FC2ブログ

記事一覧

情事の時刻表 第22話「内申」

50012f9b.jpg
10月の後半 土曜日中から降り始めた雨は、翌日曜の夕方近くまで続いた。前夜、初美と事を構え アフターのシャワーを使ってベッドへ戻った中条が、甥・健(たける)の予備校上級生 豊野 豊(とよの・ゆたか)と LINEの交信を終える頃には、彼女はもう夢の中にあった。「今夜も、有難よ・・」美しい寝顔を一瞥した後、AMラジオの深夜番組を聴き流しながら 彼も又 夢路に就いた。

雨音の続く翌日曜朝は、例によって 斜め向かい家屋上に現れる飼い犬「マル」の咆哮で始まった。「・・たく。晴れだろうが雨だろうが、関係ねぇって事だな・・」降りしきる雨間、一つ階下のバルコニーを 犬が吠えながら駆け回っている。足元は濡れて鬱陶(うっとう)しいはずだが、何か楽し気だ。人間でいう「愉快犯」の様な風情も感じられた。傍らの初美は、まだ夢の中らしい。中条は、窓際へと立って行った。

「愉快犯って事はだぞ・・」落ち着かぬ 犬の動きを追いながら、男は思った。「どうせこの後、又粗相でもやらかすんだろうが・・」その想像は、間違いではなかった。少しおいて 中条の視線に尻を向けた「マル」は、やにわに左後足を大きく上げると、設けられている空調(エアコン)室外機からほんの少し離れた壁面に「ジョ~ッ!」と放水を見舞った。

「又 やりやがったな。アホが・・」見せつけられた男は、こう呟いた。「この前もそうだが、こいつが現われると、折角の雨情も台無しだわ。ホント『最高!』が一瞬で『最低!』に逆落としって事で・・」 ぼやく様に呟く所へ、昨夜来のバス・ローブ姿のまま 初美が起き出して来る。「お早う、新さん・・」 「ああ、お早う・・まぁ見たってくれ。もう知っての通りの、仕様もねぇ光景だが・・」

初美「ああ、オマル君ね。ふふ・・まぁ、元気で良いじゃないの。ホントはさ、揶揄しといて 結構楽しんでるんじゃなくって?」 中条「そう言われりゃその通りだが、まあ雨の日も あのザマでさ。些か呆れとるのも事実だよ」 「何んとなく分かるけど、どうかしら?ある意味ね『運命』みたいなもんじゃないかって受け止めよ」 「運命・・か。何か大袈裟だな。つまり『そういうもん』て割り切れって事だよな?」 「そうそう・・」 「ハハ、そうか。言っちまえば『巡り合ったが百年目』てか?」そう言葉を区切ると、中条は思わず苦笑した。答える様に、初美も笑顔を見せた。

「所で・・」中条は言葉を継ぐ。「はい・・」初美が返すと 「訊き難い事だが、まだノーパンかね?」 「まあね。見たい?」 「うん、ちょっとな・・」返事を発した男に、女は「ならば・・」という感じで裾を捲り、前かがみの姿勢で「核心」を見易くして晒す。「うんうん、朝見るのも好いな・・」 しゃがみ込み、見上げる姿勢で、眼前の 下草に囲われた秘溝を、暫し愛で、軽めの口唇愛撫(クン二リングス)による答礼。「ねえ・・」喘ぎ気味に女が訊いた。「はい、何ぞ?」 「今から、もう一度しない?」 「もう一度・・なぁ」男は、曖昧に返す。実の所は、しようか止めようか 迷っていた。暫く後・・

