FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第13話「検身」

79b545a9.jpg
「あっ、うぅぅ・・・本荘先生、じゃなかった、こ・・小町さん、早いですな!」弱い秋雨の夜、上階の特別病室に戻った宮城は、シャワーを前に、下方の「彼自身」を女医・小町の手で改められようとしていた。穿いていたトランクスを膝下まで下され、当然かもだが 女医に向かって礼儀を正した「竿(さお=つまり男根)」と陰嚢が、彼女の眼前に連れ出され、晒された。

「ふふ・・とても好い感触だわ。一路(いちろ)さんの『男』って・・」美しく微笑み、呟く女医に 男は「お気に入りにして下された様で、有難き幸せです。マッサージの技も、極上ですな。うっ、ああっ、何とか持ち応えんとね。ふぅぅっ・・」摩(さす)りを入れる指技は、彼には極上のものに思えた。ああ、いけない。油断していると、射精してしまいそうだ。「そう、中年だから言うて、気を緩めちゃいかん。ここは・・」宮城は、そう己に言い聞かせて凌ごうとした。

ゾクッと来る程の快感を伴うマッサージが暫く続くと、小町は 佇む宮城の表情を盗み見する様な仕草で、更に彼の竿を攻めるそぶりを見せた。「もしかして・・」と内心で身構えていると、果たして思った通りになった。手指での「竿」への愛撫を一通り区切ると、男が想像した通り 口唇を寄せて来た。「あっ・・『尺る』気だっ!」

「小町さん、ちょっと待った!」 正に咥え込まれんとする所を、宮城は止めた。女医の表情が、やや堅くなり「嫌だわ一路さん、折角好い感じで昂ってたのにぃ。それだし、このまま行けたら、も少しスカートの中も 覗かせたげようと思ったのにさ・・」 宮城「小町さん、そのお気持ち 痛~い程分かる!スカートの中が覗けるのも、とても嬉しい!しかしですよ・・」 「はい、何?」

宮城は続けた。「しかし、まだシャワー前ですからね。洗う前の『竿』を、先生にしゃぶらせる訳には参らねぇ。俺としても 是非お願いしてぇが、そりゃ シャワーの後ですよ」 「あは、その方が良いの?洗う前の 臭そうなのもマニアックで良いなぁ、なんてあたしは思ったんだけど・・」 「ああ、いやいや・・やっぱりダメですよ。低レベルな野郎なら、それも嬉しいだろうけど、俺には『男気』てのがありましてなぁ・・!」

聞いた小町は微笑んだ。「そうかぁ・・。何と言っても、一路さんは洗ってからでないと嫌な訳ね。まぁ、仕方がない。聞いてあげるわ・・」 宮城「有難うございます。やっぱりさぁ、洗う前の『竿』でお願いするのは 気が退けましてな・・」 「はいはい、何となくわかったわ。それじゃ、行きましょうか・・」 宮城もこっくりと頷き、二人は浴室へ。

シャワーを使う間も、小町は前後から 宮城の下方を狙って来た。初めは受け身の彼だったが、一通り洗い終わると「それならば・・」とばかりに、女医の中庸で形の好い「胸の双丘」や、下方の下草に手を回したりし始めた。「ふふ、好い感じよ。ねぇ一路さん、指入れてみる?」 宮城「はい。入れるのは良いけど、どこに?」 「それはね・・」そう言いながら女医は、下草の下の股間を己の手指で示し「ここよ、ここ・・」と促した。

宮城「まぁ、指入れは俺も好きだが、もう少し後にしましょう。で、貴女の下草、濡れてる時の方が 好い感じだな・・」そう返しながら、シャワーで濡れた下草に手指を絡ませて行く。「ああ、中々好いわ。暫く 続けてくれる?」 「良いですよ。昇るのはベッドでだけど、この下草 妙に俺の指に馴染んで来るんだよなぁ・・」 「有難う。あたしの下草って ちょっと濃いめだから、些か気になってたのよね。今の貴方の言葉で、少し自信が持てたかなってとこよ・・」 小町はそう返しながら「実はね・・」と、右腕を上げ、腋の下を見る様 宮城に促した。

「ああ、アハハ・・そうか。こっちも結構あるんだなぁ。今まで気がつかなかったよ」披露された腋毛を覗きながら、宮城は感想を。「でもこれも、このままの方が良いんじゃって思いますよ」と続けた。小町「そうかぁ。腋毛も手入れしようと思ったのよね。一定剃る事も考えたけど、こっちも このままの方が良い?」 宮城は引き続き覗きながら「・・と、俺は思いますよ」と区切った。

