FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第12話「夜診」

1de423b4.jpg
「ところで、宮城さん・・」女医・本荘小町(ほんじょう・こまち)のこの出方から、患者として向き合っていた宮城一路(みやぎ・いちろ)には「ピン!」と来るものがあった。この夏の短い入院時、一度はあった 通常の検査とは異なる「濃い診察」が再び行われるのではないかとの予感である。

「ひょっとして、二度目・・かな?」と一方で思いながら、宮城は「はい、お聞きしましょう・・」と、小町に話の続きを促した。彼女もそれが分っている様で「はいはい、今、話すわ・・」と笑みを浮かべて返す。そして「先日の検査結果も、ほぼ異常はないレベルね。後少し様子を見れば、ほぼ完治でしょう。それは良いとして・・」 「はい・・」 「実はね、あたしの判断で 夜に追加の診察をしたいの。なるべく早い内が良いわね」 「そら、来た!」宮城は、内心でそう叫んだが、顔は平静を装う様努めた。

小町は続けた。「やっぱりね、通り一篇の検査は OKでも、あたしとしては念を入れたいの。だからその辺りは、貴方にもご理解を願いたいのよ」 聞いた宮城は「ああ、まぁ 分かりますよ。お医者様の指示なら従わんとってとこもありますし。・・で、又短期入院・・かな?」 「まあね。でも大丈夫よ。今度は一泊だけで終わらせます。急で悪いけど、今夜はどう?」

宮城「うん、今夜ですか。どうかな?今 予定見た限りじゃ問題なさそうだけど、念の為 昼過ぎまでにお返事でよろしいか?」 小町「それでも良いわ。因みにあたしは、今夜当直だからね。午後は一旦 佐分利学院の養護課にいるけど、夕方から又こちらですから」 「分かりやした。なるべく早めにお返事って事で・・」

「ひとまず、お世話様でした!」 「はい、お大事に。今夜の事、色よいお返事をね!」 周囲からは 当たり障りのない様に見える挨拶を交わし、宮城は小町の診察室を後にする。病院のロビーで、永野に SMS連絡。「宮城です。午前の帰りは 立ち寄るとこもあるので迎えなしで良い。ただ、夕方もう一度 俺んちから鵜方病院まで願いたいがよろしいか?」 程なく、永野から返信。「有難うございます!夕方は現状 OKです!」 「よしゃ 分かった。1H後位に連絡すっから、予定空けとかれたし!」 「かしこまりました!」一旦、交信終了。

実は宮城、この夜の予定はなかったのだが、念の為即答を避け、小町の意向を持ち帰ったのだった。正午過ぎ 帰宅すると、昼食前に彼女宛て連絡。「宮城です。今夜 OKになりました。時間はいつがよろしいか?」 小町の返信は「有難う、ご苦労様。6pmでどうかしら。病院の近所に馴染み処もあるから、軽く食事でもしましょう」 「ああ、よろしですね。じゃ、その時刻にって事で・・」

宮城は、この夜病院で一泊する事を、永野にも伝えた。希望通りに迎えに来られる旨 返信有り。「さてさて、一泊入院で、何があるかな?」 この日は、大型トラックによる 商品や資材類の搬入搬出もなし。在庫の整理やデスク周りの雑用を片付けると、夕方は早めに出かける用意。夫人は、一泊入院という事で、特に訝(いぶか)ってもいない様子だった。

「じゃあ、行って来る・・」 5:30pm、再び永野の迎えを受け、宮城は病院へ。車中での会話を少し。「やっぱりさぁ 永野君、今夜何かが起きそうだな」 「そうですか。やはり『この前の続き』って感じでしょうか?」 「可能性はあるかもな。通常の検査じゃ、ほぼ異常はなくなって 経過観察ももう一息って風(ふう)だしな。ただね・・」 「はい・・」 「まぁ夜間の診察ってのが引っ掛かりはするんだが、何せ相手はお医者さんだからねぇ・・」 「そう、そこですねぇ。お医者様の判断と指示って事だと、我々は従うしかありませんもんね」 「その通り!」 6pm少し前、車は再び鵜方病院ロビー前の車寄せへ。

ロビーに入ると、直ぐに小町が現れた。執務中 常に纏う白衣ではなく、明るいベージュ系のスーツ上下と揃いの感じのパンプス姿。但し 下方のスカートはタイトではなく、少しプリーツの入った ゆったり目の装い。ストレート・ロングの黒髪は、白のリボン状飾りで後ろに纏(まと)め、人気の TV司会者 大江麻理子に似た風情で、宮城の好みにも近かった。