「初ちゃん、やっぱりさぁ・・」 「うん、聞くわ」 「やっぱりさ、回を改めてぇんだな。又近く 夕べみてぇな濃い事はできるしさ、そうなりゃ 今は事後で薄い俺の男精も、元通り濃くなってるわさ」 「・・だと良いわね。でもさ、その頃には あたしが危険日になってるかもよ」 「分かってるよ。その時ゃ、ちょいと日取りをずらすまでじゃんか。俺は それ位の禁欲や制御(コントロール)はする自信あるぞ。貴女もそうじゃねぇか?」 「まぁね。貴方が望まないなら、無理にとは言わない。又次に備えりゃ良いだけの話だし。所でね・・」 「うん、聞くぞ。続けろ」 「こんな天気だしさ、朝ご飯はここでしたいわ」 「言うと思った。そりゃ賛成だ!」そう返すと、男は直ぐ厨房へ行き 茹で卵の準備。

半時程で、コーヒーを含む洋朝食の準備が整い、TV報道番組に目を遣りながら進める最中に、豊から LINEの着信。「伯父さん、お待たせしました。宿が確保できました」 「有難とよ。ご苦労だった。何なら、今日 今から俺んとこで打ち合わせるか?」 「ご免なさい。今日は別件で取られてまして、今週末でしたら伺えますが」 「ああ、それで良いよ。今日はそっちを優先されよ」 「有難うございます!とりあえず今は 連絡先と位置、それに大体の様子を文面でお送りしますね」 「有難う。それで良いよ。世話かけた。じゃ、又!」 「はい、失礼します!」

交信の終わりに、豊は 父親の知人所有の民宿の連絡先とざっとの様子を伝えて来た。彼の実家と同じ M県の外海沿いで、そう遠くない場所だった。説明では、建物や部屋の具合や、寝食の内容は平均以上とかで、まあ安心できそうだった。「さあ、次は交通(あし)だな。初ちゃん、昼飯は、栄町だな」 「うん、良いわよ。あたしも、出たついでに見て回りたいとこもあるし」豊との交信、それに朝食を終え、片付けなどを終えると もう昼近かった。

服装を正し、市営地下鉄で中心街 栄町へ。初美の希望もあり、着後直ぐに 中条馴染みの旅行社支店へ。出かける 11/3は 三連休初日もあり懸念するも、午後発の JR特急「紀伊 5号」で普通指定二席の確保が叶った。先に述べた 熊野古道フリーきっぷ利用なら、往復の普通指定席は自動的に抑えられる様だ。一安心の二人、次いで 初美の希望もあって「東急ハンズ」など数か所を周り、必要な買い物などを行った後 1pm過ぎ、混雑のピークを外し 馴染み処で昼食。「まあ、雨降りで良かったかもね。もしも写真撮りで郊外とかなら大変だったかもよ」と揶揄される中条、苦笑で返したものだった。

「まあ、交通も確保できて良かったね」一安心を以て戻り。茶菓で一服の後、帰宅の初美を送る頃に至って、ようやく雨脚が弱まって来た。「ホントにまあ、終わり際に止むだもの。皮肉なもんだわ」ボヤく様に呟く初美に、中条は「まあ、たまたまこういう時宜(タイミング)だったんだろう」と、努めて冷静に返した。車が彼女の居所前に着くと「じゃ、次は出発の当日だな。まあつつがなく・・」 「貴方もね・・」この時のひとまずの別れは、何か名残惜しさが感じられた。

さてこの二人と前後して、女医・小町は 忙しい鵜方病院や総合予備校「佐分利学院」養護主任など医療活動の合間を縫い、翌月初の 北紀中央病院出張などの準備をボツボツと進めていた。初美と中条が会っていた 10/21の土曜は 午前中が病院、午後早くまで「学院」養護課に詰め、夕方以降は在宅で諸事の対応に当たった。

中条方の「秘事」が佳境にさしかかった同じ頃、小町は 北紀中央病院の女性看護師・瀬野美波(せの・みなみ)と SNSで交信した。「遅くに失礼。今日は土曜だけど、忙しかったかしら?」「お疲れ様です。いえいえ、大丈夫ですよ。ウチの病院もね。先生こそ、お忙しいんじゃありません?」「まあその辺は、貴女も分かる様に 要領ってとこもあるからね。かけ持ちだと 確かに調整とかが要る事もあるけど、今のとこは大丈夫よ」

