下方への答礼を済ますと、彼は己の男精を口に含んだまま、初美の上に戻る様に重なり 目を合わせる。「さあ・・」これを見た彼女は こう呟く。「貴方の その中のものを、あたしに頂戴・・」 中条はこれを受け、言葉を発せず 頷いて次の行動へ。

口外に漏らさぬ様用心しながら、彼は再び、初美と唇を合わせて行く。そして、緊張を解き 少し開いた彼女の口内に、口移しで男精をくれてやった。「全部よ、全部!」言葉にはせぬが、座った視線がそう訴えている。「よしよし、訊いたぞ・・」そう呟いて答え、男は口内の男精のほぼ全てを、女の口内へと送るのであった。

「ああ、ああ・・」白い男精を全て呑み込んだ初美が言った。「いつもの様に多めで、安心したわ。初めは 貴方が冗談で要求(リクエスト)した事だったけど、慣れるとそう悪くない儀式ね」 中条「ハハ、そうだったか。まあ覚えはあるよ。毎回でなくても良いけど、貴女が望んでくれりゃ 嬉しいな・・」そう返して濃いザーメン・キスを区切り、再び彼女の下方に潜り込む。

中条「それじゃ、今から お掃除クン二・・な」 初美「新さん、その前にさ・・」 「うん、何だろ?」 「あたしが、貴方にするお掃除を先にしたいわ・・」 「あは、それって『お掃除フェラ』て事かよ?」 「ふふ、そうよ。それ以外に、何があるかしら?」 「そうか、そいつは有難ぇ。宜しく、お願いするわ・・」 初美は興が乗ると、濃いフェラチオをしてくれる場合がある事は知っていたが、どうやらこの夜がそうらしい。

「俺が下の方が良いだろう」中条はそう返すと、自身がベッドに臥し、仰向けになった。その上に初美が重なり、まず左手、次いで右手で竿を捉え 口舌で再びその礼儀を正し、清めの愛撫を施して行く。「ふっ、はっ、んんん・・」言葉にならない喘ぎや呻きを発しての「お清め」が十分間余り。暫く後・・

「そうだ。初ちゃん・・」仰向けに臥したまま、中条が言った。「はい・・」返事を得ると 「良い考えがあんだよ。結構な尻で、俺の両脚押えながらマッサージしてぇのは分かるけどさ・・」 「うん、何よ?」 「一度さ。俺の方に尻向けて願いてぇんだよな。そうすりゃ・・」 「はい・・」 「俺も、同時に貴女のオマンコを拝みながら『お清め』ができるからなぁ・・」 「ああ、そういう事ね。貴方の考えそうな とんでもない提案だけど、まあ良いわ。その『ホントは不良な』願い、叶えたげても良いわよ」 「そか、有難と。やっぱり行為の締めくくりは、こんなのが良くってな・・」

「仕様がないわねぇ・・」との想いも半ばあったが、初美はとも角 ベッドに仰向けの中条に、反対向きに跨った。男の顔に、身体の下方を向けて覆う、四十八手中の「二つ巴」と呼ばれる女性上位の「69(シックス・ナイン)」。しゃぶる様に竿の愛撫を続ける初美が、後戯初めとは逆に 中条の眼前に優れた臀丘を向けると、まだ男精の残り香漂う 朱に染まる秘溝の様子もはっきりと認められた。

「さぁさぁ、互いに清め合おうぞ!」静かに、しかし力強く声をかけた中条に、初美は「あ~あ、どこまでも嫌らしい!貴方が進んでお掃除してくれるって言うからさ、期待してたらこんな風だもの。何かおかしいって思ったのよ」 「ハハ・・『おかしい』で悪かった!でも こういうのって、面白さもそれなりだと思うんだけどな・・」と、中条は言った。

「フム、まぁ良いでしょう・・」余り感心しない様子の初美だったが、お清めの口唇愛撫(クンニリングス)が始めらると、結局「あはぁ!ふぅぅ~っ!」などと喘ぎを発しながら、次第に酔って行くだった。彼女の、同じく口唇愛撫(フェラチオ)による 竿への答礼も本気度を増し、承る中条も「んんっ、いいぞ。あ、うううっ・・」などと呻きで応えるあり様であった。

十分間余り、この「お清めの後戯」が続いた。十代の若造なら このまま二度目の頂を目指す所だが、中条は流石(さすが)にそれは目指さず、又 初美にも求める事はなかった。程々までに高まると、彼は言った。「初ちゃん、有難と。随分綺麗になった気がするな。勿論、貴女の方もさ・・」聞いた初美は、思わず笑い出してしまった。

笑いついでに 彼女は言った。「ああ、アハハ。あたしのアソコも、貴方が熱心に清めてくれたみたいだから、信じるわ。有難うね。さて、休む前に、あたしはビデを使って来ようかしら」 中条「ああ、良いね。そいじゃ 貴女がそれ行ってる間に、俺はシャワーでも使うとすっかな・・」この夜 中京圏の最低気温は 10度台後半。極端な話 半裸で休んでも良さそうだ。

タオルを手に、半裸のままで浴室へ向かおうとした中条だったが、初美に止められた。「新さん、待って・・」「うん、何だろ?」「やっぱりね、一緒にシャワー行きたいわ。好い感じの夜だしね」「ああ、俺ァ良いよ。するってぇと、貴女のアソコは俺が清める事になるのかな?」「ふふ、貴方か望むなら、それもありよ・・」「OK。そいじゃ、俺の一物も願えると良いな」「まあ、考えとくわ」初美は、美しく笑って返す。「ハハ、初ちゃんにもほんの少し 腋(わき)毛あんだよな」 「ふふ、そうよ。も少し 話にしてくれても良くってよ」残りの着衣を全て脱ぎ、笑いながら 二人は雑談を交えて浴室へ。さて、良く眠れるか?
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の壁紙 ハロウィーンの残像 名古屋市内にて 2018=H30,10 撮影 筆者
今回の「音」リンク 「ソング・オン・ザ・ウィンド(A Song on The Wind)」 by松岡直也 (下記タイトル)
A Song on The Wind
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。