FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第17話「照会」

reiko-kobayakawa2_1.jpg
「あ~、良かった良かった・・」 日付を跨いだ「怪しい診察」が終わり、女医・小町と 彼女にとってだけの患者・宮城は、衣(ころも)をはだけたまま、並んで特別病室の広いベッドに臥していた。「小町は、最高だ・・」女医の希望もあり、行為を果たした直後の男は、彼女を呼び捨てにするのが常になった。女医も又「一路の身体は、平均以上よ。だから、自信を持ってね・・」と応じる事が多かった。

二度目の絶頂、正常位で交わった宮城は、結局小町の下方に中出しして終わった。この夜 彼は、思いの他体調が良く「あの方」も結構頑張れたのだ。最初の口内発射より、男精は随分薄い。「こんなのでも良いんですか?」思わず訊く宮城に、小町は「いいのいいの。それだって、立派な検体だからね」と、小容器に回収を指示してくる。「分かりやした・・」結局、最初の濃いめと二度目の薄め、両方を検体として取られた。

「ふふ、一路は聞き分けが良いから好きよ・・」些か薄気味の悪い微笑みを、女医は送った。受け取る宮城「ああ、いやいや・・俺は先生の検査に協力できりゃ、それで納得です。それにしても、普通の通院だったら とてもできねぇよね・・」 「あは・・まあ、そんな所ね・・」ようやく、宮城も笑顔を返す余裕を取り戻した。

二人揃って脱衣の上 事後のシャワーを経て、冷茶を入れ直しての談笑を少し。女医は、下方を含め衣装を正している。凛々しい白衣姿が戻るも、話す言葉はまだ怪しげだ。「一路さん、来月だけど・・」 「はい、聞きやしょう」笑顔で言葉を継ぐ小町の方へ、宮城は身を乗り出した。

小町は続けた。「来月の初めなんだけど、南隣の M県の病院に、貴方も知ってる(瀬野)が勤めてるのはご存知よね?」 宮城「ああ、そんな話でしたよね。一度は聞いた様な・・。確か海の近くの、景観の好い場所だって話じゃなかったかな?」 「そうそう。もう M県でも太平洋に繋がる外海沿いの漁村よね。その病院に、二日ばかり出張する予定なのよ」 

宮城「なる程ね。ある意味楽しみってか?」 小町「ええ、まぁね。普段から 電話や SMSとかで連絡は取り合ってるけど、彼女も医者を目指してるから、指導したい事もあるしね。それだし彼女、ご存知の明るい性格だから、話してて楽しいのよ。ストレスの解消にも役立つしね・・」 「ああ、何となく分かる。お医者さんも、そりゃ毎日難しい診察や治療とかで、心理にも来るだろうしなぁ・・」 小一時間程、とりとめもない会話が続いた。

もうすぐ 1amになろうかという時、ようやく小町は 宮城のいる病室を辞した。「それじゃ、診断書には経過観察って書いとくから、朝食が済んだら、適当にお帰り頂いて構わないわ。食堂へ行かれるかしら?」 「・・ですね。夏に世話んなった時ゃ、大概 美波ちゃんが部屋まで持って来てくれたから、たまにゃ邪魔しようかなって気でいた訳でして・・」 

小町「了解。・・じゃ、そういう事で」 宮城「分かりやした。今度も、お世話になりましたな」 「いいえ、とんでもないわ。お互い『あの歓び』を共有できて良かったし」 「それそれ!ホント有難うごぜぇます!」 「うんうん。本当の結果の方も 後僅かでクリアだからね。頑張って!」 「ええ、勿論!じゃあ、お疲れ様でした!」 「はい、ゆっくりお休みなさい!」例によって簡潔な挨拶を交わすと、女医はそそくさと階下の方へ去った。定例の 看護師による夜間巡回の小一時間前だ。

「いや、それだけじゃねぇだろ?」女医を見送り、再び床に戻った男は、そう思った。「出張研修とか現場指導、講演もあるだろが、それ以外の 大声じゃ言えねぇ目的がさ・・」 美波のいる北紀町中央病院は、M県南部の漁村にある。屈強で魅力的な、漁業関係の男たちも多い。「つまりだな・・」宮城の想像は続く。「その内の何人かは、医者と患者の間柄を越えそうだって事だよ・・」