少しの間 互いの近況や世間一般の話題とかを経て、小町が 美波のいる病院への出張につき、少しずつ斬り込んで行く。「所でさ・・」 「はい・・」美波が返すと「あたしがそちらへ行く間の事は、現状 予定通りよね」 「そうですね。ざっと触れますと、11/3金曜祝日の初日は 午後こちらへ着かれた後、すぐご昼食を経て、病院近くの中学校講堂で、ウチの病院含め 他の先生方とシンポジウムまでは行かないかもだけど、診療関連の討論メインで研修会。先生のご講演は、関心が高そうですから宜しくです。終わりは夕方予定ですから、そのまま懇親会になりそうね。初日は、大体そんな所です」

小町「有難う。二日目の事も、ちょっと話しとこうか。ある意味『肝』だしね」「・・ですね。この日午前が、特別検診で聞いてますよ。今から気を入れないと・・て思ってるとこですよ。笑」「そうそう。良い心がけだわ。宜しくお願いするわね」「はい、了解です。で、午後が病院内で実務向け講習の予定です」「OK。そこは、貴女と力を合わせて乗り切ろうね。笑」「はい、勿論頑張りますよ。この夏そちらへ伺った時の経験が役立ってますが、やっぱり復習も必要みたいですから。笑」「そこは任せといて。それでね・・」「はい・・」「それから院内夕食会だと思うんだけど、その後 もう一つ行事があるの。大声じゃ言えないけどさ・・」「大声じゃ言えない・・か」返信を入力しながら、美波は呟く。「まぁね。大体見当はついてるけど・・」

今回の人物壁紙 黒木いくみ
今回の「音」リンク 「マンハッタン・パウリスタ(Manhattan Paulista)」 by渡辺貞夫(下記タイトル)
Manhattan Paulista
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hakase32

Author:hakase32
愛知県在住の後半生男です。恐れながら、主に18歳以上限定内容を記して参ります。

お手数ですが、拙各稿を初めからお読み下さる場合は、下方にあります月間アーカイブ他のご利用をお願い致します。
他ブログを含め、拙記事の無断転用及び引用は ご遠慮下さい。

下記ランキングに参加しております。
クリックをお願いできれば幸いです。

官能小説ランキング

アクセスカウンター

愛と官能の美学

Shyrockさんの R18読み物集。他の作者各位も多数リンクされています。入口は、下記タイトルです。

赤星直也のエロ小説

赤星直也さんの R18読み物集。入口は、下記タイトルです。

未知の星

赤星直也さんの R18読み物集もう一つ。他の各位の作品も収録されます。

Mikiko's Room

Mikikoさんの、カテゴリー豊富な R18読み物集。独自視点の旅日記も好感です。

Adult Novels Search

R18 読み物の検索サイトです。

ブロとも一覧

拙バナーです

知人様より、優れたバナーを賜りました。必要時はご利用を Produced by Shyrock

もう一つの 拙バナーです

知人様ご厚意により、拙バナー追加編も賜りました。必要時はご利用を。 Produced by Shyrock

清き一票を(笑)

下記ランキングに参加しております。

日本ブログ村バナー


にほんブログ村 →できますれば、こちらも応援を・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

これまでの拙連載「想いでの山峡(やまかい)~林間学級の秘密(2016=H28,9~10)」と「轍(わだち)~それから(2016=H28,11~2017=H29,2)」  「母娘(ははこ)御膳(2017=H29,3~6)」  「南へ・・(2017=H29,6~8)」 「交感旅情(2017=H29,9~12)」 「パノラマカーと変な犬(2018=H30,1~5)」  「ちょっと入淫(2018=H30,6~10)」 「情事の時刻表(2018=H30,11~2019=R1,6)」 「レディオ・アンカーの幻影(2019=R1,11~2020=R2,5)」も お読み頂けます。