FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第33話「余韻」

26484.jpg
これまでで、一番熱い「夜の補習」の山場を越え、初美と徹、小町と健(たける)の「齢の差カップル」は、まだそれぞれのベッドに横たわっていた。
「徹・・」初美が言った。「あたしの上を離れないで」「OKです。俺も直ぐには離れませんよ。綺麗な肌・・」徹も返す。未だ、師の上体を抱きしめ、露わになった、胸の双丘に顔を埋めている。彼の腰には(やっぱり)師の美脚がガッシリと絡み付けられ、一度離した核心は繋がっていないが、勝手な動きはできない。

「一番熱い夜よ。少し位遅くなっても、こうしていたいわ」「俺もですよ。まだまだ学ばないといけない事もありますし」「朝まで、こうしていたい」「ハハ、それ、できたら好いですよね。所で、いつも感じるけど、凄い脚の力ですね」「ふふ。これはね、前にも話した『愛の力』よ」「なる程、『愛の力』・・上手い言葉だなあ。聞いた事ありますね」「・・でしょう。これは素敵な力よ」改めて、師の「寝技」に魅せられる徹であった。

初美、更に脚に力を込める。「ねえ、もう回復でしょう。もう一度、君の『自身』をあたしの『女』に返して」「うわ、又ですか?でも『愛の力』のお話しで、少し回復・・かな?」「だったら、戻って来て!」「はい、やってみます」徹が「自身」を見ると、礼儀を正していた。
「大丈夫そうです。返さないとね」「そうそう。それ、君の望みでしょ」初美、笑いながら言う。「了解です。宜しくお願いします」応じた徹の「自身」、三度初美の「女性」に返される。少しだけ、男の風情あり。「んん、ふぅぅん・・さあ、動いて」「はい、只今・・」喘ぎで繋がり、肉壁に包囲され、又も蟹挟みの姿態(ポーズ)となった二人、もう暫く一つになり、上と下で語り合った。

健のベッドでは、小町と彼が横向きに、抱き合って話をしていた。
小町「これは、もしもこの前、君と会えたら話そうと思ってたんだけど」こう切り出す。
健「はい、聞きましょう。もしかして、俺たちが、この林間学級に来る事になった経緯とかですか?」
小町、健に上に重なる様促し「まあ、そんなとこね。あたしを抱いて聞いてね。君と徹が、この学級に来る様になったのは、ある同級生の父兄が、理事長に、ちょっとした頼み事をしたのがきっかけなの。それでね、二人は、初めは学院の上位成績組向けの、強化学級に入るはずだったんだけど、理事長からの連絡で、別プログラムって事になったのよ。今は、それ以上の事は言えないけど」

「なる程、やっぱり理事長先生のご判断だったんですね」「そうそう。更に言えば、君たち二人は、初等科で飛び抜けて好い成績なんだよね。だから、そこに目をつけられて、この学級に来る事になった様ね」「有難うございます。今、分るのは、そこまでですね。おい、徹。お楽しみ中邪魔して悪いな。今の、聞こえたか?」
徹は、初美を抱いたまま動きを停め「あ、いや、大丈夫だよ。初美さんも分ってて下さるし、良く聞こえた。やっぱり、俺たちの成績順が絡んでるみたいね。それで、ある同級生の親御さんが、理事長先生に頼んでこうなりましたっと。ありそうな話で、怖いな」

健「まあ、そんなとこだ。明日は、香緒里さんも戻られるから、もう少し詳しい事が分るかもよ。小町さん、期待してもいいですか?」
小町「まあ、少しならね。もう分るだろうけど、香緒里は、初美やあたし程には、この事は良く知らないと思うわ」
健「有難うございます。今夜は良かった。徹とも少し話したんですが、この林間学級の事、ざっとでも分りましたんで」答礼す。
徹も「小町さん、有難うございます」と一礼。

小町「さあ、濃い事のできる、最後の夜かもよ。お互い、心行くまで触れ合って、好い夢見ようじゃないの。と言って、初美たちは、もう一つになってる・・か」と笑いながら呼びかけ、初美も、苦笑交じりに「そうよね。最高に熱い『夜の補習』らしい締め括りにしたいわ」「俺たちも賛成です。皆が心地良い夜になる様にしますね」二少年も応じる。
小町と健も、続く様に正常位で繋がり、その後暫く、濃厚な抱擁が続いた。三度目の絶頂は・・良くは分らないが。事後のシャワーは、まず二少年、次に、下方の手入れをしたい二女講師の順だった。就寝は遅く、日付の変わる直前だったか。

8月6日の木曜。午前曇り、午後晴れ。二少年は、草サッカー朝錬が終わったこの日も、午前6時頃起床し、まず洗濯。次に、屋内でラジオ体操、早めの生徒の寝室掃除などに当たる。その後朝食。小町がいる事もあり、粥が用意され、歓迎された。

午前は、初美の国語教科が一限。10時前の、早瀬管理人夫妻の出動を待って、学級最後の、木曽川への水浴だ。小町も同行、少しの遊泳などに興じる。
昼食後の二少年「どうかな?先生方のエロコス、乾いたかな?」干されたコスを点検、乾くまで後一息だった。「二人、今日はお昼寝はいいの?」小町が訊く。
「有難うございます。そうですね、今日は、寝なくても大丈夫そうです」健、こう返す。「僕も、大丈夫そうです」徹も応じる。
小町「じゃ、午後初めの一限は、あたしがもらうね。初美、大丈夫かしら?」訊くと、初美「ええ、大丈夫。午後の後ろは、香緒里の教科に充てなければだけど」こう返す。