余り芳しくない想像を巡らす内に、眠りに就いた様だった。優れなかった天候は 翌朝には持ち直し、朝食の後病院を後にする頃には、太陽が現れていた。再び永野の車で、帰途に就く。その車内でも、前夜の入院の事が 少し話題となった。永野が言った。「本荘先生、まだ『あの方』が続いてる感じですか?」 「ああ、まぁな。来月、南隣の県にある 美波ちゃんがいる病院へ出張らしいんだが、又あの持病が出そうだな」 「ちと困った持病ですね。何とか収まって下さる事を祈りたい想いですよ」 「ああ、それ、俺も同じだ・・」

その週の末 10/14土曜も、余り優れた天候ではなかった。夕方前からは、降雨に見舞われた。まあ前週程の強い降りではなかったが。その日午後 宮城と中条は、又も金盛公演北詰めの 古びた喫茶店で話し込んでいた。その時間 永野は郊外への乗客の為実走していて同席が叶わない。

「まあ、入院お疲れ様でした」中条が言った。「分かってた事ですが、大した事ねぇ様で良かったですよ」 宮城「有難よ。お蔭で大事(おおごと)じゃねぇって事。小町先生も良くしてくれるわ。余分な一事も含めてさ・・笑」 「おや、又例のが出ましたか?」 「ああ、まぁな。お前視点じゃ、持病だって言いてぇんだろ?」 「勿論です。だって事実ですやん・・」 柔らかい物言いながら「ビシャリ!」と決めつける感じを込めたこの言葉を中条が発すると、ほんの少しの間、沈黙が二人を支配した。

「ああ、いや・・宮城さん。ちと言葉が過ぎたかな?それなら申し訳なかったです」中条はそう言い、座ったまま頭を下げ一礼した。見た宮城「ああ、いや・・気にすんな。お前は事実を言っただけだ。ホント、小町先生の言葉の裏には、そんな事が隠されとる様に 俺も感じたな」 「ご理解有難うごぜぇます。小町先生の持病は、そりゃ簡単には治らねぇだろうけど・・」中条は、そう返した。

宮城「その事ぞ。先週の診察の折 ちと話を聞いたんだが、先生 美波ちゃんのいる病院へさ、2日ばかり出張される様な話をされた訳よ。俺 それ聞いて、こりゃただの出張じゃねぇなって、咄嗟(とっさ)に思った次第でさ。後は、もう四の五の言わいでも分かるんじゃねぇかって思うんだが・・」 中条「ただの出張じゃねえってか・・分かります。むしろね、そっちの方がメインだったりしてなぁ・・」

宮城「やっぱりそう思うか・・?」 中条「・・ですね。詳しくは言わねぇ方が良いかな、なんて思ったりする訳でして・・」 宮城「まあそれは、お互い想像しても良いだろうな。我々は もう一定は理解できるからさ、そこの所は伏せといても大丈夫なんたが・・」「ハハ、伏せといても大丈夫・・ですか。まぁ宮城さんと俺の間は、それでも良い・・か」

互いに言葉にするのは憚(はばか)ったが、つまり小町は 出張に引っ掛けて「男漁り」でもしに行くのだろう、と捉えていた。男たちのこの見方は大筋で当たっていたし、現地患者の男たち複数が、小町の標的となりそうな気配だった。その事は、宮城も中条も 容易に想像し得る所だったし、明らかな危害でも生じない限り 静観すべき事でもあった。それに 医者でもある小町の判断を尊重したい想いも強かった。

「さてと・・」小町の話題が区切られると、中条が「サンコの慶事は、今月末辺りですかな?」と、宮城の愛犬の近況を訊いた。「心配有難とよ。もう一息って風情だわ。今月に入ってからは、症状も安定してさ。知り合いの獣医の話じゃ 余程のストレスとかの不運がなければ ほぼ確実に安産らしいな。まあ、その時が来たら教えてやる事にしようぞ!」「有難うごぜえます。賑やかになるのは良い事です!」

「ご馳走様でした。お大事に!」小1時間程過ごした宮城と中条は、雨の降り始めを合図に店を辞す。次に会うのは、サンコの出産後だろう。その時を迎えたら、この日顔を出せなかった永野にも知らせてやるつもりだ。それと、小町の詳しい出張日程も 中条は知りたかった。翌 11月初旬なら、上手くすれば 中条も現地入りできる可能性がある。願わくば、是非その様になって欲しい想いもあった。この翌週も忙しかったが、サンコの吉報が彼の下に届いたのは、その週末の事だった。
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 小早川怜子
今回の「音」リンク 「キッズ・リターン(Kids Return)」 by久石 譲(下記タイトル)
Kids Return
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。