FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第20話「確保」

35272ff0.jpg
折しも降り続く 秋雨を感じさせない程「熱い」夜だった。もう何度目かの 初美による口唇愛撫(フェラチオ)ではあったが、この夜は 二年前に初めて会った頃を彷彿とさせる新鮮な昂奮があった。「わ・・分かった。初ちゃん!」昂らされ、後少しで絶頂と射精という所を、中条は 辛うじてかわした。

「あ~あ、又『寸止め』で逃げるのね。残念だわ残念だわ・・」後少しで男を追い詰める事が叶わなかった初美は、そう呟いた。「悪いな、初ちゃん。本当は 俺も素直に昇って、貴女の麗しい口ん中に発射してぇのはヤマヤマだったんだが・・」 「そうよ。それを実行して欲しかったのにぃ・・」そう続けた女は、恨めしそうに男をジロリと一瞥(いちべつ)した。

「ご免ご免。不満なのは分かってるよ。けどな、これから 小町先生の出張にどう対処するか、聞かせてやりてぇんでな。頂へ昇るのは、その後って事でさ」 「そういう事なら、分かったわ。じゃ、初日の 11/3の事から、始めてくれるかしら?「良いでしょう。それじゃ・・」と、中条は ブランデーとリキュールのロックをもう一杯ずつ作り、改めて初美と乾杯した。

「まず・・」と、男は切り出した。「11/3の金曜だが、多分 小町先生は 8am過ぎか 10am過ぎ、どっちかの JR特急で現地へ発つだろう。病院は祝日で休診のはずだが、多分現地入りして直ぐ 関係者との打ち合わせや会議とかがあるだろうと思う。それには、前から話題になる 看護師の瀬野美波(せの・みなみ)さんも加わるんだろうな。聞いたとこじゃ、その後 夕方辺りに 医療関係向けの講演会と質疑応答があって、夜は宿舎で懇親会。まぁ、そこで一戦交えるのかも知れんが・・」そう区切ると、男は笑った。

「うんうん、酒気も入る事だし、可能性はあるわね。・・で、次の日は?」女が糾すと 「その次の日、つまり 11/4の土曜な。ここで、朝から病院の現場指導と、男性患者複数の健診に当たるって事だろう。何で、対象が男に限られるかは、まぁ語らずとも分かってくれるだろう・・」 「ふふ・・まぁね。つまりさ、その夜の『特別診察』の対象になる男性を絞り込むって事かしらね?」 「まぁ、そんな狙いもあるんじゃね?夜の方の『肝』になる行為は、多分土曜夜のつもりだろう。叶えばだが、その意図を挫(くじ)く機会があると良いんだが・・」

聞いていた初美は、軽く「ふむ・・」と鼻を鳴らした。「正面から、あの女性(ひと)の行為を阻止するのは難しいかも。まあ、どうかな?目をつけられた男性たちに『小町先生の事には、深入りしない様に』位の注意喚起をお願いする位が限界かもよ。まぁ、言わないよりは、言った方がマシってレベルかな・・?」 「そうだなぁ。まあ、貴女の話で間違ぇねぇってとこかな。阻止だ牽制だと言っても、余り露骨な手には出られんし・・」 「それにね、新(しん)さん・・」 「はい、聞こう。何ぞ?」 「悪くすりゃ、逆にさ・・あたしたちが、思わぬ返り討ちに遭う可能性だってあるわよ」 「う~ん、それなぁ。小町先生なら、それ位考えとる可能性はあるな。それもあって、俺は余り 貴女を巻き込みたくはねぇんだが・・」と答える彼は、余り乗り気でない様な風を見せたが・・

「あ、いやいや。だからさ、だからこそ 貴方一人で遣りたくないって想いもあるって事よ」聞いた初美は、一瞬見せた 男の憂鬱さを救わんとする意図もあって、そう反応した。「・・でね。もう宿とか往復の交通(あし)とかは確保したの?」 中条「いやご免。どちらも、まだこれからでな」 「もし 11/3から出るなら、三連休初日だから、混み合うわよ。早い内が良いわ」 「有難と。ホント その通りだな。まぁさ、健(たける)の (佐分利)学院の上級生 豊野 豊(とよの・ゆたか)君が現地の宿とかも知ってるだろうから、今からでも訊こうと思うんだ。交通の方は・・」 「はい・・」 「11/3の、金曜祝日な。この日 午前便は確かに混み合うだろうが、午後なら良いんじゃねぇかって踏んでるんだ。それは、明日の日中 確保に行くよ」 「分かった。早めに手配して、不安がない様にしないとね」 「ああ、勿論・・はっ、うぅぅ・・」呻きを交えて、男は答えた。

