FC2ブログ

記事一覧

想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密 第34話「冒険」

29712a.jpg
香緒里、そして健(たける)、徹の二少年と入れ違いに、初美と小町が入浴。先に上がった三人が、夕食の配膳などを進める。以下暫く、浴室での二女講師の会話を。

小町「つまり、健と徹がこの学級に来たのは、彼たちの首位の成績を快く思わないある父兄が、ウチの理事長に芳しくない働き掛けをした結果って事ね」始めると、初美も「それは薄々聞いてたわ。露骨には言わないけど、要は、彼たちの成績順を下げようって魂胆よね。ただ、あたし的には、そんな事で、彼たちを劣勢にしたくなかった。だから、あたしと香緒里の教科は、本当は行くはずだった、強化学級の教程(カリキュラム)を秘かに組み込んでいたのよ」こう応じ。

小町「同感だわ。だって、学ぶのは生徒本人よ。幾ら学費を出してるからって、父兄の都合で操作して好いもんじゃないわ。あたしだって、理数科とかの内容は『強化学級』に近づける様、心がけたわ。それと、勿論ここでの健康面もね」
初美「有難う。そこは本当に感謝です。彼たちも、余り精神の方には来てない様だし、『夜の補習』の事は、何かあれば、あたしが全責任を取るわ。後は明日、彼たちを無事親許に返せば、全て完了って事よね」

小町「初美!そんな事言わないで、『夜の補習』の責任も分担すりゃ好いのよ!元々は、理事長がやった事だし、明日無事なら終了なのよ。それに貴方、学院を離れると言ったって、あたしや香緒里との行き来がなくなる訳じゃないしさ!」強く語れば
「有難う。そうそう、そう思うべきよね。これからもどうか、宜しくです」初美、こう返す。

午後6時前辺りから、この林間学級最後の夕食。早瀬管理人が特に都合してくれた、飛騨牛のステーキが振る舞われ、他の惣菜野菜や、食後の甘味共々、大歓迎を受けた。講師たちには、これも早瀬から、フランス産赤ワインのブルゴーニュ・アリゴテが差し入れられていた。酒気の許されない二少年には、ジンジャー・エールのお見舞いだ。

五人は、特別林間学級の終了を労って、乾杯。改めて、中山荘(ちゅうざんそう)での日々を振り返った。三女講師は、乾杯だけの初美を除いて適度の酒気もあり、よく語った。少年たちは、聞き上手な所を見せる。主な話題は昼間の事共で、夜の出来事は、詳しくは触れられなかったが、香緒里が、一度だけ生徒の寝室掃除をした折に、健が秘かに持参していた、伯父譲りの「日刊ヒュンダイ」や「週刊衆目」など18禁記事満載の読み物を見つけられてしまったお間抜け話などが、面白おかしく語られもした。

宴もたけなわの頃、健の伯父 中条よりSMS入る。「はいはい、変わった伯父さん、有難う」健、応じ。中条「ふん!『変わった』か。まあ少しは実態に近いから、好いにしてやるか」 健「それはさておき、お蔭で林間学級も、無事終わりそうですよ」 中条「そりゃ何よりだ、良かったなあ。所で明日だが、俺は今夜、中津川に用があるんで、そこで泊まって明日午前、お前と徹君を迎えに行ける事になったんだ。お前と、徹君の親御方からも了解もらったからな。彼にも、宜しく伝えてくれや」 健「分った、有難う。この件、先生方にも伝えるから、そのまま待ってくれるかな?」

健、中条の話を、三女講師に伝え。初美が、彼の応対に。「中条さん、お世話様です。主任講師の伊野初美です。明日、彼たちをお迎えにお越し下さる由、有難うございます。つきましては、明日の朝食を、こちらでご用意しますから、起きぬけにお越し下さる様、お願い致します」 中条「こちらこそ、いつも感謝です。お言葉に甘えます。明朝は、早い到着になりますが、朝7時頃でよろしいか?」 

初美「了解です。叶えば、今夜は貴方にもお泊り頂いて、彼たちと夜話でもして頂けると良かったんですが」 中条「あ、いやいや、先生方も、連中の教科とかで大変でしょうから、夜と言っても、俺なんかがお邪魔して迷惑になってもいけません。連中とは、又N市へ帰ってからその機会もあるでしょうから、ここは遠慮って事で」