「有難う。もらいます」小町は、初美の返事を受け、二少年向けの臨時教科を行う。理数科の必要箇所と、空き時間は相談事に充てた。まあその時間は、概ね雑談で終わったが。
その教科の終わりに「そろそろ洗濯物、見ておいた方が好いわね。香緒里、戻って来るよ」小町にこう促された二少年「有難うございます。見て来ますね」洗濯物の乾きを確かめて、収納にかかる。幸い、この時点で全て乾いており、取り込む事ができた。まずは黒コス 二セットを隠し、続いて、他の物の整理中に、香緒里が戻った。

「お疲れ様です!」居合わせた、六人全員で迎える。最終前日でもあり、車から降ろす荷物は多くはない。着後直ぐ、三女講師は打ち合わせ。二少年は、その間だけ、短い午睡を。
打ち合わせが終わると、直ぐ香緒里の教科。これが、この林間学級最後の授業となる。内容が圧した場合に備え、翌7日の朝方にも時間が取られていたが、どうやらこの夕方で、全教科が消化できそうであった。少年たちも、早めの進行に協力、真摯に授業に臨んだ。そして夕方・・。
「二人、全教科終了よ。お疲れさんね!」三女講師からこう告げられ「有難うございます!良かったなあ、これで明日は、余裕で帰れるぞ!」二少年も、素直に喜んだ。

早瀬管理人夫妻と、初美、小町の両講師が手分けして、入浴、夕食の両準備が進行。健、徹の二少年は、先の入浴を促される。「管理人さん、今日も有難うございました!」諸々の準備を終え、帰宅の途に就く早瀬夫妻を見送って、健が言う。
「ふと思ったけど、俺たちが先に風呂入る時って、何かある様な気がしてならんのだけどな」「確かにな。『夜の補習』は昨日で終わりっぽいけど、今夜は何があるんだろう?」徹が応じる。「まあいいや。とに角、一風呂浴びるか」こう言いながら浴室へ。
ボディ洗いと洗髪の後、浴槽入り。その時、不意に外から「二人、一緒に入っていい?」の声かかる。

健「今の声、誰だ?」流石に、少し慌てている。 徹「初美先生・・でもなければ、小町先生でもない。・・て事は?」
健「香緒里先生じゃね?」 徹「わっ!でも、返事せんと・・」急ぎ浴槽を出、健と共に整頓しながら「OKです。どうぞ」
彼たちの返事の前に浴室が開扉され、一際目立つ、魅惑の裸像が現れる。今まで見た事のない、香緒里の麗姿。三女講師中、最も身長が高い事もあって、よく映える。「うわっ、素敵!」「とても好いですねぇ~!」少年たちからも歓声。
「初美も言ってたけど、この学級には変更が多いのよ。これが君たちとの、最初で最後のお風呂だし。それと、大人三人じゃ狭いしね」

香緒里の言葉は続く。「小町さんや初美とも、一緒に入ったんでしょう。本当の事を教えて。いやらしく触ったりしたの?」
「う~ん。多少はありますね。後、お二人共、垢すりとかのサービスはしましたね。なあ徹、そうだったな」健、苦笑しながら応じ。
「・・ですね。垢すりの仕方とかを教えて頂き、交代でやってましたね。ほんの少し、お触りもありましたが『夜の補習』もありますし、余り深くはしませんでした」徹も答える。
香緒里「そうかあ。私もやってもらおうかな。二人交代で、お願いね」こう望むと「OKです。じゃ、僕から」健、腹這いになった香緒里の上体から、垢すり開始。それを浴槽から、徹が見守る。下方は、彼の役目だ。

暫く後、交代。徹がウェスト辺りから下の垢すりを進め、健が浴槽へ。仕上げの頃、「ここだけの話。私の『女の核心』見てみたい?」香緒里、こう声をかける。
「マジですか?僕たちも『男』にして頂いた後なので、どう変わるか自信が持てませんが」健が返す。「僕も、落ち着いてられるか、ちと不安ですね」徹も応じる。

香緒里「でも君たち、紳士でいる事も、少しは学んだんでしょ。私は信じるわ」こう言うと「了解しました。どうなっても、落ち着いてる様にしますよ」二少年はこう返した。
彼女は、腹這いから下方を持ち上げ、臀丘の所を曲げて、「女性」が見易い風に姿勢を変えてやった。薄い下草の上に咲く、ローズ・ピンクと菊花が、二少年の眼前に現れる。「お~美しい!」「これも素晴らしい!」覗き込み、下方の礼儀を正す彼たちに、新しい感動が訪れた様だった。

「有難うございます。素敵な光景でした」二少年、香緒里の「勇気ある麗姿」に一礼。
「よくできました!とても、落ち着いてるわ」彼女も、「一応紳士」の、彼たちの反応を称える。ここは、それ以上の進展はなし。少年たちは、これからも師弟として接する必要ある以上、深入りは拙いとの想いがあるのは事実。その心中を察した「小町さんと初美には内緒よ。この事は」の師の言葉が、その証しだ。もう一つはそう、二少年なりの、初美への愛の証しの誠からだった。

香緒里がボディ洗いや洗髪を勧める間、二少年は、昼間の授業や木曽川での水浴、自然観察や天体見物の様子を、できるだけ詳しく話した。そうした事共に、香緒里は良き話し相手だった。月や太陽、星などの事は、初美より詳しいし、自然や動植物の事共も、話が合った。何よりも「女性」を拝ませてもらったから、少しは話を合せないと、との想いも強くあったのだ。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,8,23記)

今回の人物壁紙 希志あいの
渡辺貞夫さんの今回楽曲「つま恋」下記タイトルです。
Tsumagoi
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。