「今晩は。又お世話様です!」「こちらこそ、宜しくね!まずは病室を案内しますわ」宮城を従え、小町は先に立って病室区画(エリア)へ。時折行き交う医師や看護師、事務職員らと挨拶を交わしながら進み、ストレッチャーも載せられる 大柄な EVで上階へ。着いたのは、宮城がこの夏入院の折訪れた 特別個室のある階(フロア)だ。

「どう、ちょっと懐かしいでしょ?」の小町の言葉に宮城は「ええ、まぁそんな感じもしますね・・」と、曖昧に返す。二度目とはいえ、まだ余り落ち着けないのが正直な所だ。小町「とりあえず手回り品置いたら、食事行きましょうよ」宮城「・・ですね。余り遅くならん方が良いでしょう・・」持って来た着替えや洗面具などを部屋に持ち込み、落ち着くと 二人はもう一度出かけた。行き先は 病室至近の、小町馴染みの和食処だ。

店内はそこそこの入り。大事な会話にも、そううるさくはない。想えば これもちとおかしな話かもだが、少しなら酒気も許されるという。「まぁ 少し位なら元気づけになって良いわよ」の女医の言葉もあって、宮城はエビス瓶ビール一本と冷酒一合を 海鮮の定食と共に嗜む。小町は、最初の一杯のみ儀礼的にビールの他はウーロン茶で通し、料理は宮城と似た中身だった。

「先生、何となくね・・」食事の傍ら、宮城が言った。「はい、聞くわ・・」女医が返すと「この夏、入院した時の続きになりそうな予感がしますな」と続けた。小町「ふふ、そう思って下さっても良いわ・・」と笑いながら応じ。「ああ、好いなぁ。先生の笑った感じ、とても綺麗だ・・」「有難う。この後、もっと好い感じになるわよ・・」こう返す女医の頬も、少し紅潮している様にも見られた。

一時間余りの会食を終え、病室に戻ったのは 8:30pm近く。9pmからの TV報道番組が見たかった宮城は、小町にその希望を伝えていた。だから彼女もそれが分かっていて「番組開始までに、シャワーを済まそうよ」と語っていたのだ。特別個室に二人だけとあって、宮城はベッドの傍らで 脱衣を始めた。

「一路さん、ちょっと・・」小町は、ほぼ全てを脱ぎ、トランクス一枚になった宮城に言った。資材リサイクル関連企業の経営を生業(なりわい)にしている事もあって、上体は筋骨に恵まれた 中々に魅力的なそれだ。「ふふ、惚れ直したよ。一路さんの身体・・」小町がそう呟きながら、にじり寄って来た。

「あは、先生・・はそろそろ止めよかな。小町さん、例の特別診察開始ですかい?」宮城はニヤリと微笑を見せ、訊いた。「んふ、まぁそんなとこだと思って下さりゃ良いわ。それとね、一路さん・・」「はい・」「最後のパンツ、あたしに脱がさせてね」「おおっと!でも、良いでしょう。お医者様のお言葉には従うのが、患者の務めですからな」宮城は、そう返した。

「あぁ、それ・・良い心がけだわ」宮城の身体に触れんばかりに近づいた小町は 彼の前に回ると、向き合う形でしゃかみ込む。これで丁度、彼女の視線が 宮城の竿(男根)と同じ高さとなる。それは、まだ着けられたトランクスの向こう側でもそれと分かる程 怒張しているのが認められるものだった。

女医はまだ着衣も、両の脚を開き 捲られたアンダーから股間を装う淡色のショーツが見える様 意図され、目にした男は 勿論動揺したものだった。「さぁ、行くわよ・・」微笑みなから女医は、トランクスの両脇にかけた手指をゆっくりと押し下げる。かくして、既に礼儀を正す浅黒で立派な竿が露(あらわ)にされた。「あぁ、やっぱり す・て・き・・」途切れがちに呟きながら、女医は男の竿に、手指で巧みに摩(さす)りを入れ始めた。それに合わせる様に「あ、は、うぅぅ・・」男の呻きが発せられた。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 早川瑞希
今回の「音」リンク 「サムデイ・サムハウ(Someday Somehow)」 by葉加瀬太郎(下記タイトル)
Someday Somehow
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。