FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第16話「攻守」

45818c9c.jpg
静まり返った鵜方病院上階の特別病室が入るフロアの一室で、女医・小町と「名ばかりの患者」宮城の 大声では言えない「夜の診察」が続く。屈曲の大きい正常位で「行為」が始まり、小町が「望んだ」よりは宮城の「配慮」で叶った座位を経て高まり、昂奮で腰を浮かせた女医は、座っていたソファに両の手を突いて 白衣の下方を捲ったあられもない姿で宮城を後ろに繋がせ「碁盤攻め」なる後背位で 更に昂る所であった。

「あっ、ふぅぅっ・・い、一路さん!」 「はい、聞いてますよ。何ぞ?」背後で、うねる様に怪しげな 腰の前後動をみせる宮城に、小町が言った。「顔が見えない昂りって、何か好いわ・・」 「なる程ね。『顔が見えねぇ昂り』・・ですか。俺からは、貴女の魅惑のお髪(ぐし)や腰の括れ、それに太腿やお尻が手に取る様に見えまして。うん・・『見えねぇそれって、何か 分かるなぁ・・」薄暗がりの病室で、彼の竿(男根)の幹が、小町の下草に分け入り その奥の膣内に出たり入ったりしている。何度目かの絶頂が、この男を見舞おうとしていた。

「こ、小町さん。参った、暫しのご猶予を・・」哀願する様に、男が言う。「まあ、困ったわね。射精しそうになると、逃げを打つ。貫禄のある体躯なんだからさ、それに見合った『男』らしさを見せて欲しいわ!」 「あ、いやいや・決して逃げとる訳じゃねぇんです。俺はただ『最後の絶頂』を、ホントに素晴らしいモンにして、貴女と共有してぇって事・・その一心なんですよ」

「そうか‥『素晴らしい 最後の絶頂』ね。でも・・」聞いた女医は呟いた。「でも、それを真に受けて聞いてると『診察』て仕事にならないし。そうでないと、あたしがこうして 身体張ってる意味もなくなっちまう訳よ」 対する宮城「う~ん、それがあるかぁ。折角ね、貴女の後ろで 好い感じで昇ってるんで 俺はこの方が良いんだが、でもよろしい。もう一度『尺』をお願いするって理解で良い訳ですな?」 「はい、その通り!」

「仕様がねぇ。ここはお指図通りにすっか・・」昂る快感を諦めるやむなきとなり、随分と名残り惜しくはあったが、宮城は腰の前後動を止め、繋いでいた己の「竿」を、小町の秘溝からゆっくりと抜き放す。この夜最初の射精はまだだ。秘液で濡れ、薄暗さの中で輝きを放つそれに、男は「いやいや、何とも素晴らしい眺めって事で・・」感心して呟く。秘液は、周りの下草も相当に濡らしている。「さ、熱さが冷めねぇ内に 宜しくです!」己に前かがみで尻を向けていた小町の下半身に手を添え「回れ右」を促す彼女も快く応じ、宮城と向き合って腰を落とす。

「ん、んん・・」 「ジュパッ、ジュパッ・・」初めの時より 明らかに大きな呻きと耳障りな音を伴い、小町の口唇愛撫(フェラチオ)が再開された。「あ、あぁっ・・こ、これ・・ずっと効くわ~っ!」仕掛けられた男の表情は綻び、その声は 尺り続ける女医の呻きに重なって 二重唱を奏でて行く。そして数分・・「あっ、ああっ・・い、いかん。で、出るぅ~っ!」叫ぶ様に、宮城が声を上げる。それに合わせて 小町の口内に、白く熱い液体が放たれた。

「ふふ、よく出してくれたね。これは褒(ほ)めてあげなきゃね・・」又もニヤリと微笑を浮かべ、女医が言った。ほぼ半分を飲精、残りは宮城とのザーメン・キスに回される。「ああ、アハハ・・有難うごぜぇます。まあ俺も、何度か辛抱したしね。お蔭で、とても良い感じでしたわ」昂奮と緊張が解け、宮城も笑顔で返す。聞いた小町「でも・・」 「はい・・」 「もう一度、昇って欲しいわ。今度は、あたしの上で・・」

宮城「はい、分かりやした。でも、ちょっとね・・」 小町「はい、何?」 「まあ、その前に一息入れやしょう。ちょっと水分も欲しいしね・・」宮城はそう言い、室内の冷蔵庫に入れていた ペット・ボトルの冷茶を備え付けのグラスに注ぎ分け 一方を小町にも勧める。「あ、有難う・・。ねぇ、一路さん・・」 「はい・・」 「アルコールじゃなくて悪いけど、乾杯しよか・・」 「良いですねぇ、それ・・」二人は、グラスを合わせた。

「さぁ、それじゃ・・」 10分間ちょっとの休憩を区切ると、宮城が言い「続きはベッドでって事になりますか?」 「そうそう、その通りよ。今度はね、あたしの上で昇って欲しいの」そう、小町は返した。「分かりやした。それじゃ・・」男は言葉を区切ると、女医の背後に右腕を、膝下に左腕を滑り込ませて ゆっくりと抱き上げた。前回好感された「お姫様抱っこ」の再現である。