 初美「かしこまりました。ちょっと残念ですが、まあやむなしですね。では、こちらへはご安全に」 中条「有難うございます。では、又明朝」交信ここまで。このやり取り中、中条の胸中は、林間学級の邪魔だけはしたくないとの想いが大きくあったが、もう一つ、もし投宿すれば、特に初美との間に、間違いが起きる可能性への懸念も、少しあった事を記しておきたい。

食後、片づけを経て、晴れの戻った夜空の下、暫し天体見物。前庭には蛍も現れ、最後の夜を彩ってくれた。全員が浴衣姿。その後、教室に集まり、香緒里のピアノ演奏や初美の歌唱を交えながら、暫しの談笑。曲目の中には、初美がここ中山荘で折々口ずさんだ「この愛に生きて」もあった。

談笑も終わり、各々の寝室へと足の向き始めた午後8時半過ぎ、そろそろ移動の用意を始めた健、徹の二少年が、初美に呼び止められる。「二人、寝室で待っていて。今夜は先生が三人で、寝室が狭いから、あたしがそちらへ行くわ」「て事は、朝までご一緒って事ですか?」二少年が、訝(いぶか)る様に訊くと「ふふ、そうよ。前にも言ったでしょ。この学級には、変更が多いのよ」静かな返事。その時の初美、やはり、どこか微かな薄気味悪さを宿す、美しい笑みを浮かべた。

「何が始まるんだ?」二少年は、少し不安に駆られながら待つ。10分程後「二人、入るわよ」の一言と共に、趣を変えた初美が現れた。この学級二日目の夜と同じ、妖精調の白のミニコスだ。セットの二ーハイが、その美脚を引き立てる。「あ・・今夜もですか?」驚く彼たちに、師は静かに言った。
「あのね。林間学級の教科は終わっても、『夜の補習』はまだ終ってないわ。夕べは夕べ、今夜は今夜よ。しかも、今夜は、あたしがこれまで叶わなかった望みを、ちょっとの冒険で叶える夜よ」「はあ、それは一体何でしょう?」今一つ、理解しきれない彼たち。

そこを「それはね。これまで時間差でしか味わえなかった歓びを、三人で同時に味わえる様にするって事よ。どう言う事だと思う?」「ん?待って下さい。まさか・・!」健、緊張に満ちた反応。徹も「それって・・!」、二少年、向き合って真顔で話す。「考えてはいかんかもだけど、それって、初美さんの『女性』に、俺たち二人の『自身』を同時に連結するって事でしょうか?」「流石優等生ね!その通りよ!」師の言葉に「何と!」二少年は絶句した。

健「初美さん、お願いだから無理しないで下さい!俺たちは好いけど、もしも怪我とかされたら、どうするんですか?」
徹「本当に無謀だと思います。俺たちみたいな小6は、誰もそんな事はしていないと思いますよ!」
大いなる衝撃は無理もない。師の「女性」に、二人同時に「自身」を連結する異常とも言える行為は、流石の「すけべっ子」健と徹も、すぐには受け入れる事ができなかった。

健「初美さん」「何かしら?」 健「10分だけ、時間をもらえませんか?」「いいわ。でも、10分後に確かな返事をする事。できなければ、今夜の『最終特別補習』はなしって事。決められない男は、嫌いよ」

「分りました。よく相談して、はっきり返事をします」大変な相談を迫られた二少年、健と徹は「初めからお断り」の線も含めて話し合った。しかし、やはり「すけべっ子」の魂は如何ともし難く、その行為は、初美の希望に沿った、脚の曲りが大きいハード目の正常位が選ばれ、徹が彼女の上に重なり、その後ろから健が合わせる姿態(ポーズ)で応じる事になった。

