FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第15話「続昂」

32da7e8e.jpg
「ちょっと待って・・ですな。よろしよ~、お待ちしやしょう」 自身の望みもあって、ソファに座した女医・小町の両脚を抱え上げ 曲がりの大きい ハードな正常位で繋がろうとしていた「一応患者」の宮城は、彼女の言葉を容れて行為を中断、のしかかろうとしていた態勢も解いた。

「あのね・・」その様子を確かめて、ソファに座り直した小町が言った。「はい・・」宮城が返すと 「繋いでくれる前に、もう少ししゃぶってみたいのよ。貴方の『男』って、舌の感触が何か好いのよね」 「いやぁ、参った!」内心で、宮城は想った。「つまり、もう少し尺ってくれるって事だよな。俺の竿(さお=つまり男根)って、口に入れるとそんなに気持ち良いのかよ?」しかしまあ、この時の彼は 思っていても訊けない心理状態であるのも事実だった。

「有難うごぜぇます!」一計を案じながらも 宮城はそう返し「それじゃ、俺のを こう向ければ良いんですな?」と、女医の眼前に 一物の先端を向ける。それを見た彼女「ニヤリ」と美しい笑みを浮かべ、そして言った。「そうそう、それでいいのよ」と続け、こっくり頷きながら、宮城の「先端」を口唇で捉えた。

「あっ、うぅぅ。で、でも、有難てぇ・・」先程より強さを増した口唇愛撫(フェラチオ)の攻めに、宮城は上体を震わせながら耐えた。「ダ・・ダメだ。い、今は・・しゃ、射精はできねぇ!」 この様子を見た小町は、更に攻めを強め「さぁ、どうかしら?あたしは 是非イって欲しいのよ。ふふ・・素敵な駆け引きね」少なくとも 宮城にとっては魅惑の笑みを湛(たた)えながら続けた。

「さぁさぁ、我慢しないでイっちゃいなさいよ!」 「いや~ ダメよ、ダメダメ!貴女がどう出ようが、俺は絶対凌ぎ切りますぞ~!」 「まあ!体(てい)の良い逃げじゃないの。これも診察の内なのよ。一回目は口の中、二回目を下の『中』に出して欲しいのよ」 「あは、そういう事ですか。ちょっとお待ちを・・」 礼儀を守る「竿」を攻められ、呼吸を荒げながら、男は途切れがちに言葉を発した。
 
「はい、何か言いたいんでしょ?聞くわよ。患者さんの訴えを正確に掴むのが、医者の仕事だからね。分かるでしょ?」小町が返すと 「あは、お仕事ね。分かりますよ。まぁ、大した事じゃねぇ。ちょいと深呼吸がしたくてね・・」そう続けた男は言葉を区切り「フゥ~ッ!」と一息をついた。

「ふふ、どうやら用意は良い様ね・・」そう言いながら、女医は再び姿勢を崩し始めた。一旦は 下方にスラリと伸ばしていた両脚を曲げて開き、股間を露わにして挑発する。「さあ、来て!」 「よし!そういう事なら・・」その様子を確かめ、男は再び 女医の上に覆い被さって行く。いよいよ行為が、核心へと進む時だ。ゴムの事を男が訊くと「今夜は、なしで問題なしよ」が女医の返事だった。

「今夜の診察の、核心(コア)ですかな?」上から 宮城が訊くと 「そうよ。貴方の竿を、あたしの肉壁で診て行くのが 今夜最大の目的なの・・」小町は、歌う様に返して来る。「よしゃ!分かった。それじゃ、繋ぎます」意を決した様に言葉を継ぐと、宮城は 己の両肩に小町の両脚を乗せ、股間に進めた腰を、ゆっくりと落として行く。堅さと熱さを守る亀頭が、湿度と温度を上げた秘溝を捉え、大陰唇にゆっくりと分け入って行く。続いて繋がる「竿」の幹を肉壁が包囲し、更に深奥へと滑り込み 亀頭が子宮口をノックした所で、連結が完了するのだ。

「あっ、はぁ、や・・やっぱり、い・・好い!」繋がった瞬間、小町は 叫ぶ様な喘ぎ声を発した。「うっ、ふぅぅっ・・お、俺もですよ。と・・とても好いですぅ!」彼女の上体を抱く宮城も、呻きを交えて応える。両脚を抱えていた腕の力を緩めると、組み敷かれた女医は、両の脚をスルリと抜き、男の腰に組み付け、ガッシリと力を込めて来た。

「どう、好いでしょう。この一体感」小町が訊くと、宮城も「ああ、あは・・何かね、もう逃げられん感じで、観念しねぇとなぁ、なんて思いますよ。それでね・・」 「はい・・」 「俺の竿、根本まで貴女の中じゃねぇですか。心地良い肉壁に、全部調べ上げられるんだなぁ、なんて思ったりする訳でして・・」 「一路さん。その答え、お見事です!これからその事を 順を追って実行するから、あたしの言う通りにしてね」 「はい、良いでしょう・・」

宮城の返事を確かめた小町は続けた。「さあ、まず腰を上下に動かして。繋いだ所がさ、浅く深くなる様にね。そのストロークが感じられないと、あたし 貴方の竿の様子が分からないからさ」 宮城「了解。何となく分かるなぁ。要は 腰を曖昧でなしにはっきり動かすって事ですな?」 「そうそう・・」 大筋で小町の話を理解した宮城は、小町の上体を抱き はだけた胸の双丘に顔を埋めると、繋いだ腰を まずはゆっくりと上下動させ始めた。