「ああ、好いわ これ。何度してくれても良い!」華やいだ様な小町の反応に 「ああ、喜ばれてるのって、こっちも好い気分でね~!」宮城も笑って返す。「それじゃ、行きますよ~!」 「は~い、お願いね~!」いかにも この後に期待している、小町の反応であった。それに応える様に、女医を捧げる様に抱え、男はベッドに歩を進めた。

ものの数歩だが、宮城のこの振舞いも、小町を喜ばせた。ゆっくり静かに横たえると、女医は「さっ、早く来て!」と、又も彼を催促した。宮城も応じ、再び開脚で迎える小町の下方へと膝を進める。「それじゃ、〇〇は熱い内にって事で・・」 「そうそう・・」再び 正常位での連結を図り、宮城が小町の秘溝に竿を向けると、既にそれは 先程までの堅さを取り戻していた。「ふふ・・口で言うより元気じゃないの。これなら大丈夫よ」そんな女医の言葉に 男は「あは、そうですか。いや何かね、一旦は薄れた自信が戻って来た様な感じですよ」と返し、その上にのしかかって行った。

「さあ、仕切り直しと行くか。又、昇れるかどうかだが・・」そう呟(つぶや)きながら、宮城は又 小町の「開かれた」股間へと膝を進める。そして「もう一度、高めた方が良いかな?」顔を伏せると、ぐっと 湿度を保つ下草に囲われた秘溝に唇を合わせにかかった。そっと指で押し広げてみると、朱(あけ)に色づいた陰唇が 輝いて見えた。「うんうん、好いぞ。まるでルビーだな・・」男はそう呟き、口舌でのマッサージを再開した。

「あっ、んんん・・い、一路さん。好いとこで、お代わりくれるね。有難と。はっ、はっ・・!」昂らされた小町、喘いでの反応。「こっちこそ、感謝ですよ。ホント、惚れぼれする 麗しい反応でさ・・」せっせと 彼女の股間で口舌を蠢かせる傍ら、宮城はそう返す。所謂四十八手中「立ち花菱」と呼ばれる 巧妙極まる口唇愛撫(クンニリングス)の高めに、小町は艶美な喘ぎで応えた。

「ああ、素敵・・」次第に高まる「ジュルジュル・・」なる些か耳障りな音を伴い、宮城の舌技は次第に冴えをみせて行く。これは、己に全てを許した女医への気遣いの一方で、一度は頂(いただき)に押し上げられた後 少しでも精力を回復せんとする為の、云わば時間稼ぎの意味もあった。「もうすぐ次の絶頂だ。それまでに、何とか『男』を回復してぇ・・」今暫く、小町の喘ぎと、宮城の口舌が発する 微かな雑音の合唱が続いた。

「あはぁん・・一路さん、そろそろじゃない?」昂りをみせる小町がこう言い、宮城に核心の行為を促す。これに応じ「はいはい。又欲しくなりましたかな?ちょいとお待ちを。今。差し上げに参りますってに・・」と 言葉を区切った彼は、相対していた股間から顔を上げると、上体を起こして堅さを取り戻した竿の先を秘溝に合わせ、ゆっくりと滑り込ます様に 中へと返して行く。竿の軸が半ばま膣に収まると、上体を女医の上に重ね 体重を預けて行く。

「あぁ~、ふぁぁ~!い、好いわぁ~!」子宮口まで竿の先端が届く 深い連結が果たされると、ゆっくりだが それでいて「ズコズコ・・」とした力感ある腰の動きに、小町は又 両の脚をガッシリと組み付けて力を込め 酔って行く。組み敷かれながらも、上の宮城の心理を乗っ取り 制御(コントロール)して行く。「あぁ、堪らなく良いわ~!」呟く男の腰の動きは、否応なしに速さと強さを増して行く。勿論それも、女医の狙いだった。

再びの連結から 10分間余りだったろうか。最後まで変わらね正常位のまま、二人はほぼ同時に絶頂へと昇った。「あぁ、良かった・・」どちらからともなく、そう呟く。「まだ暫く、離れないで・・」の、小町の言葉を受け、宮城は少しの間 彼女を抱き続けた。「離れて良いわよ・・」の言葉を確かめて 宮城は連結を解き、膣に繋いでいた竿を 先程同様ゆっくりと抜き離す。

すかさず小町が「さあ、もう一度よ・・」と近づき、今まで下方を貫いていた竿に 又も食らいつく。「これはね、掃除よ。掃除・・」そう区切り、彼女は掃除フェラに興じた。その後で下方に中出しされた男精が、秘溝の合わせ目からゆっくり流れ現れる。二度目の絶頂とは思えぬ濃さだ。「さぁ、今度は俺だ・・」女医の指図で、流れ出た男精を小さなガラス器に回収した宮城は、彼女への掃除クンニを始めた。

(つづく 本稿はフィクションであります。勝手ながら 本年の連載ここまで。新年は 1/3木曜以降に掲載予定です。各位 良いお年を)

今回の人物壁紙 神前つかさ
今回の「音」リンク 「ミ・アモーレ(Mi Amore)」 by松岡直也(下記タイトル)
Mi Amore
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。