「さあ・・」 10分弱の間のシャワーが区切られ、小町は言った。「ちょっとの間、ここでしようよ・・」 「マジですか。まあ、洗ってるから良いけど・・」宮城が返すと、頷いて腰を落とし、引き続き礼儀を保つ「竿」に顔を寄せて行った。そして「あっ、ふぅぅっ・・」短い呻きが発せられ、堅い「竿」が、女医の口内に吸い込まれた。「ふふ、やっぱり 好い感じ・・」そう呟き、まだ我慢汁も少なめの竿に「クチュクチュ・・」と微かな しかし卑猥な音を伴い、暫しの間 口唇愛撫(フェラチオ)に興じた。

「あっ、ダ・・ダメ!・・ダメだけど、い・・好い!」再びの 口唇での熱い攻勢に、理性と思考を奪われそうになるも 辛うじて踏み留まる宮城であった。予期しなかった、浴室・・というよりシャワー室での前戯。小町のリードは いかにも医師らしい、陰嚢への 所謂玉舐めをも交えた要所を突く巧妙なもので、為に彼は 何度も頂に押し上げられそうになったものだった。

「うっ、ふはぁっ!こ・・小町さん・・」「ん、んん・・ふ?」礼儀を保つ 宮城の「竿」の先 亀頭部分を咥え込んだまま、小町は唸る様な返事を。「それらしい」と悟った彼は「お願い!もそっと、お手・・じゃなかった失礼!お口柔らかにしたって下さらんかな?」聞いた女医は、一瞬「竿」を解放し、「んふ・・何?一路さん、イキそうなの?好いじゃないの。まだ若い証拠だわ・・」美しく しかし嫌らしく笑い、更に攻勢を強めんとした。

「あっ、あっ・・いや、やっぱりダ・・ダメ。うぅぅ!」先程より更に昂らされながら、それでも宮城は 辛うじて踏み留まった。一旦 ぬるま湯と唾液で濡れそぼった「竿」が解放される。それにねっとりした視線を送り、又も手指の摩りを入れながら 小町が言った。「ホント、随分頑張れるわねぇ。ちと奥様が羨ましくなって来たわ。それに、この後も た・の・し・み・・笑」

「ああ、仕様もねぇ・・」と 一方で思いながらも、宮城は「左様か。そう思って下さりゃ有難てぇ。今夜はこれから、二人で好い夢が見られそうやね」「そうそう、そうなる様にしないとさ。でも一路さん・・」「はい、何でしょう?」「こう言ったら怒られるかもだけど、寸止め上手だね!」「ハハ、有難と。まぁ、特技とまでは言えねぇかもだけど、今のお言葉は 褒められたで良いのかな?」「ふふ、まぁね・・」二人は笑った。

短めの、シャワー・タイムが終わる。その間際、初めと同様に互いの身体を流し合って清め終えると、小町が言った。「あたしね、着替えてから お部屋戻るから、先どうぞ。コスは、期待しててね・・」「了解です。まあ俺も、楽しみにしてますわ」先に浴室を後にした宮城は、丁度始まった TV番組をチェックしながら 小町を待つことにした。暫く後・・

「お・ま・た・せ・・」病室の応接席で TV画面に目を遣りながら、腰にバスタオルを巻いただけの姿で 寛いで待っていた宮城の前に現れた女医は白衣姿。それも 明らかに看護師のそれだ。ナース・キャップに似た髪飾りも好感だ。実は宮城、このナース白衣で最も熱く性的スウィッチが入る様な思考、それに精神構造になっていた。因みに彼の夫人も看護師出身で、夜の行為の折も この白衣を着せて行う事が間々あった。

「うふっ、どう?」「あいや、素晴らしい。大感謝で~す!」一礼する宮城、執務の時に近い姿の小町に魅了されたか、己の傍らに着座を促す。冷茶を勧め 己も嗜みながら「じゃあ、改めて・・」と、まずは双方が腕を回し合い 濃い接吻(キス)から。交互に舌で相手の口内を探り合う間に、宮城の手指は 小町の胸の双丘を探りに向かう。その彼女の腕も、彼の背後を捉えにかかる。暗い窓外には、微かな雨音が続く。「良い夜になりそうだ・・」二人の想いも、似たものがある様だった。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回は 12/22土曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 桃乃木かな
今回の「音」リンク 「ザ・レイン・ハズ・ゴーン(The Rain has gone)」 by中村由利子(下記タイトル)
The Rain has gone
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。