話が区切られると、又暫し 口唇愛撫(フェラチオ)の愉悦が、中条の下方を見舞った。「ジュパッ!ジュルルル・・!」些か耳障りな愛撫音を伴いながら「ふっ、はっ・・あっ、い・・いかん。い・・今はまだ、の・・昇る訳にはいかんのだぁ~っ!」ギリギリの「寸止め」状態で、この昂りも何とか凌ぎきる。そして・・

「なぁ、初ちゃん・・」まだ「竿」に食らいついている女に、声をかけ。「ん、ん・・何?」言葉かどうかも定かでない返事をどうにか得ると「この続きは、ベッドでと思うんだが、どうよ?」「うん、ベッドねぇ・・」呟く様に返し、少し考える様なそぶりを見せた初美だったが「でもやっぱり、ソファーで続けたいわ。さっきのお話の区切りもつけたいし、ベッドだと 途中で寝ちゃうかも知れないしね」

中条「そうか・・『寝てしまう心配』かありますってか。じゃあ仕様がねぇ。このソファーで、話しながら絶頂目指すか・・」そう返す頃には、彼も又 気持ちが固まった様だった。「よしゃ!次の話へ行く前に、少しお返ししておくか・・」「お返しって 何かしらね?」初美が訊くと「それはね・・」と返しながら彼女に右手を差しのべ、立つのを助けるのであった。

中条「もう一度席着いたらさ・・」初美「はい、何かしら?」「仰向けに寝そべって、脚を開いて欲しい・・」これを聞いた女は「あは、さっきみたく、口でお返しかしら?」ニヤリと微笑んで反応した。「いかにも左様!」そう返した男は、ソファーに臥した女の 両の脚を曲げ開き その間に分け入って行く。「楽だぞ・・」と、彼の頭に足先を乗せる様促し、自らは 辛うじて股間を覆う 白の極小ショーツの両端を担うストラップに手指を絡ませ、ゆっくり慎重に下ろして行く。

「うんうん、好いぞ好いぞ。もう馴染みのはずだが、いつ見ても素晴らしいわ・・」M字に押し開いた 朱(あけ)を纏った秘溝と、その周りに薄く茂った下草を、中条は暫しの間 飽かず眺めた。次いで彼女の両脚先を再び頭に乗せる様促し、秘溝に唇を合わせて行った。「あっ、はあっ、ふ・・ふうっ、い・・好い~っ!」初美の喘ぎも、本気度が感じられる様になった。

「ふっ、はっ!し・・新さん」喘ぎながら、初美が訊く。「はい、さっきの続きかな?」中条が返すと「そうそう。道中とかさ、小町先生に気づかれない様にしないといけないけど、宿とかはやっぱり 病院から遠くない方が良いわね」「ハハ、言うと思った。この後、まず 豊君に訊く事から始めるとすっかな!」その返事に、彼女も喘ぎ交じりに頷いた。

口唇愛撫(クンニリングス)による高めの行為も好い感じ。秘溝の潤いも増して、初美の身体の雰囲気が 交合を求めるそれになった事を、この二年 付き合って来た中条は、気配で理解できる様になっていた。トレーナーの下方を下ろし、股間を露わにすると彼は訊いた。「初ちゃん、そろそろか?」

昂りに酔い始めた風情の初美に、一瞬冷静な表情が戻る。「良いわ、来て・・」頷いた男は 又も女の下方に分け入ると、礼儀を知る竿の先で秘溝の合わせ目を捉え ゆっくり中へと滑り込ませる。まず亀頭 次いで竿の幹が 浅い下草に囲われた秘溝に消え、それと共に 肉壁が竿の幹を囲んで迎え撃ちにかかる。

「あっ、あはぁ~ん!」一際大きな喘ぎ。亀頭の先端が、子宮口に達した証(あかし)だろう。のしかかる中条の腰に、下から初美の両の脚が組みつけられ、がっしりと力が込められる。中条の側にも愉悦が乗り移り、否応なしに腰の動きを求められ。「よし、好いぞ好いぞ・・」続く雨音を聴き 動きながら、男は呟く。「まだ少し、話はあるが・・まあ良い。昇ってからでもできるさ。宿も交通(あし)も、明日対処すりゃ、何とかなりそうだ・・」
(つづく 本稿はフィクションであります)

今回の人物壁紙 若瀬七海
今回の「音」リンク 「エターナル・フィールド(Eternal Field)」 by中村由利子(下記タイトル)
Etarnal Field
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。