「あっ、はっ、ふぅっ、あぅっ・・」小刻みな喘ぎを伴う、曲がりの大きい正常位での行為が 10分間程。小町「一路さん、いい?ゆっくり動いてくれるのは とても気持ち良くて素敵だから、なるべく腰を大きく動かして 深いとこまで繋がる様にして欲しいの。分かるわね。ポルチオ性感って言うのかしら、亀頭の先端が あたしの子宮口を繰り返しノックする感じよ。少し強めに『突く』みたいな感じで続けて。あっ、あっ・・」

聞いた宮城、薄暗い中で 小町の表情を確かめながら「そうそう・・是非貴女に、正確に診察をお願いせないけませんからな。よろしよ~!絶対とは行かんが、なるべく仰る様に、腰を進めて行きましょう。ああ、確かに肉壁が、俺の竿を検査しとる様な・・うぅぅっ!」 「あっ、ふぅぅっ!んふっ、分かれば良いの。あたしの『女』は、繋がって来た男の全てを察知する様に鍛えて来たって事。だから、中に来た 貴方の『男』の具合だって、ほぼ分かるわ。あっ、あっ・・」 「OK OK!宜しくです・・」そう返し、宮城は暫し 小町の上で腰を使った。

10分程経っただろうか。間に何度か 絶頂へと突き上げられる衝動を覚えながらも、宮城は何とか凌(しの)ぎきった。下の小町も分かっているらしく「何よぉ、まだイかなぃのぉ?」と、昂りながらも どこか不満そうな風情だ。勿論 宮城も鈍感ではない。そんな女医の様子を、少しは感じ取っていたのだ。それを踏まえて。彼は言った。「小町さん、下ばっかりじゃお疲れでしょう。そろそろ上下入れ替えってのはどうですか?」両の下肢に天を仰がせ、二ッと薄笑いしながら聞いていた小町。余り美しい微笑みとは言えない。そうしながら「ふふ、それも面白そうね。じゃ、貴方の言う様にしようか?」そう返し、上体を起こそうとする。宮城は頷き、すかさず手を貸す。「有難と・・」この辺りの補佐(エスコート)は、流石に中条より彼の方が 洗練されていると言えた。

「一路さん、今の出方 ちょっと素敵よ。他の誰よりも、ちょっとだけど・・」立ち上がった女医は、そう呟く。聞いた宮城「おー、そりゃ有難うございます。確かにね、若い連中じゃ、こうは行かんでしょうな」 「うん。若くなくても、貴方には敵(かな)わないわよ」 「そいつも感謝です。所で、嫌でなければ誰だか訊いてよろしいか?」 「それはね・・」返す女医は声を下げ、宮城に耳打ちする様に言った。「新(しん)さんよ・・」 

宮城「ああ、中条ね。・・そうか、彼(やつ)も、今夜の俺と似た様な診察を受けた訳ですな。まぁ、それも有りだと思ったから、別に驚かねぇけどさ」 「ええ、まぁね。彼、ソフト目で、女の方の事も気遣ってくれるのは良いんだけど、さっきみたいな ここぞってとこでのスマートさが今一なのよね。まぁ余り、言いたくないけどさ・・」 「ああ分かる。そのちょこっとのとこが、女性は気になって仕様がねぇのかも知れませんな」 「そういう事。まぁ、それで育っちゃったんじゃ 今更変えるのも無理かもだけど・・」暫し、そんな雑談に耽(ふけ)った。

会話が区切られると、宮城「そいじゃ今度は、俺が下に座りましょう。貴女は、上からゆっくり腰を下ろされたらよろしい」 それを聞いた小町「ふふ・・あたしが腰を下ろしたら、ビンビンに礼儀正しい、貴方のお竿が迎えてくれるって事かしら?」 「そういう事です!」そう言うと 宮城は、後ろ向きに小町の上体を抱き寄せ、彼の膝上に座る様に 腰を落とす様促す。応じた彼女は、開いた股から 宮城の怒張を続ける竿を確かめ、それを呑み込む様に 静かに腰を落として行く。二人が同じ方を向く「手懸け」といわれる座位の姿勢で、再びの連結。

小町「ねぇ一路さん、ちょっとの間 じっとしてて。今度はあたしが腰を動かすから」 「あぁ了解です。有難うございます。俺、ちょっと休憩してて良いって事ね?」 「ふふ、そういう事よ。後 良かったら射精を~・・笑」 「ああっ・・それダメェ~!昇るのは、もそっと後で~す!」女医と患者男の、男女の駆け引きは、座位の後、後背位「碁盤攻め」へと変わり、ゆっくりと昂って行く。白衣の下方をはだけてヒート・アップする女医の後ろに繋がり、腰の速度(スピード)を少しずつ上げる男は、昇りそうになると動きを止め「いや、まだまだだ。ホントに昇るのは、ベッドでだ~!」と呟く。勿論、動きを止めると 女医の注意が飛ぶ。「一路さん、寸止めの乱発はダメよ!」 「あぁ、ご免なせぇ。そいじゃ、再開~!」絶頂までは、もう少しかかりそうだ。
(つづく 本稿はフィクションであります。次回・今年最終話は 12/28金曜以降に掲載予定です)

今回の人物壁紙 天使もえ
今回の音リンク「セイ・ホウェン(Say When)」 by渡辺貞夫(下記タイトル)
Say When
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。