「好いわ。二人、男らしいわ。さあ、始めようね。挨拶のキスからよ」中程のベッドに陣取る初美。右手に健、左手に徹が寄り添う。
「初美さん、好きです。綺麗な肌ですね」この言葉を合図に、健から、口づけに入る。舌も使った濃厚なそれが、少し短め15秒位。続いて、徹も同様に行う。ベッド上に寛ぎ、健が髪、耳や首筋を皮切りに上体を乳房へ向け、徹が足先から膝、太腿、臀丘を目指し愛撫。師の喘ぎを確かめて、健がキャミソールを少し移動させ、乳房を露出。徹は、ミニ・スカートを少し持ち上げ、臀丘や恥丘の辺りを撫でて行く。

ここで体位替え。二少年、それぞれブリーフを降ろし、師から「少年自身」は口唇、陰嚢は手指による愛撫(フェラチオ)を賜る。「ああ、熱い・・」前夜、少なくとも二度の頂に立っただけに、絶好調とは行かなかったが、「少年自身」たちは、程なく礼儀を正す。

「お返しします!」臥した師の下方に膝を進め、二少年は呼吸を合わせ、健の贈った小さなショーツを慎重に降ろす。初美が脚を曲げ開くと、「夜の補習」で大いに世話になった、ローズ・ピンクと菊花が姿を見せる。「最後の最後まで、素晴らしい!」健は、師の太腿の内側を舐めながら、時折臀丘の谷間にも、指を滑らせて行く。「女性」の核心への口唇愛撫(クンニリングス)は、徹の役目。手指も使い、合わせ目に舌を滑り込ませたり、せり出した陰核(クリトリス)に舌を走らせたりして、高めて行く。「く・・ふんん、好いわ、続けて・・」隣室に、二人の同僚がいる事も考え、初美の喘ぎは、いつもより押し殺した様に小さなもの。施錠できない生徒の寝室は、彼女が準備した後付錠でロックされている。暫くの間、師は、二少年によって高められて行く。

小半時程後「二人、用意はいい?」初美の指図が発せられる。徹「はい。では・・」迷いを振り切り、師の上に重なり、脚を抱えて「行為」の準備に。その後ろに、健が控える。二人共、浴衣の裾を上げ、下方はむき出しの格好。勿論、初美も下方は裸である。

健「いいか、徹。まずお前が、彼女(このひと)の『女性』に繋がる態勢に入る。その準備ができたら、続いて俺が繋がる態勢になり、そうしたら、お前の腰を叩いて合図するから、それで一緒に腰を沈めよう。そうすれば、きっと上手く行く」「分った。じゃ、まず俺がその姿態(ポーズ)に入るね」徹、こう返し、初美の「女性」に彼「自身」の先端を少し当てる。これだけで「ああ・・」師は小さく喘ぎ。
健、続いて「そこでよし。じゃ、俺が用意するから・・」繋がりかけた、師弟の「自身」をよく目視しながら、彼は「自身」を徹のそれに接する様に構える。「よし、行こう!」師の上体を抱きしめた、徹の腰を軽く「ポン!」と叩き、彼たちは、腰を沈めにかかった。

「うう・・んんん、好い、好いわぁ!」遂に、初美の「女性」に、礼儀正しい二つの「少年自身」が、同時に繋がれた。彼たちは、「自身」が「女性」の肉壁に囲まれ、強い刺激と「自身」同士が擦れ合う感触を頼りに、慎重に動いて行く。美脚を大きく、L字に曲げる体位で仰向けになり、彼たちを迎え入れる初美。二つ同時の「少年自身」の連結は、程良いサイズ、程良い硬さに未曾有の逞しさが加わって、これまで体感した事のない悦楽を、徹の熱い抱擁と共に、彼女にもたらすのであった。
「うう・・んんん・・ふぅぅん!」抑えた喘ぎと、二少年の、これも抑えた吐息が、生徒の寝室に、暫し漂う熱い夜であった。

隣の、講師の寝室で臥す香緒里と小町。「初美、まさか彼たちと深い事してるんじゃ٠٠」心配する香緒里に小町は「もう大人なんだから、その辺は信じようよ」そう諭す。「そうですね。そうすべき٠٠か」応える香緒里。その瞳に、涙の様な何かが見られたのは、気のせいか。
(つづく 本稿はフィクションであります 2016=H28,8,25記)

今回の人物壁紙 市川まさみ
渡辺貞夫さんの今回楽曲「パストラル(Pastral)」下記タイトルです。
Pastral
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。